【超WS選定週間ベストイレブン/J1第5節】サックスブルーの点取り屋が目を覚ます!2018.04.02 13:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽明治安田生命J1リーグ第5節の9試合が3月30日から4月1日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。

◆寸評(所属/今シーズンの選出回数)
GK関憲太郎(ベガルタ仙台/初選出)
▽終盤に迎えた再三のピンチを阻止。勝ち点3の立役者に。

DF小池龍太(柏レイソル初選出/初選出)
▽86分にクロスから決勝点をお膳立て。今節も抜群の運動量を誇った。

DF水本裕貴(サンフレッチェ広島/初選出)
▽身体を張ったタイトな守備を徹底。GK林卓人と共に無失点に貢献した。

DF小川諒也(FC東京/初選出)
▽殊勲の2アシスト。“ここぞ"という場面で精度抜群の左足が炸裂した。

DF山中亮輔(横浜F・マリノス/2回目)
▽ポステコ戦術の体現者。決勝点をアシストするなど出色の存在に。

MFオスマル(セレッソ大阪/初選出)
▽サイズを生かして中盤で存在感。熱い肉弾戦を展開した。

MF扇原貴宏(横浜F・マリノス/初選出)
▽正確無比の左足でポゼッションサッカーの軸に。攻撃を機能させた。

FW伊東純也(柏レイソル/初選出)
▽チームを救う会心の2発。まさにキレキレだった。

FW川又堅碁(ジュビロ磐田/初選出)
▽今季初弾含む2発。長期離脱のアダイウトンに勇気を届けた。

FWビクトル・イバルボ(サガン鳥栖/2回目)
▽1ゴール1アシストだが、実質的に全3得点に絡む活躍。攻撃の光明に。

FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪/2回目)
▽2戦連続の2ゴール。苦しいチーム状況の中、一人気を吐いた。

コメント

関連ニュース

thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第10節】持ち前の運動量で“オズの魔法”を無力化した太陽王の小兵を選出

▽明治安田生命J1リーグ第10節の9試合が25日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GKク・ソンユン(北海道コンサドーレ札幌/初選出) ▽攻撃サッカーの横浜FMの猛攻を凌ぎ最少の1失点。チームの勝利に貢献した DF内田篤人(鹿島アントラーズ/初選出) ▽3戦連続の先発でパフォーマンスも向上。復帰した同サイドの遠藤康との連携で攻撃参加も増え、ゴール前でパスを受けるシーンなど良さを出した DF坂圭祐(湘南ベルマーレ/初選出) ▽リーグ2試合の出場ながら、3バックを統率。好調を維持するFWファン・ウィジョにもしっかり対応し、20年ぶりのガンバ大阪撃破に一役買った DF田上大地(V・ファーレン長崎/初選出) ▽嬉しいJ1初ゴール。相手のクリアミスに鋭く反応し、均衡した試合に風穴を空けた。守備でもチームの4連勝に貢献 MF清武弘嗣(セレッソ大阪/初選出) ▽今季初先発で自身Jリーグ初の2ゴールの活躍。得点だけでなくチームのゲームメイクに大きく貢献し逆転勝利を呼び込んだ MF菊地俊介(湘南ベルマーレ/初選出) ▽気の利いたポジショニングで守備のフィルターをかけるとともに、殊勲のミドルシュートでチームに白星をもたらす MF高萩洋次郎(FC東京/初選出) ▽献身的なプレーで中盤のバランスをとる一方で、持ち前のパスセンスも披露。51分のディエゴ・オリヴェイラへのアシストは圧巻 MF阿部浩之(川崎フロンターレ/初選出) ▽1ゴール1アシストの活躍。後半攻撃が活性化したことで、自身の良さを発揮した。家長昭博との連携で見せた小林悠へのアシストも良かった MF中川寛斗(柏レイソル/初選出) ▽前線からのハイプレスだけでなく、ピッチ全体に顔を出し、豊富な運動量を披露。結果、決勝点もゲット FW鈴木優磨(鹿島アントラーズ/初選出) ▽左サイドに流れるプレーで攻撃を活性化。同点ゴールも難しボールに反応した。90分間通して神戸守備陣を悩ませた FWディエゴ・オリヴェイラ(FC東京/2回目) ▽圧巻のパフォーマンスで2G1A。首位の広島に今季リーグ戦初黒星をつけた。FC東京躍進の立役者ぶりを発揮 2018.04.26 14:20 Thu
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第9節】青黒の若き力がダービーで大躍動!

▽明治安田生命J1リーグ第9節の9試合が21日から22日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK林瑞輝(ガンバ大阪/初選出) ▽GK東口順昭の負傷交代により、緊迫のダービーマッチでJ1デビュー。急遽巡ってきた出番にも動じず、冷静な振る舞いで完封勝利に貢献した。 DFチョン・ウヨン(ヴィッセル神戸/初選出) ▽強烈な反転シュートでチームを勢いづかせる先制点。守備面も盤石な出来でチームを今季初の連勝に導いた。 DF高杉亮太(V・ファーレン長崎/初選出) ▽ディフェンスリーダーぶりを発揮。ラインを下げられても随所で冷静沈着な対応が光った。 DF三浦弦太(ガンバ大阪/初選出) ▽身体能力の高さを生かしたディフェンスでタレント揃いのC大阪攻撃陣を完封。気迫を感じさせた。 MF高江麗央(ガンバ大阪/初選出) ▽J1初出場で初先発ながらPK獲得のキッカケとなるボール奪取を披露。広範囲をカバーする姿は昨季まで在籍のMF井手口陽介を彷彿とさせた。 MF田口泰士(ジュビロ磐田/初選出) ▽攻守に躍動。移籍後初ゴールを記録するなど全ゴールに絡んだ。 MF大森晃太郎(FC東京/2回目) ▽守備の献身性もさることながら、絶妙なスルーパスで決勝点をお膳立て。長谷川サッカーの体現者として存在感を解き放った。 MF家長昭博(川崎フロンターレ/2回目) ▽開始5分のオウンゴール誘発と、FW大久保嘉人のダメ押し弾をアシスト。圧巻のパフォーマンスだった。 FWルーカス・ポドルスキ(ヴィッセル神戸/2回目) ▽今季初のドッペルパック。さすがの存在感を示した。 FWウーゴ・ヴィエイラ(横浜F・マリノス/初選出) ▽衝撃の45分を演出。ゴール前の落ち着きぶりは恐ろしいものがある。 FWアレン・ステバノヴィッチ(湘南ベルマーレ/初選出) ▽ハットは幻になったものの、2得点の大暴れ。相手のスペースを突く見事な動き出しで違いに。 2018.04.23 13:20 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第8節】広島の怪人が無双!

▽明治安田生命J1リーグ第8節の9試合が14日から15日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GKカミンスキー(ジュビロ磐田/初選出) ▽安定感抜群のセービングスキルを披露。守護神の働きぶりでチームの勝利を大きく手繰り寄せた。 DF橋岡大樹(浦和レッズ/初選出) ▽1アシストをマークするなど右ウィングバックで結果を残す。積極果敢な仕掛けで突破口に。 DFマテイ・ヨニッチ(セレッソ大阪/初選出) ▽得点ランクトップタイのFWディエゴ・オリヴェイラを封殺。パワーで引けをとらない守備を徹底。 DF昌子源(鹿島アントラーズ/初選出) ▽味方を鼓舞しながら最終ラインの実権を握る。要注意のFWジョーを抑え込むなど役割を完遂した。 DFギレルメ(ジュビロ磐田/初選出) ▽決勝点をアシスト。仕掛けがMFアダイウトンら主力不在の苦しい台所事情のチームに推進力を生むなど新たな光明に。 MF中原彰吾(V・ファーレン長崎/初選出) ▽古巣G大阪の息の根を止める右足のコントロールショット。失点を防ぐ終盤の好カバーも光った。 MF三好康児(北海道コンサドーレ札幌/初選出) ▽高精度クロスで2アシストをマーク。試合を通じて柏ディフェンス陣に脅威を与え続けた。 MF澤田崇(V・ファーレン長崎/初選出) ▽1アシストをマークするなど得点に絡む活躍。運動量を生かした守備面でも相手を手玉に。 FW興梠慎三(浦和レッズ/初選出) ▽絶妙なポジショニングから2ゴールをマーク。ここ4試合4ゴールと調子も右肩上がりだ。 FWパトリック(サンフレッチェ広島/2回目) ▽本調子とは言えないチームの中で出色の出来。G大阪時代を彷彿とさせる怪人ぶりが戻ってきた。 FW金崎夢生(鹿島アントラーズ/初選出) ▽殊勲の2ゴール。前線からの激しいチェイシングでもチームのエースとして奮闘した。 2018.04.16 12:15 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第7節】守護神&ドリブラーが長崎にゼイワン初勝利を呼び込む

▽明治安田生命J1リーグ第7節の9試合が11日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK徳重健太(V・ファーレン長崎/初選出) ▽72分の金子翔太のシュートを右足でブロックした他、待望の瞬間を目前に緊張する試合終了間際のCKでも冷静な対応を見せ、ゼイワン初勝利に貢献。前節5失点の屈辱も見事に晴らした。 DF室屋成(FC東京/初選出) ▽力強いドリブルからOG誘発&ニアへの豪快弾。右サイド攻略で2016年11月以来のリーグ戦4連勝をもたらした。 DFファビオ(ガンバ大阪/初選出) ▽攻撃では右CKから巧みなヘディングで先制弾、守備では体を張り無失点。渇望した今シーズン初勝利の立役者となり、昨年から続いたリーグ未勝利記録の呪縛を解いた。 DF野上結貴(サンフレッチェ広島/初選出) ▽相棒と立ち位置が変わっても安定感は変わらず。強さを見せつけてチームを後方からサポート。 MFキム・ボギョン(柏レイソル/初選出) ▽完璧なトラップからニアサイドへ突き刺して移籍後初ゴール。2点目にも関与し、ACL敗退を含めて連敗中だった柏を明るく照らした。 MF柏木陽介(浦和レッズ/初選出) ▽高精度なボールを供給し、セットプレーから2アシスト。今シーズン初の連勝となる劇的勝利を演出。 MF福満隆貴(セレッソ大阪/初選出) ▽2012年から九州リーグでプレーしていた苦労人がJ1初ゴール。気合を感じさせるプレーで好守に奮闘し、川崎フロンターレの嫌な存在となった。 MF中村慶太(V・ファーレン長崎/初選出) ▽終盤交代時にピッチの外で倒れこんだシーンが全てを物語っている。ボール奪取から先制点の起点となり、前線からの守備も怠らなかったドリブラーがチームを楽に。ゼイワン初勝利の立役者。 FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪/3回目) ▽鮮やかなカウンターから今シーズン初勝利を決定づけ、パナソニは狂喜乱舞。リーグ戦5ゴール目にしてようやく彼のゴールが報われた。 FWパトリック(サンフレッチェ広島/初選出) ▽好守を連発していたGK飯倉大樹から途中出場で2ゴールの大仕事。広島移籍後ホーム初得点&初の複数得点。 FW西村拓真(ベガルタ仙台/初選出) ▽キレの良さを披露し、チームを助ける2得点で2位浮上へ導いた。石原直樹の先制点の場面も西村のシュートからだった。 2018.04.12 14:50 Thu
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第6節】長谷川トーキョーの点取り屋が3発大暴れ!

▽明治安田生命J1リーグ第6節の9試合が7日から8日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆寸評(所属/今シーズンの選出回数) GK林卓人(サンフレッチェ広島/2回目) ▽今季2度目のPKストップ。この男が誰よりも大きな存在感を放った。 DF進藤亮佑(北海道コンサドーレ札幌/初選出) ▽積極的な攻撃姿勢を生かして先制弾。守備面も総じて安定。 DF中澤佑二(横浜F・マリノス/初選出) ▽価値ある同点弾。守備面も経験に裏打ちされた的確な対応が光った。 DF槙野智章(浦和レッズ/初選出) ▽ストッパーを務めつつ、機を見て攻撃にも参加。カバーリングでピンチを阻止するなど、ファンの魂を揺さぶった。 MF岡本拓也(湘南ベルマーレ/初選出) ▽ピンチの芽を摘むだかと思えば、クロスで先制ゴールを演出。攻守に抜群の存在感を誇った。 MF藤田直之(ヴィッセル神戸/初選出) ▽中盤の広範囲を徹底監視。集中を切らすことなく、一対一で強さを誇り、1本のパスで決勝点の起点に。 ▽MF大島僚太(川崎フロンターレ/初選出) ▽復帰初戦とは思えないパフォーマンス。司令塔としてチームの攻撃を司った。 MF大森晃太郎(FC東京/初選出) ▽長谷川サッカーの体現者として今節を献身性を発揮しながら3得点に絡む活躍。 MF東慶悟(FC東京/初選出) ▽抜群のポジショニングセンスで攻撃にアクセント。出色の出来だった。 FW都倉賢(北海道コンサドーレ札幌/初選出) ▽ファンを沸かせる衝撃のバイシクル弾。前からのチェックも欠かさず。 FWディエゴ・オリヴェイラ(FC東京/初選出) ▽今季J1全18チームで初のハットトリック。まさに無双状態だった。 2018.04.09 13:30 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース