本場のフーリガンはヤバい! アムステルダムの“平和を乱し”100人超が逮捕2018.03.24 17:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽オランダ代表のホーム・アムステルダムで親善試合を行い、1-0で勝利したイングランド代表。その裏で、応援に駆け付けたファンがあらぬ混乱を巻き起こしていた。イギリス『BBC』が報じている。

▽ワールドカップ(W杯)本大会でグループGに入ったイングランドは23日、仮想ベルギー代表として予選敗退のオランダと対戦。重要な一戦に臨んだガレス・サウスゲイト監督は、ロナルド・クーマン新監督の下で再出発を切るオランダを、1-0で撃破した。

▽しかし、その試合の周辺で起こったことは、イングランドにとって心地の良いことばかりではなかったようだ。観光地としても知られ、運河や美術館などが並ぶ美しい街並みのアムステルダムに、5253人のイングランド人サポーターが大挙。試合前日の22日に25名が逮捕されると、翌23日には90名、総数115名が逮捕されたという。

▽現地警察当局は、この逮捕の理由として“平和の妨害”を挙げた。幾人かは役所に向かってビール瓶を投げ込む姿が確認されており、「あのグループを逮捕すると街が静かになった、他にも数百人の外国人が滞在していたが何も問題がなかった」と当局は明かす。

▽熱狂的なサポーターが多いことで知られるイングランド。暴動など過激で悪質な行動に出るファンはフーリガンと呼ばれるが、サウスゲイト監督が「容認できない」と不快感を露にしているとおり、そうした一部の人間による恥ずべき行動が国全体の士気低下を引き起こし、逆効果となることに考えを巡らせるべきだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

デ・ブライネ、ペップに契約延長を促す

▽マンチェスター・シティのベルギー代表MFケビン・デ・ブライネは、ジョゼップ・グアルディオラ監督(47)との時間をさらに積み重ねることを願っているようだ。イギリス『テレグラフ』が報じた。 ▽グアルディオラ監督は、2016年夏にシティの指揮官に就任した。初年度はプレミアリーグで3位に終わりチャンピオンズリーグ出場権を獲得するに留まったが、2年目となった今シーズンは序盤から他のクラブを圧倒。リーグ新記録の15連勝を達成し、15日にはシティに4シーズンぶり5度目のプレミア優勝をもたらした。 ▽かつて率いたバルセロナ時代にはシャビ・エルナンデス(現アル・サッド)、バイエルン時代にはフィリップ・ラーム氏らを重用して才能を十分に引き出したグアルディオラ監督。『テレグラフ』によると、シティではデ・ブライネが『新境地』に引き上げられたと感じており、指揮官の契約延長を促しているようだ。 ▽先日のイギリス『ミラー』の報道によると、シティは既に現行契約が2019年6月までとなっているグアルディオラ監督と契約延長に向けた話し合いを進めており、シーズン終了前の契約延長交渉完了を目指している模様。延長期間は2020年6月までの1年間で、年俸は1500万ポンド(約22億円)になる見込みであることも伝えられている。 ▽また、デ・ブライネは「昨年や、ここ2年間で若い同年代の選手が加入したのは偶然ではない。僕らはグループとして一緒に築くことを目指すよ」と語り、今の体制でさらに向上していく自信があることを示した。 ▽デ・ブライネは、グアルディオラ監督の下でチームのキーマンとして扱われており、今シーズンはここまで公式戦48試合11ゴール20アシストを記録。リーグ最高の選手の1人であることに疑いの余地を抱かせないまでに成長を遂げている。 2018.04.17 14:15 Tue
twitterfacebook
thumb

喧嘩のために訓練…ロシアのフーリガンに要警戒! 過去にはイングランドサポと大乱闘

▽2018年のワールドカップ(W杯)開催地であるロシア。その広大な土地にはある危険なサッカーファンが潜んでいるようだ。イギリス『エクスプレス』が警告している。 ▽記事によると、ロシアの過激なサッカーファンは世界中のサポーターの到着を待ちつつ、トレーニングを行っているという。そのトレーニングとは、なんと喧嘩のためのトレーニングだ。なんでも、ロシアの中でも悪質なフーリガンは、喧嘩を楽しみにしてスタジアムを訪れており、相手サポーターに拳で勝つことを誇りとしているそう。 ▽そのことが有名になったのは、2016年に開催されたユーロでのこと。イングランド代表との対戦が決まっていたロシアのフーリガンは、トレーニングを重ねた精鋭150人を開催地マルセイユに送り込み、イングランドのファンと大乱闘を起こし、地獄を見せた。その乱闘では35名が負傷し、逮捕者は約20名に上っている。 ▽このこともあり、イングランド側はロシアのフーリガンをこれ以上なく警戒。イングランドの警察当局は「現在ロシアに滞在中か、数週間以内に旅行する予定がある場合は、警戒を怠らず、抗議やデモを避けること。政治的なコメントはしないようにしてください」と注意を喚起していた。 2018.04.14 18:50 Sat
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 4月9日は実直さと破天荒さを併せ持ったリバプールOBの“ゴッド”

◆ロビー・ファウラー 【Profile】 国籍:イングランド 誕生日:1975/4/9 クラブ:リバプールなど ポジション:FW 身長:175㎝ ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、4月9日は元イングランド代表でリバプールOBのロビー・ファウラー氏だ。 ▽リバプールの下部組織で育ったファウラー氏は、1993-94シーズンにプレミアリーグでのデビューを飾ると、そのシーズンから12ゴールを記録してブレイク。翌シーズンには25ゴール、1995-96シーズンには26ゴールを決め、クラブのエースとして“ゴッド”の愛称が付けられ、脚光を浴びることとなった。 ▽ストライカーとしても確かな実績を持つファウラー氏だが、その破天荒な人柄も有名だ。悪童ぶりを表すエピソードには枚挙に暇がなく、ピッチ上でのスパイク投げつけ、コカイン吸引のゴールパフォーマンス、サバイバルコスチュームを着用してのガソリンスタンド突入などが挙げられる。ただ、その一方で自らが獲得したPKに疑問を覚えた際、「あれはファウルじゃないから取り消してくれ」と審判に申告。“愛すべき悪童”としてファンからの寵愛を受けている。 ※誕生日が同じ主な著名人 ジョルジュ・アンドラーデ(元サッカー選手) イェルコ・レコ(元サッカー選手) 松代直樹(元サッカー選手) ブレーズ・マテュイディ(サッカー選手/ユベントス) ジオバニ・ロ・セルソ(サッカー選手/パリ・サンジェルマン) ガイ・アスリン(サッカー選手/サバデル) 堀研太(サッカー選手/横浜F・マリノス) 永島昭浩(サッカー解説者) マーク・ジェイコブス(ファッションデザイナー) デニス・サファテ(野球選手) ジェラルド・ウェイ(歌手/マイ・ケミカル・ロマンス) 山下智久(タレント) ミラクルひかる(ものまねタレント) 伊藤さおり(お笑い芸人/北洋) 厚切りジェイソン(お笑い芸人) 2018.04.09 07:00 Mon
twitterfacebook
thumb

80年ぶりにイギリス出身レフェリー不在のワールドカップに

▽FIFA(国際サッカー連盟)は29日、ロシア・ワールドカップで主審を務める36名と、副審を務める63名を発表した。しかし、その中にイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランド出身の審判は含まれていなかった。これは1938年大会以来80年ぶりのことになるという。イギリス『BBC』が報じている。 ▽ユーロ2016決勝で主審を務めるなど、実績十分のマーク・クラッテンバーグ氏に関しては、最終選考まで残っていたものの、2017年2月からサウジアラビアに仕事の場を移したことを受け、リストから除外されていた。 ▽なお、前回と前々回のワールドカップではハワード・ウェブ氏がイングランドから選出されていた。 2018.03.30 01:39 Fri
twitterfacebook
thumb

W杯でも導入のVARでまた物議…バーディー「選手もサポーターもただ待つしかない」

イングランド代表FWジェイミー・バーディーは、VARの運用にはまだ多くの改善が必要だと語った。<br><br>イングランド代表は28日、ホームのウェンブリー・スタジアムでイタリア代表と対戦。前半26分にバーディーのゴールで先制したイングランドだったが、試合終了間際の87分にジェームズ・タルコウスキーがフェデリコ・キエーザを倒しPKを与えてしまう。これをロレンツォ・インシーニェに決められて、1-1のまま試合終了を迎えた。<br><br>PKの場面で当初主審はファウルではないと判断していたが、VARで確認した後にPKと判定。これに対し、イングランド代表のガレス・サウスゲイト監督は「VARは『明らかな誤審があったと審判が判断したとき』のみ使用できるはずだ。しかし今回はそうではなかった」と今回のVAR使用に疑問を呈した。<br><br>そしてこの試合で先制ゴールを挙げたバーディーは、もっと選手やサポーターのことを考えた運用をするべきだと主張。特に選手やサポーターがVARの映像を確認できないことに疑問を呈した。<br><br>「選手にとってだけでなく、サポーターにとっても一番の問題さ。(スタジアムのスクリーンに)『VAR使用中』と表示されているだけなんだ。ピッチに立っている選手は何が起きているのかわからず、観客はただ座って見ていることしかできない。VARを使用している他のスポーツでは、大きなスクリーンで選手を含めた全員がビデオ判定の映像を見ることができるんだ。でも僕たちはただそこに立って審判を待つことしかできないんだよ」<br><br>「僕たちがプレーしているイングランドのリーグでは現在進行中のものさ。僕たちがこれから対処していかなければならない事案の一つだよ。ワールドカップで注目されることを願っているよ。実際に使用中の他の国では機能している。なんで僕たちには機能しないと言えるんだい?」<br><br>「それでもVARの使用の判断は審判に全てが委ねられている。彼らへの負担が大きすぎるよ。自分の決断を覆すVARを毎回使いたいとは思わないさ」<br><br><br>提供:goal.com 2018.03.29 18:17 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース