ウィルシャー去就不明のアーセナル、MFマックス・マイヤーに熱視線2018.03.30 15:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アーセナルは、噂されているイングランド代表MFジャック・ウィルシャー(26)の退団に備えて、中盤の補強を優先するようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。

▽近年、度重なる故障で才能を燻らせ続けるウィルシャーだが、ボーンマスへのレンタルから復帰した今シーズンは、ここまで公式戦33試合2ゴール5アシストを記録。今月下旬にはヒザの痛みを訴えてイングランド代表での親善試合を回避したが、軽傷と伝えられており、依然として取り戻しつつある輝きを失っていない。

▽そんなウィルシャーはアーセナルとの契約が今シーズン終了までとなっており、エバートンを筆頭とする他クラブへの移籍が取り沙汰されている。アーセン・ヴェンゲル監督は契約延長を希望しているものの、未だに交渉に関するアナウンスはされていない。

▽また、ウェールズ代表MFアーロン・ラムジー(27)も来年夏にアーセナルとの契約終了が近づいており、延長交渉も滞っている模様。さらに、元スペイン代表MFサンティ・カソルラ(33)も2016年10月のアキレス腱負傷から回復しておらず、契約も今シーズン終了までだ。

▽記事によると、中盤中央の選手の補強に迫られるアーセナルは、シャルケのドイツ代表MFマックス・マイヤー(22)を高く評価。マイヤーとシャルケの契約は今シーズン終了までであり、今季公式戦27試合に出場している若手セントラルMFが望むのであれば、アーセナル移籍が実現する可能性は高い。

コメント

関連ニュース

thumb

「ヴェンゲルが居たから残った」エジル契約延長の理由を語る

▽アーセナルのドイツ代表MFメスト・エジルが、アーセン・ヴェンゲル監督の退任を受けてイギリス『スカイ・スポーツ』に思いの丈を語った。 ▽エジルは、2013年9月にレアル・マドリーからアーセナルに加入し、多くのアシストを記録するなどチームの攻撃を牽引。さらに、今年2月には今シーズン終了までとなっていた契約を、2021年まで延長した。 ▽今年夏の移籍も噂されていたエジル。アーセナルとの契約延長に至った理由の大部分が、ヴェンゲル監督によるものだと明かした。 「誰もが彼に多大な敬意を払う。多くのタイトルを獲得し、良い選手たちを育て、いつだって素晴らしいフットボールを実践してきた。プレーヤーからすれば、ここに来れば成長できてあのスタイルのプレーができると知っているんだ」 「彼は正直な男で、とても礼儀正しいんだ。人格は善良で、誰もが彼の下でのプレーを望んだ」 「彼は僕をここに来させてくれたボスで、留まることを望んでくれた。だから僕はここで快適だと言える。決して去りたいとは思わないし、それが在籍している理由だ。今、僕たちは遥か先の目的地を目指している」 「僕のようなクリエイティブなプレーヤーであるために、彼は自信を与え、すべきことを語ってくれる。信頼と自信を与えてくれて、監督がそういったことを語りかける時、誇りを抱いてその人のために全力を尽くそうと思えるんだ。特に彼のような人物の場合はね」 ▽ヴェンゲル監督は1996年にアーセナルの指揮官に就任。長きに渡る指導の中では数多くの優秀な選手を育て上げ、2003-04シーズンにはプレミアリーグ史上初の無敗優勝を成し遂げた。これまでプレミアリーグ3回、FA杯7回、コミュニティ・シールド6回の優勝を達成。しかし、近年は成績が低迷し、退任が噂されていた中、20日に今シーズン終了後の退任を発表。22年間の指揮に終止符を打った。 2018.04.22 00:00 Sun
twitterfacebook
thumb

「アーセナルからバルセロナへ移籍したこと」元フランス代表MFプティ氏がキャリアでの後悔を告白

▽かつてバルセロナでプレーしていた元フランス代表MFエマヌエル・プティ氏が、自伝でバルセロナ移籍を「後悔している」と明かした。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽モナコの下部組織で育ったプティ氏は、1997年7月にアーセナルへと移籍。今シーズン限りで退任が決定しているアーセン・ヴェンゲル監督に引き抜かれる形で加入していた。 ▽その後、2000年7月にバルセロナへと移籍。2001年7月にわずか1シーズンでチェルシーへと移籍し、2004年7月に現役を退いていた。 ▽プティ氏は、自伝の中でバルセロナ移籍を悔やんでいると明かし、当時の問題を告白した。 「私のフットボールキャリアで残念な点は、アーセナルからバルセロナへ移籍したことだ」 「クラブのハーモニーは小さな集団のせいで台無しになってしまった。初めてドレッシングルームへ入った時、誰も私に気づかなかったし、挨拶をする選手もいなかった。歓迎はなかった」 「ドレッシングルームは3つのグループに分かれていた。1つはカタルーニャ人、もう1つはオランダ人、そしてもう1つだ」 「1つの集団になるチャンスを台無しにしていたよ」 ▽なお、プティ氏はバルセロナ時代にリーガエスパニョーラで23試合に出場し1得点、チャンピオンズリーグでも4試合でプレーしていた。 2018.04.21 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ボルドー関係者、NL勢関心の逸材マウコムの今夏退団を認める

▽ボルドーのブラジル人FWマウコム(21)の今季限りでの退団が濃厚なようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。 ▽ブラジル代表FWネイマールの後継者とも謳われているマウコム。2016年1月にコリンチャンスからボルドーに移籍を果たすと、昨シーズンはリーグ戦で7ゴール5アシストを記録。今シーズンもここまで30試合に出場し9ゴール6アシストを挙げるなど、その才能を遺憾なく発揮している。 ▽そのマウコムに関してはアーセナルとトッテナムのノースロンドン勢に加え、バイエルン、パリ・サンジェルマンといったビッグクラブが獲得に興味を示している。 ▽この状況の中でボルドーの主要株主の1人であるニコラ・デ・タフェルノース氏がマウコムの今夏売却の可能性を認めた。 「我々のクラブにはクラブを去りたがっている主要なブラジル人プレーヤーがいる。そして、我々はクラブの利益のために彼を売却する準備をしている」 「我々が彼を獲得した大きな理由はクラブの利益を得るためだった。したがって、元々数シーズン以内で売るつもりだった」 ▽すでに英語のレッスンを行うなどプレミア移籍に関心を示しつつ、バイエルンとの個人合意も噂されるマウコムの新天地は果たしてどのクラブになるのか。 2018.04.21 14:35 Sat
twitterfacebook
thumb

ヴェンゲル体制終焉のアーセナル、後任はルイス・エンリケか

▽アーセナルは20日、アーセン・ヴェンゲル監督による22年間の長期政権に幕を下ろすことを発表した。 ▽気になる後任について様々な憶測が取り沙汰されているが、イギリス『デイリー・メール』によれば、かつて率いたバルセロナで3冠を成し遂げたルイス・エンリケ氏(47)にアーセナル次期監督就任の可能性が高まっているという。伝えられるところによれば、かつてバルセロナでディレクター職を務めたアーセナル幹部のラウル・サンレヒ氏は最近、ロンドンで友好関係にあるルイス・エンリケ氏と会食。深い話し合いが行われた模様だ。 ▽だが、ヴェンゲル監督は、アーセナルにコーチングスタッフの留任を訴えており、その中で元教え子でメジャーリーグサッカー(MLS)のニューヨーク・シティで指揮を執るパトリック・ヴィエラ氏を後継として推薦しているとみられる。 2018.04.21 14:10 Sat
twitterfacebook
thumb

「父親のような存在」セスク、恩師・ヴェンゲルに感謝を告げる

▽チェルシーに所属するスペイン代表MFセスク・ファブレガスが、アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督の退任を受けてインスタグラム(cescf4bregas)を更新した。 ▽バルセロナのカンテラからアーセナルで移ったセスクは、ヴェンゲル監督の下でプロキャリアをスタートさせた。10代の頃からレギュラーに抜擢され、ガナーズの主将を務めるまでに成長。8年間に渡って同クラブでプレーし、バルセロナやチェルシー、スペイン代表でも活躍する選手に飛躍を遂げた。 ▽セスクは20日に発表された恩師の退任を受けて、感謝を告げている。 「あぁ…僕はこんなことを期待していなかった。しかし、これにはヴェンゲルの男としての威厳と、気品さを感じるね。僕は彼から受けた指導とサポート、助言を決して忘れない」 「最初から僕を信頼してくれた人だ。彼には恩がある。父親のような存在で、いつも僕を最高の場所へ押し上げようとしてくれた。アーセン、あなたは全ての尊敬と幸せに値する」 ▽ヴェンゲル監督は1996年にアーセナルの指揮官に就任。長きに渡る指導の中では数多くの優秀な選手を育て上げ、2003-04シーズンにはプレミアリーグ史上初の無敗優勝を成し遂げた。これまでプレミアリーグ3回、FA杯7回、コミュニティ・シールド6回の優勝を達成。しかし、近年は成績が低迷し、退任が噂されていた中、20日に今シーズン終了後の退任を発表。22年間の指揮に終止符を打った。 2018.04.21 13:45 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース