柏、柏レイソルU-18所属のGK小久保玲央ブライアンを2種登録2018.04.06 16:09 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽柏レイソルは6日、柏レイソルU-18に所属するGK小久保玲央ブライアン(17)を2種登録したことを発表した。背番号は「31」に決定している。▽東京都出身の小久保は、柏が提携する柏エフォートFCから柏レイソルU-15に加入。現在は柏レイソルU-18でプレーしている。17歳ながら191cmの長身を誇る同選手はU-16日本代表でもプレー。先日にはU-17 Jリーグ選抜メンバーとしてオランダ遠征にも参加していた。
コメント
関連ニュース
thumb

柏、元日本代表MF細貝萌がタイのブリーラムに完全移籍! 「サッカー選手としてもっと成長し続けたい」

▽柏レイソルは6日、元日本代表MF細貝萌(32)が来シーズンからタイ1部のブリーラム・ユナイテッドFCに完全移籍することを発表した。 ▽2005年に前橋育英高校から浦和レッズに加入した細貝。その後、レバークーゼンやシュツットガルトなど欧州のクラブを渡り歩き、2017年3月に柏に加入していた。今シーズンは公式戦10試合に出場していた。 ▽柏退団を受けて細貝はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ドイツから戻ってきて2シーズンという短い期間でしたが、小学生の頃から憧れていた選手がプレーしていた日立台でプレーできたことは非常に光栄でした。30歳を超えたベテランとしてチームに加入しておきながら、なかなか試合に出場できず、本来の自分らしいプレーを、ファン、サポーターの皆様にみせることが出来ず、直接的にチームの力になることができない状況は自分自身非常にもどかしい思いでした」 「このままレイソルの選手として仲間と一緒にプレーし続けたい気持ち、若い選手が多いレイソルで自分が経験してきたことを間近で伝えていきたい気持ち、様々な思いの中で悩み、葛藤もしましたが、サッカー選手として自分自身がもっと成長し続けたい、その気持ちで新しいチャレンジをすることに決めました」 「いつも雰囲気の良い日立台、そして柏の街では多くのファン・サポーターの方々から声援を送っていただきました。皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。応援していただき本当にありがとうございました」 2018.12.06 16:06 Thu
twitterfacebook
thumb

FC東京がチーム得点王FWディエゴ・オリヴェイラを柏から完全移籍で獲得「みなさんの期待に応えられるように」

▽FC東京は6日、柏レイソルから期限付き移籍していたFWディエゴ・オリヴェイラ(28)が完全移籍で加入することを発表した。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">JリーグをDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽ディエゴ・オリヴェイラは、2016年に柏に加入。1年目は明治安田生命J1リーグで30試合に出場し12得点を記録すると、2017年も27試合で5得点を記録していた。 ▽今シーズンはFC東京へと期限付き移籍すると、J1で32試合に出場しチーム最多の13得点を記録。ルヴァンカップでは1試合に出場、天皇杯では3試合に出場し5得点を記録していた。 ▽ディエゴ・オリヴェイラは両クラブを通じてコメントしている。 ◆FC東京 「来シーズンも東京でプレーを出来るチャンスをいただき、とても嬉しく思います。東京に加入したときに、みなさんが私のことを温かく迎え入れてくれて、信頼をしてくれたおかげでチームに貢献することができ、感謝しています。また東京のユニフォームを着て、早くピッチに立ちたいです。全てにおいて、みなさんの期待に応えられるように頑張ります」 ◆柏レイソル 「柏レイソルには、私が日本に来るチャンスをいただいたことを大変感謝しています。在籍中には、ファン・サポーター、選手、チーム関係者のみなさんと素晴らしい時間を過ごせたこと、温かく受け入れてくださったことを感謝するとともに、この先も忘れることはありません。これからより一層チームが発展することを祈っています。みなさん、ありがとうございました」 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">JリーグをDAZNで観よう!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.12.06 15:50 Thu
twitterfacebook
thumb

J2降格の柏が声明発表「再び世界を目指せるクラブに」

▽柏レイソルは1日、明治安田生命J1リーグのシーズンが終了したことを受けて声明を発表した。 ▽柏は、今シーズンAFCチャンピオンズリーグ(ACL)でグループリーグ敗退に終わると、リーグ戦でも低迷。今年5月に同監督を解任し、ヘッドコーチから加藤望監督を招へいするが、J1第32節終了時点で10勝3分け19敗の自動降格圏17位に。残り2節の段階でトップチームコーチ兼アカデミーヘッドオブコーチを務める岩瀬健氏に託し、今シーズン2度目の監督交代に踏み切ったが、時すでに遅し。第33節のセレッソ大阪戦に3-0で勝利したものの、17位でのJ2降格が決定している。 ▽1日にJ1最終節のガンバ大阪戦(4-2で勝利)を戦い、シーズンを終えた柏は、声明文を公式サイトに掲載。株式会社日立柏レイソルの代表取締役社長を務める瀧川龍一郎氏が次のように謝罪し、復活を誓った。 「まず今シーズン1年間にわたり、多大なご声援とご支援を頂きました、ファン・サポーターの皆様をはじめ、スポンサー各社様、ホームタウン関連の皆様、柏レイソルに関わるすべての皆様に感謝申し上げます。また常に全力を尽くし、最後の最後まで本当によく戦ってくれた選手やスタッフたちにも合わせて感謝しております」 「本日で今シーズンのJ1リーグが全て終了しましたが、J2リーグへ降格する結果となってしまいました。皆様方に大きなご支援をいただいてきたにもかかわらず、ご期待を大きく裏切る結果となってしまったことを深くお詫びを申し上げます。本当に申し訳ございませんでした」 「来シーズンはJ2リーグを戦うことになりましたが、既にその戦いは始まっていると認識しております。厳しい戦いを勝ち抜くべく、チーム編成を含め万全の準備をしてまいります。そして、再び世界を目指せるクラブにするためにも、まずは必ずや1年でJ1に戻ってこられるように、クラブ一丸となって全力で邁進いたします。今後とも引き続き柏レイソルへのご支援を宜しくお願い申し上げます」 2018.12.01 19:30 Sat
twitterfacebook
thumb

降格決定の柏が意地の連勝締め! G大阪はクラブ新の連勝記録逃す《J1》

▽1日に三協フロンテア柏スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ最終節の柏レイソル(17位/勝ち点36)vsガンバ大阪(8位/同48)は、ホームの柏が4-2で勝利した。 ▽J2降格が決定した柏は、3-0で快勝した前節のセレッソ大阪戦と同じ11名をスターティングメンバーに起用。クラブ新記録の10連勝がかかるG大阪は出場停止明けの倉田が先発復帰を果たした一方で、16得点のファン・ウィジョがメンバーから外れた。 ▽試合は、今シーズン限りの現役引退を表明した栗澤のためにも最終節を勝利で締めくくりたい柏が立ち上がりから前がかる展開となる。だが、徐々に攻撃のリズムを作ったG大阪もアデミウソンの仕掛けを起点に反撃。一進一退の攻防が繰り広げられていく。 ▽その中、試合は11分に動く。左CKを獲得した柏は、キッカーのクリスティアーノがショートコーナーを選択。左サイド深くでセカンドボールを拾った江坂のクロスにゴール前の鈴木が合わせると、これがゴール右に決まり、柏が先制に成功する。 ▽勢いづく柏は21分、追加点のチャンス。バイタルエリア中央のクリスティアーノが相手GKの前がかったポジショニングを見抜き、右足の浮き球シュートでゴールを狙う。だが、これは惜しくもクロスバーの上に外れてしまい、2点目とはならない。 ▽鈴木に復帰後初ゴールを許したG大阪だが、28分に追いつく。ドリブルを仕掛けたアデミウソンがボックス右からゴール前に右足でクロスボールを供給。これにファーサイドで反応した渡邉が頭でゴール左隅に沈め、試合を振り出しに戻してみせる。 ▽引き離したい柏は41分、左サイドから縦にボールを持ち上がったクリスティアーノがバイタルエリア中央へ。力強く振り抜かれた右足のシュートがG大阪のゴールマウスに襲いかかるが、惜しくも左ポストに嫌われ、勝ち越しのチャンスを逃す。 ▽その柏は前半終了間際の45分、小池が右サイドの敵陣深くからクロスを送り、大谷がボレーシュート。左サイドでこぼれ球を拾った江坂のスルーパスに反応の大谷がボックス左からマイナス方向にパスを出す。瀬川が右足シュートを決め、再びリードする。 ▽1点リードで試合を折り返した柏は開始2分に3点目。左CKのキッカーを務めたクリスティアーノが右足でクロスを送る。右サイド深くでGK東口のクリアボールを拾った中山がドリブルで小野瀬を振り切り、ボックス右から左足を一閃。これが突き刺さり、G大阪を引き離す。 ▽劣勢のG大阪はボールを動かしながら反撃の糸口を探る。だが、柏は63分、中山が遠藤に対する果敢なチャージ。前線でルーズボールを拾ったクリスティアーノが振り向きざまに右足シュートを放つ。これが見事な放物線で前がかったGK東口の頭上を越えてゴールに吸い込まれ、4点目を挙げた。 ▽連勝記録更新に黄色信号が灯るG大阪は、藤本や中村敬斗、一美といった攻撃的カードを立て続けに切る。79分に右サイドを崩しにかかった小野瀬のお膳立てからボックス右のアデミウソンが左足シュートでゴールを決め、反撃の狼煙を上げる。 ▽だが、柏がG大阪の猛攻を凌ぎ切り、8月以来のホーム戦初白星。今シーズン初の連勝でG大阪のクラブ連勝記録を阻み、最終戦を締めくくった。 2018.12.01 16:00 Sat
twitterfacebook
thumb

柏の新指揮官はやはりネルシーニョ…降格決定1週間前に合意と報道

▽J2への降格が決定した柏レイソルの新監督は、かつての指揮官であるネルシーニョ氏(68)になるようだ。ブラジル『futebolinterior』が報じた。 ▽柏は、11月24日に行われた明治安田生命J1リーグ第33節のセレッソ大阪戦で0-3と快勝。しかし、残留を争う湘南ベルマーレ、サガン鳥栖、名古屋グランパスが揃って勝利したため、1試合を残してJ2降格が決定していた。 ▽加藤望監督の下で結果を出せなかった柏は、2試合を残して岩瀬健監督に交代していたが、来シーズンはネルシーニョ氏に託すことにしたようだ。 ▽『futebolinterior』によると、チームの降格が決定する1週間前にネルシーニョ氏と柏は合意していたとのことだ。 ▽ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)や名古屋グランパスなどで指揮を執ったネルシーニョ氏は2009年から2014年まで柏を指揮。2010年にはJ2優勝、2011年には J1優勝、2012年は天皇杯、2013年はナビスコカップ(現ルヴァンカップ)とタイトルを獲得。2015年からはヴィッセル神戸で指揮していたが、成績不振で2017年8月に解任されていた。 ▽その後は、ブラジルに戻り、スポルチ・レシフェを指揮。4月に退任以降は複数クラブからオファーも、フリーのままだった。 2018.12.01 11:18 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース