「俺は成熟した…」イタリア代表復帰を望むバロテッリが胸中を語る2018.03.30 21:10 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ニースの元イタリア代表FWマリオ・バロテッリが、イタリア代表について語った。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。

▽ニースでプレーするバロテッリは、3月の国際親善試合、アルゼンチン代表戦、イングランド代表戦に向けたイタリア代表に招集されることが濃厚だと報じられていた。

▽ユーロ2012で準優勝にも輝いたバロテッリ。イタリア代表の暫定指揮官であるルイジ・ディ・ビアージョ監督が呼ぶには、十分な結果も残していた。

▽しかし、結果としてバロテッリは招集されず。2014年のブラジル・ワールドカップ以来の招集とはならなかったが、その胸中を語った。

「正直に言うと、“アッズーロ”に戻れることを期待していた」

「俺は成熟したよ。もう27歳だし、2人の子供がいる。娘がグズグズしている時間は、遠い昔に終わった」

「イタリア、フランス、イングランド…俺は緊張状態のまま生きてきたんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

元イタリア代表FWジラルディーノが現役引退…キャリア通算250ゴール超

▽元イタリア代表FWアルベルト・ジラルディーノ(36)が、現役引退するようだ。イタリア『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽2000年にピアチェンツァでプロデビューを果たしたジラルディーノは、パルマやミラン、フィオレンティーナなど主にイタリアのクラブで活躍。数多くのゴールを奪い、キャリアを通じてクラブで奪ったゴールは通算231ゴールに上った。 ▽2005年から2008年にかけて在籍したミランでは、チャンピオンズリーグやクラブ・ワールドカップで優勝を経験。その間の2006年にはイタリア代表としてワールドカップ制覇にも貢献した。 ▽その後は中国の広州恒大やパレルモ、直近ではスペツィアでプレーしたジラルディーノは今夏にクラブを退団。36歳でキャリアを終えることを決断したという。 ▽代表での19ゴールを含めると、キャリア通算250ゴール以上を記録したジラルディーノ。今後は指導者の道を歩み始めるという。 2018.09.21 17:35 Fri
twitterfacebook
thumb

デブ疑惑のバロテッリ、罰金報道を痛快に突っぱねる

▽ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリがオーバーウェイトによる罰金処分の報道を否定した。 ▽2016年にニース入りして以降、才能を再び開花させ、イタリア代表への返り咲きも果たしたバロテッリ。だが、今夏のクラブ合流時に88kgから103kgに達する体重超過により、罰金処分が科されたという旨の報道が取り沙汰されている。 ▽またしても問題児ぶりをこじらせたかに思われたバロテッリだが、この一報は事実ではないようだ。自身のインスタグラム(mb459)のストーリーを通じて、次のように疑惑を一蹴している。 「オーバーウェイトで罰金? 俺の身体を見てみろ! 笑っちゃうね。俺の体重にまつわる話を聞くと。ゴミのような記事を書きやがった奴らは、仕事を失った方が良い」 2018.09.17 14:30 Mon
twitterfacebook
thumb

規格外の男バロテッリ…勝手に休暇延長→激太り

▽ニースに所属するイタリア代表FWマリオ・バロテッリは、やはり規格外の男なようだ。スペイン『マルカ』が、フランス『レキップ』の情報を基に伝えた。 ▽2016年にニースに加入し、2シーズンで公式戦66試合で43ゴールと爆発したバロテッリ。若くして評価されていたポテンシャルが枯れていないことを示し、5月下旬からイタリア代表への復帰も果たしていた。 ▽そんなバロテッリには今夏、ニース退団の可能性が浮上。結局はクラブに留まったものの、マルセイユ移籍が騒がれていた。その騒動に関連し、バロテッリはある面で規格外の数字を叩き出したようだ。 ▽『レキップ』に記載されているクラブ関係者の情報によると、マルセイユとの交渉を続けていたバロテッリは今夏の休暇を延長。チームメイトよりも2週間遅い、7月17日まで夏休みを過ごした。イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』など各紙によると、この行動がニースの怒りを誘発し移籍破談を招いたとも伝えられている。 ▽それはさておき、ようやく練習に復帰したバロテッリを見てニーススタッフは唖然。なんと体重が100kgを超えていたという。もちろんパトリック・ヴィエラ新監督の叱咤を受けたそうだが、現在の体重は88kg。適正の“規格”を6kgもオーバーしているとのことだ。 2018.09.12 12:20 Wed
twitterfacebook
thumb

イタリア代表で20年ぶりのレアスタメン?!

▽イタリア代表は10日、UEFAネイションズリーグ リーグA グループ3第2節でポルトガル代表と対戦した。そこである珍事が起こった。『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽『フットボール・イタリア』が伝える珍事とは、イタリア代表の先発メンバーに、ユベントスの選手が1人もいなかったこと。チームはミラン(ドンナルンマ、ロマニョーリ、カルダーラ、ボナヴェントゥーラ)、ジェノア(クリーシト)、SPAL(ラッザーリ)、ローマ(クリスタンテ)、フィオレンティーナ(キエーザ)、トリノ(ザザ)、ラツィオ(インモービレ)、チェルシー(ジョルジーニョ)で構成され、さらには交代選手もベラルディ(サッスオーロ)、エメルソン・パルミエリ(チェルシー)、ベロッティ(トリノ)と、ついに90分間でユベントスの選手が1人も出場すらしなかったのだ。 ▽なお、今回のイタリア代表招集メンバーにユベントスの選手はマッティア・ペリン、レオナルド・ボヌッチ、ジョルジョ・キエッリーニ、ダニエレ・ルガーニ、フェデリコ・ベルナルデスキの5選手選ばれている。 ▽同メディアによれば、これはちょうど20年ぶりのこと。前回は1998年のフランス・ワールドカップにまで遡り、同年6月17日に行われたカメルーン代表との試合で初めてユベントスの選手がスタメンから1人もいなくなったようだ。 ▽しかし、面白いことに対戦相手であるポルトガル代表には、ただ1人カンセロがユベントスの選手として先発出場していた。 ◆ポルトガル代表戦の先発メンバー GK ドンナルンマ(ミラン) DF クリーシト(ジェノア) ラッザーリ(SPAL) ロマニョーリ(ミラン) カルダーラ(ミラン) MF ジョルジーニョ(チェルシー) ボナヴェントゥーラ(ミラン) クリスタンテ(ローマ) キエーザ(フィオレンティーナ) FW ザザ(トリノ) インモービレ(ラツィオ) 2018.09.11 14:07 Tue
twitterfacebook
thumb

CR7不在も好パフォーマンスのポルトガルが大会初勝利! イタリアは守護神が孤軍奮闘もスコア以上の完敗…《UEFAネイションズリーグ》

▽UEFAネイションズリーグ・リーグA・グループ3のポルトガル代表vsイタリア代表が10日に行われ、ホームのポルトガルが1-0で勝利した。 ▽今回の代表ウィークにエースのクリスティアーノ・ロナウドが招集を辞退したポルトガルは6日に行われたクロアチア代表との国際親善試合を1-1のドローで終えた。UNLの初陣となるイタリア戦に向けてはクロアチアと全く同じ11人を起用。GKにルイ・パトリシオ、4バックにカンセロ、ペペ、ルベン・ジアス、マリオ・ルイ。中盤はアンカーにネヴェス、インサイドハーフにピッツィ、ウィリアム・カルバーリョ。3トップはブルマとベルナルド・シウバの両翼にアンドレ・シウバという並びとなった。なお、ペペはこの試合で代表通算100キャップを達成した。 ▽一方、マンチーニ新体制の初陣となったポーランド代表との初戦を1-1のドローで終えたイタリアは、その試合からGKドンナルンマ、ジョルジーニョを除く全選手を変更。最終ラインは右からラッザーリ、カルダーラ、ロマニョーリ、クリーシト。中盤は右からキエーザ、クリスタンテ、ジョルジーニョ、ボナヴェントゥーラ。2トップにザザとインモービレが並んだ。 ▽立ち上がりからボールを握って相手を押し込むポルトガルは開始4分にネヴェスのFKをゴール前でフリーのカルバーリョが頭で合わすが、ここはオフサイドの判定。その後はプレスの連動性や距離感に問題を抱えるイタリアのまずい守備に対して、シンプルなダイレクトパスやブルマらのドリブルを使い、巧みにスペースを攻略していく。20分には見事なパス交換からベルナルド・シウバのパスをボックス付近で受けたアンドレ・シウバに決定機も元ミランFWのシュートはミラン守護神に阻まれる。 ▽その後はボールを支配するポルトガルと、単発的にシュートカウンターからペペらがフィニッシュに絡むイタリアという構図の下で試合が進んでいく。27分にはポルトガルの波状攻撃からボックス中央のベルナルド・シウバが無人のゴールへシュートを放つが、これは戻ったDFロマニョーリのゴールカバーに遭う。その直後にはボックス左に侵入したマリオ・ルイの高速クロスがDFに当たってゴールに向かうもクロスバーを叩く。さらに35分にはカルバーリョがボックス手前から強烈な左足のミドルシュートを放つが、これもわずかに枠の右に外れた。 ▽ポルトガルペースもゴールレスで折り返した試合は、後半立ち上がりにいきなり動く。48分、相手陣内左サイドでカルダーラからボールを奪ったブルマがそのままボックス内に持ち込んでボックス右のアンドレ・シウバにラストパス。これをアンドレ・シウバが内への切り返しからの左足シュートでゴール左隅に流し込んだ。 ▽ようやく先制に成功したポルトガルはここから完全にイタリアを圧倒。54分には右CKの場面でサインプレーからベルナルド・シウバが枠の左上隅を捉えた決定的なシュートを放つが、これはGKドンナルンマのビッグセーブに阻まれる。だが、その後もブルマやベルナルド・シウバを起点としたカウンターが機能する。 ▽一方、守勢が続くイタリアはインモービレ、クリーシト、クリスタンテを下げてベラルディ、エメルソン・パルミエリ、ベロッティを続けてピッチに送り込む。だが、良い形でボールを繋ぐ場面は皆無でショートカウンターやセットプレー以外に攻め手がない。 ▽後半半ばから終盤にかけてもきっちり試合をコントロールするホームチームはピッツィやレナト・サンチェス、ジェウソン・マルティンスらに追加点のチャンスが訪れるものの、孤軍奮闘の相手守護神の再三のビッグセーブに阻まれた。それでも、メモリアルゲームのペペを中心に危なげなく相手の攻撃をクリーンシートで凌ぎ、スコア以上の内容で1-0の勝利を収めた。一方、大幅なメンバー変更、システム変更も実らず完敗のイタリアは今大会2戦未勝利となった。 2018.09.11 05:50 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース