水戸、異色の経歴を持つ40歳FW安彦考真の加入発表! 2003年から2005年には大宮の通訳として活躍2018.03.31 20:00 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
▽水戸ホーリーホックは31日、FW安彦考真(40)の加入を発表した。▽安彦は新磯高校卒業後、ブラジルにサッカー留学をし、グレミオ・マリンガでプレー。その後、2003年から3年間、大宮アルディージャの通訳やサッカー教室のコーチを務めていた。

▽水戸への加入が決定した安彦は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。

「水戸ホーリーホックサポーターの皆様、そして僕を支えてくれている仲間たちへ、本日水戸ホーリーホックの選手として加入することが決まりました、安彦考真です。多くの賛否を受けながら『40歳でJリーガーになる』という『無謀』な挑戦は、多くの方の支援と理解のもと、今日から『希望』へと変わりました。この挑戦を受け入れてくれた水戸ホーリーホックに心から感謝をすると共に、ピッチ内外での献身と貢献を誓います」

「『自分の人生に本気になる覚悟を持つ』簡単ではないがやってできないことはない。どんなことも否定から入らず、チャレンジをし続けることで人は成長すると思います。水戸ホーリーホックがJ1昇格することは無謀でしょうか。僕は全くそうは思いません。今ある『一体感』とここから更に高まる『覚悟』があれば、きっと成し遂げることができるはずです。僕はその一端を担うことを約束します」

「最後に、サッカー選手になりたい子どもたちへ! サッカーを楽しむことを忘れないでください! 大好きなサッカーを思いっきり楽しんでください! 悩んだり迷ったりしたら、城里町『アツマーレ』やケーズデンキスタジアム水戸に足を運んでください! 最高にサッカーを楽しんでいる水戸ホーリーホックの選手達を観てパワーをもらってください!」

「失敗を恐れず、希望を信じて、前に進んでいきましょう!」
コメント
関連ニュース
thumb

水戸、5年半在籍のMF船谷圭祐が退団

▽水戸ホーリーホックは3日、MF船谷圭祐(32)の契約満了に伴う退団を発表した。 ▽船谷は2004年にジュビロ磐田でプロデビュー後、サガン鳥栖を経て、2013年途中から水戸でプレー。今シーズンは明治安田生命J2リーグ6試合出場にとどまった。 ▽5年半在籍した水戸を去る船谷はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「水戸ホーリーホックを応援してくれている皆様、この度退団することになりました。5年半本当にありがとうございました。いつも僕たちの背中を押してくれた熱い応援、そして、怪我から復帰できた時の景色、声援はずっと忘れません」 「水戸にいる5年半の中でたくさんの良い出会いがあり、素晴らしいチームメイトと一緒にサッカーすることができました。これからの水戸ホーリーホックを応援しています。ありがとうございました」 2018.12.03 15:48 Mon
twitterfacebook
thumb

「悔しい気持ちでいっぱい」今季札幌から期限付き移籍の水戸DF永坂勇人が移籍期間満了

▽水戸ホーリーホックは2日、北海道コンサドーレから期限付き移籍しているDF永坂勇人(24)の退団を発表した。 ▽札幌下部組織出身の永坂は、2013年にトップチーム昇格。2017年7月に水戸へ期限付き移籍で加入し、今シーズンは明治安田生命J2リーグに6試合出場した。 ▽水戸退団が決定した永坂は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「1年半本当にありがとうございました。水戸ホーリーホックのためになかなか力になることが出来ず悔しい気持ちでいっぱいです。この悔しさを次のサッカー人生にも活かしていきたいと思います。そして、どんな状況でも応援して頂いた方々には感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございました」 2018.12.02 10:41 Sun
twitterfacebook
thumb

水戸、今季リーグ戦11発のFWジェフェルソン・バイアーノの期限付き移籍期間満了を発表

▽水戸ホーリーホックは29日、ブラジル人FWジェフェルソン・バイアーノ(23)の期限付き移籍期間満了を発表した。 ▽2015年にブラジルのガリシアECでプロデビューを飾ったジェフェルソン・バイアーノは、母国複数クラブを渡り歩いた後、2018年に水戸へ期限付き移籍で加入。今シーズンは、明治安田生命J2リーグで34試合11得点を記録した。 ▽なお、ジェフェルソン・バイアーノは、すでにブラジルに帰国している。 2018.11.29 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

J1昇格逃した水戸、J2ライセンスに変更

▽Jリーグは19日、水戸ホーリーホックのJ2ライセンス変更確定を発表した。 ▽水戸は今シーズンの明治安田生命J2リーグを10位でフィニッシュ。J1昇格の要件を満たせず、スタジアムの短期改修工事を見送ったため、条件付き交付のJ1ライセンスからJ2ライセンスに変更された。 ▽この決定を受け、水戸は同日、代表取締役を務める沼田邦郎氏の声明を次のように掲載している。 「2018年9月27日に交付された、水戸ホーリーホックへの解除条件付きJ1クラブライセンスについて、水戸ホーリーホックの2018明治安田生命J2リーグ最終順位が第10位となり、J1昇格のための順位要件を充足できずスタジアムの短期改修工事を行わないことが確定したことにより、2019年シーズンの水戸ホーリーホックへのJリーグクラブライセンスは、J1クラブライセンスからJ2クラブライセンスへ変更されましたのでお知らせいたします」 「水戸ホーリーホックはJ1昇格に向けて、これからも全力で戦ってまいります。皆様のご期待に添えるようより一層の努力をしてまいりますので、引き続きご支援・ご協力を賜りますよう、重ねてお願い申し上げます」 2018.11.19 13:25 Mon
twitterfacebook
thumb

水戸、41歳のベテランDF冨田大介&DF福井諒司、40歳オールドルーキーのFW安彦考真が契約満了で退団

▽水戸ホーリーホックは18日、今季限りで契約満了となるDF冨田大介(41)とDF福井諒司(31)、FW安彦考真(40)の3選手と来季の契約を更新しないことを発表した。 ▽山口県出身で水戸でプロキャリアをスタートした冨田は、大宮アルディージャ、ヴィッセル神戸、ヴァンフォーレ甲府、徳島ヴォルティスを渡り歩き、今季水戸に自身3度目の加入を果たしたが、今季の明治安田生命J2リーグでは出場機会なしに終わった。 ▽また、兵庫県出身で東京ヴェルディでキャリアをスタートした福井はギラヴァンツ北九州、柏レイソル、レノファ山口FCを経て2016年に期限付き移籍で加入した水戸へ翌年に完全移籍。今季はJ2リーグ21試合に出場していた。 ▽一方、神奈川県出身でブラジルのグレミオ・マリンガでプロ契約を結ぶもケガの影響で退団を強いられた安彦は一度は現役を引退し、通訳やコーチなど指導者の道を進んだ。しかし、今年1月から水戸の練習に参加し3月に正式契約に至り、40歳のオールドルーキーとして多くの注目を集めたが、公式戦の出場はなかった。 ▽今回、退団が決定した3選手のコメントは以下の通り。 ◆冨田大介 「水戸ホーリーホックに関わる全ての皆様、今シーズン、最後まで水戸ホーリーホックを応援して頂き、本当にありがとうございました。結果は残念ながら当初の目標を達成することができず、ひたちなかキャンプで雪掻きをして練習場所を確保して頂いた有志の方々をはじめ、遠く城里まで練習場に足を運んで頂いた皆さん、声を枯らして熱い声援を送り続けて頂いたファン・サポーターの皆さん、ご支援して頂いたスポンサー様には、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです」 「只、チームとしては若い選手の活躍には目を見張るものがあり、試合を重ねる毎に逞しくも頼もしくもなり、来年の長谷部監督率いる水戸にはさらに大きな期待を持てるものとなったに違いないと思います。週に一度、土のグラウンドで練習をしていた水戸ホーリーホックが、素晴らしいクラブハウスと専用グラウンドを設け、夢にまで見たJ1クラブライセンスが交付された時は、とても感慨深く、涙が溢れる程感動しました。2度も呼び戻して頂いた水戸ホーリーホックには本当に感謝の気持ちでいっぱいですし、帰って来るたびに温かく迎えて頂いたファン・サポーターの皆さんは家族のような存在です。このチームでキャリアをスタートさせ、7年もプレーできたことを誇りに思います。本当にありがとうございました」 「そして最後に、天皇杯川崎戦の日、当初の予定よりも帰宅時間を大幅に遅れさせ、翌日、寝不足による仕事の生産性低下を招いた張本人として、この場をお借りしてお詫びを申し上げたいと思います」 「これからも水戸ホーリーホックの応援をよろしくお願い致します。ありがとうございました」 ◆福井諒司 「この度水戸ホーリーホックを退団することになりました。2年半在籍させて頂きましたが、あっという間に過ぎ去った気がします。水戸ホーリーホックの選手として闘ってきた2年半でサッカー選手として大きく成長できたと感じましたし、とても楽しくサッカーをやらせて頂きました」 「いつも応援してくれた方々には本当に感謝の気持ちでいっぱいです」 「自分自身、これからサッカー選手としてやっていけるかわかりませんが、日々成長できるよう頑張りたいと思います。今までありがとうございました」 ◆安彦考真 「感謝・感謝・感謝! オールドルーキーとして経験できた水戸ホーリーホック最高!!いつだって、何をしていたって、始めるのに遅いなんてことはない!周りを気にせず、自分に忠実に行動したらいい。僕の「終わりなき旅」はここからです。旅の途中こそ一番輝いている。そんな人生をこれからも送っていきます」 「迷いは行動前、悩みは行動後。皆さんも、その場に立ち止まらず、動き出して悩み多き人生を送ってください!水戸の地に心からの感謝を贈ります。みんな、ありがとう」 2018.11.18 13:30 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース