サウジアラビアのエースFWがユナイテッドのトレーニングに参加2018.03.29 19:10 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アル・ナスルに所属するサウジアラビア代表FWモハンメド・アル・サハラウィ(31)が、マンチェスター・ユナイテッドのトレーニングに参加するようだ。イギリス『メトロ』や『FourFourTwo』が報じている。

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選で12ゴールを挙げ、サウジアラビアを3大会ぶり5回目の本大会へ導いたアル・サハラウィ。伝えられるところによれば、3週間に渡ってユナイテッドのトレーニングに参加するとのことだ。

▽サウジアラビアのスポーツ省のチュルク・アル・シェイク会長は『メトロ』のインタビューで、「マンチェスター・ユナイテッドとアル・サハラウィが3週間トレーニングに参加することで合意した」とコメントしている。

▽今回の練習参加は、サウジアラビアのスポーツ省とマンチェスター・ユナイテッドの間で交わされた契約であることが発表されており、代表レベルの底上げを狙った国家的戦略のようだ。

▽そのため、ユナイテッドはアル・サハラウィの獲得を考えているわけではなく、あくまでも来夏に開催されるワールドカップの準備に協力した格好だという。

▽ロシアW杯でグループAに属するサウジアラビアは、本大会で開催国のロシア代表やエジプト代表、ウルグアイ代表と対戦する。
コメント
関連ニュース
thumb

サウジアラビアに完敗で日本の大会連覇はならず… 決勝は韓国vsサウジアラビアに《AFC U-19選手権》

▽U-19日本代表は1日、AFC U-19選手権インドネシア2018準決勝でU-19サウジアラビア代表と対戦し、0-2で敗戦した。 ▽準々決勝でホスト国のU-19インドネシア代表を2-0で下した日本は来年行われるU-20ワールドカップ(W杯)出場権を獲得。最低限のノルマは達成した。大会2連覇を目指して挑む準決勝では、グループステージから全勝を続けている強敵サウジアラビアが相手。前回大会の決勝でも戦っており、真価が問われる一戦だ。 ▽インドネシア戦後、安部裕葵と藤本寛也の負傷離脱が伝えられた日本は、今回のスタメンは前回から橋岡大樹と伊藤洋輝を除く9選手を変更。注目の久保建英はベンチスタートとなった。 ▽序盤はコンパクトに保つサウジアラビアにペースを握られる日本。相手の個人の能力も高く、球際でタフな場面が見受けられる。 ▽互いになかなかシュートまで持ち込めない展開が続く中、試合は29分に動いた。日本が左サイドから攻める場面。マイナスに上げたクロスを奪われると、サウジアラビアはすぐさまカウンターを発動する。右サイドを烈火のごとく侵攻し、あっという間にボックス右に侵入。最後はアル=アマルのシュートを放つ。ボックス右深くからのグラウンダーのシュートだったが、これをGK若原がファンブル。オウンゴールで相手に先制点を許してしまった。 ▽勢いがついたサウジアラビアは33分には細かいパス回しで日本サイドを中央突破。ボックス右のアル=ジャシャンからゴール前にクロスが送られると、アル=カフタニが滑り込みながら合わせたが大きくふかしてしまった。 ▽その後も楽々と日本ゴールに迫るサウジアラビア。38分には三度右サイドを侵略。先ほどと同じようにゴール前にグラウンダーのクロスが送られたが、今度は橋岡がしっかりクリアしてみせた。 ▽枠内シュートがゼロに抑えられた日本。このまま後半に進みたかったが猛攻仕掛けるサウジアラビアはそれを許してくれなかった。前半アディショナルタイム、ボックス左からアル=ベシェにシュートを見舞われる。これはGK若原が弾いたものの、その先にいたアル=ガンナムに押し込まれリードを広げられてしまった。 ▽2点を追う日本は、後半から田川亨介と三国ケネディエブスを下げて久保と宮代大聖を投入。2トップに宮代と原を配置した[4-4-2]に布陣を変更した。後半開始から積極的にボールを奪いに行く日本だが、なかなかシュートチャンスまで至れず。 ▽後半に入っても細かいパス回しで日本ゴールに迫るサウジアラビアは59分、ドリブルで中央を切り裂いたアル=ジャシャンがラストパスを供給。これをボックス左から走り込んだアル=ガンナムがシュートまで持ち込むが、これはゴール右に外れた。 ▽ピンチを凌いだ日本は67分、宮代とのパス交換でボックス左から侵入した久保が縦に切り込むと角度のない位置からシュートを狙ったが、このシュートはゴール右に逸れる。1点が遠い日本は、71分に原大智を下げて斉藤光毅を投入。久保を2トップの一角に上げ、斉藤を右サイドMFに配置した。 ▽素早い攻守の切り替えを続けるサウジアラビアの守備を前にリズムを掴めない日本は、その後も攻撃陣が沈黙。0-2で痛恨の敗戦となった。この結果、日本は準決勝敗退となり大会連覇の夢は潰えた。 ▽なお、決勝戦は同日に行われたU-19カタール代表vsU-19韓国代表で1-3と勝利した韓国とサウジアラビアで行われる。 2018.11.01 23:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ネイマール2Aのブラジルがサウジアラビアに勝利《国際親善試合》

▽ブラジル代表は12日、国際親善試合でサウジアラビア代表とアウェイで対戦し、2-0で勝利した。 ▽4日後にアルゼンチン代表との国際親善試合を控えるブラジルは、[4-3-3]のシステムを採用。3トップは右からコウチーニョ、ガブリエウ・ジェズス、ネイマールと並べ、中盤アンカーにカゼミロ、インサイドにフレッジとR・アウグストを配した。 ▽ゆったりと立ち上がった中、徐々に圧力を強めたブラジルは、ネイマールが個人技でシュートを浴びせてサウジアラビアをけん制していく。 ▽26分には左サイド低い位置からのFKをニアサイドのG・ジェズスが頭で合わせたシュートが枠を捉えたが、GKのファインセーブに阻まれた。 ▽その後もネイマールを起点に押し込んだブラジルは43分に先制する。ネイマールのスルーパスをボックス右で受けたG・ジェズスが、冷静にチップキックシュートで飛び出したGKを外してゴールに流し込んだ。 ▽後半からフレッジに代えてルーカス・モウラを右ウイングに投入し、コウチーニョをインサイドに下げたブラジルは、52分にネイマールのスルーパスをボックス右で受けたルーカス・モウラがシュートに持ち込むもGKの好守に阻まれる。 ▽さらに55分、ネイマールの左足コントロールシュートが左ポストを直撃。追加点に迫ったが、その後はコウチーニョやG・ジェズスを下げたこともあってなかなかチャンスを生み出せない。 ▽それでも終盤の85分に飛び出したサウジアラビアGKがボックスの外でハンドを犯して退場となると、追加タイム6分にネイマールの右CKからアレックス・サンドロがヘディングシュートを流し込んで2-0。ネイマールの2アシストで勝利している。 2018.10.13 05:47 Sat
twitterfacebook
thumb

「ペースアップにより勝利を」24年ぶりのW杯1勝にサウジアラビア指揮官が歓喜

サウジアラビア代表のフアン・アントニオ・ピッツィ監督は、ペースを上げたことで勝利を手にできたと久々のワールドカップ1勝を喜んだ。<br><br>25日に行われたワールドカップのグループA最終戦でサウジアラビア代表はエジプト代表と対戦。ともに2連敗を喫し、決勝トーナメント出場の可能性がない状況の中行われた一戦で、サウジアラビア代表は後半アディショナルタイムに決勝点を挙げて2-1で逆転での勝利を収めた。<br><br>24年ぶりの勝利をもたらしたピッツィ監督は「ハーフタイムにもっとペースを上げればチャンスが増えると選手たちに伝えた。選手たちは良いプレーを見せ、我々は勝利に値した」と選手の奮闘を称えた。<br><br>開幕戦では地元ロシア代表に0-5の歴史的大敗を喫したサウジアラビア代表だが、続くウルグアイ代表戦では0-1と惜敗。チーム状態も上向いてきた中で迎えたこの一戦では戦前の予想を覆す勝利を挙げた。<br><br>「我々はエジプトに2度しか決定的なチャンスを与えなかった。彼らの攻撃を食い止めることができていた。本当に暑い一日だったが、両チームともに勝利を目指した。しかし、我々は上手く試合をコントロールできた」<br><br>6大会ぶりにワールドカップでの1勝をもぎ取ったサウジアラビア代表は、ウルグアイ代表、ロシア代表に次ぐグループ3位で大会を終えた。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.26 23:07 Tue
twitterfacebook
thumb

レーティング:サウジアラビア 2-1 エジプト《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループA最終節、サウジアラビア代表vsエジプト代表が25日に、ヴォルゴグラード・アリーナで行われ、2-1でサウジアラビアが勝利した。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽サウジアラビア採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180625_39_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 21 アル・モサイレム 5.5 失点シーンの飛び出しは不要だった DF 6 アル・ブレイク 5.5 チームがボールを持つ時間が長くなる中で、高いポジションをキープし攻撃をサポート 3 オサマ・ハウサウィ 5.0 サラーの俊敏性に最後まで苦しんだ 23 モタズ・ハウサウィ 6.0 サラーとのスピード勝負は見ものだった 13 アル・シャハラニ 5.5 豊富な運動量で攻守に貢献 MF 14 オタイフ 6.0 気の利いたポジションで幾度も攻撃のアクセントに。決勝点をアシスト 7 アル・ファラジ 6.5 攻撃のタクトを振るった。いくつも効果的なパスを繰り出し、PKでサウジアラビアの今大会初ゴールを決めた 16 アル・ムガウィ 5.5 少し影が薄かった。効果的なパスを通らず 9 バヘブリ 5.0 ボールに絡む回数が少なかった印象 (→ムハンナド・アシリ 5.0) 一度チャンスを迎えるもそれまで 18 アル・ドサリ 6.0 失点の起因となったことを払拭する値千金の逆転決勝弾を挙げ、サウジアラビアの勝利を手繰り寄せた FW 19 アル・ムワラッド 5.5 PK失敗で、サウジアラビアの今大会初ゴールを逃す (→アル・シェフリ -) 監督 ピッツィ 6.0 試合を重ねるごとにチームが受精していき、見事に24年ぶりの勝利をもたらした ▽エジプト採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180625_39_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 エル・ハダリ 6.0 W杯史上最年長記録を塗り替えたGKは素晴らしいPKストップを見せた。他にも再三のショットブロックを見せ45歳とは思えない活躍ぶりだった DF 7 ファティ 5.5 ハンドでPKを献上。だがGKエル・ハダリ の見事なセービングに救われた 2 ガブル 5.5 こちらもPK献上。やや厳しい判定だった 6 ヘガジ 6.0 粘り強く集中した守備を見せ続けた。決定的なシュートブロックも披露 13 アブデルシャフィ 5.0 攻撃は前線に任せていたのかあまり攻撃参加は見られなかった MF 17 エルネニー 5.5 守勢に回った中で落ち着いた無難なプレーに終始 8 ハメド 5.5 エルネニーとのコンビで中盤を組織。攻守で貢献 10 サラー 6.0 今大会2点目を挙げるなど攻撃を牽引。しかし勝利に導くことはできなかった 19 アブドゥラ・サイード 5.5 サラーの先制点をアシスト。ケガにより前半のみでの交代となった (→ワルダ 5.5) 積極的に攻撃に絡みゴールチャンスも演出 21 トレゼゲ 5.5 左サイドでは敵なしだった (→カハラバ -) FW 9 モフセン 5.0 今日はインパクトを残せなかった (→ソブヒ 5.0) 途中出場も見せ場作れず 監督 クーペル 5.5 結果としては負けてしまったがGKエル・ハダリの大抜擢は悪くなかった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! アル・ファラジ(サウジアラビア) ▽正確無比なキックで数々のチャンスを演出。PK弾でサウジアラビアの今大会初ゴールも記録した サウジアラビア 2-1 エジプト 【サウジアラビア】 アル・ファラジ(前51) アル・ドサリ(後50) 【エジプト】 サラー(前22) 2018.06.26 01:07 Tue
twitterfacebook
thumb

45歳大会史上最年長エジプトGK奮闘も、後半AT弾のサウジアラビアが逆転で24年ぶり勝利!《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループA最終節、サウジアラビア代表vsエジプト代表が25日に、ヴォルゴグラード・アリーナで行われ、2-1でサウジアラビアが勝利した。 ▽互いに2連敗を喫し、すでにグループステージ敗退が決まっている両チーム。エジプトは前節W杯初出場&初ゴールを記録したエースのサラーがスタメン入り。さらにGKエル・ハダリが45歳5カ月10日というW杯出場史上最年長記録を更新。サウジアラビアは1994年大会以来、そしてエジプトは大会初勝利を目指す。 ▽開始3分に初シュートを放ち、12分にもアル・ドサリが狙いに行くなど、積極的な入りを見せるサウジアラビア。対するエジプトは前線でボールが落ち着かず頼みのサラーもなかなかいい形でボールに触れられない。 ▽そんな中19分にエジプトはサラーがカウンターから右サイドを侵攻。爆発的なスピードを生かしたドリブルを仕掛けるが、こちらもスピードに自信のあるモタズ・ハウサウィが走り勝ちサウジアラビアのピンチを未然に防いだ。 ▽しかし先制点はそのサラーが挙げる。22分、アル・ドサリのミスパスを奪ったアブドゥラ・サイードがすかさず前線のサラーにロングボールを供給。サラーはDFに2人に挟まれながらも、飛び出してきたGKの頭上を抜くループシュートを沈めてエジプトに先制点をもたらした。 ▽さらにその2分後、トレゼゲのスルーパスから最終ラインを抜け出したサラーがGKと一対一に。GKを躱すループ気味のシュートを狙ったが、これはゴール右に外してしまった。33分には再びカウンターから左サイドのトレゼゲに展開。ボックス手前のサラーと距離のあるワンツーでゴール前に飛び出してシュートを放つが、回転のかかったボールはゴール右上に逸れていった。 ▽序盤以降なかなかシュートまで持ち込めなかったサウジアラビアもようやく良い攻撃の形を作る。37分、アル・ファラジがボックス右に預け、その折り返しを再びアル・ファラジ。シュートは枠を捉えていたがヘガジのブロックに遭ってしまう。さらに攻め込むサウジアラビアは40分にアル・シャハラニのクロスがファティに当たりPKを獲得。キッカーはアル・ムワラッドが務めたが、ゴール左を狙った強烈なシュートはGKエル・ハダリがストップ。ビッグセーブでエジプトを救った。 ▽しかし、前半アディショナルタイム2分、ガブルがアル・ムワラッドを倒したとしてサウジアラビアに2度目のPKが与えられる。エジプトはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)を要求したが判定は覆らず、今度はアル・ファラジがきっちり決めてサウジアラビアが追いついて前半を終えた。 ▽同点で迎えた後半、サウジアラビアがボールを支配する試合となる中、54分にバヘブリが右サイドのクロスのこぼれ球をボレーシュートで狙う。逆にエジプトも56分にトレゼゲが打点の高いヘディングシュートでゴールに迫る。 ▽69分、アル・ファラジのクロスにアル・ムガウィがヘディングシュート。枠を完璧に捉えたシュートだったが、GKエル・ハダリのビッグセーブに遭う。さらにその直後のCKにはアル・ファラジのクロスを途中出場のムハンナド・アシリが頭で合わせるが、ここでもGKエル・ハダリが立ちはだかった。 ▽75分過ぎにはエジプトが攻勢に回る展開に。サラーを中心に攻撃を仕掛けるエジプトはエースの突破から最後は途中出場ワルダがボックス手前左からシュートを放つが、相手に当たり枠の外へ。 ▽終盤に近付くにつれて体力が限界に近づく選手もおり、選手間が間延びしてきた両者。その間に、サラーが何度かカウンターを仕掛けるエジプトがゴールに迫ったが、勝利の女神が微笑んだのはサウジアラビアの方だった。 ▽後半アディショナルタイム5分、右サイドからのクロスをオタイフがワンタッチでアル・ドサリに供給。アル・ドサリはそのパスをダイレクトで蹴り込みサウジアラビアが逆転。ほどなく試合終了の笛が鳴り、サウジアラビアが2-1で勝利。1994年のアメリカ大会以来となる大会勝利を手にした。一方のエジプトはこれで3戦全敗。大会初勝利とはならなかった。 2018.06.26 01:06 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース