豪クラブのサポーターが応援をボイコット?規制強化に反発「存在を否定されかけている」2018.04.06 22:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)のサポーター集団である「レッド・アンド・ブラック・ブロック(RBB)」は、今季の残り試合全てで応援をボイコットすることを発表した

ワンダラーズは2月に行われた試合で、サポーターの発煙筒の使用や挑発行動などを行ったとして、オーストラリアサッカー連盟(FFA)より処分を受けた。これにより、クラブは1試合で応援エリアを封鎖。さらにRBBに対し、応援リーダー用エリアの撤去や警官増員を通告していた。

しかし、クラブの対応に納得のいかないRBBは、Facebook上で今季残り試合での応援を取りやめることを発表している。

「このクラブのバッジやカラーのために生きている我々にとって、今回の決断は自らを焦がすほど苦々しいものだ。今回の決断は、来季により強く大きくなって戻ってこれるよう、全ての関係者と再度話し合いの場を持つためのものだ」

「今回の規制強化により、サポーターグループは苦しめられ、存在を否定されかけている。我々は、引き続きチームをサポートするよう推奨している。しかし、様々な規制強化が進んでいるため、今季の残り試合(決勝トーナメント含む)において組織立った応援は行なわない」

なお、クラブ側は取材に対し、RBBの決定についてはコメントをしないと答えた。


提供:goal.com

コメント



ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース