ローマがデ・ロッシ父と2年間の契約延長2018.03.29 10:19 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ローマは28日、元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシの父であり、プリマヴェーラで指揮を執るアルベルト・デ・ロッシ監督(60)との契約を2年間延長すると発表した。クラブ公式サイトが伝えた。

▽アルベルト監督は、1997-98シーズンからローマの育成年代で監督を務め、2004-05シーズンからはプリマヴェーラの監督に就任。これまで600試合以上指揮を執り、ローマのユース年代を24シーズンにわたって見守ってきた。

▽現在のトップチームでは、MFロレンツォ・ペッレグリーニやMFアレッサンドロ・フロレンツィがアルベルト監督の下でプレー。トップチームでも主力選手として活躍している。

コメント

関連ニュース

thumb

マドリー、前人未到CL4連覇へ…セルヒオ・ラモス「ライバルになるのは…」

▽レアル・マドリーに所属するスペイン代表DFセルヒオ・ラモスが、チャンピオンズリーグ(CL)でライバルになるクラブを指名した。 ▽昨シーズンにCL3連覇の偉業を成し遂げたマドリー。フレン・ロペテギ監督を新たに招へいした今シーズンは前人未到の4連覇に挑む。 ▽そのマドリーは、19日にCLグループG第1節でローマと対戦。前日会見に出席したセルヒオ・ラモスは、4度目のCL優勝に意気込み、ライバルがリーガエスパニョーラの宿敵バルセロナであると明かした。クラブ公式サイトが伝えている。 「ファイナリストになるためには非常に長い道のりがあるし、とても強いライバルたちがいる。バルセロナは直接のライバルであるし優勝候補だ。チームを代表する偉大な選手たちが自分のチームを際立たせるのは普通のことだ。チャンピオンズリーグは最も素晴らしい大会のひとつだよ」 「僕は国王杯よりもチャンピオンズリーグ優勝を望んでいる。全ての大会が重要だけど、あるものが他のものよりも重要なのは事実だ。タイトルにチャンピオンズリーグを加えることは簡単ではないので価値を与えなければいけない。わずかな期間でこんなにも多くのチャンピオンズリーグに優勝するのは異常なことだからね。このメンバーのどの選手も3度の国王杯よりも1度のチャンピオンズリーグ優勝を望んでいる」<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_cl" terget="_blank">チャンピオンズリーグを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.19 11:30 Wed
twitterfacebook
thumb

トッティ氏の長男のフェアプレーに称賛の嵐「真のジェントルマン」英語力にも脚光

ローマのレジェンドであるフランチェスコ・トッティ氏の長男クリスティアン・トッティ君のフェアプレーが称賛されている。イタリア紙『ガゼッタ・デロ・スポルト』など複数メディアが17日、伝えている。<br><br>ローマの下部組織に所属するクリスティアン君は現在12歳。マドリードで行われたU-14マドリード・フットボール・カップにローマの一員として出場した。すると試合中、対戦相手のGKと交錯するハプニングが発生。そのままGKが倒れこむと、クリスティアン君は相手選手を気遣い、シュートチャンスをあきらめた。イタリアメディアはクリスティアン君の行為を称賛。「模範的フェアプレー」などと報じた。『Goal』のイタリア編集部も、「クリスティアンはまだ将来サッカー選手になるかどうか決めていないが、すでに彼のフェアプレーのレベルは多くのプロ選手よりも高い」と称えた。<br><br>クリスティアン君は試合終了後、スペインメディアのインタビューに応じ、このシーンを振り返った。<br><br>「ゴールのことよりも彼が大丈夫かどうか知ることが、僕にとっては大事だった。(チームメートが水分補給をする中)僕が彼の様子を見に行ったことを本人も喜んでくれていた。監督も僕のことを『誇りに思う』と言ってくれた」<br><br>英語で堂々とした受け答えを行ったクリスティアン君について、『ガッゼッタ』は、「間違いなくパパよりも英語を上手に話す」と綴り、ローマのインターナショナルスクールに通っていることを紹介している。また『スカイスポーツ』は、「フェアプレーに加え、テレビカメラの前で素晴らしい英語力を披露し、真のジェントルマンだ」と賛辞を贈った。<br><br>提供:goal.com 2018.09.18 16:35 Tue
twitterfacebook
thumb

勝利から見放されたローマ、レアル戦へ暗雲…指揮官は「自分たちを見失ってはならない」

ローマの指揮官エウゼビオ・ディ・フランチェスコは16日、『DAZN』のインタビューに応じ、キエーボ戦のドローを悔やんだ。またチャンピオンズリーグ(CL)レアル・マドリー戦へ向けて意気込みを語っている。<br><br>ローマは16日、セリエA第4節でキエーボをホームに迎えた。10分にFWステファン・エル・シャーラウィのゴールで先制し、30分にはMFブライアン・クリスタンテの得点でリードを広げたローマだったが、後半に追いつかれ、2-2のドローに終わった。ローマは開幕戦でトリノに勝利して以降、3試合連続で白星を挙げられず、指揮官はキエーボ戦の展開を悔やんだ。<br><br>「試合をコントロールできているように見えたが、アグレッシブさがなく、とどめを刺すことができなかった。あまりに簡単に失点してしまった所は、決して良いとは言えない。今回のような場合における最大の過ちは、すべての決着がついたと考えてしまうことだ」<br><br>約1カ月にわたり勝利から見放されているローマだが、19日にはCLグループリーグ第1節において、サンティアゴ・ベルナベウでレアル・マドリーと対戦することになる。キエーボ戦の教訓をCLの舞台で生かすようにと指揮官は説いた。<br><br>「直近の結果により、自分たちを信じることが難しくなっているかもしれないが、我々のメンタリティを見失ってはならない。また攻守両面において改善していかなければならない。チームは何度もチャンスを作り、クオリティの高い連携も見られた。だが後で苦しまないためにも、4~5ゴールは決めておくべきだった。今日はそれができず、キエーボを生かしたままにしてしまった。マドリーにおいて、このようなことは起きてはならない」<br><br>提供:goal.com 2018.09.17 16:40 Mon
twitterfacebook
thumb

ローマが最下位キエーボに2点差追いつかれ痛恨ドロー…開幕4戦で7失点と守備崩壊止まらず…《セリエA》

▽セリエA第4節のローマvsキエーボが16日にスタディオ・オリンピコで行われ、2-2のドローに終わった。 ▽前節、後半ラストプレーの失点でミランに競り負けて今季初黒星を喫したローマ。1勝1敗1分けとゼーマン体制以来のスロースタートとなったチームは、代表ウィーク明けの初戦で開幕3戦未勝利に加え不正会計で勝ち点3をはく奪されたキエーボと対戦した。来週ミッドウィークにチャンピオンズリーグ(CL)初戦のレアル・マドリー戦を控える中、ディ・フランチェスコ監督は軽傷を抱えるデ・ロッシやパストーレ、ファシオに代えてクリスタンテやペッレグリーニ、ファン・ジェズスらを起用した。 ▽故フランコ・センシ元ローマ会長の妻で14日に75歳で亡くなったマリア・センシさんへの黙とうが捧げられるなど、追悼ムードのオリンピコでスタートした一戦。立ち上がりからゼコのポストプレーとジェンギズ・ユンデル、エル・シャーラウィの両翼の仕掛けを起点に相手を押し込むローマは早い時間帯に先制点を奪う。 ▽開始10分、右サイドで高い位置を取ったフロレンツィからの絶妙なピンポイントクロスに反応したエル・シャーラウィがファーサイドに走り込んで左足のダイレクトボレーでゴールネットを揺らした。 ▽幸先良く先制に成功したローマだが、その後はキエーボの反撃を受ける形に。積極的に背後を狙う相手に対して後ろ向きの守備を強いられるが、最終ラインを中心にうまく攻撃を遅らせながら可能性の低いミドルシュートで相手の攻撃を終わらせる。 ▽すると30分、ボックス手前右からジェンギズが入れた浮き球のクロスをゴール前のゼコが巧みな胸トラップで収めると、一度はシュート体勢に入った中で冷静に相手DFの動きとクリスタンテの動き出しを見極めて短いラストパス。これをクリスタンテが冷静に流し込み、ローマでの移籍後初ゴールとした。その後も主導権を握り続けたホームチームは前半終了間際に再びフロレンツィとエル・シャーラウィのホットラインが開通も、ここは相手GKソレンティーノが見事な反応でヘディングシュートを枠外に弾き出した。 ▽ローマの2点リードで折り返した試合は後半もローマがペースを握る。だが、52分にはボックス手前のビルサが見事な左足のミドルシュートをゴール左上隅の完璧なコースに突き刺し、アウェイのキエーボが1点を返す。 ▽何とか相手を突き放したいローマは58分にエル・シャーラウィの中央突破からボックス手前でフリーのペッレグリーニ、63分にはクリスタンテのスルーパスに完璧に抜け出したジェンギズに3点目のチャンスもシュートミスや相手GKの好守に阻まれる。 ▽その後、試合を落ち着けたいローマはCLマドリー戦も睨んでフロレンツィ、ペッレグリーニを下げてカルスドルプとデ・ロッシを同時投入。さらに疲れの見えたジェンギズに代えてクライファートを投入し、逃げ切り態勢に入る。 ▽だが、開幕から守備に問題を抱えるチームは83分に左サイドから簡単にクロスを許すと、相手に当たってコースが変わったボールをコラロフがクリアし切れず、ボールがゴール方向に向かう。ここはGKオルソンが何とかかき出すもこぼれ球を拾ったステピンスキに反転シュートで決められ、痛恨の同点ゴールを献上してしまう。 ▽最下位相手のホームゲームで取りこぼしは許されないローマはここから一気呵成の攻めに打って出る。だが、コラロフやクライファートらの鋭いクロスやセットプレーも相手の守備に跳ね返され続ける。逆に、集中力が落ちた後半ラストプレーの場面では相手に決定的な枠内シュートを許すが、ここはGKオルセンの見事なワンハンドセーブで凌ぎ辛くも敗戦を避けるのが精一杯だった。開幕4試合ですでに7失点と守備の崩壊止まらずに2点のリードを守り切れなかったローマは、最下位相手に痛恨のドローとなった。 2018.09.16 21:36 Sun
twitterfacebook
thumb

セリエAデビューから20年…中田英寿がセリエA5クラブを訪問する特別番組が『AbemaTV』で放送!

▽かつて日本代表としても活躍し、セリエAのペルージャやローマ、パルマなどでプレーした中田英寿氏の特別番組「中田英寿20年目の旅 セリエA在籍5クラブを訪ねて」が、13日(木)21時から、AbemaTV のAbemaGOLDチャンネルで放送される。 ▽ベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)でプロキャリアをスタートさせた中田氏は、ちょうど20年前の1998年9月13日、ペルージャでセリエAデビュー。開幕戦の相手は強豪のユベントスだったが、中田は2ゴールの活躍を見せ、一気にファンのハートを掴んだ。 ▽今回の企画は中田が発案。「今年は僕がペルージャでセリエAでデビューしてちょうど20年なので、みんなで20周年のお祝いをしようと思ったのがきっかけで、当時のスタッフに声を掛けました。」とコメント。イタリアで在籍したペルージャ、ローマ、パルマ、ボローニャ、フィオレンティーナの5クラブを訪問し、当時プレーしていたスタジアムや利用していたレストラン、ホテルなどに行く番組となっている。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://abema.tv/channels/special-plus-2/slots/8uxEDUNMBYQ65V" target="_blank">視聴はコチラから</a><hr></div> 2018.09.13 19:40 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース