山形、ユース所属のU-17日本代表DF半田陸を2種登録2018.04.06 18:47 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽モンテディオ山形は6日、ユースチームに所属するU-17日本代表DF半田陸(16)を2種登録したことを発表した。背番号は「41」に決定している。

▽地元山形県出身の半田は、U-15代表から世代別の日本代表でプレーしている山形ユース期待のDFだ。今年2月にはUAE遠征に臨むU-17日本代表メンバーにも選出されていた。
コメント
関連ニュース
thumb

仙台、ジャーメイン良の1G2Aで山形との“みちのくダービー”制し初の決勝戦へ《天皇杯》

▽第98回天皇杯全日本サッカー選手権準決勝のベガルタ仙台vsモンテディオ山形が、5日にユアテックスタジアム仙台で行われ、3-2で仙台が勝利した。この結果、初の決勝進出を果たした仙台は9日に埼玉スタジアム2002で浦和レッズと対戦する。 ▽初の決勝戦を目指す仙台はJ1最終戦のヴィッセル神戸戦からスタメンを3人変更。奥埜、富田、関口に代えて矢島、中野、椎橋を起用した。 ▽一方、4年ぶりの決勝戦を目指す山形はJ2最終戦の大分トリニータ戦からスタメンを4人変更。GK櫛引、松本、本田、内田に代えて、GK児玉、栗山、山田、安西を起用した。 ▽3年ぶりの”みちのくダービー”となったこの一戦。試合序盤からボールを保持する仙台は10分過ぎに古林が敵陣右サイドからボックス内に侵攻し、マイナスに折り返す。これをファーサイドの石原が合わせてゴールネットを揺らす。だが、先制点かと思われたが、ゴール前にいた味方がオフサイドポジションにいたとの判定でゴールは認められず。 ▽それでも、仙台は直後の13分、中野が敵陣左サイドで味方とのワンツーで抜け出すと、ボックス内にクロスを供給。ボックス中央のジャーメイン良が倒れ込みながら左足のボレーシュートで合わせて、先制に成功する。 ▽追加点を狙う仙台は18分、後方からのロングパスをボックス中央手前のジャーメイン良が、ワンタッチで後方にいた矢島に落とす。矢島がすかさずミドルシュートを放つと、相手DFに当たりコースが変わってそのままゴールに吸い込まれた。 ▽2点のビハインドを負った山形も反撃に出る。32分、オーバーラップしてきた熊本がボックス中央右手前からクロスを送る。これにをゴール前の阪野がヘディングで合わせて1点を返す。 ▽点差を縮められたものの攻撃のチャンスを多く作る仙台は35分、ハーフウェイライン付近で相手のミスを見逃さなかった石原がボールを奪うと、一気にボックス手前まで持ち運ぶ。GK児玉との一対一を迎えるも、ここは児玉のビックセーブに遭う。それでも、このプレーで得た左CKの場面でキッカーの矢島が滞空時間の長い浮き球のボールを蹴ると、ファーサイドのジャーメイン良がヘディングでゴール前に折り返す。これに反応した平岡が右足で押し込み、山形を突き放す。 ▽反撃に出たい山形は44分、相手GKシュミット・ダニエルのロングフィードをハーフウェイライン付近の熊本が跳ね返すと、敵陣中央で反応した南が頭で前線のスペースに落とす。これに反応した阪野がボックス右からループシュート。GKシュミット・ダニエルの頭上を越えたボールがネットに吸い込まれ、再び1点差に迫り前半を終えた。 ▽後半に入り先にチャンスを作ったのは山形。50分、三鬼がボックス右前からクロスを送るがクロスバーに当たってしまい、味方には合わず。さらに57分、敵陣中央右サイドから三鬼がクロスを送る。これを、ファーサイドの阪野が合わせるも上手くミートせずGKにキャッチされてしまう。 ▽何とか追いつきたい山形は安西、山田と守備的な選手を下げて中山、汰木と続けてアタッカーを投入。さらに試合終盤の83分には南を下げてアルヴァロ・ロドリゲスを最後の交代カードとして投入。対する仙台は殊勲のジャーメイン良、矢島らを下げて関口、富田、阿部とベテランの投入で逃げ切りを図った。 ▽後半半ばを過ぎて山形ペースで進む中、81分には汰木が自陣中央からドリブルで一気にボックス左に持ち運びシュートもDFにブロックされ、左CKとなる。この流れから味方のクロスをファーサイドの阪野が頭で合わせるも、GKシュミット・ダニエルの好セーブに遭い同点に追いつくことはできない。 ▽結局、試合はこのまま3-2で終了。3年ぶりの“みちのくダービー”を制した仙台がクラブ史上初の決勝進出を決定した。一方、柏レイソル、FC東京、川崎フロンターレとJ1勢を連破する快進撃を見せた山形だったが、4年ぶりの決勝進出はならなかった。 ベガルタ仙台 3-2 モンテディオ山形 【ベガルタ仙台】 ジャーメイン良(前14) 矢島慎也(前18) 平岡康裕(前36) 【モンテディオ山形】 阪野豊史(前32) 阪野豊史(前44) 2018.12.05 21:31 Wed
twitterfacebook
thumb

山形、ユース所属のGK大友竜輔の来季トップ昇格内定を発表

▽モンテディオ山形は27日、ユース所属のGK大友竜輔(18)の来シーズントップチーム昇格が内定したことを発表した。 ▽大友は、大仙市立大曲中学校から山形ユースに入団。身長186㎝、体重72㎏のゴールキーパーだ。 ▽昇格が内定した大友は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「来季、トップチーム昇格することになりました、モンテディオ山形ユースの大友竜輔です」 「モンテディオ山形ユースに加入してから、トップチーム昇格を目指してきたので、とても嬉しく思います。家族、スタッフ、サポーターの皆さんへの感謝を伝えるべく、1日でも早くNDソフトスタジアム山形のピッチに立てるように日々精進していきます。応援よろしくお願いします」 2018.11.27 16:45 Tue
twitterfacebook
thumb

山形、今季6発フェリペ・アウベスらブラジル人3選手とアマチュア契約のGK射庭が契約満了で退団

▽モンテディオ山形は22日、FWフェリペ・アウベス(28)、FWブルーノ・ロペス(32)、DFジャイロ・ロドリゲス(25)のブラジル人選手3人と、GK射庭康太朗(22)が契約満了に伴い来季の契約を更新しないことを発表した。 ▽今季トンベンセから加入したフェリペ・アウベスは今季の公式戦20試合に出場し7ゴールを記録。明治安田生命J2リーグでは19試合に出場し、チーム3位の6ゴールを記録していた。 ▽アルビレックス新潟にも在籍していたブルーノ・ロペスは今年7月に途中加入で5年ぶりのJリーグに復帰。今季は公式戦11試合(リーグ戦10試合)に出場し、2ゴールを記録していた。 ▽イランのセパハンから今季加入したジャイロ・ロドリゲスは大型センターバックとして期待されたものの、開幕前の2月に右股関節前方脱臼で全治6カ月の重傷を負い、シーズン終盤に復帰したものの公式戦3試合の出場にとどまっていた。 ▽なお、山形は12月5日に天皇杯準決勝のベガルタ仙台戦を控えているが、3選手はいずれもチームに帯同せず、今月中に帰国する予定だ。 ▽また、大阪府出身の射庭は京都産業大学から今季アマチュア契約で加入していたが、公式戦の出場機会がないまま契約満了となった。 2018.11.22 20:16 Thu
twitterfacebook
thumb

山形MF松岡亮輔が契約満了…2014年にはJ1昇格に貢献

▽モンテディオ山形は15日、MF松岡亮輔(34)の来シーズンの契約を更新しないことを発表した。 ▽2007年に阪南大学からヴィッセル神戸に入団してプロキャリアをスタートさせた松岡。ジュビロ磐田を経て、2014年に山形に加入し、同シーズンにはJ2リーグで34試合1得点を記録してチームのJ1昇格に貢献した。今シーズンは明治安田生命J2リーグに3試合、天皇杯に2試合出場している。 ▽山形退団が決定した松岡は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「5年間在籍させていただいたモンテディオ山形を、今シーズンを持ちまして退団することになりました。チームの力になれず、本当に申し訳なく思っています」 「5年間を振り返ると、怪我で長期間の離脱やJ1昇格、J2降格など、個人としてもクラブとしても浮き沈みのあった時でした。そんな中、皆さまの変わらない前向きな声援が、僕たちへの後押しとなり、前へ歩ませて頂く力になりました。本当にありがとうございました」 「背番号7を背負わせていただいたことも感謝しています。背番号7の価値を十分に分かったつもりで着用を承諾しましたが、加入して歴代の選手達の素晴らしさを見聞きするたびに、身の引き締まる思いを更に感じました。この背番号には、自分一人だけが幸せになればいいのではなく、モンテディオに関わるすべての人達に影響を与え、幸せを分配しなくてはいけない。そんな責務があるのだと思うようになりました」 「山形での5年間は、地域にプロスポーツクラブが存在することの大切さを知ることが出来ました。それと同時に、地域に対してプロスポーツ選手が果たすべき役割を、自分なりに考え行動してきました」 「2014年の天皇杯決勝では試合前の国歌斉唱で、身震いするほど気持ちが高揚したのを覚えています。あのときの気持ちを、もう一度体感出来るチャンスがまだあります。引き続き、皆さまのご声援を宜しくお願い致します」 2018.11.15 10:55 Thu
twitterfacebook
thumb

山形、森谷俊雄代表取締役社長の退任を発表

▽モンテディオ山形は13日、森谷俊雄代表取締役社長の退任を発表。17日のホーム最終戦大分トリニータ戦以降に開催される、臨時取締役会にて正式に決定する見込みであることを伝えた。 ▽また、後任決定までの期間は、取締役、管理部担当・指定管理事業本部担当の渡邉修氏が暫定的に代表取締役社長の任にあたる。 ▽森谷氏は、2015年11月に株式会社モンテディオ山形の取締役に就任。同年12月に代表取締役社長の職に就いていた森谷氏は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆森谷俊雄代表取締役社長 「モンテディオ山形に熱いご声援、ご支援をいただき心から感謝申し上げます」 「クラブ代表に就任以来、J1昇格と新スタジアム構想を胸に、多くの皆様のご支援、ご協力、励ましをいただきながら、微力ではありましたが懸命に経営を担ってまいりました。特に、この2018シーズンは、クラブ創立20周年という節目、新スタジアム実現に向けた道筋をつける重要なシーズンであり、特別な思いを持って臨んだ一年でした。しかし、皆様の熱い心強い応援にもかかわらずJ1昇格を果たすことができませんでした。モンテディオ山形に期待を寄せ、最後まで諦めずに応援してくださった全ての皆様にお詫びと心からの感謝を申し上げます」 「一方、Jリーグクラブを取り巻く環境は、大きく変わりました。リーグは、各クラブが着実に成長を遂げている中で、『各地域に裾野を広げること』を重視した方針から、『クラブ間競争を促す』方針に舵が切られ、クラブ間の競争が激化しています。モンテディオ山形が将来に向かって成長を続け、J1のステージで戦い続けることができるクラブになるためには、地域に根差した経営に加え、J1仕様の戦略構想力・実行力のある経営体制を築いていくことが不可欠であると痛感しています」 「これまで2年11か月余り全力を傾注してまいりましたが、予算編成やチーム編成など来季に向けた諸準備に着手する時期を迎えるにあたり、J1昇格に向けより強固な新しい経営体制に道筋をつけるべく、今季リーグ戦終了後に社長職を退任することを決意いたしました。後任には、プロスポーツを中心に様々な形でスポーツビジネスを経験されている方を、外部から招聘すべく調整を進めており、前向きに検討いただいております。新たな風を吹き込み、情熱を持ってこれからのモンテディオ山形をリードしていただけると確信しております」 「モンテディオ山形は、木山監督のもとで、皆様と一緒に、天皇杯優勝につなぐ戦い、来季につなげる戦いを続けてまいります。どうか、モンテディオ山形に、一層のご支援、ご声援を賜りますよう、心からお願い申し上げます」 「お陰様で、就任して3シーズン、観客数、スポンサー・会員数ともに着実に伸び、その結果、黒字経営を継続するなど安定した経営を確保することができました。ひとえに、スポンサー・会員各位、スタジアムに足を運んでくださった皆様のお力添え、チーム・フロント全員の努力の賜物に他なりません。また、お会いするたびに温かい励ましの言葉をかけてくださった皆様に心から感謝申し上げます。チーム・フロント、ご協力いただいた関係各位に感謝申し上げます」 「最後に、皆様のご厚情は生涯の宝物です。皆様と一緒にモンテディオ山形を応援してまいります。ありがとうございました」 ▽今シーズンの山形は、明治安田生命J2リーグ第41節終了時点で14勝13分け14敗の12位。しかし、天皇杯ではベスト4に残っており、12月16日(鹿島アントラーズがベスト4入りした場合は12月5日に変更)に準決勝のベガルタ仙台戦を戦う予定となっている。 2018.11.13 15:25 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース