ユナイテッド、ユムティティ獲得に年俸12億を準備か2018.03.31 14:45 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マンチェスター・ユナイテッドが、バルセロナのフランス代表DFサミュエル・ユムティティ(24)獲得に動き出している。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。

▽ユナイテッドは、昨夏に獲得したDFビクトル・リンデロフがチームにフィットしきれていないことに加え、DFクリス・スモーリングやDFフィル・ジョーンズらがジョゼ・モウリーニョ監督の信頼を勝ち取ることができておらず、今シーズン後のセンターバックの入れ替えが噂されている。

▽『デイリー・ミラー』によると、ユムティティは現在バルセロナから受け取っている400万ユーロ(約5億2400万円)の年俸に不満を示しており、3倍の額を要求しているとのこと。ユムティティに5200万ポンド(約77億4000万円)という昨今の移籍市場では“控え目な”契約解除金を設定しているバルセロナは、2021年まで残している契約の延長を目指しているが、クラブ周辺の人物によると流出の可能性を排除していないという。

▽そんな中、ユムティティの要求する1200万ユーロ(15億7000万円)の年俸に対して、ユナイテッド側が800万ポンド(約12億円)程度の給与を用意しているそうだ。

▽同メディアによると、ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督はレアル・マドリーのフランス代表DFラファエル・ヴァランにも興味を示していると噂されている。もし両獲りとなればマドリーとバルサの“未来のディフェンスリーダー”が、赤いシャツを身に纏ってコンビを結成することになる。

コメント

関連ニュース

thumb

モナコがフランス人DFエンドラムと2023年まで契約延長

▽モナコは18日、フランス人DFケヴィン・エンドラム(22)と2023年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽モナコ出身のセントラルMFであるエンドラムは、2016年8月にトップチームデビュー。これまでモナコで公式戦24試合に出場し、2017-18シーズンはリーグ・アンで11試合出場するなど公式戦16試合に出場していた。フランス代表としてはこれまでU-21まで選出された経歴を持っている。 2018.07.19 05:02 Thu
twitterfacebook
thumb

トリノのアルゼンチン人FWボジェがAEKアテネへ買い取りOP付きレンタル移籍

▽AEKアテネは18日、トリノのアルゼンチン人FWルーカス・ボジェ(22)を買い取りオプション付きのレンタル移籍で獲得したことを発表した。買い取る際の移籍金は650万ユーロ(約8億5000万円)とのことだ。 ▽リーベル・プレート出身のストライカーであるボジェは、2016年2月にトリノへ移籍。ただ、トリノでは公式戦通算47試合の出場で3ゴールと結果を出せず、2018年冬にセルタへレンタルに出されていた。そのセルタでもリーガエスパニョーラ13試合の出場でノーゴールと結果を出せていなかった。 2018.07.19 04:43 Thu
twitterfacebook
thumb

昇格フロジノーネ、ウディネーゼのクロアチア人FWペリカをレンタルで獲得

▽3季ぶりにセリエAに昇格したフロジノーネは18日、ウディネーゼのクロアチア人FWスティッペ・ペリカ(23)をレンタルで獲得したことを発表した。 ▽192cmの大型ストライカーであるペリカは、2013年8月にチェルシーに移籍。その後、NACやウディネーゼへのレンタル移籍を経て、2016年6月にウディネーゼに完全移籍していた。2016-17シーズンこそセリエAで6ゴールを決めたペリカだったが、2017-18シーズンはセリエAで22試合に出場して1ゴールと結果を出せていなかった。 ▽クロアチア代表としてはこれまでU-19からU-21まで選出されてきた経歴を持っている。 2018.07.19 02:45 Thu
twitterfacebook
thumb

モッタがPSGのU-19チーム監督に就任

▽パリ・サンジェルマンは18日、元イタリア代表MFチアゴ・モッタ氏(35)をU-19チームの監督に任命したことを発表した。 ▽ブラジル出身でバルセロナやインテル、PSGにイタリア代表で活躍したレフティーのプレーメーカーであるモッタは、昨季限りで現役を引退。それから2カ月も満たないうちに指導者として新たなスタートを切ることとなった。 ▽インテル時代には3冠(チャンピオンズリーグ、セリエA、コッパ・イタリア)を達成し、PSGでは国内タイトルを計14個獲得するなど勝者のメンタリティーを持つモッタは、PSGでどのような指導者キャリアを築いていくのだろうか。 2018.07.19 02:23 Thu
twitterfacebook
thumb

ウディネーゼがベネズエラ代表FWマチスを獲得、昨季リーガ2部で14ゴール

▽ウディネーゼは18日、グラナダのベネズエラ代表FWダーウィン・マチス(25)を獲得したことを発表した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となっている。 ▽2012年にグラナダに移籍した170cmの小柄なアタッカーであるマチスは、左ウイングを主戦場とするプレーヤー。これまでエルクレスやウエスカ、レガネスにレンタル移籍し、2017-18シーズンはグラナダに復帰してリーガエスパニョーラ2部で33試合に出場して14ゴール6アシストと活躍していた。 ▽なお、ウディネーゼとグラナダは共にジャンパオロ・ポッツォ氏が会長を務めており、これまでも両クラブ間で移籍が頻繁に行われている。 2018.07.19 01:51 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース