リーグ戦未勝利の浦和が堀孝史監督と契約解除…育成ダイレクターの大槻毅氏が暫定指揮2018.04.02 10:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽浦和レッズは2日、堀孝史監督(50)との契約解除を発表した。また、天野賢一ヘッドコーチも契約解除となる。

▽堀監督は、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の後任として2017年7月に監督就任。リーグ戦での巻き返しはできなかったものの、AFCチャンピオンズリーグを制するなど結果を残した。

▽立て直しが期待された今シーズンだったが、ここまでの公式戦7戦でわずか1勝。明治安田生命J1リーグでは5試合未勝利で17位に低迷していた。堀監督はクラブを通じてコメントしている。

「こういう状況にしてしまったということを本当に申し訳なく思っています。新しい体制になって、自分たちのいるべきところに戻り、クラブが前に進んでいけるようになってほしいと願っています。トップチームに関わってから約7年間、ファン・サポーターのみなさんをはじめ、選手やクラブスタッフのみなさんに支えていただきながら、一緒に戦ってきたので、感謝しかありません。僕自身は選手としても在籍していましたし、育成のコーチングスタッフとしても関わらせていただいたので、本当にありがたかったと考えています」

「本当によい選手たちがいるので、もう一度、新しい監督のもとで、それぞれの力を出してもらって、目標にしっかり進んでいってほしいと思います。ありがとうございました」

▽なお、後任は暫定的に大槻毅 育成ダイレクター(45)が監督を務めるとのこと。また、上野優作ユースコーチがトップチームコーチに就任する。

▽大槻暫定監督は、宮城県仙台市出身。Jリーグでのプレー経験はないものの、指導者として水戸ホーリーホック、大宮アルディージャ、ベガルタ仙台でコーチを務め、浦和でもコーチや強化部スタッフ、ユース監督などを務めていた。

▽2006年にはコーチとしてリーグ初優勝、AFCチャンピオンズリーグ優勝に貢献。2013年からは育成ダイレクター兼ユース監督を務め、Jユースカップ優勝やプレミアリーグ昇格などを果たしている。

コメント

関連ニュース

thumb

浦和、“オズの魔法”は発動せず5戦ぶり黒星…終盤パワープレーも柏にウノゼロ敗北《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第10節の柏レイソルvs浦和レッズが25日に三協フロンテア柏スタジアムで行われ、1-0で柏が勝利した。 ▽リーグ連敗中の柏は0-1で敗北した前節のV・ファーレン長崎戦からスタメンを2名変更。中谷、亀川に代えて、鎌田、中川を起用した。 ▽対するリーグ4試合負けのないの浦和は0-0で引き分けた前節の北海道コンサドーレ札幌戦からスタメンを1名のみ変更。初陣となるオズワルド・オリヴェイラ新監督は、阿部に代えて、マウリシオを起用した。 ▽序盤からにらみ合いのような時間が続いたが、10分に柏が最初のチャンスを作り出す。右サイドの小池がアーリークロスを供給すると、ボックス内のクリスティアーノが強烈なヘディングシュートを叩きつけるように放つ。しかし、シュートはGK西川にセーブされた。 ▽24分、今度は浦和が柏ゴールに迫っていく。ボックス手前で縦パスを受けた柏木が、左に展開。しかし、左サイドの興梠が上げたクロスは柏DFにブロックされ、こぼれ球に反応した遠藤のシュートも得点には繋がらなかった。 ▽さらに35分、ボックス右でボールを持った橋岡が、中央にカットイン。柏DFのチェックに遭いボールタッチが大きくなると、ボックス内の長澤がシュートを狙う。GK中村の好守に阻まれて得点とはいかなかったものの、柏ゴールを脅かした。 ▽しかし、結局前半中に得点は生まれず。勝負の行方は後半に委ねられることとなった。 ▽53分、豊富な運動量を保ち攻勢をかける柏が、決定機を得る。ボックス手前の伊東が最前線の中川へのパスを通す。しかし、中川がボックス内で放ったシュートはGK西川に阻まれた。 ▽72分、柏の攻撃が実を結ぶ。左サイドの中川がクロスを上げ、ボックス内の江坂が頭で中央に折り返す。うまく浦和DFの前に身体を入れた中川がワントラップしてシュートコースを確保して右足を振り抜き、貴重な先制弾とした。 ▽追いつきたい浦和は、78分にやや疲れのみえる興梠に代えて李を起用。タイプの違うフォワードを送り出し、攻撃に変化をつけていく。 ▽試合の最終盤、浦和は槙野やマウリシオを最前線に上げてパワープレーを行うが、最後まで決め切ることはできず。1-0で柏がリードを保ったまま試合終了の笛を聞くこととなった。 ▽この結果、浦和はオズワルド・オリヴェイラ監督初陣でリーグ5試合ぶりの敗北を喫し幸先の悪いスタートを切ることに。対する柏は、リーグ3試合ぶりの白星を手にした。 2018.04.25 21:35 Wed
twitterfacebook
thumb

【J1ピックアッププレビュー】オズの魔法使い再降臨…不調の太陽王は転機を掴めるか《柏vs浦和》

▽連戦真っ只中の明治安田生命J1リーグ。25日に行われる第10節の注目カードは、柏レイソルが新生浦和レッズを三協フロンテア柏スタジアムに迎え撃つ一戦だ。 ▽公式戦3連敗中の10位柏と、6戦負けなしで息を吹き返した9位浦和のゲーム。勝ち点1差でひしめく両雄の対戦ということもあり、熱戦が期待できる。 <span style="font-weight:700;">◆オズワルド・オリヴェイラ初陣</span> ▽勝敗が気になるところだが、今節から浦和の指揮を執るオズワルド・オリヴェイラ監督の存在が否が応でも、もう1つの見どころになる。オズワルド・オリヴェイラ監督は過去、鹿島アントラーズでリーグ3連覇を含む6つのタイトルを獲得した実績十分の名将。浦和での初陣となる今節、オズの魔法使いと評されたブラジル人名将の一挙手一投足からも目が離せない。 <span style="font-weight:700;">◆上昇気流に乗る転機を</span>〜柏レイソル〜 ▽状態は良くない。前節のV・ファーレン長崎戦でも相手の5倍以上となる15本の総シュート数を記録するなど主導権を握り続けたものの、完封負け。シーズンを通じて目立つ決定力不足や、あっさり失点を許す軽い守備など、依然として課題を残す。だが、今週からDF鎌田次郎やFW山崎亮平が全体練習に復帰。調子を上げる浦和を叩き、上昇気流に乗る転機を掴みたいところだ。 <span style="font-weight:700;">◆狙うは新体制白星発進</span>〜浦和レッズ〜 ▽対する浦和は、一時17位まで落ち込んだものの、前節の北海道コンサドーレ札幌戦まで指揮した大槻毅暫定監督の下で復調。公式戦4勝2分け無敗で切り抜け、新監督にバトンを繋いだ。だが、就任間もないこともあり、劇的な変化を避け、大槻暫定監督が築き上げた戦いを踏襲する方針。ヘッドコーチとしてチームに残留した大槻氏のサポートを受け、まずは新体制の白星発進を狙う。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆柏レイソル</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180424_23_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:中村航輔 DF:小池龍太、中谷進之介、パク・ジョンス、中山雄太 MF:キム・ボギョン、小泉慶、伊東純也、中川寛斗、ハモン・ロペス FW:クリスティアーノ 監督:下平隆宏<hr>▽前節から相手より1日少ない中2日のゲームということもあり、下平隆宏監督はローテーションの採用を示唆。悪い流れが続いていることを踏まえれば、サイドバックが本職のDF亀川諒史を一列前で起用した前節のように思い切った采配を振るってくる可能性も考えられる。 <span style="font-weight:700;">◆浦和レッズ</span>[3-4-1-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180424_23_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:西川周作 DF:遠藤航、岩波拓也、槙野智章 MF:橋岡大樹、長澤和輝、青木拓矢、宇賀神友弥、柏木陽介 FW:武藤雄樹、興梠慎三 監督:オズワルド・オリヴェイラ<hr>▽上述のとおり、戦術を浸透させる時間が少ないため、大槻体制時の戦いが継続される見込み。また、システムにおいても、鹿島時代に4バックの愛好者として知られたオズワルド・オリヴェイラ監督だが、22日の就任会見で現在の3バックを引き継ぐ考えを明かしている。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆FW伊東純也</span>(柏レイソル)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180424_23_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽柏の注目選手は、やはりFW伊東純也だ。迫力抜群のサイドからの攻撃が魅力なスピードスターは、今シーズンもチームの突破口として不可欠な存在。高い位置に陣取ることで攻撃に厚みをもたらす浦和のウィングバックを機能不全に陥らすためにも、この男の活躍度合いが柏の1つのバロメーターになるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆FW興梠慎三</span>(浦和レッズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180424_23_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽一方、浦和のキーマンは、今シーズンもここまでチームトップの4得点を記録しているエースのFW興梠慎三だ。その興梠にとって、新任のオズワルド・オリヴェイラ監督は、鹿島時代の恩師。今の浦和において、最もオズワルド・オリヴェイラ監督を知るひとりであることは間違いない。再共闘を祝う一発で勝利を呼び込みたい。 2018.04.24 20:45 Tue
twitterfacebook
thumb

浦和DF槙野智章「都倉選手すいません」←札幌FW都倉賢「俺にバイシクル決めないでよ」…一体なにが!?

▽浦和レッズに所属する日本代表DF槙野智章が、北海道コンサドーレ札幌のFW都倉賢にあるプレーについて謝罪している。 ▽浦和レッズは21日、明治安田生命J1リーグ第9節で北海道コンサドーレ札幌を本拠地・埼玉スタジアム2002に迎えた。浦和にとっては暫定監督として指揮していた大槻毅体制ラストマッチ、札幌にとってはミハイロ・ペトロヴィッチ監督の古巣戦となった一戦は、ゴールレスドローで終了したが、その試合中にある珍プレーが生まれた。 ▽それは66分のシーン。札幌GKク・ソンユンのクリアボールの競り合い時に槙野と都倉が接触すると、最初に槙野が転倒。さらにバランスを崩した都倉が仰向けで倒れた槙野に引っかかり、槙野を乗り越えるように仰向けでピッチに転倒すると、絡まった槙野が半回転。すると、槙野の左足が都倉の股間に直撃してしまった。 ▽両者は昨シーズンのJ1第19節にも接触プレーから退場者を出したことが。その時は、槙野にレットカードが提示され、両チームがヒートアップする事態になったが、この時ばかりは笑いながら両者握手を交わしてプレーを再開した。 ▽さらに槙野は同試合翌日の22日に自身のインスタグラム(makino.5_official)を更新。今回の珍プレーの流れが分かる写真と共に「都倉選手すいません。まさか、こうなるとは…ボール間違えました。笑」と投稿。これに対して、都倉はツイッター(@tokurasaurus)で槙野の同投稿に「俺にバイシクル決めないでよ」(※絵文字省略)と返信している。 2018.04.22 19:25 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和、オリヴェイラ体制発表…大槻毅前暫定監督はトップチームヘッドコーチに就任

▽浦和レッズは22日、オズワルド・オリヴェイラ監督の就任に伴い、トップチーム・育成の新体制を発表した。 ▽明治安田生命J1リーグで5試合未勝利と開幕スタートに失敗した浦和は2日に堀孝史監督と天野賢一ヘッドコーチを解任。後任として暫定的に育成ダイレクター兼ユース監督を勤めていた大槻毅氏が就任し、上野優作ユースコーチがトップチームコーチに就任していた。 ▽そんな中、かつて鹿島アントラーズでJリーグ史上初となるリーグ3連覇を達成したオズワルド・オリヴェイラ氏の就任が19日に決定。大槻体制ラストマッチとなった21日のJ1第9節・北海道コンサドーレ札幌戦ではゴールレスドローで終えたものの、公式戦6試合無敗(4勝2分け)でオリヴェイラ氏にバトンタッチすることとなった。 ▽今回の新体制については以下の通り。 【トップチーム】 監督 オズワルド・オリヴェイラ ヘッドコーチ 大槻 毅 ヘッドコーチ ルイス・アルベルト・シルバ コーチ 池田伸康 コーチ 小坂雄樹 GKコーチ 土田尚史 フィジカルコーチ ウェイリントン コーチ(分析) 山田栄一郎 【育成】 育成ダイレクター 上野優作 ◆ユース 監督 上野優作 コーチ 石栗 建 コーチ 工藤輝央 コーチ 末藤崇成 GKコーチ 安藤智安 アスレチックトレーナー 大澤 真 ◆ジュニアユース 監督 吉田 靖 コーチ 城定信次 コーチ 内舘秀樹(ジュニアアカデミー兼務) コーチ 金生谷 仁 GKコーチ 杉尾一憲 スカウト担当/コーチ 名取 篤 スカウト担当/コーチ 田畑昭宏 アスレチックトレーナー 飯園翔太 ◆ジュニア 監督 村松 浩 コーチ 酒井友之 コーチ 土橋正樹 トレーナー 入江美友梨 2018.04.22 14:40 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和、ミシャ率いる好調・札幌とゴールレスドロー…大槻毅体制ラストマッチを4連勝で締めくくれず《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第9節の浦和レッズvs北海道コンサドーレ札幌が21日に埼玉スタジアム2002で行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽ここまで3勝2分け3敗で10位に位置する浦和(勝ち点11)と、4勝2分け2敗で4位につける札幌(勝ち点14)の一戦。前節の清水エスパルス戦を2-1で勝利して大槻毅体制リーグ戦3連勝を飾った浦和は、その一戦から先発メンバーを2人変更。清水戦で途中交代したマウリシオと菊池に代えて、岩波とマウリシオを起用した。 ▽一方、前節の柏レイソル戦を2-1で勝利して3連勝を飾った好調・札幌は、その一戦から先発メンバーを4人変更。契約上の理由によって出場できない駒井と宮吉らに代えてチャナティップと宮澤らを起用した。 ▽19日にかつて鹿島アントラーズでリーグ3連覇を達成したオズワルド・オリヴェイラ氏の招へいを発表した浦和にとっては、大槻体制のラストマッチ、札幌にとってはミハイロ・ペトロヴィッチ監督の古巣戦となった一戦。 ▽試合は序盤から互いに敵陣へと侵攻するが、思うようにシュートまで結びつけることができない立ち上がりとなる。そんな中、札幌は17分、宮澤からパスを受けた三好がボックス手前からシュートを放つも、GK西川にセーブされる。 ▽対する浦和は20分、柏木からの右CKが相手DFに当たってゴール前へ抜けると、遠藤がボレーシュート。しかし、これがGKク・ソンユンの正面に。絶好機を逃してしまう。 ▽34分にはこぼれ球を拾った流れから岩波がワンツーでボックス右に抜け出し、鋭いクロスから浦和がチャンスを迎えるも決め切れず。ゴールレスで試合を折り返した。 ▽迎えた後半、まずは浦和が54分、橋岡からのクロスを武藤がヘディングシュート。一方の札幌は直後、福森のパスを受けた三好がボックス手前右に持ち込み、右足を振り抜くもどちらもGKに処理されてゴールは生まれない。 ▽終盤に差し掛かると浦和が攻勢を強める。65分には柏木の左CKを槙野が頭で合わせる。しかし、これは枠を捉えることが出来ない。74分には興梠の落としを受けた長澤がミドルシュート。GKク・ソンユンに弾かれたボールはゴール方向に向かったが、勢いは弱くGKク・ソンユンに対処された。 ▽その後は互いにゴールへ迫った両者だが、最後までスコアは動かずにそのまま試合終了。浦和は4試合無敗も大槻監督体制ラストマッチを勝利で飾れず。一方の札幌は6試合無敗を継続している。 2018.04.21 18:21 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース