モウティーニョがモナコと2020年まで契約延長2018.03.30 02:46 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽モナコは29日、ポルトガル代表MFジョアン・モウティーニョ(31)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。これまでの契約から2年更新した格好だ。▽2013年7月にポルトからモナコに加入したモウティーニョは、これまでモナコで公式戦211試合に出場して11ゴール39アシストをマーク。昨季はリーグ・アン優勝に貢献し、今季もここまでリーグ戦26試合に出場して1ゴール6アシストと、主力として活躍している。

▽ポルトガル代表としてはこれまで107試合に出場している。
コメント
関連ニュース
thumb

コロンビア代表FWファルカオ、引退後「プロ野球選手」に

モナコに所属するコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(33)が引退後の夢として、プロ野球選手転向を掲げた。 長らくワールドクラスのゴールゲッターとしてフットボール界に名を轟かせてきたファルカオだが、今年で33歳。最近の報道でミランの関心が取り沙汰されているが、年齢的にもフットボールキャリアの晩期に入っている。 そのファルカオは『France Football』のインタビューで引退後の将来設計について次のように言及。野球大国でもあるベネズエラ出身者らしい展望を明かした。 「若い頃から野球が大好き。僕はベネズエラ育ちだからね。よく練習したスポーツで、なかなかの腕前だったよ」 「時々、妻と一緒に引退後を考えていて、プロ野球選手を目指そうを思っている。マイケル・ジョーダンのようにね」 マイケル・ジョーダン氏とは伝説的な元NBAプレーヤー。引退後、野球選手に転向したことで話題を集めた。 2019.03.12 18:25 Tue
twitterfacebook
thumb

今冬モナコ入りの36歳ナウド「信頼を感じることができず…」シャルケ退団の理由を明かす

今冬の移籍市場で36歳のベテランDFナウドが、シャルケからモナコへと新天地を求めた。<br><br>ナウドはドイツメディア『Deichstube』のインタビュー内で、なぜモナコ行きを決断したのか明かしている。また、今後のキャリアについても言及した。<br><br>「シャルケでは2年半プレーしていたけど、チームでは優先的に起用されている状況でもなかった。自分が役立っていないということを受け入れつつも、どうすべきか常に頭では考えていたんだ」<br><br>「その他にも移籍を決めた理由はあったんだよ。財政事情も良くなかったし、チームからの信頼を得ているとも感じることが難しかった。だからチーム幹部のクリスティアン(ハイデル)にも、冬にシャルケから去りたいと自分の意向を示していたんだ」<br><br>長年在籍したブンデスリーガから、リーグアンのモナコに新天地を求めたナウド。契約は2020年夏までの1年半だが、それ以降も現役を続行する意思を示した。<br><br>「可能ならその後もピッチに立ち続けたい。ブンデスリーガに戻るという選択肢も素晴らしいことだね。ただ、現時点でどうなるかは分からない。モナコでの僕のプレーを見て、素晴らしいオファーを打診してくれるチームが出てくるかもしれないし、何が起こるか見てみよう」<br><br>1982年生まれ、現在36歳のナウドはブラジル、ジュヴェントゥージ育ちで2005年夏からブレーメンに在籍。2012年からヴォルフスブルク、2016年にはシャルケへ移籍し、今冬の移籍市場でモナコへ完全移籍。だが、モナコはティエリ・アンリ体制が短命に終わり、レオナルド・ジャルディム前監督が復職をするなど、リーグアン下位でもがいている状況が続く。<br><br>モナコとの契約満了時の2020年夏には37歳になっているナウド。2020-21シーズン以降も、本人はまだまだピッチに立ち続けるつもりのようだ。<br><br>提供:goal.com 2019.03.01 23:30 Fri
twitterfacebook
thumb

モナコがヴァシリエフ副会長を解任! 今季の成績&財政不振の責任負う

モナコは14日、ヴァディム・ヴァシリエフ副会長兼ゼネラル・マネージャー(53)を解任したことを発表した。 2013年にオーナーのドミトリー・リボロフレフ氏の誘いを受けてモナコの副会長に就任したヴァシリエフ氏は、レオナルド・ジャルディム監督の招へいや世界最高の代理人、ジョルジュ・メンデス氏のサポートを受けてFWラダメル・ファルカオらワールドクラスのタレントの獲得。また、クラブが育成路線にシフトした中、多くの有望なタレント獲得と高額な移籍金での売却というサイクル構築の礎を築き、2016-17シーズンには17年ぶりのリーグ制覇の立役者の1人となった。 しかし、今季はMFトマ・レマル、MFファビーニョらの後釜として獲得した新戦力の不振やジャルディム監督の解任、ティエリ・アンリ監督の招へい後に解任。ジャルディム監督の再登板と多くの混乱を招き、チームはリーグ戦24試合を終えた段階で降格圏と1ポイント差の18位に低迷している。 そして、クラブは成績不振と財政不振を受けてヴァシリエフ氏の解任に踏み切った。なお、後任人事に関しては今月22日に行われる理事会で候補者の選定を行う予定だ。 2019.02.15 02:38 Fri
twitterfacebook
thumb

セスク移籍後初ゴールでモナコがリーグ7試合ぶり勝利! 今季ホーム初勝利に指揮官は「怖かった」

モナコは2日、リーグ・アン第23節でトゥールーズと対戦し、2-1で勝利した。リーグ戦7試合ぶりの勝利に、指揮官のレオナルド・ジャルディム監督は奮闘した選手たちを称えている。 日本代表DF昌子源がフル出場したモナコvsトゥールーズ。モナコは15分にMFアレクサンダー・ゴロビンのカウンターからのゴールで先制すると同点で迎えた62分に、今冬に加入したMFセスク・ファブレガスに移籍後初ゴールが生まれ、これが決勝点となり白星を挙げた。 先月25日に、前任のティエリ・アンリ監督に代わって昨年10月ぶりに再就任したジャルディム監督は就任2戦目での勝利に胸をなでおろした。フランス『レキップ』が試合後コメントを紹介している。 「選手たちを祝福したい。彼らは団結してコンパクトに戦った。長いことホームで勝てていなかったから選手たちは嬉しかったことだろう」 「ラスト数分間は難しかった。過去を忘れろと言っても、我々は人間だ。ホームで勝てていなかったことを思い出してしまう。それが恐怖を与えていたよ」 2019.02.03 14:45 Sun
twitterfacebook
thumb

ティーレマンスとアドリエン・シウバのレンタルでのトレードが成立!

レスター・シティは1月31日、モナコに所属するベルギー代表MFユーリ・ティーレマンス(21)を今季終了までのレンタルで獲得したことを発表した。一方でレスターのポルトガル代表MFアドリエン・シウバ(29)が同じく今季終了までのレンタルでモナコに移籍することが発表されている。 アンデルレヒト下部組織出身のティーレマンスは、2013年に16歳という若さでプロデビュー。正確なパスに加え強烈なシュートが持ち味の同選手は、”スナイデル2世”とも評されており、2017年にモナコに引き抜かれると、今シーズンは低迷するチームでここまで公式戦30試合5ゴールを記録している。 また、トレード要員となったレスターのアドリエン・シウバは2017年8月にスポルティング・リスボンからレスターへ加入。しかし、移籍手続きが14秒遅れたために、6カ月プレーできず。今シーズンはここまでリーグ戦2試合に出場していたが、第7節以降はベンチ外が続いていた。それでもモナコのレオナルド・ジャルディム新監督は、ポルトガル代表MFを高評価したようだ。 2019.02.01 05:11 Fri
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース