ユナイテッド、ユムティティ獲得に年俸12億を準備か2018.03.31 14:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドが、バルセロナのフランス代表DFサミュエル・ユムティティ(24)獲得に動き出している。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。

▽ユナイテッドは、昨夏に獲得したDFビクトル・リンデロフがチームにフィットしきれていないことに加え、DFクリス・スモーリングやDFフィル・ジョーンズらがジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を勝ち取ることができておらず、今シーズン後のセンターバックの入れ替えが噂されている。

▽『デイリー・ミラー』によると、ユムティティは現在バルセロナから受け取っている400万ユーロ(約5億2400万円)の年俸に不満を示しており、3倍の額を要求しているとのこと。ユムティティに5200万ポンド(約77億4000万円)という昨今の移籍市場では“控え目な”契約解除金を設定しているバルセロナは、2021年まで残している契約の延長を目指しているが、クラブ周辺の人物によると流出の可能性を排除していないという。

▽そんな中、ユムティティの要求する1200万ユーロ(15億7000万円)の年俸に対して、ユナイテッド側が800万ポンド(約12億円)程度の給与を用意しているそうだ。

▽同メディアによると、ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督はレアル・マドリーのフランス代表DFラファエル・ヴァランにも興味を示していると噂されている。もし両獲りとなればマドリーとバルサの“未来のディフェンスリーダー”が、赤いシャツを身に纏ってコンビを結成することになる。
コメント
関連ニュース
thumb

ユナイテッド、モウリーニョ退任を公式発表!

▽マンチェスター・ユナイテッドは18日、ジョゼ・モウリーニョ監督(55)の退任を発表した。 ▽モウリーニョ監督は、2016-17シーズンからユナイテッドを指揮。すると、初年度にヨーロッパリーグ(EL)、リーグカップのタイトルを獲得したが、昨シーズンを終えた。今シーズンも、プレミアリーグ第17節終了時点で7勝5分け5敗の6位。ラストマッチとなった16日の第17節リバプール戦では1-3の完敗を喫し、「解任間近」との報が各紙より噴出していた。 ▽クラブは、別れを告げることとなったモウリーニョ監督に対して、「ジョゼ(・モウリーニョ)のした仕事に感謝し、今後の成功を祈ります」と感謝を伝えている。 ▽なお、後任に関しては、一先ず今シーズン終了までを率いる指揮官を任命し、その後にフルタイムで指揮を執る新監督を「徹底的なプロセスで探す」とした。 2018.12.18 19:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ベシクタシュ、DFペペの退団を発表…相互合意により

▽ベシクタシュは17日、ポルトガル代表DFペペ(35)との契約解除について相互に合意したことを発表した。 ▽ペペは、2017年7月にレアル・マドリーからベシクタシュに完全移籍。チームの最終ラインを支える存在として、今シーズンもここまでリーグ10試合3ゴール1アシスト、ヨーロッパリーグ(EL)にも3試合に出場していた。 ▽しかし先日、トルコ『ヒュッリイェト』がペペの双方合意での退団が近付いていると報道。クラブが財政難に苦しんでいるためだ。 ▽また、今回退団が発表されたペペに対しては、古巣のポルトがオファーを出しているという。さらに、中国クラブやプレミアリーグのウォルバーハンプトンからの興味も報じられている。 2018.12.18 09:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、スモーリングが新契約にサイン! 1年延長OP付きの2022年まで

▽マンチェスター・ユナイテッドは15日、イングランド代表DFクリス・スモーリング(29)との新契約締結を発表した。新たな契約期間は1年の延長オプションが付随した2022年6月までとなる。 ▽スモーリングは、ユナイテッドOBで元イングランド代表DFのリオ・ファーディナンド氏の再来として注目を集め、2010年夏にフルアムから加入した。在籍8年間で公式戦307試合(18得点)の出場を誇り、今シーズンもここまで18試合に出場して1得点。だが、今シーズンは契約最終年だった。 ▽契約更新に至ったスモーリングはクラブ公式サイトを通じて「このクラブで9年目になる。このクラブとともに前進を続けられるようになり嬉しいよ。マンチェスター・ユナイテッドでのプレーは本当に名誉だ」とコメントしている。 ▽今シーズンのユナイテッドはプレミアリーグ第16節終了時点で7勝5分け4敗の6位。スモーリングを擁する守備陣は26失点を許しており、補強の必要性が取り沙汰されている。今後、センターバック陣の中で最もジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を得るスモーリングの奮起に期待がかかる。 2018.12.16 08:25 Sun
twitterfacebook
thumb

プレミア復帰を目指すWBAがMFリバモアと2022年まで契約延長

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)のWBAは14日、元イングランド代表MFジェイク・リバモア(29)との契約延長を発表した。新契約は2022年までとなる。 ▽トッテナムの下部組織出身のリバモアは、MKドンズやダービー、ピーターボロ、イプスウィッチ、リーズ、ハル・シティとレンタル移籍を繰り返し、2014年7月にハル・シティへと完全移籍。WBAには2017年1月に加入した。 ▽今シーズンはチャンピオンシップで戦うリバモアだが、20試合に出場し2アシストを記録していた。チームは21試合を終えて勝ち点36の5位に位置している。 ▽ダレン・ムーア監督はリバモアとの契約延長について「ジェイクが契約延長を結んでくれて本当に嬉しい。中盤に豊富な経験を加える重要なメンバーだ」とコメント。リバモアの契約延長を喜んだ。 ▽夏にはプレミアリーグのクラブへの移籍も噂されたリバモア。WBAの1年でのプレミアリーグ復帰に力を貸すことを決断した。 2018.12.14 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

アウグスブルクに4人目の韓国人選手が加入! U-17代表招集歴のある18歳の攻撃的MF

▽アウグスブルクは13日、韓国の仁川ユナイテッドから韓国人MFチョン・ソンフン(18)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月までの4年半となる。 ▽仁川ユナイテッドのアカデミー出身のチョン・ソンフンは長身の攻撃的MF。トップチームで目立った活躍はないものの、韓国のU-16代表やU-17代表招集歴もある有望株だ。 ▽現在、トップチームで活躍するMFク・ジャチョル、FWチ・ドンウォンの韓国代表コンビ、U-17チームに在籍するキム・テオに続く4人目の韓国人プレーヤーとしてアウグスブルクに加入する18歳はクラブ公式サイトで意気込みを語っている。 「ドイツへの移籍を心から嬉しく思う。ブンデスリーガでプレーすることは自分の夢だったんだ。同時にその夢をアウグスブルクで叶えるチャンスを得られたことを嬉しく思っているよ」 「もちろん、ク・ジャチョル、チ・ドンウォンという2人の偉大な同胞から今後重要なアドバイスやサポートをしてもらえることも嬉しいよ」 ▽なお、チョン・ソンフンは当面トップチームではなくU-19チームでプレーすることになる。 2018.12.13 22:39 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース