柏、柏レイソルU-18所属のGK小久保玲央ブライアンを2種登録2018.04.06 16:09 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽柏レイソルは6日、柏レイソルU-18に所属するGK小久保玲央ブライアン(17)を2種登録したことを発表した。背番号は「31」に決定している。

▽東京都出身の小久保は、柏が提携する柏エフォートFCから柏レイソルU-15に加入。現在は柏レイソルU-18でプレーしている。17歳ながら191cmの長身を誇る同選手はU-16日本代表でもプレー。先日にはU-17 Jリーグ選抜メンバーとしてオランダ遠征にも参加していた。

コメント

関連ニュース

thumb

GK権田がスーパーセーブ! 柏と鳥栖の残留争い対決、痛いドロー《J1》

▽22日に三協フロンテア柏スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第27節の柏レイソル(勝ち点29/17位)vsサガン鳥栖(同29/16位)は、1-1のドローに終わった。 ▽2連敗中の柏は、前節のスタメンから5名を変更。大谷を第17節以来となるスタメン起用した。対する鳥栖は、前節の首位広島戦で1-0の金星。その前節の先発メンバーから原川に代えて小野を抜擢した。 ▽試合は、鳥栖が比較的にボールの主導権を握りにかかる入りに。だが、シュートの形まで結びつけられない。一方の柏もボールを奪えば鳥栖のゴールマウスに迫るが、こちらも攻め手を見いだせず、停滞が続く。 ▽その中で、クリスティアーノがミドルレンジから強引にゴールを狙えば、オルンガもヘディングシュート。対する鳥栖もフェルナンド・トーレスがヘディングシュートで襲いかかるが、いずれもゴールに繋がらない。 ▽こう着状態が続く試合は、40分に動く。ボックス右外でオルンガからボールを回収した大谷がスルーパス。これに反応した小池がボックス右に抜けてパスを送ると、ゴール前の瀬川が右足で合わせ、柏が均衡を破る。 ▽4試合ぶりに失点した鳥栖は、後半の頭から伊東に代えて江坂を投入した柏より先に決定機。48分、右サイドの味方が上げたクロスからゴール前のフェルナンド・トーレスが頭でゴールを狙うが、GKの正面を突く。 ▽それでも、鳥栖が追いつく。52分、右CKのチャンスを獲得。キッカーの三丸が左足のカーブがかかったクロスを送る。これにファーサイドで反応したフリーの金崎が頭で合わせ、試合を振り出しに戻す。 ▽瀬川の2戦連発となるゴールで手にした1点リードを守り切れなかった柏。すぐさま反撃に出たいところだが、60分に小野を下げて安在を投入した鳥栖に攻めの主導権を握られ、守備に時間を取られてしまう。 ▽金崎の鳥栖加入後2得点目となる一発で息を吹き返した鳥栖は69分、フェルナンド・トーレスに決定的な場面。右サイドから上がったクロスにファーサイドで反応するが、ヘディングシュートを枠に飛ばせない。 ▽引き離したい柏は71分、途中出場の江坂に絶好機。見事な判断で右サイドにランした大谷がクロスを送り、反応した江坂が跳躍力を生かしてヘディングで合わせる。これがゴール左に飛ぶが、GK権田の好守に遭う。 ▽73分にフェルナンド・トーレスをベンチに下げた鳥栖を押し込む柏は、オルンガがボックス左のゴール至近距離で左足シュート。さらに、江坂も左足のシュートを枠に飛ばすが、GK権田の牙城を打ち破れない。 ▽2枚目の交代枠で山崎を投入した柏は88分、クリスティアーノがパワーシュートを放つと、ゴール前のこぼれ球に山崎が素早く詰める。だが、これはGK権田がスーパーセーブ。鳥栖は守護神の活躍で事なきを得る。 ▽その後も攻勢に転じた柏だが、最後までスコアに動きなく、残留争いの直接的なライバルである鳥栖と痛いドロー。敵地で1ポイントを積み上げた鳥栖も勝利を逃して、いまだ残留へ予断を許さない状況となっている。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 17:00 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】まさに正念場 クリスvs権田に注目!《柏vs鳥栖》

▽22日に行われる柏レイソル(勝ち点29/16位)vsサガン鳥栖(勝ち点26/15位)。この試合は、残留争い真っ只中の両チームにとって正念場の戦いとなる。 ◆課題は守備、攻撃は好調〜柏レイソル〜 ▽柏は前節、DF鈴木大輔が今夏復帰後初先発を果たしたが、清水エスパルスを相手に2-3の黒星。内容的にもスコア以上の完敗だった。ただし、直近3試合8得点の攻撃陣は好調。今節の鍵は、ルヴァンカップを含む直近の公式戦6試合連続で先制点を許す守備を立て直せるかどうか。鳥栖との下位直接対決を落とせば、いよいよ降格も現実味を帯びてくるだけに、3連敗だけは避けたい。 ◆根幹の堅守が安定、台所事情苦しく〜サガン鳥栖〜 ▽対する鳥栖は前節、首位のサンフレッチェ広島を相手に1-0の白星。ここ2試合連続でクリーンシートが続く堅守が広島をも苦しめた。これで、シーズン後半戦9試合で7度目となる無失点。この終盤戦にきて、チームの根幹がついに安定しつつある。今節のポイントは、この調子を続けられるか。やや故障者が多い苦しい台所事情だが、今節も勝ち点を積み上げたい。 【予想スタメン&フォーメーション】 ◆柏レイソル[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180922_9_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:桐畑和繁 DF:小池龍太、鈴木大輔、パク・ジョンス、高木利弥 MF:伊東純也、小泉慶、手塚康平、江坂任 FW:瀬川祐輔、クリスティアーノ 監督:加藤望<hr>▽前節を欠場したDF小池龍太が負傷から復帰。DF中山雄太も完全でこそないものの、部分的に合流を果たした。加入後初めて出番がなかったMF江坂任の先発復帰にも注目が集まる。 ◆サガン鳥栖[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180922_9_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:権田修一 DF:藤田優人、高橋祐治、ジョアン・オマリ、三丸拡 MF:福田晃斗、高橋秀人、高橋義希、原川力 FW:金崎夢生、フェルナンド・トーレス 監督:マッシモ・フィッカデンティ<hr>▽上述のとおり、故障者が多く、台所事情は苦しい。先発メンバーは前節と変わらずか。今節もGK権田修一を中心としたディフェンス陣の堅守体現が期待される。 【注目選手】 FWクリスティアーノ(柏レイソル)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180922_9_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽柏の注目選手は、FWクリスティアーノだ。後半戦に入り、調子が上がらない日々が続いたが、ここ3試合で3得点と復調の兆し。この男がゴールを挙げればチームのムードもガラリと一変するだけに、今節も一発に期待したい。 GK権田修一(サガン鳥栖)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180922_9_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽鳥栖の注目選手は、守護神の権田だ。チームはシーズン後半戦の9試合で7度の無失点。最後尾から安定感抜群のパフォーマンスを披露する権田は、代表復帰が物語るとおり、その堅守構築に大きく貢献している。今節もゴールに鍵をかけたい。 ◆喉から手が出るほど欲しい勝点3 ▽柏が勝ち点で並ぶ鳥栖をホームに迎え撃つ一戦。今後の残留争いの行方を占う大一番となる。勝てば残留へ、負ければ降格へ近づく一戦で、喉から手が出るほど欲しい勝点3を掴み取るチームは果たして。明治安田生命J1リーグ第27節の柏vs鳥栖は、三協フロンテア柏スタジアムで15時にキックオフを迎える。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews" terget="_blank">負けられない戦い!<br>柏vs鳥栖を観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.22 08:45 Sat
twitterfacebook
thumb

清水、竹内のJ1初ゴールで9位浮上!連敗の柏は16位転落でPO圏へ…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第26節の柏レイソルvs清水エスパルスが、15日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、3-2でアウェイの清水が勝利した。 ▽前節、横浜F・マリノスとの下位争いに1-3で敗れた15位柏(勝ち点29)は、その一戦からスタメンを3人変更。ナタン・ヒベイロ、小池、江坂に代わり鈴木、中川創、中川寛が起用された。 ▽一方、直近5試合で1勝3敗1分けと波に乗れない12位清水(勝ち点31)は、1-2で敗北した前節のベガルタ仙台戦のスタメンからファン・ソッコ、飯田、ミッチェル・デューク、長谷川、ドウグラスの5名を変更し、立田、角田、竹内、クリスラン、北川を先発起用した。 ▽残留を争うチーム同士の戦い。先にチャンスを作ったのはアウェイの清水。9分、敵陣中央の左サイドで松原がボールを運び、ボックス内の白崎にパス。白崎が竹内にボールを落とし、竹内がワントラップしてからボックス中央手前で右足を振り抜くと、シュートはゴールネットに突き刺さり清水が幸先よく先制する。 ▽前線からプレッシャーをかける清水は20分、相手DFのGK桐畑へのバックパスを北川がインターセプト。ボックス内に走り込んできた白崎にパスを送るも、白崎はシュートを上手くミートできずGK桐畑の正面に。 ▽後半に入っても試合を優位に進める清水は52分、右CKを金子が蹴るも相手DFに跳ね返される。しかし、セカンドボールに反応した河井がヘディングでボックス内にふわりとしたパスを送ると、ゴール前にいた白崎が相手DFと体勢を上手く入れ替え、反転してシュートを放つ。これがゴールに吸い込まれ追加点を奪う。 ▽劣勢を強いられていた柏は64分、小泉が瀬川に縦パスを入れる。瀬川がボックス中央でパスを受けると相手DFを1人かわし左足でシュート。これがゴール右に決まり、点差を1点に縮めた。 ▽1点を返された清水は81分、相手陣内のハーフウェイライン付近でFKを獲得。フレイレのキックを、ボックス左のミッチェル・デュークがヘディングで折り返す。走り込んできた北川には合わなかったものの、GK桐畑が弾いたところに詰めていた河井が押し込み再びリードを広げる。 ▽猛攻を仕掛ける柏は85分、クリスティアーノがボックス左の山崎にスローインでパスし、リターンを受けてシュートを放つ。しかし、クロスバーに嫌われゴールを奪うことができない。 ▽それでも柏は、後半アディショナルタイムに左サイドから供給された高木のクロスをボックス内のオルンガがヘディングで落とし、ゴール前のクリスティアーノが右足で合わせて1点差に詰めよる。しかし、それ以上の反撃は叶わず試合は3-2で清水リードのまま終了した。 ▽この結果、清水は2戦ぶり白星で9位に浮上。一方の柏は、連敗でJ1J2入れ替えプレーオフ圏の16位に転落した。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.15 22:13 Sat
twitterfacebook
thumb

柏退団のハモン・ロペスが仙台に復帰! 「約束を果たすことができ、本当にうれしく思います」

▽ベガルタ仙台は11日、ブラジル人FWハモン・ロペス(28)の復帰が決定したことを発表。チームには、同日合流している。 ▽ハモン・ロペスは、2014年から2016年にかけて仙台に所属していた。とりわけ、2016シーズンには明治安田生命J1リーグ32試合10ゴールと印象的な活躍を披露。2017年からは柏レイソルに加入していたが、2年目の今シーズンはJ1リーグで6試合の出場に留まっており、今年7月に契約を解除していた。 ▽仙台復帰に際し、ハモン・ロペスはクラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆ハモン・ロペス 「2年前、移籍する際に、みなさんに『近いうちにまた会いましょう』とコメントしましたが、その約束を果たすことができ、本当にうれしく思います。再びベガルタ仙台の一員として、チームの勝利に貢献できるように以前よりも努力を重ねます。そして、ユアスタで僕の応援歌を大きな声で歌っていただけるのを楽しみにしています」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.11 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

甲府一歩及ばず…瀬川同点弾の柏がアウェイゴール差で4年ぶりベスト4進出! 《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ準々決勝第2戦の柏レイソルvsヴァンフォーレ甲府が、9日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、2戦合計3-3となり、アウェイゴール差により柏が準決勝に進出した。 ▽5日に山梨中銀スタジアムで行われた第1戦は、2-2で決着。アウェイゴールの優位を得ている柏は、その試合からスタメンを4名変更。ナタン・ヒベイロ、亀川、キム・ボギョン、山崎に代えて、高木、パク・ジョンス、手塚、江坂を起用した。 ▽対する甲府は、第1戦からビョン・ジュンボン、中山、高野以外のスタメン8名を変更。最後尾にGK岡、最終ラインにビョン・ジュンボン、エデル・リマ、道渕、小出、中盤にフェフージン、佐藤、高野、前線に曽根田、金園、中山を起用した。 ▽ホームの柏は序盤から積極的に攻撃を仕掛けていく。すると、4分にはクリスティアーノが高い位置でボールを奪ってボックス左に侵攻。しかし、左足で放ったシュートは勢いなくGK岡にキャッチされた。 ▽14分、甲府が左CKを獲得。ショートコーナーからボックス手前中央にボールがこぼれると小出がここから狙う。すると、放たれたミドルシュートがフェフージンに当たってGK滝本の虚を突きネットを揺らした。 ▽先制された柏はその後、20分に瀬川のシュートがゴール左を掠め、24分には小川が甲府陣内やや遠い位置からミドルシュートを放つなど攻勢をかけていく。しかし、なかなか甲府の牙城を崩すことができない。 ▽その後、甲府はファイブバック気味の守備陣形を敷き、攻撃時にもクロスを中心としてあまり人数を割かずに進行。柏の攻撃を凌ぎ続け、1-0のスコアで前半を終えることに成功した。 ▽2戦合計2-3のビハインドで後半に突入した柏は巻き返しを図り相手を押し込みつつ試合を進めていくが、決定機が遠い。 ▽それでも61分、柏は左サイド深い位置でFKを獲得する。キッカーの手塚がクロスを上げると甲府DFエデル・リマに当たったボールが枠を捉える。一度はGK岡がオウンゴールを回避したものの、弾いたところに瀬川が詰めてスコアを同点に。 ▽この得点により、一転してアウェイゴール差で甲府がビハインドの状態に。前がかりになる甲府は71分に曽根田がボックス内からボレーシュートを放つが、枠の外に飛んでいく。 ▽優位にある柏は落ち着いてボールをキープしつつ、着実に時間を進めていく。73分には小泉に代えて大谷を投入し逃げ切りを図る。 ▽77分、柏がカウンターを発動。最前線のクリスティアーノがロングボールに抜け出しボックス内で一対一を迎え、GK岡までドリブルで抜きにかかる。しかし、上手く間合いを取ったGK岡がシュートを打たせず、望みを繋いだ。 ▽すると試合終了間際の95分、途中出場のジュニオール・バホスが最終ラインの裏に抜け出しGK滝本との一対一を迎える。しかし、シュートは左ポストに嫌われ、直後に試合終了の笛を聞くこととなった。 ▽この結果、2戦合計スコアは3-3で同点となったものの、アウェイゴール差で柏が準決勝に進出。4年ぶりにベスト4に名を連ねた。 ▽柏は、10月10日(水)に湘南との準決勝第1戦を、同14日(日)に第2戦を戦う。 2018.09.09 21:40 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース