リーグ戦未勝利の浦和が堀孝史監督と契約解除…育成ダイレクターの大槻毅氏が暫定指揮2018.04.02 10:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽浦和レッズは2日、堀孝史監督(50)との契約解除を発表した。また、天野賢一ヘッドコーチも契約解除となる。▽堀監督は、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の後任として2017年7月に監督就任。リーグ戦での巻き返しはできなかったものの、AFCチャンピオンズリーグを制するなど結果を残した。

▽立て直しが期待された今シーズンだったが、ここまでの公式戦7戦でわずか1勝。明治安田生命J1リーグでは5試合未勝利で17位に低迷していた。堀監督はクラブを通じてコメントしている。

「こういう状況にしてしまったということを本当に申し訳なく思っています。新しい体制になって、自分たちのいるべきところに戻り、クラブが前に進んでいけるようになってほしいと願っています。トップチームに関わってから約7年間、ファン・サポーターのみなさんをはじめ、選手やクラブスタッフのみなさんに支えていただきながら、一緒に戦ってきたので、感謝しかありません。僕自身は選手としても在籍していましたし、育成のコーチングスタッフとしても関わらせていただいたので、本当にありがたかったと考えています」

「本当によい選手たちがいるので、もう一度、新しい監督のもとで、それぞれの力を出してもらって、目標にしっかり進んでいってほしいと思います。ありがとうございました」

▽なお、後任は暫定的に大槻毅 育成ダイレクター(45)が監督を務めるとのこと。また、上野優作ユースコーチがトップチームコーチに就任する。

▽大槻暫定監督は、宮城県仙台市出身。Jリーグでのプレー経験はないものの、指導者として水戸ホーリーホック、大宮アルディージャ、ベガルタ仙台でコーチを務め、浦和でもコーチや強化部スタッフ、ユース監督などを務めていた。

▽2006年にはコーチとしてリーグ初優勝、AFCチャンピオンズリーグ優勝に貢献。2013年からは育成ダイレクター兼ユース監督を務め、Jユースカップ優勝やプレミアリーグ昇格などを果たしている。
コメント
関連ニュース
thumb

浦和の元スロベニア代表FWズラタンが退団「あなたたちはベストサポーターでした」

▽浦和レッズは13日、元スロベニア代表FWズラタン・リュビヤンキッチ(34)が退団することを発表した。 ▽ズラタンは、スロベニアのスロヴァンやNKドムジャレ、ベルギーのヘントでプレーし、2012年夏に大宮アルディージャへと移籍。1年目はJ1で12試合に出場し4得点を記録。2年目は27試合出場6得点、3年目は32試合出場7得点と活躍。2015年から浦和でプレーした。 ▽浦和では4シーズン在籍し、J1で81試合出場15得点を記録。3シーズンは20試合以上出場していたものの、今シーズンはJ1で5試合出場1得点、ルヴァンカップで3試合出場、天皇杯は1試合の出場。決勝戦のベガルタ仙台戦では、終盤に出場しキャプテンマークを巻いてプレーしていた。ズラタンはクラブを通じてコメントしている。 「浦和に関わるすべての方に感謝しています。すばらしい4年間でした。ファン・サポーターのみなさんとチームメートととても誇らしい時間を過ごすことができました。浦和レッズで達成できたものについては、とてもうれしく思っています。私は、クラブを離れますが、来シーズンのチームの活躍と成功を心から祈っています」 「初めて浦和で出た試合、タイトルが懸かった試合というのはすごくよい思い出として残っていますし、自分の人生にとってかけがえないものです。特にACLで優勝できた瞬間は何よりもすばらしいものでした。このクラブで過ごした毎日が特別な日々で、家族は浦和の街をとても好きでしたし、私自身もすごく好きでとても楽しく過ごすことができました。息子は大の浦和レッズファンです。浦和のファン・サポーターはクラブにとってとても特別なものです。すべての選手が、この大きなファン・サポーターの前でプレーすることを誇りに思っています。ゴール裏で鼓舞してくれるサポーターの存在が、選手たちにさらなるエネルギーを与えてくれたことに感謝しています。それが浦和と他のクラブと比べたときに一番の違いです。私にとってもあなたたちはベストサポーターでした」 2018.12.13 10:30 Thu
twitterfacebook
thumb

全力プレーを誓う…浦和DF槙野智章「全力で戦いますので、応援よろしくお願いします」《AFCアジアカップ2019》

▽日本サッカー協会(JFA)は12日、来年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に臨む日本代表メンバーを発表した。 ▽森保一監督体制初の公式戦に招集された浦和レッズのDF槙野智章は、全力で戦うことを誓った。 ◆DF槙野智章 「アジアカップの日本代表メンバーに選出され、大変光栄です。タイトルの懸かる大会ですから、しっかりと準備をし、代表チームに貢献できるよう取り組んでいきます。全力で戦いますので、応援よろしくお願いします」 2018.12.12 16:35 Wed
twitterfacebook
thumb

タイトル請負人・オズの“魔法”は選手、そして浦和サポーターへ/編集部コラム

▽自身にとっては3度目の天皇杯優勝。日本では無冠に終わったことがない。“オズの魔法使い”と呼ばれる名将は、やはり魔法使いだった。 ▽「昨夜はあまり眠れなかったことを告白しておく」。試合後の優勝会見で浦和レッズのオズワルド・オリヴェイラ監督が明かした。準決勝から中4日。初優勝を目指すベガルタ仙台を下し、12年ぶりに天皇杯を制したものん、それは簡単な道のりではなかった。 <span style="font-weight:700;">◆アジア王者、最悪のシーズンスタート</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181211oz_tw8.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div>▽堀孝史監督がチームを率い、アジア王者としてスタートした今シーズン。しかし、開幕から5試合で2分け3敗と未勝利が続き、第5節でジュビロ磐田に敗れた翌日に堀監督が解任された。その後、ユースで監督を務めていた大槻毅氏がチームを率いると、公式戦6戦無敗。第9節からオリヴェイラ監督が指揮を執った。 ▽2007年から2011年まで鹿島アントラーズを率いていたオリヴェイラ監督。日本での5シーズンで獲得したタイトルはリーグ優勝3回、リーグカップ1回、天皇杯2回の6つ。鹿島を率いた全てのシーズンでタイトルを獲り、リーグ3連覇を成し遂げるなど常勝軍団を作り上げていた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181211oz_tw6.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div>▽タイトル請負人としてチームの立て直しを託されたオリヴェイラ監督だったが、ロシア・ワールドカップ開催による過密日程の影響もあり、簡単にはいかなかった。「モチベーションを上げるということが重要だった」と明かしたオリヴェイラ監督。そして、チームのウィークポイントもすぐに把握した。 「試合では後半にパフォーマンスが低下し、追いつかれたり逆転できないということがあった」 ▽オリヴェイラ監督就任後の浦和は、初戦の北海道コンサドーレ札幌戦をゴールレスドロー、続く柏レイソル戦は終盤に失点し敗戦。湘南ベルマーレ戦は前半に先制されると追いつくことなく敗れた。その後も川崎フロンターレ戦に勝利するも、鹿島アントラーズには敗戦。サガン鳥栖、ガンバ大阪と無得点で引き分け、中断期間に入った。オリヴェイラ監督が感じた不安要素が、結果にも表れてしまった。 <span style="font-weight:700;">◆中断期間に“魔法”をかける</span> ▽「静岡での夏合宿が始まってからは時間ができたので、フィジカル的な部分だけでなく戦術的な部分も浸透させた」とオリヴェイラ監督は語っている。DF槙野智章が日本代表に招集されたものの、ほとんどの選手が残り、オリヴェイライズムの浸透が図られた。しかし、リーグ戦で調子を取り戻すことは簡単ではなく、中断明けの19試合は10勝4分け5敗。攻守が噛み合う試合とそうでない試合が顕著に分かれてしまった。 ▽時期を同じくして連覇を達成した川崎Fは順調に勝ち点を重ね、浦和のリーグ優勝は叶わないものとなる。ルヴァンカップも6月のプレーオフステージでJ2のヴァンフォーレ甲府に敗れ敗退。タイトルの望みは天皇杯に絞られた。 ▽天皇杯の2回戦ではJ3のY.S.C.C.横浜を相手に勝利。3回戦では後にJ2を制する松本山雅FC、4回戦では東京ヴェルディ、準々決勝ではサガン鳥栖を下してベスト4に駒を進めた。 ▽決勝進出をかけた相手は、アジア王者に輝き、オリヴェイラ監督の古巣でもある鹿島。DFマウリシオがセットプレーからゴールを奪うと、その1点を守り切り勝利。3大会ぶりの決勝進出を決めた。しかし、その代償は大きかった。 「通常の状況では試合に関わらなかったであろう選手が6人いた。そのうちの1人であるマウリシオがゲームに関わることができなかった」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181211oz_tw4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div>▽これが、オリヴェイラ監督が決勝前夜に眠れなかった理由だ。マウリシオ、青木拓矢、武藤雄樹、興梠慎三が鹿島戦で負傷。武藤、興梠、青木は先発したが、青木に至ってはヒジを脱臼し、プロテクターをつけて決勝の仙台戦にフル出場した。 ▽ケガを抱えながらも先発した興梠は「あの人に付いていけば間違いない」とオリヴェイラ監督への信頼を口にした。スーパーゴールで決勝点を記録した宇賀神友弥は「前日練習でも練習しましたし、オリヴェイラ監督からもこぼれ球のところは信頼をもらって、あのポジションに居させてもらっている」とコメント。監督の指示通り、トレーニングを積み重ねた結果が、タイトルへ繋がるゴールを生んだ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181211oz_tw5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div><span style="font-weight:700;">◆“魔法”をかけられたのは選手だけではない</span> ▽そして、オズの“魔法”は、選手たち以外にもかかったのだろう。浦和が誇るサポーターたちも、チームを立て直したオズの“魔法”に魅せられ、その結果、選手たちに今まで以上のパワーを選手たちへと与えた。 ▽準決勝の鹿島戦では、ゴール裏のサポーターがアウェイながらコレオグラフィーで後押し。決勝戦では、キックオフ前に巨大なエンブレムがゴール裏に掲げられ、度肝を抜いた。前日練習にも大勢のサポーターが集まり、横断幕を掲載した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181211oz_tw7.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div>▽大声援を受け、しっかりとタイトルを獲得した浦和。阿部勇樹は「サポーターの方と浦和レッズが一緒になれば、抑え切れないぐらい大きなチームになると思っている」と語り、オリヴェイラ監督も「今日はサポーターの応援が決定的だったと思う。彼らの応援する意欲が、選手たちの力になったと思う」とコメント。選手バスがスタジアムに到着するときには、発煙筒をたき、大声援で選手を迎えたサポーターのパワーは、選手たちにとってオズをも超える“魔法”になったのかもしれない。 <span style="font-weight:700;">◆自信を取り戻し、再び頂点へ</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181211oz_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div>▽天皇杯は決勝を含め、4試合連続無失点。6試合でわずかに1失点だった。守備を立て直し、勝負強さを植え付けられた結果が、3年連続のタイトル獲得に繋がった。「選手たちに自信をつけること」が大事だと語ったオリヴェイラ監督。オズは選手たちの心に、しっかりと“魔法”をかけていた。 ▽天皇杯の優勝により、来シーズンは再びアジアの舞台に立つことができる。2017年アジア王者の目標は、王座奪還、そしてオズにとっての初アジア制覇だろう。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20181211oz_tw2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD<hr></div>▽オリヴェイラ監督も「ACLで戦えないということは避けなければいけなかった」と語り、槙野は「アジアチャンピオンというのにもう一度返り咲くためにも、チャレンジャーとしてやりたい」と意気込む。興梠も「来年はACLがあるので、楽しみが1つ増えた」とアジアへ挑戦することに期待を寄せている。 ▽オズの“魔法”により、3シーズン連続のタイトル獲得、2年ぶりのACL出場を掴んだ浦和。その“魔法”で、来シーズンは全てのタイトル獲得に挑み、“魔法”でパワーアップしたサポーターの声援は選手たちに届くことだろう。 《超ワールドサッカー編集部・菅野剛史》 2018.12.11 23:35 Tue
twitterfacebook
thumb

“話題の人”のアスリート部門に浦和の日本代表DF槙野智章が選出!《LINE NEWS Presents NEWS AWARDS 2018》

▽10日、都内でLINE NEWS Presents「NEWS AWARDS 2018」が行われた。アスリート部門では、浦和レッズに所属する日本代表DF槙野智章が選ばれた。 ▽2018年を彩る“話題の人”をLINE NEWSが独自の基準で選出・表彰するNEWSの祭典「NEWS AWARDS 2018」。今回は、「アイドル」、「芸人」、「文化人」、「アーティスト」、「俳優・女優」、「アスリート」、「実業家・政治家」の7部門から各部門選ばれた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181210_24_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽アスリート部門は、前述の通り槙野が受賞。アイドル部門は乃木坂46の齋藤飛鳥さん、芸人部門は野性爆弾のくっきー、文化人部門はドラマや映画の監督・脚本を務める福田雄一さん、アーティスト部門はイイねダンスなどで一世を風靡した『U.S.A』を発表したDA PUMP、俳優・女優部門はテレビドラマ『賭ケグルイ』や『崖っぷちホテル!』、映画『君の膵臓をたべたい』、『センセイ君主』に出演した浜辺美波さん、実業家・政治家部門は女優の剛力彩芽さんと交際中で、ZOZO代表取締役社長である前澤友作さんが受賞した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181210_24_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽受賞式には、浜辺美波さん、福田雄一さんが都合により欠席。福田監督の代理として、テレビドラマ『今日から俺は!!』に出演中で元乃木坂46の若月佑美さんが登壇した。また、DA PUMPは『U.S.A』を披露するなど大きな盛り上がりを見せ、華やかな受賞式となった。 ◆受賞コメント アイドル部門:齋藤飛鳥さん(乃木坂46) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181210_24_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 「この度はこの賞をいただきありがとうございます。乃木坂46の齋藤飛鳥です」 「今の時代は凄くアイドルの方がとにかくたくさんいらっしゃるので、私はその大勢の中の1人のはずなんですが、こうやってLINE NEWSに取り上げていただき、見つけていただいて、凄くありがたいなと思っています。トロフィーも可愛らしく、凄く嬉しいです」 芸人部門:くっきー(野性爆弾) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181210_24_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 「率直にありがとうございます。こんな華々しい賞をいただいて、そもそも賞を頂けるような美しい人間ではないのですが、日々の生活の嗜みがこういった賞を頂けたのかなと。日々の嗜みですよね。みなさんがどういった嗜んだ日々を送られているかわかりませんが、私のような人間のように日々を嗜んでください」 文化人部門:福田雄一さん <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181210_24_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 「この度はLINEのとても光栄な表彰を頂きありがとうございます。本日は舞台の最終稽古があり、お伺いできないことが残念です。代理といってはなんですが、時期的に『今日から俺は!!』のメンバーがいいのではないということでプロデューサーに相談したところ、どうやら若月しか暇な人がいなかったということなので、よろしくお願いします。仕事ではLINEが必須です。映像のチェックや仕事の連絡、全てLINEで行なっております。これからもお世話になりますが、よろしくお願いします」 若月佑美さん 「福田さんが活躍されていますが、私にとっても福田イヤーと言いますか、今年乃木坂46を卒業して、頑張っていこうという時期に、女優として私をたくさん起用してくださったのが福田さんでした。とても感謝していますし、良い締めくくりになった一年かなと思います」 アーティスト部門:ISSAさん(DA PUMP) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181210_24_tw7.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 「今年は『U.S.A』という曲で色々なところに行くことができました。小さい子供から、おじいちゃんおばあちゃんまで、本当に幅広い世代の方々に聞いていただく機会がありました。楽しい一年を過ごさせていただきました。また、こうやって素晴らしい賞をいただけて嬉しく思います。ありがとうございます」 アスリート部門:槙野智章(浦和レッズ) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181210_24_tw8.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 「サッカーしかやってこなかった僕ですが、こんなにも素晴らしい賞をいただけて満足しています。来シーズンももっと輝けるように、みなさんの記憶に残るようなプレー、そして結果を出せるように頑張ります」 俳優・女優部門:浜辺美波さん 「今回LINE NEEWS Presents「NEWS AWARDS 2018」の俳優・女優部門を受賞させていただきました。今日はスケジュールの都合で会場に行くことができず、申し訳ありません。来年の3月には高校を卒業する予定ですので、時間が増えて、これから先にこのお仕事を続けて行くにあたって、豊かになるようなことをすることができ時間が設けられると思うので、色々な作品を観たり、色々なことに挑戦して、豊かな一年にしていきたいと思っています。これらかも精一杯頑張ります」 実業家・政治家部門:前澤友作さん(ZOZO代表取締役社長) <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20181210_24_tw9.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 「今年はLINE NEWSを中心に、色々なところでお騒がせしました。今日は謝りに来ました。色々なニュースで報道していただきましたが、中にはそんなのどうでも良いよという様なものもLINE NEWSを通じて報道されたと思います。本当にご迷惑をおかけしました。来年はもう少し地味に活動したいと思います」 「(剛力さんには受賞を報告されましたか)もちろんです。いいなーと言っていました」 2018.12.10 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

浦和、U-18日本代表GK石井僚らユース所属3選手のトップチーム昇格を発表!

▽浦和レッズは10日、ユース所属のMF池髙暢希(18)、GK石井僚(18)、DF大城蛍(18)の来シーズン昇格内定を発表した。 ▽池髙はSSSジュニアユースから浦和ユースに加入。U-15、U-17日本代表にも選出された経験を持つ身長173㎝、体重63㎏のアタッカー。クラブは同選手の特徴を「ドリブルの突破力とキックの精度が高い」と紹介している。石井は上州FC高崎から浦和ユースに加入。U-15、U-17、U-18日本代表にも選出された身長191㎝、体重84㎏のゴールキーパー。クラブは「長身を生かしたしなやかなプレーとシュートストップの範囲が広くキックの精度も高い」と紹介している。大城は、Wウィング沖縄から浦和ユースに加入。身長180㎝、体重72㎏のディフェンダーだ。クラブは「身体能力を生かしたボール奪取能力に優れる」と紹介している。 ▽来シーズンのトップチーム昇格が内定した3選手は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆池髙暢希 「小さいころから夢であったプロサッカー選手になれること、浦和レッズという偉大なクラブで来季からプレーできることがとても嬉しいです。ここまで来られたのは家族の支えがあったからです。そして、今まで所属してきたチームの監督やスタッフのみなさんの指導を受けさせてもらえたからだと考えています。本当にありがとうございます。いつでも謙虚に貪欲にやっていきます。少しでも早く試合に出場し、チームの勝利に貢献できるよう全力で取り組んでいきますので、応援よろしくお願いします」 ◆石井僚 「小さいころからの夢であったプロサッカー選手を浦和レッズでスタートさせることができ、大変嬉しく思います。今まで自分がお世話になった方々への感謝の気持ちを忘れずに日々努力し、1日でも早く埼玉スタジアムですばらしいファン・サポーターのみなさんの応援を背にプレーして、勝利に貢献できるようにがんばります。応援よろしくお願いします」 ◆大城蛍 「小さいころからの夢であったプロサッカー選手になることができとても嬉しく思います。これまでに自分を育ててくれた方やクラブ、そして両親に本当に感謝しています。プロサッカー選手としての自覚、責任を持ち、プレーで恩返ししていきたいです。1日でも早く埼玉スタジアムでプレーし、チームの勝利に貢献できるよう日々努力していきたいと思いますので、応援よろしくお願いします」 2018.12.10 16:25 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース