ウィルシャー去就不明のアーセナル、MFマックス・マイヤーに熱視線2018.03.30 15:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルは、噂されているイングランド代表MFジャック・ウィルシャー(26)の退団に備えて、中盤の補強を優先するようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。

▽近年、度重なる故障で才能を燻らせ続けるウィルシャーだが、ボーンマスへのレンタルから復帰した今シーズンは、ここまで公式戦33試合2ゴール5アシストを記録。今月下旬にはヒザの痛みを訴えてイングランド代表での親善試合を回避したが、軽傷と伝えられており、依然として取り戻しつつある輝きを失っていない。

▽そんなウィルシャーはアーセナルとの契約が今シーズン終了までとなっており、エバートンを筆頭とする他クラブへの移籍が取り沙汰されている。アーセン・ヴェンゲル監督は契約延長を希望しているものの、未だに交渉に関するアナウンスはされていない。

▽また、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(27)も来年夏にアーセナルとの契約終了が近づいており、延長交渉も滞っている模様。さらに、元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(33)も2016年10月のアキレス腱負傷から回復しておらず、契約も今シーズン終了までだ。

▽記事によると、中盤中央の選手の補強に迫られるアーセナルは、シャルケのドイツ代表MFマックス・マイヤー(22)を高く評価。マイヤーとシャルケの契約は今シーズン終了までであり、今季公式戦27試合に出場している若手セントラルMFが望むのであれば、アーセナル移籍が実現する可能性は高い。

コメント

関連ニュース

thumb

期待の若手グエンドウジはアーセナルと「恋に落ちた」

▽アーセナルに所属するU-20フランス代表MFマッテオ・グエンドウジ(19)が、溢れるクラブ愛を語っている。フランス『レキップ』のインタビューを、イギリス『ミラー』が伝えた。 ▽今夏、グエンドウジはリーグ・ドゥ(フランス2部)のロリアンからアーセナルに加入すると、プレシーズン中の好パフォーマンスでウナイ・エメリ監督の信頼を勝ち取り、ここまででプレミアリーグ5試合の出場を果たしている。8月には、クラブ選出のチーム内月間最優秀選手賞も獲得した。 ▽その豊富な運動量や球際の強さ、鋭い縦パスでクラブ期待の若手に躍り出ているグエンドウジ。『レキップ』のインタビュー内で、尊敬する2人のレジェンドを挙げた。 「大きくなって、僕は他のチームを観ていたけど、アーセナルと恋に落ちたんだ」 「僕はポスターには本当に興味がなくて、沢山のビデオを観ていたよ」 「ティエリ・アンリやパトリック・ヴィエラのような選手が、僕にこのクラブを愛させていくれた。そこにたどり着くことを夢見ていたんだ。エミレーツ(・スタジアム)とアンリの像を目にした時、あれらのビデオを思い出したよ」 「アーセナルがアプローチしてきた瞬間、僕にとって全てが明確だった」 2018.09.25 22:45 Tue
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲルがピッチに戻ってきた! 来月69歳も引退考えず

▽昨シーズン限りでアーセナル指揮官を退任したアーセン・ヴェンゲル氏が、フットボールのピッチに戻ってきた。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽アーセナルでの22年間に昨シーズン限りで終止符を打ったヴェンゲル氏。退任後のキャリアについては、イングランドでの監督業は否定しており、パリ・サンジェルマン(PSG)での幹部職など様々な噂が浮上したが、未だ新天地は決まっていない。 ▽そんなヴェンゲル氏が先日、久々にピッチに姿を出現。フランスのナンシーで行われた病気の子供たちの為のチャリティーマッチに、プレーヤーとして出場した。 ▽その試合には、ミシェル・プラティニ氏も参加。レジェンドとの共演を果たしたヴェンゲル氏は試合後、将来について決定を下していないと語った。 「正直言って、しばらくそのこと(新天地)について本当に考えていない。(退任後)最初の数か月は何の決断も取らない、と自分自身で整理を付けたからね」 「だから私はあまり心配していない。頭を過ぎることさえないよ」 「引退はしていない。もしそうなら、もっと前に辞めていたよ。10月には69歳なんだ」 2018.09.25 16:40 Tue
twitterfacebook
thumb

韋駄天オーバ、ピッチ外でもスピード“オーバー”

▽アーセナルに所属するガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンに免停の可能性が浮上した。イギリス『サン』が報じた。 ▽フットボール界屈指のスピードが魅力のスコアラーとして有名なオーバメヤン。プライベートでは、以前にインタビューで車愛を熱く語るなど、スーパーカーをこよなく愛する者として知られる。 ▽しかし、そんなオーバメヤンの趣味が一時的に奪われることにかもしれない。愛車のランボルギーニで高速道路を99マイル(時速約159Km)で走行している様子が取り締まりカメラに撮影されたという。 ▽その後、オーバメヤンは顧問弁護士と共に裁判所に出廷。6点の違反点数と1250ポンド(約18万4000円)の罰金が確定したほか、さらに28日間の運転免許停止処分を受ける恐れがあるという。 ▽ピッチ内で他の追随を許さない韋駄天として行く先々でファンを魅了し続けるオーバメヤン。ピッチ外では、減速してもらいたいところだが…。 2018.09.25 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

「イライラするね」エバートン指揮官、アーセナル戦の判定に激怒

エバートンのマルコ・シウバ監督は、アーセナル戦の審判の判定に不満を爆発させている。英『スカイスポーツ』が伝えた。<br><br>プレミアリーグ第6節で、アーセナルのホームに乗り込んだエバートン。前半には何度もゴールに近づいたが得点を奪えないでいると、56分にアレクサンダル・ラカゼットの見事なゴールで失点。その3分後にはピエール=エメリク・オーバメヤンに追加点を許し、0-2で敗れた。<br><br>しかし、シウバ監督は2失点目の場面に納得がいっていないようだ。2ゴール目は、メスト・エジルのラストパスをエリア内で受けたアーロン・ラムジーがヒールで触ると、後ろにいたオーバメヤンが叩き込んでいる。<br><br>この場面について、シウバ監督はオーバメヤンの位置がオフサイドだったと主張している。<br><br>「オフサイドだ。このレベルで、審判のミスは我々をチームをあのような状況に追い込んだ。2点目は明らかにオフサイドであり、本当にイライラしている」<br><br>「ワケを話そう。あの時、ボックスには我々の選手は1人しかいなかった。アシスタントレフェリーにも明らかだった。選手がどこにいて、ゴールした選手がどこにいたのかは明白だ」<br><br>「明らかなオフサイド。私にとっては奇妙だね。まぁいいだろう。私も同じようにミスをするし、審判やアシストも同じようにミスをする」<br><br>また、結果も不公平なものと感じているようだ。<br><br>「この結果は両チームがやったことを反映していない。敗戦には値しなかった。前半はチャンスを作っていたが、(アーセナルGK)ペトル・チェフはピッチ上で最高の選手だった。我々の選手たちは、別の結果を手にしようと努力したよ」<br><br>アーセナル戦の敗戦で、リーグ戦4試合未勝利となったエヴァートン。新指揮官を迎え、大型補強を敢行したが、6試合で勝ち点6と出遅れている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.24 17:05 Mon
twitterfacebook
thumb

ラカゼット&オーバ疑惑弾でアーセナルがリーグ4連勝! 守護神チェフ躍動で今季初のクリーンシートも達成!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第6節、アーセナルvsエバートンが23日にエミレーツ・スタジアムで行われ、ホームのアーセナルが2-0で勝利した。 ▽開幕連敗からの3連勝でV字回復を見せたアーセナルと、4戦負けなしから前節ウェストハムに敗れて今季初黒星を喫したエバートンによる新指揮官同士の一戦。前節、ニューカッスルに競り勝ち直近のヨーロッパリーグ(EL)でもヴォルスクラに4-2の快勝を飾ったチームはその試合から先発7人を変更。GKをチェフに戻したほか、エジルやラカゼット、ラムジーが先発に復帰。また、トレイラがリーグ戦初先発を飾った。 ▽立ち上がりに裏へ抜け出したキャルバート=ルーウィンがいきなり決定機に絡むなど、アウェイのエバートンが良い入りを見せる。GKチェフやDFムスタフィを筆頭に足下に難がある守備陣に対して前線の快足アタッカーが果敢にプレッシャーをかけてショートカウンターを狙う。 ▽対するアーセナルは最前線にラカゼット、2列目に右からエジル、ラムジー、オーバメヤンと並べる[4-2-3-1]の構成の中でプレッシングをいなした際には縦に速い攻撃でチャンスを窺う。12分にはモンレアルが惜しいシュートを放つなど、攻撃の形を作っていく。 ▽15分を過ぎてやや試合がこう着していく中、21分にはエバートンに決定機。前線でフィードを収めたリシャルリソンがDFベジェリンを振り切ってボックス手前から強烈な右足のシュートを放つが、これはややコースが甘くGKチェフの好セーブに阻まれる。 ▽38分にはシグルドソンのスルーパスに抜け出したウォルコットに絶好機も、ここはGKチェフの見事な飛び出しに阻まれる。その後、足を痛めたパパスタソプーロスがプレー続行不可能となり、ホールディングが緊急投入された中、44分にはリシャルリソンが直接FKを枠に飛ばすが、これもGKチェフのファインセーブに遭い、エバートンがより多くの決定機を作ったものの前半はゴールレスで終了した。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽後半も立ち上がりはエバートンが勢いを持ったプレーを見せるが、アーセナルが一瞬の隙を突いて一気にゴールを重ねていく。まずは56分、相手陣内中央でクリアボールをトレイラが引っかけると、これをペナルティアーク付近で拾ったラムジーが反転からボックス左のラカゼットに繋ぐ。そして、フランス代表FWが右足を振り抜くと、このシュートが右ポストの内側を叩いてゴールネットを揺らす。 ▽さらに59分には鋭いカウンターでエジルが右サイドを突破すると、中央でフリーのラムジーに折り返す。ラムジーはバランスを崩してシュートに行けず、後方のオーバメヤンに繋ぐと、これをオーバメヤンが冷静に蹴り込んだ。この場面ではオーバメヤンが完全にオフサイドラインを越えていたものの、ジョナサン・モス主審はゴールを認め疑惑のゴールで追加点奪取に成功した。 ▽不運も重なった連続失点で一気に厳しい立場に立たされたエバートンは71分にシグルドソンのFKからマイケル・キーンに決定機もこのヘディングシュートはGKチェフの好守に遭う。さらに72分にはキャルバート=ルーウィン、ウォルコットを下げてトスン、ベルナールと2人のアタッカーをピッチに送り出した。 ▽後半半ばから終盤にかけてオーバメヤン、ラムジーを下げてイウォビ、ウェルベックを投入したアーセナルは今季初のクリーンシートに向けてやや後ろに重心を下げながらエバートンの反撃に対応していく。そして、シュートセーブ6本を記録した守護神チェフを中心に集中力を切らさなかったホームチームは2-0のスコアで試合をクローズ。待望の今季初のクリーンシートで勝ち切ったアーセナルがリーグ戦4連勝を飾った。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_p" terget="_blank">プレミアリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.24 02:01 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース