マルセイユDF酒井宏樹が臀部のケガでディジョン戦招集外に…復帰はELライプツィヒ戦か2018.03.31 04:33 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽マルセイユは30日、翌日に行われるリーグ・アン第31節ディジョン戦に向けた招集メンバーを発表。臀部を痛めている日本代表DF酒井宏樹が招集メンバー外となった。

▽酒井は今月18日に行われたリーグ・アン第30節のリヨン戦に先発出場。しかし、35分に臀部付近を痛めてピッチに倒れこみ、メディカルスタッフの方を借りてピッチを後にしていた。

▽その後、マルセイユは酒井の負傷に関して7~10日間と発表。同選手は日本代表のベルギー遠征に合流せず、クラブでリハビリに励んでいたが、早期復帰とはならなかったようだ。そのため、復帰は最短でも5日に行われるヨーロッパリーグ準々決勝のRBライプツィヒ戦となる見込みだ。

▽なお、マルセイユでは酒井以外にもDFジョルダン・アマヴィが出場停止、FWフロリアン・トヴァンがハムストリングのケガで招集外となっている。とりわけ、酒井とアマヴィの不在によって左サイドバックでプレー可能な選手がおらず、若手の抜擢かコンバートによって穴を埋める必要があるようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

マルセイユ指揮官、負傷交代の酒井宏樹について「ヒザの十字靭帯ではないと思うが…」

▽マルセイユを率いるルディ・ガルシア監督が、リール戦で負傷交代した日本代表DF酒井宏樹について口を開いた。フランス『RMC Sport』が伝えている。 ▽マルセイユは21日、リーグ・アン第34節でリールをホームに迎えた。酒井を先発起用したマルセイユは、12分に先制ゴールを記録して幸先良いスタートを切った。しかし19分、芝に足を取られた酒井が負傷して倒れ込み、ピッチの外へ。その後22分に負傷交代した。チームは5-1で快勝したものの、不動の右サイドバックの負傷に不安を残した。 ▽試合後、指揮官のルディ・ガルシア監督は、酒井について言及。「ヒザの十字靭帯ではないと思う」と語ったが、早期復帰は困難であるとコメントした。 「私は医者ではないが、印象としてヒザの十字靭帯ではないと思う。ただ、すぐに復帰することは難しいだろう。ケガがひどくないことを願っているよ」 2018.04.22 08:57 Sun
twitterfacebook
thumb

マルセイユ大勝も酒井負傷交代…ELザルツブルク戦出場に黄信号か《リーグ・アン》

▽日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユは21日、リーグ・アン第34節でリールをホームに迎え、5-1で快勝。酒井は22分までプレーしたが、負傷交代を強いられた。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)出場権を争う3試合負けのない4位マルセイユ(勝ち点66)が、10試合勝ちなしで降格の危機に瀕している18位リール(勝ち点29)をホームに迎えた一戦。マルセイユの酒井は、左サイドバックのポジションでスタメンに名を連ねた。 ▽最初に大きなチャンスを迎えたのはリールだった。10分、左サイドに抜け出したベンジアがマイナス気味にグラウンダーのクロスを供給。しかし、駆け込んだチアゴ・メンデスのシュートは枠を捉えない。 ▽リールがチャンスを逸した直後の12分、今度はマルセイユに決定機が訪れる。右サイド深い位置でボールを持ったB・サールがクロスを上げ、ニアに飛び込んだトヴァンがヘディングシュートを放つ。これがネットを揺らし、先制に成功した。 ▽幸先良くリードしたマルセイユだったが、アクシデントが発生。芝に足を取られた酒井が負傷して倒れ込み、ピッチの外へ。22分にはアマヴィとの交代を余儀なくされた。 ▽それでも30分、カウンターの場面でボックス内に侵攻したパイェが相手DFに倒されてPKを獲得。キッカーのトヴァンが落ち着いて沈め、嫌な流れを払拭する。 ▽すると35分には、アマヴィの左サイドからのクロスにミトログルがヘディングで合わせてチームの3点目。直後の38分にも左からクロスが上がり、ボックス右のオカンポスが中央に折り返す。待ち構えていたミトログルが右足を振り抜いてボレーシュートを放ち、あっという間にリールを突き放した。 ▽結局、酒井が負傷するというアクシデントに見舞われたマルセイユは前半中にリードを4点まで広げ、圧倒的優位を持って試合の折り返しを迎えることに。 ▽圧倒的な劣勢を強いられたリールは、ハーフタイム中にアラウージョ、チアゴ・メンデスに代えてJ・アロンソ、ぺぺを投入する。早いタイミングでの2枚替えを敢行し、巻き返しを図っていく。 ▽すると54分、ビショーマのマルセイユ陣内中央付近からのパスに、ベンジアが右サイドに抜け出す。ボックス右でキックフェイントを入れて中央に侵攻し、左足でファーに流し込んだ。 ▽しかし68分、前がかりになるリールに対してマルセイユのカウンターが発動する。ピッチ中央でボールを持ったパイェがドリブルで中央を侵攻し、ボックス左のオカンポスにスルーパスを供給。オカンポスが確実に決め、再びリードを4点に広げた。 ▽リールはその後、あまり攻勢をかけることができず。マルセイユのペースを乱すことができないまま、試合は5-1のスコアで終了を迎えることとなった。 ▽この結果、マルセイユは連勝に突入してミッドウィークのヨーロッパリーグ準決勝1stレグ・RBザルツブルク戦に臨むことに。一方、大敗したリールは11戦勝ちなしと泥沼から抜け出せずにいる。 2018.04.22 01:55 Sun
twitterfacebook
thumb

「コンフェデ杯で優勝して戻ったら…」ルイス・グスタボ、バイエルン退団の理由を明かす

▽マルセイユに所属するブラジル代表MFルイス・グスタボが、バイエルン時代にヴォルフスブルクへ移籍した時の理由について明かした。フランス『レキップ』が伝えている。 ▽ブラジルでプロデビューを飾ったグスタボは、ホッフェンハイムを経て2011年にバイエルン入り。主力として2012-13シーズンには3冠に貢献するなど、バイエルンの中盤を支えていたが、2013年にジョゼップ・グアルディオラ監督が就任すると、一転して構想外に。2013年8月にヴォルフスブルクへ移籍し、今シーズンからはマルセイユでプレーしている。 ▽当時はブラジル代表でも定位置を確保し、2013年のコンフェデレーションズカップ優勝にも貢献したグスタボ。しかし、同大会直後にバイエルン退団を決断するある出来事があったようだ。以下のように明かしている。 「僕が彼のことを知る前から、彼には僕のことについて考えがあったんだ。僕がバイエルンでプレーしていた2013年の開幕前に、ブラジル代表としてコンフェデレーションズカップに出場していたんだ。そして優勝してクラブに戻ると、代理人からグアルディオラは僕を起用する気がないことを告げられたんだ」 「監督が信頼してくれないクラブに留まる必要はなかった。それは確かなことだよ」 2018.04.16 16:08 Mon
twitterfacebook
thumb

両監督が退席する前代未聞の一戦はマルセイユが逆転勝利!酒井宏はフル出場で勝利に貢献《リーグ・アン》

▽日本代表DF酒井宏樹の所属するマルセイユは15日、リーグ・アン第33節でトロワと対戦し、3-2で勝利した。酒井は右サイドバックでフル出場している。 ▽ミッドウィークにヨーロッパリーグ(EL)準々決勝2ndレグのRBライプツィヒ戦を5-3で勝利し、逆転での準決勝進出を決めた4位のマルセイユ(勝ち点63)は、その試合から先発を4人変更。ミトログルやマキシム・ロペス、B・サール、ブバカル・カマラに代えてジェルマン、アンギッサ、エンジエ、ラミを先発で起用した。 ▽試合は開始早々に動く。1分、GKのロングフィードをダルビオンが頭で落とすと、ニヴェがワンタッチで左サイドのスペースへパス。これを再び受けたダルビオンのダイレクトクロスをグランディシルがヘディングで叩き込み、トロワが先制した。 ▽先制を許したマルセイユだが、11分に反撃。バイタルエリア右手前でFKを獲得すると、パイエのスルーパスをボックス右で受けたエンジエがダイレクトシュート。左ポストに当たったボールはそのままゴールに吸い込まれた。 ▽1-1で迎えた後半も早い時間にスコアが動く。48分、最終ラインでパスを受けたアマヴィからインターセプトに成功したグランディシルがボックス右からシュート。これはGKプレが弾くも、こぼれ球をニヴェが押し込み、トロワが勝ち越しに成功した。 ▽再びリードを許し、反撃に出たいマルセイユだだったが、53分に審判に対して執拗に抗議を行ったルディ・ガルシア監督が退席処分に。一方のトロワも、63分にジャン=ルイ・ガルシア監督が退席処分となった。 ▽両監督が退席する異様な展開となる中、1点を追うマルセイユは69分にエンジエを下げてミトログルを投入。さらに72分には、サンソンを下げてマキシム・ロペスをピッチに送り出した。 ▽すると、マルセイユは75分に自陣からドリブルで持ち上がったパイエのパスをボックス右で受けたミトログルが切り返しから左足を振り抜く。このシュートがゴール左に突き刺さり、再び試合を振り出しに戻す。 ▽オープンな展開となった試合終盤、マルセイユが逆転に成功する。85分、左サイドを突破したアマヴィのクロスをファーサイドのトヴァンが左足のボレーで合わせると、これがゴール左隅に突き刺さった。 ▽その後、マルセイユは87分にジェルマンを下げてアブデヌールを投入。5バックを敷き逃げ切りにかかる。94分には、左CKからニアネのへディングシュートを浴びたが、これもグスタボのブロックで難を逃れた。 ▽結局、試合はそのまま3-2で終了。両監督が退席する前代未聞の一戦を制したマルセイユが、3位リヨンを追走に成功した。 2018.04.16 02:49 Mon
twitterfacebook
thumb

マルセイユ酒井宏樹の加入後初ゴールを同僚が祝福「試合中だけど泣きそうになった」

マルセイユのマキシム・ロペスが、ライプツィヒ戦で加入後初ゴールを挙げた酒井宏樹を祝福した。<br><br>12日に行われたヨーロッパリーグ準々決勝セカンドレグでマルセイユはホームにライプツィヒを迎えた。初戦を0-1で落としたマルセイユだが、後半アディショナルタイムの酒井のゴールなどで5-2と勝利し、2試合合計5-3で準決勝進出を決めた。<br><br>酒井のダメ押しゴールをアシストしたM・ロペスはフランスメディア『レキップ』のインタビューで同選手のバースデーゴールを称賛している。<br><br>「直前のコーナーキックの場面ではピンチに立たされていたが、あの5点目で試合は決まった。ヒロキが得点を奪った時、試合中だったけれど涙が出そうになった。実際には出なかったけれど、泣きたいと思った。それにヒロキにとって最高の誕生日だ。ロッカールームで彼をもう一度祝福するよ」<br><br>リュディ・ガルシア監督も「彼の誕生日であり、ヒロキが(マルセイユで)初ゴールを決めた日にもなった。それによって余裕ができたし、我々としても嬉しかったよ」とコメントするなど酒井の加入後初ゴールを称える声が絶えない。<br><br>ヨーロッパリーグベスト4にコマを進めたマルセイユは、南野拓実が所属するザルツブルクと決勝進出を懸けて激突する。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.04.15 11:30 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース