大宮、湘南でプレーしたFWムルジャがNKオリンピアと契約解除…今季はわずか2分のプレー2018.04.03 10:35 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スロベニア1部リーグのNKオリンピアは1日、元セルビア代表FWドラガン・ムルジャ(34)との契約解除を発表した。クラブ公式サイトが伝えた。

▽ムルジャは、レッドスター・ベオグラードやベルギーのリールセ、ズルテ・ワレヘム、セルビアのヴォイヴォディナやスイスのシオンなどでプレー。2014年7月に大宮アルディージャへと完全移籍した。大宮では加入当初からゴールを量産。J1で52試合に出場し15得点、2015年のJ2では36試合に出場し19得点を記録し、得点ランキング2位に入る活躍でチームのJ2優勝に貢献していた。2017年7月からは湘南でプレーし、10試合に出場し1得点を記録していた。

▽今シーズンからNKオリンピアへと加入したムルジャだったが、出場はわずか1試合、2分に終わっていた。

コメント

関連ニュース

thumb

不振極めるバルサが監督解任…Bチームが3部降格の危機

▽バルセロナは、Bチームを率いていたジェラール・ロペス監督を解任した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽今シーズンはセグンダ(スペイン2部)を戦っているバルセロナBだが、ここ5試合は全敗。2月19日のルーゴ戦以来、9試合白星から見放されている状況だった。 ▽現在は21位に位置しており、降格圏内に位置。残り6試合で巻き返しが期待される。 ▽ジェラール・ロペス氏は、かつてバルセロナBを率いたことがあるジョゼップ・グアルディオラ監督(2007-08)、ルイス・エンリケ氏(2007-2011)とともに、バルセロナBを昇格に導いていた。 ▽なお、後任はフランシスコ・ハビエル・ガルシア・ピミエンタ氏が務めることとなる。 2018.04.25 22:25 Wed
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル後任は茨の道? 今夏補強資金<オーバメヤン

▽22日、今シーズン限りでアーセン・ヴェンゲル監督22年間の長期政権に終止符を打つことを発表したアーセナル。未だ決定していない後任は、やや窮屈なチーム作りを強いられることになりそうだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽1996-97シーズンからアーセナルの指揮を執ったヴェンゲル監督は、2003-04シーズンには26勝12分けの無敗でプレミアリーグを制覇するなど多くの栄光に包まれたが、近年は低迷。今シーズンは、ヨーロッパリーグこそベスト4まで進出するも、プレミアリーグ34試合消化時点で6位と成績不振に陥っている。 ▽後任としては元バルセロナ指揮官のルイス・エンリケ氏や、アーセナルOBのミケル・アルテタ氏(現マンチェスター・シティ、アシスタントコーチ)の名前が挙がっている。いずれにせよ、後任にはチャンピオンズリーグ出場権が与えられるトップ4入りで来シーズンを終えることが期待されるが、長期政権後の再建という困難なミッションに、資金的なバックアップはそれほど期待できないようだ。 ▽『ミラー』が伝えるところでは、アーセナルの新監督に用意される夏の補強資金は、5000万ポンド(約76億円)前後とのこと。1月にドルトムントから獲得したガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンが6375万ユーロ(現在のレートで約85億円)、昨年の夏にリヨンから獲得したフランス代表FWアレクサンドル・ラカゼットが5200万ポンド(現在のレートで約79億円)だったことを考えると、近年の移籍市場ではやや物足りない金額といえそうだ。 2018.04.24 22:00 Tue
twitterfacebook
thumb

マドリー、サラーに本気! プレーヤー+186億円オファー

▽レアル・マドリーが、リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラー(25)獲得に向けてビッグオファーを計画しているようだ。イギリス『エクスプレス』が伝えている。 ▽今シーズン、ここまでプレミアリーグ33試合31ゴールと大爆発しているサラーは、22日にイングランドプロサッカー協会(PFA)選出のPFA年間最優秀選手賞を受賞した。かねてより獲得に動いていると噂されるマドリーが、栄誉に輝いた同選手の確保を目指して本腰を入れている。 ▽伝えられるところでは、1億2300万ポンド(約186億5000万円)+MFダニ・セバージョス(21)を差し出す用意があるという。今シーズンからマドリーに加入したセバージョスは出場機会に苦しみ、公式戦20試合の出場に留まっている。 ▽しかし、リバプールのユルゲン・クロップ監督は先月末に「そんな(サラーが出ていく)状況になるなんて考えてもいないよ」と発言。エースを手放す気はないと語っていた。 2018.04.24 18:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ジョー去ったコリンチャンスが元柏FWホジェルを獲得…エメルソンやドゥトラら元Jリーガー多数在籍

▽コリンチャンスは、インテルナシオナルからブラジル人FWホジェル(33)を完全移籍で獲得したことを発表した。クラブ公式サイトが発表した。 ▽昨シーズンのブラジル全国選手権で得点王に輝いた元ブラジル代表FWジョーが、名古屋グランパスへと移籍したコリンチャンス。新シーズンに向け、かつて浦和レッズや北海道コンサドーレ札幌、川崎フロンターレでプレーしたFWエメルソンをポンチ・プレッタから獲得していた。 ▽ホジェルは、2010年から2011年途中まで柏レイソルに所属。加入1年目はJ2で12試合に出場し3得点、チームがJ1昇格を果たした翌年はJ1で2試合の出場に終わっていた。 ▽その後は、ポンチ・プレッタやアトレチコ・パラナエンセ、水原三星ブルーウィングス、シャペコエンセ、バイーアなどでプレー。2017年1月からはボタフォゴでプレーし、今年1月からはインテルナシオナルに加入していた。 ▽昨シーズンはブラジル・セリエAで20試合に出場し10ゴールを記録。コパ・リベルタドーレスでは13試合に出場し1ゴールを記録していた。 ▽コリンチャンスには、エメルソンの他、かつて鹿島アントラーズでプレーしたMFダニーロや同じく鹿島アントラーズ、京都サンガF.C.でプレーしたFWトゥトラなど、元Jリーガーが所属している。 2018.04.24 11:10 Tue
twitterfacebook
thumb

堂安律、フローニンヘンに完全移籍…G大阪に2億6000万円か

▽フローニンヘンは23日、U-20日本代表MF堂安律(19)の完全移籍加入を発表した。契約期間は2021年までの3年間。オランダ『Telegraaf』によれば、保有権を持つガンバ大阪に買取オプション行使額として200万ユーロ(約2億6000万円)が支払われるとみられる。 ▽MF家長昭博(現・川崎フロンターレ)やFW宇佐美貴史(現・デュッセルドルフ)に続くG大阪下部組織の至宝として期待を集めた堂安は、昨夏に期限付き移籍でフローニンヘンへ。フローニンヘンOBのオランダ代表MFアリエン・ロッベン(現・バイエルン)に並ぶ10代の選手としてエールディビジ歴代3位タイのゴール数をマークするなど、ここまで27試合8ゴール4アシストの成績を収めている。 ▽フローニンヘンでテクニカルマネージャーを務めるロン・ヤンス氏は堂安について、「若くして、全く異なる文化に素早く適応し、信じられないような成長を続けている。シーズンを追うにつれて、チームにとってより重要な存在になっている。彼を褒めたい」とコメントしている。 2018.04.24 07:50 Tue
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース