C・ロナウドの中国移籍をレアル会長が一蹴「友人がいるなら生活を聞くのは当たり前」2018.03.22 18:54 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
レアル・マドリー会長フロレンティーノ・ペレス氏は、FWクリスティアーノ・ロナウドの中国移籍の噂を否定した。

レアルとの契約を2021年まで残しているロナウドだが、最近になって中国スーパーリーグへの移籍話が浮上。元ポルトガル代表監督で昨季まで広州恒大で指揮を執っていたルイス・フェリペ・スコラーリ氏が、ロナウドから中国についての質問をされたことを明かしたことにより、憶測が広まっていた。

しかし、レアル会長は移籍の可能性を一蹴。今季全公式戦通算35試合で37ゴールと、シーズン序盤の遅れを完全に取り戻したエースに離脱の意思がないことを強調した。

「彼が退団を希望したことはない。まだ契約が残っている。もし香港に友人がいるなら、現地での生活について聞くのは当たり前のことだ」


提供:goal.com

コメント



ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース