プロ20年目のカシージャスがキャリア1000試合出場の偉業!2018.04.03 11:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ポルトに所属する元スペイン代表GKイケル・カシージャス(36)が偉大な記録を打ち立てた。スペイン『アス』が伝えている。

▽カシージャスは、2日に行われたポルトガル・リーグ第28節のベレネンセス戦(0-2でポルトが敗戦)でプレー。プロキャリア20年目にして通算1000試合出場を達成した。

▽カシージャスは、1999年にユースから籍を置くレアル・マドリーでプロデビュー。3度のチャンピオンズリーグ制覇を誇り、2015年夏からポルトに活躍の場を移した。

▽また、スペイン代表キャリアにおいては、2000年にデビュー。2010年の南アフリカ・ワールドカップで同国初優勝に貢献し、ユーロでも2008年から2大会連続制覇を経験した。

◆カシージャスの1000試合出場記録内訳
レアル・マドリー:725試合
ポルト:108試合
スペイン代表:167試合

コメント

関連ニュース

thumb

契約満了を迎えるカシージャス、ポルト会長は残留を望む

▽ポルトのジョルジ・ヌーノ・ピント・ダ・コスタ会長は、今シーズンで契約が切れるGKイケル・カシージャス(36)の残留を望んでいるようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽2015年7月にレアル・マドリーから加入したカシージャスは、ポルトでも守護神として活躍。今シーズンもポルトガル・プリメイラリーガで17試合に出場。チャンピオンズリーグでも3試合に出場していた。 ▽カシージャスは今年6月でポルトとの契約が満了を迎える。しかし、ピント・ダ・コスタ会長は「もちろん、我々はカシージャスにずっと一緒にいてもらいたい」とコメント。カシージャスについての想いを語った。 「イケルがクラブにいてくれることは嬉しい。彼は素晴らしいゴールキーパーであり、素晴らしい人間だ。彼は、我々にとって偉大なプレーヤーであることを実証している」 「彼が残留するという保証はできないが、もしそうなるのであれば、私はそれを望むよ」 ▽カシージャスは、メジャーリーグ・サッカーのシカゴ・ファイアー行きが濃厚と報じられており、その他にも中国やUAE、メキシコからもオファーがあるようだ。本人はヨーロッパでのプレーを望んでいるようだが、果たして新天地に移籍するのか。それともポルトに残るのだろうか。 2018.04.16 22:00 Mon
twitterfacebook
thumb

カシージャスがシカゴ・ファイヤー加入へ! シュバインシュタイガーと同僚に

▽ポルトに所属する元スペイン代表GKイケル・カシージャス(36)が今季終了後にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のシカゴ・ファイヤーに加入する見込みだ。アメリカ『MLSsoccer.com』が伝えている。 ▽レアル・マドリーで一時代を築いた名GKの1人であるカシージャス。2015年夏からプレーするポルトとの契約が今シーズン限りとなっており、これまでニューカッスルやイタリア、トルコなどへの移籍の可能性が報じられていた。 ▽しかし、『MLSsoccer.com』は関係者筋の情報として、シカゴ・ファイヤーとカシージャスがフリーでの加入に向けて大筋で合意に至っていると主張している。また、スペインやアメリカのメディアも同選手のシカゴ入りの可能性を伝えている。 ▽なお、シカゴ・ファイヤーには元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーが在籍しており、仮にカシージャスの加入が決定すれば、スーパースター同士の共演が果たされることになる。 2018.04.08 14:54 Sun
twitterfacebook
thumb

イングランドの古豪がカシージャス獲得に動き

▽ニューカッスルが、ポルトの元スペイン代表GKイケル・カシージャス(36)獲得に熱心な動きを見せているという。イギリス『クロニクル・ライブ』が報じている。 ▽今シーズン限りでポルトとの契約が満了を迎えるカシージャス。今後の去就に注目が集まるところだが、ラファエル・ベニテス監督率いるニューカッスルがスペインのレジェンドGKに興味を持っているという。 ▽ベニテス監督は以前からGKの獲得に動いており、昨夏、そして今冬の移籍市場でもカシージャスの動向に注意を払っていた模様。代わりのGKを補強したニューカッスルだが、依然として今夏にもGKの獲得に動くとみられている。 ▽そんな中、オンラインベッティングサービスを運用する『BetStars』のイアン・マルミオン氏が、カシージャスのニューカッスル移籍を予想。「イケル・カシージャスは今夏ポルトを去ることが濃厚だ。プレミアリーグのクラブに注目しているようだ」として以下のように続けている。 「ニューカッスルは1月の移籍市場でスペインのショットストッパーに強い関心を示していたが、今でもそれは明らかだ。確率的には最も高い。次点でリバプールだ」 「一方で、スペインに戻る場合も考えてみると、バレンシアがその可能性が一番高い。古巣のレアル・マドリーに戻る可能性も捨てきれないね」 ▽いずれにせよ、カシージャスが今夏でポルトを離れることは決定的となっているようだ。チャンピオンズリーグやワールドカップなどすべてを手にしてきたGKはどのような選択を下すのだろうか。 2018.03.08 15:41 Thu
twitterfacebook
thumb

最多出場記録、3度制覇のGKカシージャスはもうCLで見られない?

▽ポルトに所属するスペイン代表GKイケル・カシージャス(36)がチャンピオンズリーグでプレーする姿は、もう見られないかもしれない。 ▽ポルトは6日、チャンピオンズリーグ ラウンド16 2ndレグでリバプールと対戦。試合は0-0のゴールレスドローに終わったものの、リバプールが1stレグのアドバンテージを生かし、2戦合計5-0でベスト8に進出した。 ▽レアル・マドリー時代には3度のチャンピオンズリーグ制覇を達成しているカシージャス。今シーズン限りでポルトを退団することが濃厚となっている。 ▽カシージャスはリバプール戦後にスペイン『オンダ・セロ』でコメント。チャンピオンズリーグについて振り返るとともに、3連覇を目指す古巣・マドリーへのエールを送った。 「僕の最後のチャンピオンズリーグの夜かって? もし、僕がこの大会にさようならを告げるのであれば、クリーンシートで終えられたことは去るには良いことだね」 「僕にとっては、もうこの大会のことは考えられない。ポルトは今シーズンのホームで素晴らしい仕事をしているし、リーグタイトルも取り戻せるだろう」 「レアル・マドリー? 僕は彼らを祝福したいよ。パリ・サンジェルマンに対して、素晴らしい勝利だったと思う。彼らにはこのままずっと勝ち進んで欲しいよ」 「リバプールファンが僕に対して見せてくれたリスペクトに感謝したいと思う。アウェイチームの選手として、スタジアムであのような拍手を浴びることは特別だよ」 2018.03.08 11:57 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング: リバプール 0-0(AGG:5-0) ポルト《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、リバプールvsポルトが6日にアンフィールドで行われ、0-0で引き分けた。この結果、2戦合計スコアを5-0としたリバプールがベスト8へ進出している。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽リバプール採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180307_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div>GK 1 カリウス 5.5 ミドルシュートを1本防ぐ DF 12 J・ゴメス 6.0 攻守に機能 32 マティプ 6.0 アブバカルを封殺した 6 ロブレン 6.0 守備を統率。終盤のFKから迎えたピンチを身体を張って防いだ 18 A・モレーノ 6.0 効果的な攻撃参加を見せる MF 23 ジャン 5.5 流し気味にプレー (→クラバン -) 14 ヘンダーソン 6.0 アブバカルに縦パスを入れさせず 7 ミルナー 5.5 運動量を落とさず最後まで戦った FW 19 マネ 5.5 1つ決定機があったがポストに嫌われた (→サラー 5.5) ユナイテッド戦に向けてコンディションを整えた 9 フィルミノ 5.5 マネ同様、チャンスが1つあった (→イングス 5.5) 終盤にヘディングシュートでゴールに迫る 20 ララナ 5.0 効果的なプレーは少なかった 監督 クロップ 6.0 力を使わず危なげなくベスト8進出 ▽ポルト採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180307_4_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div>GK 1 カシージャス 6.0 安定したゴールキーピングだった DF 2 M・ペレイラ 5.5 守備を重点に置いてララナを止めた 28 フェリペ 6.5 出場停止で欠場した1stレグの鬱憤を晴らす好パフォーマンス 23 ディエゴ・レジェス 6.0 大きなミスなくプレー 30 ジオゴ・ダロット 6.0 対面のマネを止める MF 17 J・コロナ 5.5 意欲的にプレーしていた 20 アンドレ・アンドレ 5.5 中盤でバランスを取った (→セルジオ・オリベイラ 5.5) アンドレ・アンドレ同様、バランスを取る 10 オリベル・トーレス 5.5 一定のキープ力は見せた 18 ワリス・マジェード 5.0 ミドルシュートで1度ゴールに迫るも打開のプレーはなかった (→リカルド・ペレイラ 5.5) 右サイドハーフでプレー。堅実に対応 FW 9 アブバカル 5.0 前線で沈黙 (→パシエンシア -) 87 ブルーノ・コスタ 5.0 アブバカルと縦関係の2トップを形成した20歳。チャンスを貰ったが、生かせず 監督 セルジオ・コンセイソン 5.5 勝ち抜けの可能性はなかったが、しっかり戦った ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! フェリペ(ポルト) ▽ディフェンスリーダーとして奮闘していたポルトのキャプテンを選出。1stレグに彼が居たら5失点はしなかったようなパフォーマンスだった。 リバプール 0-0 ポルト ※2戦合計スコア5-0でリバプールがベスト8進出! 2018.03.07 06:44 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース