YS横浜退団のMF宮内寛斗、松江シティFCに加入2018.04.04 16:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽横浜スポーツ&カルチャークラブは4日、昨シーズン限りで退団したMF宮内寛斗(20)が中国サッカーリーグの松江シティFCに加入したことを発表した。

▽YS横浜の下部組織出身の宮内は、2016年にトップチームに昇格。昇格初年度は、明治安田生命J3リーグで8試合に出場したが、昨シーズンは出場機会がなかった。なお、宮内はクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「こんにちは。この度松江シティFCに移籍する事になりました。この時期の報告になってしまい本当に申し訳ない気持ちで一杯です。まだサッカー選手としてできる環境がある事に感謝して新天地で頑張りたいと思います。初めて三ツ沢のピッチに立った時の事は絶対に忘れません。ファン・サポーターの方々のお陰で伸び伸びとプレーする事ができました!!」

「また三ツ沢のピッチに帰ってこれるよう努力します。遠くからでもいいので応援してもらえたら嬉しいです。そして、ここまで支え続けてくれた両親には本当に感謝してもしきれません。ありがとう。これからのYSCCの活躍に期待しています。ユースから約5年間本当にお世話になりました。ありがとうございました」

コメント

関連ニュース

thumb

鳥取がYS横浜からDF西山雄介を獲得! 「目標のために全力を」

▽ガイナーレ鳥取は12日、Y.S.C.C.横浜に所属するDF西山雄介(23)の完全移籍加入を発表した。背番号は「33」に決定している。 ▽東京都出身の西山は、2017年に山梨学院大学からYS横浜に入団。今シーズンはここまで明治安田生命J3リーグ10試合に出場した。両クラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆ガイナーレ鳥取 「はじめまして! この度、Y.S.C.C.から加入することになりました西山雄介です。シーズン途中での加入にはなりますが、いち早くチームに適応し、ガイナーレ鳥取の勝利に貢献したいと思います! J2昇格という目標のために全力を注ぎ、シーズンが終わった時にガイナーレ鳥取に関わる全ての皆様で喜びを分かち合いましょう! ニシ、ユースケと気軽に呼んで頂けたら嬉しいです! よろしくお願い致します」 ◆Y.S.C.C.横浜 「この度、ガイナーレ鳥取に移籍することになりました。チームが目標達成に向かって邁進している中、シーズン途中でチームを抜けるということに対して非常に申し訳なく思っていますし、自分の中でも決断に迷うこともありました。しかし挑戦したいという思いが強く、今回移籍する決断に至りました。大学も都リーグ所属で、無名の自分をJリーグという舞台でキャリアをスタートさせて頂いたYSCC。吉野理事長をはじめ、樋口監督、高田コーチ、チームメイト、関わってくださった全ての方々に感謝しています」 「また、どんな時も力強い声援を送ってくださったサポーターの皆様には、感謝していると共にシーズン途中でチームを離れることになってしまい非常に申し訳なく思っています。違うチームにはなりますが、選手としてこれからピッチで輝くことがそういった方々への恩返しになると思っているので、「あんな選手もいたなぁ」と覚えてもらえていたら嬉しいです! 一年半ありがとうございました」 2018.07.12 13:20 Thu
twitterfacebook
thumb

両守護神活躍のYS横浜vs群馬はドロー決着! 群馬は6戦負けなし《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第12節のY.S.C.C.横浜vsザスパクサツ群馬が6月1日に行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽互いに譲らずゴールレスで迎えた後半、54分にYS横浜がチャンスを迎える。ボックス左でボールを拾った吉田が、強烈なボレーシュートで群馬ゴールを強襲。しかし、GK松原が好セーブでピンチを凌いだ。 ▽76分、今度は群馬に決定機が訪れる。ボックス左に侵攻した岩田が右足でクロスを上げると大島がヘディングシュートを放つ。しかし、反応したGK浅沼が右手一本で弾き出し、得点とはならなかった。 ▽結局、両クラブ共に得点を奪い切ることができないまま試合が終了。この結果、YS横浜はリーグ3試合勝ちなしに。対する群馬は、リーグ6試合連続負けなしとした。 ◆明治安田生命J3リーグ第12節 ▽6/1(金) Y.S.C.C.横浜 0-0 ザスパクサツ群馬 ▽6/2(土) 《13:00》 ガイナーレ鳥取 vs ブラウブリッツ秋田 藤枝MYFC vs SC相模原 《14:00》 セレッソ大阪U-23 vs ガンバ大阪U-23 《18:00》 FC琉球 vs AC長野パルセイロ ▽6/3(日) 《13:00》 カターレ富山 vs ギラヴァンツ北九州 福島ユナイテッドFC vs グルージャ盛岡 《14:00》 FC東京U-23 vs 鹿児島ユナイテッドFC 2018.06.01 20:53 Fri
twitterfacebook
thumb

J3第25節YS横浜vs富山の試合開催日及び会場決定

▽Jリーグは23日、明治安田生命J3リーグ第25節のY.S.C.C.横浜vsカターレ富山の開催日及び会場決定を発表した。 ▽第25節のYS横浜vs富山は、9月29日(土)にShonan BMW スタジアム平塚で開催。なお、キックオフ時間は未定となっており、7月26日(木)に発表される予定だ。 2018.05.23 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

YS横浜、今季初白星! 北脇の開始2分弾など3発でFC東京U-23を撃破《J3》

▽明治安生命J3リーグ第2節の1試合が16日に行われた。 ▽ニッパツ三ツ沢球技場で行われたY.S.C.C.横浜vsFC東京U-23は、3-1でYS横浜が勝利した。 ▽開幕戦のSC相模原戦を2-2で引き分けたYS横浜と、アスルクラロ沼津戦を0-3で落としたFC東京U-23の一戦。試合は開始2分にホームのYS横浜が先制する。ロングボールに抜け出した北脇がボックス右に侵攻。迷いなく右足を振り抜き、GK波多野のニアサイドを射抜いた。 ▽幸先良いスタートを切ったYS横浜はさらに17分、左サイドでショートコーナーを受けた三沢が低いクロスを供給。これが相手DFの処理ミスを誘発すると、ゴール前に走り込んでいた宗近が右足で押し込んだ。 ▽2点ビハインドのFC東京U-23は39分、品田の左CKをボックス中央の吉本がヘディングシュート。これがゴール左を捉えたが、ゴールラインぎりぎりのところで西山峻にクリアされてしまう。 ▽試合を折り返すと、2-0でリードするYS横浜が前半同様攻勢に出る。48分、後藤が粘り強く左サイドを突破し、ボックス左からグラウンダーのクロス。中央の三沢が左足で合わせるが、これはクロスバーに嫌われる。 ▽それでもYS横浜は64分、右サイドのショートコーナーからリターンを受けた後藤のクロスを吉本に頭で弾かれる。それでもボックス右にこぼれたボールを三沢が右足で合わせると、GK波多野が競り合いから戻り切れず、無人のゴールに吸い込まれた。 ▽一矢報いたいFC東京U-23は後半アディショナルタイム、敵陣中央右でFKを獲得。これをリッピ・ヴェローゾが左足を振り抜くと、ゴール前で吉本とGK浅沼が競り合う。しかし、誰もボールに触ることなく、そのままゴールに吸い込まれて1点を返す。しかし、反撃はここまで。3-1で勝利したYS横浜が、今季初白星を飾った。 ◆明治安田生命J3リーグ第2節 結果 ▽3/16(金) <span style="color:#cc3300;font-weight:700;">Y.S.C.C.横浜 3</span>-1 FC東京U-23 ▽3/17(土) 《13:00》 カターレ富山 vs 藤枝MYFC アスルクラロ沼津 vs グルージャ盛岡 鹿児島ユナイテッドFC vs ガンバ大阪U-23 《14:00》 SC相模原 vs AC長野パルセイロ ギラヴァンツ北九州 vs FC琉球 《16:00》 ザスパクサツ群馬 vs ブラウブリッツ秋田 《18:00》 ガイナーレ鳥取 vs 福島ユナイテッドFC 2018.03.16 20:58 Fri
twitterfacebook
thumb

相模原GK川口が前半好守連発も…後半4得点生まれたシーソーゲームはドロー決着《J3》

▽明治安田生命J3リーグ開幕戦、Y.S.C.C.横浜vsSC相模原が9日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、2-2の引き分けに終わった。 ▽今シーズンのJ3は、金曜日開催の“神奈川ダービー”で幕を開けることに。樋口靖洋監督体制3年目となるYS横浜が、西ヶ谷隆之新監督の下でスタートした相模原をホームに迎えた。 ▽前半はホームのYS横浜が攻勢をかけ、多くの決定機を作り出していくものの、相模原の守護神GK川口が再三のファインセーブを披露。34分には、吉田の右サイド深い位置からのクロスに反応した西山峻が一対一を迎えたが、GK川口にセーブされた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、後方でGK川口が披露する獅子奮迅の活躍に、チームメイトが応える。左サイドで大津からパスを受けた北井が、中央にカットイン。ボックス手前左から巻くようにファーを狙うシュートが放たれると、GK浅沼は触ることができず。今シーズンのJ3ファーストゴールが、鮮烈な形で決まった。 ▽それでも、ホームチームは巻き返しを図る。73分、左サイドの北脇からのクロスをボックス内右で受けた大泉が、やや角度のないところからシュートを狙う。サムエル・アウベスの股を通した鋭いシュートが、左ポストを叩きつつGK川口の牙城を崩した。 ▽さらに78分、左CKを獲得したYS横浜がショートコーナーを選択すると、後藤からクロスが供給される。低い弾道のボールに対してボックス内のDF西山雄がダイビングヘッドで合わせ、逆転弾とした。 ▽一転、優位に立ったYS横浜だったが、試合終了間際にドラマが生まれる。93分、ジョン・ガブリエルのヒールパスに途中出場のチッキーニョが反応。ボックス内右から右足を振り抜き、ゴール左に突き刺した。 ▽直後に試合が終了。この結果、YS横浜にとっては掴みかけていた勝利をホームで逃す痛いドローに。対する相模原は、土壇場同点弾で敵地から勝ち点を持ち帰ることに成功した。 2018.03.09 21:03 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース