最下位のWBAがパーデュー監督と契約解除2018.04.02 22:45 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽WBAは2日、アラン・パーデュー監督(56)との契約解除を発表した。また、ヘッドコーチのジョン・カーバーも退任する。

▽パーデュー監督は、レディング、ウェストハム、チャールトン、サウサンプトン、ニューカッスル、クリスタル・パレスで指揮を執り、2017年11月にWBAの監督に就任していた。

▽巻き返しが期待されたものの、就任以降結果を残せず。チームを立て直すことはできず、現在は泥沼の8連敗、勝ち点20で最下位に沈んでいる。なお、双方合意の下での契約解除とのことだ。

▽後任は、コーチのダレン・ムーア氏が指揮を執る。残留ラインの17位クリスタル・パレスとは勝ち点差10。残り6試合で奇跡の残留なるだろうか。
コメント
関連ニュース
thumb

ちょっと待って! スタリッジが賭博疑惑の釈明期間延期を要請

▽リバプールに所属するイングランド代表FWダニエル・スタリッジが、釈明期間を引き延ばそうとしている。イギリス『BBC』が報じた。 ▽スタリッジは今年1月、イングランドサッカー協会(FA)の定める違反行為に当たる賭博に関与。「フットボール選手の立場を利用」して「公共に有用でない」情報を提供したとして、統合的に情報漏洩に関する違反が疑われている。 ▽この疑惑は今月に入ってからFAに告発されており、スタリッジには現地時間20日18時まで応答する権利が与えられていた。しかし、『BBC』によると、スタリッジはその期間の延長を申請。具体的な期限は明らかになっていないが、申請が受け入れられる可能性は高いようだ。 ▽2013年1月にチェルシーからリバプールに完全移籍したスタリッジは、今年1月29日にはローンでWBAに加入。今回の疑惑が向けられている行為を行った時期と重なっている。 2018.11.21 12:30 Wed
twitterfacebook
thumb

フリーのFWバカリ・サコがWBA入団!

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のWBAは2日、マリ代表FWバカリ・サコ(30)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は1年間となる。 ▽サコは、シャトールーから2012年8月にウォルバーハンプトンへと完全移籍。2015年8月からクリスタル・パレスへ移籍。しかし、昨シーズン限りで退団しフリーとなっていた。 ▽プレミアリーグではこれまで43試合に出場し5ゴール1アシスト、チャンピオンシップでは78試合に出場し24ゴール21アシストを記録。2017-18シーズンは、プレミアリーグで16試合に出場し3ゴールを記録した。 ▽サコはWBA加入について「多くのプレミアリーグのクラブが僕を欲しがっていたけど、ダレン(・ムーア)が僕を見たいと思ったとき、すぐに会いに行ったんだ」とコメント。クラブの指揮官を務めるダレン・ムーア監督の存在が大きかったと明かしている。 ▽WBAはチャンピオンシップで10試合を消化し、6勝2分け2敗の3位に付けている。首位のリーズ・ユナイテッドは1試合消化が多く、勝ち点差は「2」となっている。 2018.10.03 19:05 Wed
twitterfacebook
thumb

WBAがアイルランド代表MFフーラハンを1月までの短期契約で獲得

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のWBAは14日、昨季限りでノリッジを退団したアイルランド代表MFウェズレイ・フーラハン(36)の獲得を発表した。契約期間は2019年1月までとなる。 ▽2008年にブラックプールからノリッジに加入したフーラハンはチーム最古参のプレーヤー。左利きのゲームメーカーはこれまでノリッジで公式戦351試合に出場し、54ゴール78アシストをマークしていた。 ▽また、アイルランド代表としても43キャップを刻み、ユーロ2016では全試合に出場。チームのベスト16進出に貢献していた。 2018.09.15 02:30 Sat
twitterfacebook
thumb

W杯で日本に引導渡したベルギー代表MFシャドリがモナコ加入

▽モナコは30日、WBAのベルギー代表MFナセル・シャドリ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30日までの3年間で、移籍金はフランス『レキップ』によれば1200万ユーロ(約15億5000万円)とのことだ。 ▽2013年夏にトゥベンテからトッテナムへ移籍したシャドリは、在籍3シーズンで公式戦119試合に出場して25ゴールをマーク。準主力として活躍も出場機会を求めて2016年にWBAに完全移籍した。 ▽そのWBAでは加入初年度こそ主力として活躍したが、昨季は度重なる負傷に悩まされリーグ戦4試合の出場にとどまり、チームも最下位でチャンピオンシップ(イングランド2部)降格を強いられた。 ▽その一方で、ベルギー代表として臨んだロシア・ワールドカップ(W杯)ではグループリーグこそ控えに甘んじたものの、途中出場で決勝ゴールを記録したラウンド16の日本代表戦以降主力に定着。イングランド代表との3位決定戦では1アシストを記録し、同国最高位となる3位入賞に貢献していた。 2018.08.31 05:49 Fri
twitterfacebook
thumb

W杯で日本に引導渡したベルギー代表MFシャドリがモナコ加入へ!

▽モナコがWBAのベルギー代表MFナセル・シャドリ(29)の獲得を決定的なモノとした。フランス『RMC』が伝えている。 ▽『RMC』が伝えるところによれば、モナコはシャドリ獲得に向けて1200万ユーロ(約15億6000万円)の条件でWBAとクラブ間で合意したという。そして、シャドリはモナコ移籍に向けて現地時間30日午後にメディカルチェックを受診する模様だ。 ▽2013年夏にトゥベンテからトッテナムへ移籍したシャドリは、在籍3シーズンで公式戦119試合に出場して25ゴールをマーク。準主力として活躍も出場機会を求めて2016年にWBAに完全移籍した。 ▽そのWBAでは加入初年度こそ主力として活躍したが、昨季は度重なる負傷に悩まされリーグ戦4試合の出場にとどまり、チームも最下位でチャンピオンシップ(イングランド2部)降格を強いられた。 ▽その一方で、ベルギー代表として臨んだロシア・ワールドカップ(W杯)ではグループリーグこそ控えに甘んじたものの、途中出場で決勝ゴールを記録したラウンド16の日本代表戦以降主力に定着。イングランド代表との3位決定戦では1アシストを記録し、同国最高位となる3位入賞に貢献した。 2018.08.30 21:01 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース