清水、大型中国人レフティDFの新加入を発表! 2018.03.30 15:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽清水エスパルスは30日、北京控股足球倶楽部(中国)の中国人DF呉少聰(18)の新加入が決定したことを発表した。背番号は「38」を着用することが決定している。▽呉少聰(ウ・ショウ・ツォン)は、192㎝、74kgと大柄な体格に恵まれた、レフティDFだ。U-16、U-17、U-18と各年代の中国代表に選出されている同選手は、昨年に来日し、清水ユースに練習生として参加していた。
コメント
関連ニュース
thumb

北九州、3選手と契約更新

▽ギラヴァンツ北九州は10日、FW佐藤颯汰(19)、MF藤原奏哉(23)、MF紀藤隆翔(20)の契約更新を発表した。 ▽日章学園高校から今年加入の佐藤は明治安田生命J3リーグ8試合2得点。阪南大学から今シーズン入団した藤原は15試合に出場した。2017年からプレーする紀藤は出番がなかった。 ▽3選手はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 ◆佐藤颯汰 「2019シーズンもギラヴァンツ北九州でプレーする事になりました佐藤颯汰です。2018シーズンは、チームとしては納得のいかない結果で終わってしまいました。そんな状況でもサポーターやファンの皆さんは、応援し、共に闘ってくださいました。来シーズンこそは必ずその応援、期待に応えてJ2昇格できるよう頑張ります。また個人としても、FWとして、もっと貪欲に得点王を目指してプレーします!2019シーズンもよろしくお願いします」 ◆藤原奏哉 「来シーズンも北九州でプレー出来ることを嬉しく思います!怪我なく、より多くの試合に出場し、結果にこだわっていきます」 ◆紀藤隆翔 「来季も契約を更新させていただくことになりました。このチームで戦えることに誇りを持ち、来季こそはピッチで結果を出します。来季も応援よろしくお願いします」 2018.12.10 17:55 Mon
twitterfacebook
thumb

盛岡DF鈴木達也が契約更新「一喜一憂せずしっかりと戦い抜きたい」

▽グルージャ盛岡は10日、DF鈴木達也(25)の契約を更新したことを発表した。 ▽鈴木は2016年に明治大学からグルージャ盛岡に加入。今シーズンは明治安田生命J3リーグで10試合2ゴールを記録した。 ▽鈴木は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「来季もグルージャ盛岡でプレーすることになりました。チームとして上位の順位を目指す為、一喜一憂せずしっかりと戦い抜きたいと思います。応援よろしくお願いします」 2018.12.10 17:44 Mon
twitterfacebook
thumb

岐阜、MF三島頌平&FW石川大地ら5選手と契約更新

▽FC岐阜は10日、MF三島頌平(23)、FW石川大地(22)、GK原田祐輔(27)、GK岡本享也(23)、DF藤谷匠(23)の契約を更新したことを発表した。 ▽三島は2018年に中央大学から岐阜に入団。今シーズンは明治安田生命J2リーグに26試合、天皇杯に1試合出場した。石川は、2018年に桐蔭横浜大学から岐阜に入団。今シーズンはJ2リーグに13試合出場して1ゴールを記録した。 ▽原田は2018年にドイツのボナーSCから岐阜に加入。今シーズンは公式戦での出場はなかった。岡本は2018年に日本大学から岐阜に入団。今シーズンは公式戦での出場はなかった。藤谷は2018年に神戸学院大学から岐阜に入団。今シーズンは公式戦での出場はなかった。 ◆MF三島頌平 「来シーズンも皆さんと共に戦えること嬉しく思います。J1昇格に向けて一緒に頑張りましょう。応援よろしくお願いします」 ◆FW石川大地 「ファン・サポーターの方々に多くの勝利を届けられるように頑張りますので、応援よろしくお願いします」 ◆GK原田祐輔 「FC岐阜のファン・サポーター、FC岐阜に関わる全ての人達に日々感謝し、チーム全員で切磋琢磨していきたいと思います。引き続きFC岐阜の応援よろしくお願いします」 ◆GK岡本享也(23) 「今年積み重ねてきたものを発揮し、皆さんに成長した姿を見せられるよう精進します。来シーズンも変わらぬご声援、ご支援よろしくお願い致します」 ◆DF藤谷匠(23) 「来シーズンはファン・サポーターの方々の期待に応えられるように頑張りますので、今年同様に熱い応援よろしくお願いします」 2018.12.10 17:28 Mon
twitterfacebook
thumb

横浜FMのFWウーゴ・ヴィエイラ、MFオリヴィエ・ブマルが契約満了

▽横浜F・マリノスは10日、ポルトガル人FWウーゴ・ヴィエイラ(30)、カメルーン代表MFオリヴィエ・ブマル(29)の契約満了を発表した。 ▽ウーゴ・ヴィエイラは、2017年にセルビアのツルヴェナ・ズヴェズダから加入。1年目に明治安田生命J1リーグで28試合に出場し10得点を記録。ルヴァンカップで5試合出場3得点、天皇杯で5試合出場5得点を記録した。 ▽2年目となった今シーズンは、J1で31試合に出場し13得点を記録。ルヴァンカップでは10試合に出場し5得点を記録し、チームを決勝まで導いた。また、天皇杯では3試合で4得点を記録している。 ▽ブマルは、中国の遼寧宏運足球倶楽部から今シーズン加入。J1で15試合に出場し2得点、ルヴァンカップで4試合に出場し1得点、天皇杯では1試合に出場していた。両選手はクラブを通じてコメントしている。 ◆FWウーゴ・ヴィエイラ 「長くプレーしたいと思えたチームを離れるのは辛いことですが、たくさんの素晴らしい思い出を持ち帰ります。ファン・サポーターの皆さん、チームメイト、クラブスタッフの皆さん、今まで本当にありがとうございました。これからは、いちサポーターとしてマリノスを応援します。一度トリコロールの仲間になった私は永遠にトリコロールの一員です!」 ◆MFオリヴィエ・ブマル 「日本で最高の素晴らしい経験が出来ました。なかなか試合に絡めなかったので、自分としてはチームの力になれたかどうかは非常に心許なくはありますが。日本という国、日本人との関わり方を学ぶことができた、とても楽しい一年間でした。ファン・サポーターの皆さん、本当にありがとうございました」 2018.12.10 17:20 Mon
twitterfacebook
thumb

京都、G大阪U-23實好礼忠監督のトップチームコーチ就任を発表

▽京都サンガF.C.は10日、来シーズンからガンバ大阪U-23監督の實好礼忠氏(46)がトップチームコーチに就任することを発表した。 ▽現役時代にG大阪一筋を貫いた實好氏は、2008年にユースチームのコーチに就任。その後、トップチームのコーチ、ヘッドコーチを務めると、2014年に名古屋グランパスのコーチに。その後、2016年に新設されたG大阪U-23の監督に就任。2017年からはG大阪ユースを指揮していたが、2018年7月からトップチームのレヴィー・クルピ監督解任に伴う、宮本恒靖監督の就任によって、再びU-23の監督に就任していた。今シーズンは明治安田生命J3リーグを6位で終えている。 ▽京都のトップチームコーチ就任が決定した實好氏は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「2019シーズンよりコーチに就任する實好礼忠です。チームの目標達成のために全力で取り組みます。京都の皆さん、どうぞよろしくお願いいたします」 2018.12.10 17:05 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース