アンデルレヒトが開始早々の森岡弾などでプレーオフ初勝利!《ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ》2018.04.07 06:11 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽日本代表MF森岡亮太の所属するアンデルレヒトは6日、ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ第2節でシャルルロワと対戦し、2-1で勝利した。森岡は83分までプレー、3分に今季11ゴール目を記録した。

▽リーグ戦の上位6チームによって争われる優勝プレーオフ。前節、日本代表FW久保裕也の所属するヘントに敗れ3位に後退したアンデルレヒト(勝ち点28)が、4位シャルルロワ(勝ち点26)のホームに乗り込んだ一戦。

▽試合は開始早々にスコアが動く。3分、アレクシス・サレマーカーズからのロングスルーパスを右サイド高い位置で受けたマルコビッチの右クロスをゴール前に走り込んだ森岡が右足で流し込み、アンデルレヒトが先制した。

▽アンデルレヒトのリードで迎えた後半、シャルルロワはドリアン・デソレイユを下げてアマラ・ベイビーを投入。すると48分、ヌリオ・フォルトゥナの左クロスをベイビーがヘディングで流し込み、シャルルロワが同点に追いついた。

▽追いつかれたアンデルレヒトは63分、ボックス右でウカシュ・テオドルチクがジョコ・ザジコフに倒されPKを獲得。このPKをテオドルチクがゴール左隅に決め、勝ち越しに成功した。

▽アンデルレヒトは83分に森岡を下げてアルバート・ロコンガを、89分にサレマーカーズを下げてアブドゥル・ダンテを投入し、試合を完全に締めにかかる。結局、試合はそのまま2-1でアンデルレヒトが勝利した。

シャルルロワ 1-2 アンデルレヒト
【シャルルロワ】
ベイビー(後3分)
【アンデルレヒト】
森岡亮太(前3)
テオドルチク(後19[PK])

コメント

関連ニュース

thumb

森岡亮太の移籍をアンデルレヒトが容認か…複数の現地メディアが放出の可能性を報道

2017-18シーズン、ベルギーのジュピラー・リーグで大ブレイクを果たした森岡亮太。冬の移籍市場でワースラント・ベフェレンからアンデルレヒトに引き抜かれたばかりだが、わずか半年で再移籍する可能性もあるようだ。<br><br>ベルギー『voetbalnieuws』によると、アンデルレヒトは新シーズンに向けて選手の刷新を計る見通しにあり、森岡亮太、カラ・ムポジなどが放出候補に浮上しているという。<br><br>また、同じく地元メディア『HLN』では、アンデルレヒトはクラブの若返りを目指しており、森岡のほかにイヴァン・オブラドビッチ、ルカシュ・テオドルチクもオファー次第で売却する構えにあるようだ。<br><br>記事によるとアンデルレヒト所属のレアンデル・デンドンカーはベルギー代表として、前述のテオドルチクはポーランド代表としてロシア・ワールドカップのメンバーに名を連ねた。ステップアップの可能性も取りざたされている一方で、本人たちは移籍については口を閉ざしているという。<br><br>昨シーズン、森岡はべフェレンで前半戦24試合7ゴールの成績を挙げ、1月に移籍したアンデルレヒトでは18試合6ゴールと、ジュピラー・リーグ1年目で大ブレイクを果たしていた。<br><br>昨年11月、今年3月とヴァイッド・ハリルホジッチ体制の日本代表で森岡は招集されたが、西野朗新体制の4月からは日本代表で構想外に。現時点でアンデルレヒトに具体的な森岡獲得オファーが届いているのかどうか不明だが、複数のベルギーメディアが報じているように、森岡がアンデルレヒトを半年で去る可能性も十分にありそうだ。<br><br>ヨーロッパ主要リーグの移籍市場が閉幕する8月31日まで、引き続きその動向が注目される。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.07.19 13:33 Thu
twitterfacebook
thumb

バレンシアの元ベルギー代表MFバッカリが森岡所属のアンデルレヒトへ移籍

▽日本代表MF森岡亮太の所属するアンデルレヒトは3日、バレンシアの元ベルギー代表MFザカリア・バッカリ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約の詳細は発表されていない。 ▽168cmの小柄なアタッカーであるバッカリは、左ウイングを主戦場とするプレーヤー。PSVでプロデビューを飾った後、2015年夏にバレンシアへ移籍したが、バレンシアではレギュラーの座を掴めず、2017-2018シーズンはデポルティボへレンタルに出されていた。そのデポルティボではリーガエスパニョーラで23試合に出場したものの、チームを降格から救う働きはできなかった。 ▽ベルギー代表としてはU-15から選出され、2013年10月にA代表デビュー。これまで2試合の出場歴があるが、2015年10月以降選出されていない。 2018.07.04 02:30 Wed
twitterfacebook
thumb

エジプト代表MFトレゼゲ、インテル移籍を宣言!

▽トルコのカスムパシャに所属するエジプト代表MFマフムード・ハッサン・トレゼゲ(23)がインテル移籍を公言した。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽母国アル・アハリでプロデビューを果たし、これまでベルギーのムスクロンやアンデルレヒトでプレーしてきたトレゼゲ。今季はレンタルでカスムパシャに活躍の場を移し、リーグ戦31試合に出場し、13ゴール7アシストを記録した。 ▽得意ポジションはウイングでロシア・ワールドカップでも左ウイングでグループステージの全3試合に出場。チームは全敗だったが印象的なプレーを見せた。 ▽『カルチョメルカート』によれば、トレゼゲは「僕はおそらくミラノに行く。その後パルマへ向かうよ。1シーズンはレンタルになるだろうね」と公言。23歳のエジプト代表アタッカーはインテル移籍後、2018-19シーズンはパルマで武者修行を積むようだ。 ▽なお、“トレゼゲ”という名前は本名ではなく、顔立ちが似ているとされる元フランス代表のダビド・トレゼゲに由来してる。 2018.06.30 20:00 Sat
twitterfacebook
thumb

現地紙「新たな森岡を望んでいる」森岡亮太が古巣ベフェレンに残したインパクトとは?

2017-18シーズン、森岡亮太はベルギーのワースラント・ベフェレンに加入し、ジュピラー・リーグ初挑戦ながら大ブレイクを果たし、加入から半年でアンデルレヒトにステップアップを果たした。ワースラント・ベフェレンにとって、森岡退団の影響は大きかったようだ。<br><br>ベルギーメディア『voetbalnieuws』は「ワースラント・ベフェレンは新しい森岡を待ち焦がれている」という見出しで、次のように報じた。<br><br>「ベフェレンはシーズン序盤から健闘を見せ、一時は5位まで浮上。しかし、指揮官後退や主軸を引き抜かれた影響もあり、その後失速していった。最終的にはレギュラーシーズンを12位で終え、ヨーロッパリーグ・プレーオフではA組の5位という結果に。これはまさに&ldquo;失望のシーズン&rdquo;になったと言える」<br><br>その一方で、18-19シーズンからクロアチア出身の有望株カルロ・ルリッチを獲得したことについて触れ、「この22歳の青年はセリエAのサンプドリアにも在籍した。森岡亮太がベフェレンを高みに導いたように、クラブ側は日本人MFと同じシナリオを望んでいる」と紹介。新司令塔ルリッチが、森岡のような活躍をしてくれることに期待を寄せた。<br><br>森岡は17-18シーズンの前半戦、ワースラント・ベフェレンでリーグ戦24試合出場、7ゴール11アシストの成績を残した。この活躍を受けてアンデルレヒトに引き抜かれる運びとなったが、ワースラント・ベフェレンにとって、半年間在籍した森岡の活躍ぶりは&ldquo;突出した成功例&rdquo;として記憶されているようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.06.02 12:20 Sat
twitterfacebook
thumb

「ヨーロッパの地で精一杯プレーをしたので後悔は無い」日本代表落選の森岡亮太、ブログ開設と共に心境を明かす

▽アンデルレヒトに所属する日本代表MF森岡亮太が、ブログを開設し、シーズン終了の報告と共に、落選した日本代表への思いを綴っている。 ▽2017年6月にポーランドのシロンスク・ヴロツワフからベルギーのべベレンに加入した森岡は、ジュピラー・プロ・リーグで第24節までに7ゴール11アシストを記録。この活躍が認められ、2018年1月に名門アンデルレヒトに移籍すると、背番号10を託されることに。移籍後はリーグ戦6試合で3ゴール3アシスト、その後のプレーオフでは10試合3ゴール1アシストという成績を残すなどステップアップを果たした1年間を過ごした。 ▽また、シーズン中には日本代表にも選出。2017年11月10日のブラジル代表戦、14日のベルギー代表戦、2018年3月23日のマリ代表戦の親善試合3試合に出場した。しかし、今月18日に発表された30日のキリンチャレンジカップ2018のガーナ戦に向けた日本代表メンバーに選出されなかった。 ▽シーズンを終えた森岡は自身のオフィシャルブログを開設。今シーズン終了を報告した後、日本代表への思いを明かした。 「アメーバブログデビューをシーズン終了とともに飾ります」 「2017-18シーズンはベルギーにて1シーズンを終了致しました。ポーランドよりベルギーに移籍し、ベルギー国内でも半年で移籍するという激動のシーズンでした」 「ベルギーに移籍し、暮らす環境は非常に良くなりました。ベフェレンは文字通り正にベルギー人が多く、非常に暮らしやすく、ブリュッセルは他の大都市にもれず多国籍の文化に触れることができ刺激の多い楽しい生活を送っております」 「当初ベフェレンもアンデルレヒトも加入した際の監督をはじめ、チームメイト、スタッフのサポートは素晴らしく、その歓迎モードに後押しされるよう、ベフェレンの快進撃さらにはアンデルレヒトでのプレーに繋がったのではと思います」 「サポートしてくれた会長、CEOやサポーターにも感謝しております」 「また、ベルギー在住の日本人コミュニティーには家族一同、本当に助けられ感謝しております。異国の地で、第一子の息子が生まれたばかりで不安なことも多々ありましたが、ピッチ外でのストレスが少なかったことは、家族を含め周りの方々のおかげです」 「大きな怪我もなく、今シーズンは43試合に出場しカップ戦を含め、15得点/15アシストで無事終えることが出来ました」 「来シーズンも引き続き皆様のサポートをよろしくお願い申し上げます」 「日本代表に関しては、全て監督の判断ですし、ヨーロッパの地で精一杯プレーをしたので後悔は無いです。勿論入らなかったのは残念ですが、W杯での日本代表の活躍を祈願、応援しております」 2018.05.23 19:05 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース