山口DFミン・キョンジュンが東海1部のFC刈谷に期限付き移籍2018.04.04 13:19 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
▽レノファ山口は4日、韓国人DFミン・キョンジュン(20)が東海社会人サッカーリーグ1部のFC刈谷に期限付き移籍することを発表した。

▽今季、淸州(チョンジュ)大学から山口に加入したミン・キョンジュンだが、ここまで出場機会はなかった。ミン・キョンジュンはクラブの公式サイトを通じてコメントしている。

「いつも応援ありがとうございます。このたび、FC刈谷に期限付き移籍することとなりました。しっかり成長して、またみなさんの前に戻ってこられるように頑張ります。これからも応援よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

湘南、大津高DF福島隼斗の来季加入内定を発表! 「チームの飛躍に貢献できるように」

▽湘南ベルマーレは18日、熊本県立大津高校に所属するDF福島隼斗(18)の来シーズン加入内定を発表した。 ▽福島は、松橋中学校から大津高校に進学した身長180㎝、体重68㎏のディフェンダー。2015年にはU-15日本代表にも選ばれた経歴を持つ。 ▽クラブは同選手のプレーの特徴について「DFながら攻守にわたって優れた状況判断による存在感があり、守備ではカバーリングと対人の強さ、攻撃では正確なフィードで攻撃の起点に持ち味がある」と紹介。同選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「プロサッカー選手になることをひとつの目標としてきたなかで、タフでスピーディなサッカーを持ち味とする湘南ベルマーレでプレーできることを嬉しく思います。常に全力でプレーし、チームの飛躍に貢献できるよう努力したいと思います。これからよろしくお願いします」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.18 17:15 Tue
twitterfacebook
thumb

札幌、青森山田高の主将MF檀崎竜孔が加入内定

▽北海道コンサドーレ札幌は18日、青森山田高校に在学するMF檀崎竜孔(だんざきりく/18)の2019シーズン加入内定を発表した。 ▽檀崎は、青森山田高校の主将で10番。キレのあるドリブルとスピードを生かした突破と決定力が特長的なMFだ。 ▽現在は、プレミアリーグEASTでも青森山田高校の一員としてプレー。得点ランキングトップの14ゴールを記録している。 ▽なお、代表歴においても今年、U-18日本代表に選出。SBSカップ国際ユースサッカーに出場している。 2018.09.18 15:00 Tue
twitterfacebook
thumb

四中工DF山本龍平、松本への来シーズン加入内定!「身を粉にして頑張る」

▽松本山雅FCは18日、四日市中央工業高校に所属するDF山本龍平(18)の来シーズン加入内定を発表した。 ▽三重県出身の山本は、TSV1973四日市から四日市中央工業高校に進学。身長172㎝、体重64㎏のディフェンダーだ。 ▽松本への加入が内定した山本は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「このたび松本山雅FCに内定しました山本龍平です」 「これまで支えて下さった方々に感謝し、プロとしての自覚と責任を持ちながら身を粉にして頑張っていき、少しでも早くチームの勝利に貢献できるように日々精進していきます」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.18 11:10 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸の新指揮官決定! ペップが崇拝するリージョ氏

▽ヴィッセル神戸は17日、フアン・マヌエル・リージョ氏(52)の監督就任を発表した。 ▽スペイン人指導者のリージョ氏は、1981年から監督業をスタートさせ、これまでレアル・ソシエダやアルメリアなど複数クラブを指揮。1995-96シーズンにサラマンカを率いた際は、リーガエスパニョーラ史上最年少監督(29歳)として注目を集めた。また、優れた戦術理論家としてだけでなく、パスワーク主体の攻撃サッカーの志向者としても知られ、マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が最も影響を受けた指導者の1人としても有名だ。 ▽神戸は、2017シーズン途中から指揮を執る吉田孝行監督の下、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得を目標に今シーズンをスタート。夏にバルセロナから元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを加えたが、明治安田生命J1リーグ残り8試合の現時点で10勝6分け10敗の勝ち点36で8位にとどまっており、上位勢から遅れを取っている。 ▽これを受け、クラブは同日の午前中に吉田監督を含めたトップチームの体制変更を発表。林健太郎アシスタントコーチの暫定的な監督就任を発表したが、その同日中に新指揮官が決定した格好だ。なお、リージョ氏の就労環境が整うまで、林アシスタントコーチが暫定監督として指揮を執る。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.17 15:50 Mon
twitterfacebook
thumb

神戸、吉田孝行監督が事実上の解任 アシスタントコーチの林健太郎氏を暫定指揮官に

▽ヴィッセル神戸は17日、トップチームの体制変更を発表した。 ▽吉田孝行監督(41)、ゲルト・エンゲルス ヘッドコーチ(61)、内山俊彦アシスタントコーチ(39)、公文栄次通訳兼アシスタントコーチ(41)は今後、スタッフとしてチーム強化に尽力する予定。それにより、アシスタントコーチの林健太郎氏(46)が暫定監督、アカデミースタッフのマルコス・ビベス コーチ(43)がヘッドコーチを務める。 ▽吉田監督は、2017年8月に前任のネルシーニョ氏の解任に伴い、ヘッドコーチから昇格。チームとしてAFCチャンピオンズリーグ出場権獲得を狙う今シーズンは、夏にバルセロナから元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタを加えたが、明治安田生命Jリーグ残り8試合の現時点で3位のFC東京を6ポイント差で追う8位に位置している。 ▽なお、吉田監督のラストマッチになった明治安田生命J1リーグ第26節は、15日にホームで行われ、17位に甘んじるガンバ大阪を相手に1-2の逆転負け。事実上の解任となる吉田監督は、クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「ヴィッセル神戸に関わる全ての皆さま、日頃よりご支援、ご声援いただき誠にありがとうございます。今シーズンは ACL 出場を目標に戦っております。私の力不足で満足のいく結果を出すことができず、クラブの成長をお見せすることができず、悔しい思いで一杯です」 「私はヴィッセル神戸が大好きで、現役時代からこのクラブでタイトルを獲ることが夢でした。現役引退後も全力で向き合ってきました。このクラブはまだまだ成長して、目標を達成できるクラブだと思います。このクラブへの愛情は尽きることはありません。今後ともご声援のほど、宜しくお願いします」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_j" terget="_blank">Jリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.17 11:00 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース