途中出場の久保がPK崩れでゴール! 森岡フル出場のアンデルレヒトにヘントが勝利《ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ》2018.04.02 03:10 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ジュピラー・プロ・リーグ優勝プレーオフ第1節、アンデルレヒトvsヘントが1日に行われ、0-2でヘントが勝利した。アンデルレヒトのMF森岡亮太はフル出場し、ヘントのFW久保裕也は79分から出場している。

▽リーグ戦の上位6チームによって争われる優勝プレーオフ。森岡が先発した2位アンデルレヒト(勝ち点28)と、久保がベンチスタートとなった4位ヘント(勝ち点25)の一戦は立ち上がり、ヘントが良い入りを見せる。

▽しかし、時間の経過とともにアンデルレヒトが盛り返し、攻勢に転じていく。2トップの一角に入った森岡もボールに絡み始め、チャンスを演出していった。

▽だが、15分を過ぎる頃には再びヘントがゴールに迫るシーンを増やし、流れを引き寄せていく。ハーフタイムにかけてもヘントが押し込む流れが続いた中、前半をゴールレスで終えた。

▽それでも後半開始2分、ヘントが押し切る。右サイドからカルーが入れたクロスの流れから、ルーズボールをゴール前に詰めていたデヤーゲレが押し込んだ。

▽先制を許したアンデルレヒトは57分に森岡に決定機。ボックス中央でフリーとなっていた森岡が味方のパスを受けて右足インサイドで丁寧にシュート。しかし、右ポストを直撃して同点には追い付けない。さらに77分、森岡が左足ミドルでゴールを狙うもGKにセーブされる。

▽逃げ切りを狙うヘントは79分に久保を投入。すると85分に得たPKのキッカーを任された久保がゴール左へシュート。これはGKにセーブされるも、ルーズボールを久保が蹴り込んでチームに2点目をもたらした。

▽終盤の88分、森岡がダイビングヘッドでゴールに迫ったアンデルレヒトだったが、GKのビッグセーブに阻まれ、0-2のまま敗戦。ヘントに勝ち点で並ばれている。

アンデルヒレト 0-2 ヘント
【ヘント】
デヤーゲレ(後2)
久保(後40)
コメント
関連ニュース
thumb

森岡の去就にも影響? アンデルレヒト新指揮官にルッテン氏! PSVやフェイエ、シャルケで指揮

アンデルレヒトは6日、オランダ人指揮官のフレット・ルッテン氏(56)の新指揮官就任を発表した。なお、現時点で契約期間に関する詳細は明かされていない。 昨年12月、成績不振を理由にハイン・ヴァンハーゼブルック前監督(54)を解任したアンデルレヒト。その後任として選出されたのは現役時代にオランダ代表DFとして活躍したルッテン氏となった。 現役引退後、母国トゥベンテで監督キャリアをスタートしたルッテン氏はシャルケやPSV、フィテッセ、フェイエノールト、UAEのアル・シャバーブの指揮官を歴任。直近はイスラエルのマッカビ・ハイファを指揮していた。 アンデルレヒトはジュピラーリーグ第21節終了次点で5位に低迷。ルッテン氏の下で後半戦での巻き返しを図れるか。なお、前体制下で公式戦9試合の出場にとどまった元日本代表MF森岡亮太は新指揮官の信頼を獲得し、レギュラーの座を掴むことはできるのだろうか。 2019.01.07 15:39 Mon
twitterfacebook
thumb

森岡所属のアンデルレヒトが指揮官解任! リーグ戦4位もELでは未勝利

▽アンデルレヒトは16日、ハイン・ヴァンハーゼブルック監督(54)を解任したことを発表した。 ▽昨年10月に、レネ・ヴァイラー前監督の後任として招へいされたヴァンハーゼブルック監督。それまで指揮していたヘントでは、就任1年目の2014-15シーズンにクラブ史上初のリーグ優勝に導くと、その翌年にはベルギー勢として初のチャンピオンズリーグ(CL)、ベスト16進出を果たすなど、ヘントを一躍ベルギー屈指の名門に押し上げた。 ▽シーズン途中の就任となった昨季は、当初9位だったチームを最終的に2位に導いた。しかし、上位6チームで争われるプレーオフ1では、4勝6敗と不満の残る結果だった。 ▽今季はここまで4位と鳴かず飛ばずの成績に加え、ヨーロッパリーグでは未勝利でグループステージ敗退。16日に行われたベルギー・ジュピラープロリーグ第19節のセルクル・ブルージュ戦での敗戦を受けて、クラブは試合同日の解任に踏み切った。 ▽アンデルレヒトに所属する森岡亮太は今季はリーグ戦4試合、ヨーロッパリーグ3試合など、公式戦出場は8試合に留まっていた。クラブはヴァンハーゼブルック監督の後任に関して「議論中」であるとしているが、まだ見ぬ新監督の下、森岡はレギュラーの座を掴むことはできるのだろうか。 2018.12.17 13:55 Mon
twitterfacebook
thumb

日本人対決は植田に軍配…森岡、3試合連続の先発出場もインパクトなく《ジュピラーリーグ》

ジュピラーリーグ第19節が16日に行われ、11位のセルクル・ブルージュと4位のアンデルレヒトが対戦した。<br><br>セルクル・ブルージュの植田直通は2試合連続の先発、移籍もうわさされるアンデルレヒトMF森岡亮太も公式戦3試合連続のスタメン入りを果たし、日本人対決が実現した。<br><br>試合は開始9分に動く。アンデルレヒトがボールを支配し、森岡もスルーパスで存在感を出していたが、スコアボードに「1」をつけたのはセルクル・ブルージュ。相手のカウンターを仕掛けると、左右の揺さぶりから最後はキリアン・アザールが自らのシュートのこぼれ球を押し込み、先制に成功する。<br><br>それでも22分。アンデルレヒトがコーナーキックからサインプレーで、ファーへ走り込んだピーター・ゲルケンスがボレーでゴール逆サイドへねじ込み、スコアは同点に。<br><br>するとペースはアンデルレヒトに傾く。何度もセルクル・ブルージュゴールに迫るものの、ラストパスが合わず、森岡も決定機にシュートまで持ち込めない。<br><br>同点で後半へ折り返すと、再びセルクル・ブルージュがワンチャンスを生かす。フィードからアザールがPKを獲得すると、ジャンニ・ブルーノがゴール左隅へ沈め、勝ち越しに成功する。<br><br>1点リードとなったセルクル・ブルージュが今度はペースをつかみ、チャンスを創出。逆にアンデルレヒトはパス回しもちぐはぐとなり、ミスも増えていく。<br><br>試合終盤に微妙な判定でセルクル・ブルージュに退場者が出るが、試合はそのまま2-1で終了し、セルクル・ブルージュは3試合ぶり白星。敗れたアンデルレヒトは公式戦6試合勝利なしとなっている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.17 01:26 Mon
twitterfacebook
thumb

冨安の移籍後初ゴール&鎌田の1G1Aの活躍でシント=トロイデンが3連勝を飾る!《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽シント=トロイデンは26日、ジュピラー・プロ・リーグ第16節でアンデルレヒトとのホーム戦に臨み、4-2で勝利した。 ▽シント=トロイデンのMF鎌田大地とDF冨安健洋は共に先発出場し、冨安が62分に、鎌田が66分にゴールを記録。MF遠藤航はベンチ入りも出場せず、負傷離脱中のMF関根貴大、DF小池裕太はメンバー外。また、アンデルレヒトのMF森岡亮太はベンチ外となった。 ▽試合は開始早々に動く。8分、右サイドからの折り返しをボックス中央で受けた鎌田が相手DFのブロックに遭うと、このロストボールを走り込んだベシュスがダイレクトシュートで流し込み、シント=トロイデンが先制。 ▽先手を取ったシント=トロイデンは、38分と52分にサンティニにゴールネットを揺らされ、逆転を許してしまう。しかし、62分にショートコーナーの流れからバイタルエリア右でボールを受けたデ・ノレがクロスを供給すると、ゴール左から走り込んだテイシェイラがヘディングシュート。これは相手GKに弾かれるも、こぼれ球を冨安が押し込み、同点に追いつく。 ▽勢いづくシント=トロイデンは、66分にもベシュスのスルーパスをボックス左深くで受けた鎌田が角度のないところから相手GKのニアサイドへシュートをねじ込んだ。勝ち越したシント=トロイデンは、試合終了間際にもボリがゴールネットを揺らし、4-2で試合終了のホイッスル。冨安の移籍後初ゴールや鎌田の1ゴール1アシストの活躍でシント=トロイデンが3連勝を飾った。 シント=トロイデン 4-2 アンデルレヒト 【シント=トロイデン】 ベシュス(前8) 冨安健洋(後17) 鎌田大地(後21) ボリ(後48) 【アンデルレヒト】 サンティニ(前38) サンティニ(後7[PK]) 2018.11.26 04:25 Mon
twitterfacebook
thumb

森岡亮太、ついに今季初先発!アンデルレヒト指揮官も言及「良かった。明るい点」

アンデルレヒトのMF森岡亮太が今シーズン初先発を飾り、指揮官も満足する姿勢を示している。ベルギー『voetbal24』が報じた。<br><br>アンデルレヒトは23日、ジュピラーリーグ第8節でスタンダール・リエージュと対戦。森岡は前線の左シャドーとして今シーズンの先発出場を果たした。試合は先制を許して森岡は65分に途中交代、その後アンデルレヒトが2点を決めて逆転勝利を収めるというものになったが、ハイン・ヴァンハーゼブリュック監督は10番のパフォーマンスに満足しているようだ。<br><br>「前線の選手たちに不満はない。森岡は今日も良かったし、それは明るい点だ」<br><br>プレシーズンからコンディション不良などで出遅れを見せていた森岡は、第4節以来の実戦となり、ついにスタートからチャンスを与えられた。試合ではクロスや前線への飛び出しで存在感を見せていただけに、今後に向けて見通しは明るくなったと言えるだろう。<br><br>なお、アンデルレヒトは公式戦5試合ぶりの勝利。順位も3位としている。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.09.24 17:00 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース