サウジアラビアのエースFWがユナイテッドのトレーニングに参加2018.03.29 19:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アル・ナスルに所属するサウジアラビア代表FWモハンメド・アル・サハラウィ(31)が、マンチェスター・ユナイテッドのトレーニングに参加するようだ。イギリス『メトロ』や『FourFourTwo』が報じている。

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で12ゴールを挙げ、サウジアラビアを3大会ぶり5回目の本大会へ導いたアル・サハラウィ。伝えられるところによれば、3週間に渡ってユナイテッドのトレーニングに参加するとのことだ。

▽サウジアラビアのスポーツ省のチュルク・アル・シェイク会長は『メトロ』のインタビューで、「マンチェスター・ユナイテッドとアル・サハラウィが3週間トレーニングに参加することで合意した」とコメントしている。

▽今回の練習参加は、サウジアラビアのスポーツ省とマンチェスター・ユナイテッドの間で交わされた契約であることが発表されており、代表レベルの底上げを狙った国家的戦略のようだ。

▽そのため、ユナイテッドはアル・サハラウィの獲得を考えているわけではなく、あくまでも来夏に開催されるワールドカップの準備に協力した格好だという。

▽ロシアW杯でグループAに属するサウジアラビアは、本大会で開催国のロシア代表やエジプト代表、ウルグアイ代表と対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

ベルギー代表、守護神GKクルトワがハムストリング負傷で離脱…サウジアラビア戦はミニョレが先発か

▽ベルギーサッカー協会(KBVB)は25日、GKティボー・クルトワ(チェルシー)が離脱したことを発表した。 ▽KBVBの公式ツイッターによると、クルトワはハムストリングを負傷しており、すでにベルギー代表の練習場から離脱しているとのこと。 ▽なお、27日にホームのヘイゼル・スタジアムで行われるサウジアラビア代表との親善試合には、GKシモン・ミニョレ(リバプール)が起用される見込みだ。 2018.03.25 23:00 Sun
twitterfacebook
thumb

サウジアラビアで女性が史上初のサッカー観戦…歴史的転換点を迎える

サウジアラビアのアル・アハリがアル・バーティンを本拠地キング・アブドゥラスタジアムに迎え、サウジアラビアリーグの一戦が行われた。試合は、サウジアラビア史上初めて女性がスタジアムにおいてサッカー観戦を許可された歴史的なものとなっている。<br><br>昨年10月に発表された女性のサッカー観戦解禁に伴うもので、その他にも今年6月には女性の車運転が解禁されるなど、サウジアラビアでは様々な改革が進んでいる。<br><br>解禁に伴い、キング・アブラハム・スタジアム、キング・ファハド・スタジアム、プリンス・モハメド・ビン・ファハド・スタジアムでは女性のための特別なエリアが設けられた。<br><br>観客動員数が落ち込んでいるサウジアラビアでは、女性のサッカー観戦解禁により問題が改善されることが期待されているようだ。<br><br>提供:goal.com 2018.01.13 19:20 Sat
twitterfacebook
thumb

サウジアラビア代表、前チリ代表指揮官のピッツィ氏を新監督に招へい

▽サウジアラビアサッカー連盟(SAFF)は28日、前チリ代表指揮官のフアン・アントニオ・ピッツィ氏(49)を新指揮官に招へいしたことを発表した。なお、契約期間に関しての詳細は明かされていないものの、『ESPN』は2019年1月のアジアカップまでと伝えている。 ▽サウジアラビア代表は、ロベルト・ファン・マルバイク監督によってロシアW杯アジア予選を勝ち抜いたものの、SAFFとの対立により解任。そして、ファン・マルバイク監督の後任に指名されたエドガルド・バウサ監督(59)も、先日に就任からわずか2カ月で解任と、内部でのゴタゴタが続いている。 ▽SAFFはその後任にユベントスやミラン、チェルシー、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリーなどを指揮し、今年9月にバイエルンの監督を解任されたカルロ・アンチェロッティ氏(58)をリストアップしたものの、交渉はうまくいかず。そして、新たな指揮官に指名されたのが、ピッツィ氏だった。 ▽2016年1月にホルヘ・サンパオリ前監督の辞任に伴い、チリ代表の新指揮官に就任したピッツィ氏は、同年行われたコパ・アメリカ・センテナリオでコパ・アメリカ連覇に導く手腕を発揮。さらに、今年7月に行われた 2017 FIFAコンフェデレーションズカップでは、決勝でドイツ代表に敗れたものの準優勝に輝いていた。 ▽しかし、ロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選では10日に行われた最終節のブラジル代表戦で0-3の敗戦を喫した結果、3位から出場圏外の6位に転落し、3大会連続での本大会行きを逃した。そして、W杯予選敗退を受けて、辞任を発表していた。 ▽なお、ピッツィ氏は来月1日にロシアで行われるロシアW杯組み合わせ抽選会にてサウジアラビア代表監督としての職務をスタートする予定だ。 2017.11.28 23:14 Tue
twitterfacebook
thumb

内部でのゴタゴタが続くサウジアラビア代表…アンチェロッティは監督就任を拒否

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)への出場を決めながら、就任からわずか2カ月でエドガルド・バウサ監督(59)を解任したサウジアラビア代表。名将の招へいを目論んでいたようだが、断られたようだ。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽サウジアラビア代表が招へいに動いていたのは、ユベントスやミラン、チェルシー、パリ・サンジェルマン、レアル・マドリーなどを指揮し、今年9月にバイエルンの監督を解任されたカルロ・アンチェロッティ氏(58)のようだ。 ▽サウジアラビア側は高額な報酬を提示したようだが、アンチェロッティ氏はこの申し出を受けない姿勢とのこと。また、イタリアサッカー連盟の新会長が決定するまでは、イタリア代表監督に就任することも考えていないとのことだ。 ▽サウジアラビア代表は、ベルト・ファン・マルバイク監督によってロシアW杯アジア予選を勝ち抜いたものの、サウジアラビアサッカー連盟との対立により解任。そして、バウサ監督も2カ月で解任と、内部でのゴタゴタが続いている。 2017.11.25 11:31 Sat
twitterfacebook
thumb

サウジアラビア、バウサをスピード解任 在任期間はわずか2カ月

▽サウジアラビアサッカー連盟は22日、同国代表を率いるエドガルド・バウサ監督(59)の解任を発表した。 ▽かつてアルゼンチン代表を指揮した経歴を持つバウサ監督は、ベルト・ファン・マルワイク氏の後任として、9月からサウジアラビア監督に就任した。 ▽わずか2カ月で監督交代に至った経緯として、同サッカー連盟は総合的な技術の評価と親善試合でのパフォーマンスを理由に挙げている。 ▽サウジアラビアは、11月の代表ウィークで2試合の国際親善試合に臨んだが、ポルトガル代表(0-3)とブルガリア代表(0-1)に連敗している。 ▽なお、ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選では日本代表と同居したグループBを2位で通過。3大会ぶり5回目の出場を決めた。 2017.11.23 08:15 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース