開花した悪童バロテッリ、同僚からの信頼が厚い! 「僕なら彼に131億円使う」2018.04.07 17:25 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニースの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリ(27)が、同僚からの賛辞を集めている。スペイン『アス』が伝えた。

▽若くしてポテンシャルを評価され、インテル、マンチェスター・シティ、ミラン、リバプールとビッグクラブを渡り歩いたバロテッリは、素行不良や好不調の波が激しいことで評価を落とし、2016年夏にフリートランスファーでニースに入団した。すると、見事に復活を果たし、今シーズンはここまで公式戦32試合22ゴールを記録している。

▽同選手の活躍に関して、代理人であるミーノ・ライオラ氏は「マリオは移籍の準備ができている。彼は世界でトップ10に入るストライカーに成熟した」、「1億ユーロ(約131億円)の価値がある」と発言。ニースでバロテッリとともに攻撃のユニットを形成するFWアラサン・プレアも、以下のように同調した。

「僕は彼(バロテッリ)から多くを学んでいるよ。非常に効率的なストライカーなんだ」

「彼は多くのゴールを決めるんだ。最低でもシーズンに20ゴールもね。今のサッカー界の価格設定であれば、僕なら1億ユーロを彼に使う」

▽悪童と呼ばれ、内面の未熟さが指摘され続けてきたバロテッリ。チームメイトからの信頼を集める今こそ、大器晩成の時なのかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

デブ疑惑のバロテッリ、罰金報道を痛快に突っぱねる

▽ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリがオーバーウェイトによる罰金処分の報道を否定した。 ▽2016年にニース入りして以降、才能を再び開花させ、イタリア代表への返り咲きも果たしたバロテッリ。だが、今夏のクラブ合流時に88kgから103kgに達する体重超過により、罰金処分が科されたという旨の報道が取り沙汰されている。 ▽またしても問題児ぶりをこじらせたかに思われたバロテッリだが、この一報は事実ではないようだ。自身のインスタグラム(mb459)のストーリーを通じて、次のように疑惑を一蹴している。 「オーバーウェイトで罰金? 俺の身体を見てみろ! 笑っちゃうね。俺の体重にまつわる話を聞くと。ゴミのような記事を書きやがった奴らは、仕事を失った方が良い」 2018.09.17 14:30 Mon
twitterfacebook
thumb

「自らオフサイド」…バロテッリが体重超過で罰金食らう

▽ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリが罰金処分を食らった。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 ▽主な理由は、従来の88kgから103kgに達した体重の超過。さらに、シーズン前のチームへの合流遅れも関係しているという。 ▽ニースのジャン=ピエール・リヴェール会長も「自分でオフサイドに引っかかっている」とバロテッリへの罰金処分を明かしている。 ▽なお、今月の代表ウィークでイタリア代表に招集された際の体重は、99.7kgだった模様だ。 ▽2016年にニース入りして以降、才能を再び開花させ、イタリア代表への返り咲きも果たしたバロテッリ。信頼回復に努めたいところだが…。 2018.09.15 15:05 Sat
twitterfacebook
thumb

規格外の男バロテッリ…勝手に休暇延長→激太り

▽ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリは、やはり規格外の男なようだ。スペイン『マルカ』が、フランス『レキップ』の情報を基に伝えた。 ▽2016年にニースに加入し、2シーズンで公式戦66試合で43ゴールと爆発したバロテッリ。若くして評価されていたポテンシャルが枯れていないことを示し、5月下旬からイタリア代表への復帰も果たしていた。 ▽そんなバロテッリには今夏、ニース退団の可能性が浮上。結局はクラブに留まったものの、マルセイユ移籍が騒がれていた。その騒動に関連し、バロテッリはある面で規格外の数字を叩き出したようだ。 ▽『レキップ』に記載されているクラブ関係者の情報によると、マルセイユとの交渉を続けていたバロテッリは今夏の休暇を延長。チームメイトよりも2週間遅い、7月17日まで夏休みを過ごした。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』など各紙によると、この行動がニースの怒りを誘発し移籍破談を招いたとも伝えられている。 ▽それはさておき、ようやく練習に復帰したバロテッリを見てニーススタッフは唖然。なんと体重が100kgを超えていたという。もちろんパトリック・ヴィエラ新監督の叱咤を受けたそうだが、現在の体重は88kg。適正の“規格”を6kgもオーバーしているとのことだ。 2018.09.12 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ニース、PSGの3番手GKトラップをレンタルか

▽ニースはパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するドイツ代表GKケビン・トラップ(28)のレンタルを検討しているようだ。『フランス・フットボール』が伝えた。 ▽ニースは、25日に行われたリーグアン第2節でディジョンを相手に0-4の敗戦。伝えられるところによると、当初6月までのGK獲得を目指したパトリック・ヴィエラ監督だが、この敗戦を受け、改めて補強の必要性を感じた模様だ。 ▽そのヴィエラ監督は当初、イングランド代表GKジョー・ハート(31)をトップターゲットに。だが、バーンリーに移籍したことで、トラップに照準を合わせたようだ。ニースが希望するレンタル移籍となれば、その額は400万ユーロ(約5億円)になる見込みだ。 ▽トラップとの契約が2020年まであるのにも関わらず、PSGは今夏、ユベントスからイタリア代表GKジャンルイジ・ブッフォン(40)を獲得に成功。昨シーズンに守護神を務めたフランス代表GKアルフォンス・アレオラ(25)も在籍しているため、トラップは今季いまだ出場機会を得られ得ていない。 2018.08.28 18:55 Tue
twitterfacebook
thumb

PSG退団のベン・アルファ、ニース復帰の可能性が浮上?

▽パリ・サンジェルマン(PSG)退団を発表していた元フランス代表FWハテム・ベン・アルファ(31)に、ニース復帰の可能性が浮上している。フランス『RMC Sport』が伝えた。 ▽2016年7月にニースからPSGに加入したベン・アルファ。加入1年目こそ公式戦32試合4ゴール7アシストを記録したものの、昨シーズンはウナイ・エメリ前監督(現・アーセナル)との確執も囁かれ、公式戦未出場に終わり、2018年3月には自身のインスタグラムで「PSGでの冒険は終わった」と昨シーズン限りでの退団を発表していた。 ▽ベン・アルファには、ラージョ・バジェカーノらリーガエスパニョーラのクラブや、リーグ・アンのレンヌが新天地候補として挙がっている。そんな中、今回伝えられるところによると、古巣であるニースが同選手の復帰を画策しているようだ。 ▽現在フリートランスファーでの契約が可能なベン・アルファだが、新天地はどこになるのだろうか。 2018.08.27 09:45 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース