輝き放つ“次代のネイマール”、マドリー入団前倒しか2018.03.27 19:55 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリー加入が内定しているフラメンゴのブラジル人FWヴィニシウス・ジュニオール(17)。スペイン『マルカ』によると、マドリッドでは“次代のネイマール”と称される同選手への期待が日増しに高まっているようだ。

▽マドリーは、昨年5月に当時16歳だったヴィニシウスと契約したことを発表。移籍そのものは、国際サッカー連盟(FIFA)の定めた国外移籍が認められる満18歳の誕生日を迎えた後の2018年7月となるものの、バルセロナやマンチェスター・シティなどが獲得を狙った原石を射止めた形だ。

▽ヴィニシウスは現在、マドリーからのレンタルという形で2019年7月までフラメンゴに留まる予定となっている。しかし、トップチームに引き上げられて2年目となる今シーズンは、コパ・リベルタドーレスでのデビュー戦で2ゴールを記録。爆発的に成長を遂げており、マドリー加入の時期を早める可能性もあると記事は伝えている。
コメント
関連ニュース
thumb

モウリーニョの右腕として活躍した“名参謀”ルイ・ファリア氏がカタールで監督業をスタート

カタール・スターズリーグのアル・ドゥハイルは18日、新監督にルイ・ファリア氏(43)を招へいしたことを発表した。 ファリア氏は、ジョゼ・モウリーニョ監督の右腕として知られている存在。モウリーニョ監督が2001年に率いていたポルトガルのレイリア時代にコンディショニングコーチ兼アシスタントマネージャーを務めると、ポルトではフィジオセラピストを、その後のチェルシー、インテル、レアル・マドリーではコンディショニングコーチを務め、モウリーニョ監督2度目のチェルシー政権下ではアシスタントマネージャーに就任。マンチェスター・ユナイテッドでもアシスタントマネージャーを務めていた。 しかし、2018年6月に17年間にわたって仕えてきたモウリーニョ監督の下を去り退団。チームのトレーニングを構築したり、選手たちのコンディショニングを担当していただけに、大きな穴になると思われたが、その懸念通りチームは低迷。モウリーニョ監督も監督を退任することとなってしまった。 モウリーニョ監督の下を去った理由を「決断は家族のためだった」と語っていたファリア氏だったが、参謀役としてではなく監督としてのキャリアを初めてスタートするのはカタールの地に決定した。 アル・ドゥハイルは、かつてはレフウィヤと呼ばれていたクラブ。2010-11シーズンに初タイトルを獲得すると、2011-12シーズン、2013-14シーズンも優勝。現在まで6度のリーグ優勝を誇っている。 なお、2019シーズンのAFCチャンピオンズリーグにも出場。西地区のグループCに入っており、2017年に決勝まで進んだサウジアラビアの強豪であるアル・ヒラル、日本代表MF塩谷司が所属するUAEのアル・アイン、イランのエステグラルと同居。アジアの地で初の指揮官としてどのような活躍を見せるのだろうか。 2019.01.19 07:30 Sat
twitterfacebook
thumb

レスターMFマーク・オルブライトンが2022年までの新契約締結! 「全くもって簡単だった」

レスター・シティは18日、イングランド人MFマーク・オルブライトン(29)との契約を2022年6月まで更新したことを発表した。 オルブライトンは、2014年夏にアストン・ビラを退団してレスターに加入。そして、2015-16シーズンには卓越した走力と献身的な守備、正確なクロスを武器に左サイドハーフのレギュラーとしてプレミアリーグ全試合に出場し、奇跡の初優勝の立役者の一人になっていた。 今シーズンもここまでの公式戦26試合に出場し、3ゴール4アシストを記録。また、レスター通算では公式戦177試合に出場し13ゴール30アシストの成績を残している。 「(新契約へのサインは)全くもって簡単だったよ。レスターが僕にオファーをしてきて、僕はいつでもサインするつもりだった。ここで楽しい時間を過ごしてきているし、このまま続くといいね」 「最初にサインした時、僕はドレッシングルームやクラブそのもの、ファンのグループを、どんな種類のクラブなんだろうという観点で眺めたんだ」 「その時はファミリークラブで、今でもファミリークラブだ。全ての点で僕に合っている。人としても本当にフィットするし、完全に僕にぴったりだよ」 2019.01.18 19:40 Fri
twitterfacebook
thumb

木下康介のシント=トロイデン加入が決定 昨年スウェーデン2部で13発の元U-19日本代表FW

シント=トロイデンは17日、元U-19日本代表FW木下康介(24)の加入を正式発表した。契約期間などの詳細は明らかにされていない。 横浜FC下部組織出身の木下は2013年1月にフライブルク下部組織に移籍。その後、フライブルクII、ホンブルクといったドイツのクラブを渡り歩き、2017年1月にハルムスタッズBK(スウェーデン)に活躍の場を移した。昨年は2部リーグながら29試合に出場。13得点を挙げた。 シント=トロイデンは日本のサービス事業大手『DMM』が経営権を保有するクラブ。DF遠藤航やDF冨安健洋の日本代表勢のほか、DF小池裕太、MF関根貴大、MF鎌田大地が在籍しており、木下は6人目の日本人選手となる。 2019.01.18 08:00 Fri
twitterfacebook
thumb

デュッセルドルフ、ブライトンから元オーストリア代表DFズットナー獲得

フォルトゥナ・デュッセルドルフは17日、ブライトン&ホーヴ・アルビオンから元オーストリア代表DFマルクス・ズットナー(31)を今シーズン終了までのレンタル移籍で獲得したことを発表した。 オーストリア・ウィーンでキャリアをスタートさせたズットナーは、2015年にインゴルシュタットに移籍。その後、2017年夏にプレミアリーグに昇格したブライトンに3年契約で加入。移籍初年度はリーグ戦14試合に出場も昨季終盤からクリス・ヒュートン監督の構想外となり、今季はリーグ戦の出場はなかった。 そして、オーストリア代表通算20キャップを誇る左サイドバックは出場機会を求めて1年半ぶりのドイツ復帰を果たすことになった。 2019.01.18 07:20 Fri
twitterfacebook
thumb

リバプール、不動の左SB“ロボ”との新契約締結! 「とても簡単な決断」

リバプールは17日、スコットランド代表DFアンドリュー・ロバートソン(24)との新契約締結を発表した。リバプールの公式発表では“長期”とのみ伝えられているが、イギリス『スカイ・スポーツ』は2024年6月30日までの5年半契約と推定している。 加入からの18カ月でアンフィールドのアイドルの1人に成長した“ロボ”の愛称で親しまれる24歳はクラブとの新契約にサインした後、今回の契約延長について語った。 「クラブから話が来たときから自分の決断はとても簡単なものだったよ。僕はここに居続けたいと思っているし、交渉の席に着いてすぐにサインしたよ」 「それは自分にとってもクラブにとっても簡単な交渉だった。僕たちはとても早く合意に達して契約をまとめたよ」 「ここで仲間と出会い、すべてのメルウッドのスタッフと共に仕事ができることはこの上ない幸せなんだ。仕事にとって最も素晴らしいことは毎日、職場に向かうのが楽しいと思えることなんだ。僕はもちろんここでそういう気持ちでいるよ。ここでの滞在をさらに伸ばすことができたことは嬉しいし、うまくいけばこれからより良い日々を過ごせるはずだ」 2017年夏にハル・シティからリバプールに加入したロバートソンは、元スペイン代表DFアルベルト・モレーノの負傷離脱をキッカケに左サイドバックのレギュラーポジションを手にすると、ここまで公式戦56試合に出場し1ゴールを記録。 豊富な運動量と推進力に加え、高精度の左足のキックを武器に多くのチャンスを演出すれば、シーズンを経るごとに磨きがかかる守備では的確なポジショニングと粘り強い対人対応でプレミアの猛者相手に一歩も引けを取らない安定感を披露している。 そして、リバプールでの活躍をキッカケにスコットランド代表では24歳にしてキャプテンに任命されている。 2019.01.18 04:21 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース