サッカー界最凶イレブン!? 殺人、強姦、強盗、薬物…2018.03.22 16:20 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽スペイン『マルカ』が、“法的な問題を抱えたイレブン”という嬉しくない11人を発表した。

▽サッカー界ではベストイレブンを始め様々な『〇○イレブン』というカテゴライズを頻繁に行っているが、今回『マルカ』が発表したのはサッカー界の“最凶イレブン”ともいえる不名誉なものだ。

▽同紙が発表した法的な問題を抱えたイレブンでは、殺人に強姦、強盗、薬物と様々な犯罪に関わったアウトローなプレーヤーが紹介されている。その中にはトッテナムのコートジボワール代表DFセルジュ・オーリエや元ブラジル代表FWロビーニョ、サッカー界屈指の“悪童”として知られる元イングランド代表MFジョーイ・バートンら有名選手も選ばれている。

▽今回、『マルカ』が選出した“法的な問題を抱えたイレブン”は以下の通り。

◆“法的な問題を抱えたイレブン”
GK
ブルーノ・フェルナンデス(ボア/ブラジル)
かつてフラメンゴの守護神として活躍。2010年に愛人を殺害した容疑で逮捕。懲役22年3カ月の求刑を受けた。

右SB
セルジュ・オーリエ(トッテナム/コートジボワール)
トッテナムの主力右サイドバック。パリ・サンジェルマン時代にパリのナイトクラブで警察官に暴行。懲役2カ月の求刑を受ける。

CB
ルベン・セメド(ビジャレアル/ポルトガル)
スポルティング・リスボン育ちで昨夏ビジャレアル加入の逸材CB。知人の監禁および暴行、拳銃発砲、脅迫などの罪で現在警察に勾留中。

CB
ブレーノ(ヴァスコ・ダ・ガマ/ブラジル)
バイエルン時代に将来を嘱望されたCB。バイエルン時代の2011年に自宅への放火で懲役3年9ヶ月の求刑を受けた。精神状態が回復した現在は母国でキャリアを継続中。

左SB
アレクシス・サラテ(リエパーヤ/アルゼンチン)
U-17アルゼンチン代表歴があり、インデペンディエンテで活躍。2014年に婦女暴行の容疑で懲役6年6カ月の求刑を受けた。現在、ラトビアのリエパーヤでプレー。

MF
アダム・ジョンソン(無所属/イングランド)
マンチェスター・シティやサンダーランドで活躍した元イングランド代表。2015年に15歳少女との淫行で懲役6年の求刑を受ける。さらに違法ポルノ画像所持の疑いで再逮捕。現在は服役中。

MF
ジョーイ・バートン(無所属/イングランド)
ニューカッスルやマンチェスター・シティで活躍した元イングランド代表。度重なる暴行事件で74日間の服役を経験。現在はサッカー賭博容疑でサッカー活動停止処分中。

MF
ヨルダン・レチコフ(引退/ブルガリア)
1994年W杯で4位に入ったブルガリア代表主力メンバー。故郷スリヴェンの市長の任期中に職権濫用で3年の禁固刑。

MF
リカルド・センチュリオン(ラシン・クラブ/アルゼンチン)
U-20アルゼンチン代表歴があり、サンパウロやジェノアで活躍。警察官への賄賂容疑で1~6年の懲役刑を受ける。

FW
ロビーニョ(スィヴァススポル/ブラジル)
ブラジル代表100キャップを誇る名アタッカー。ミラン在籍時代の2013年にミラノのナイトクラブで22歳の女性に対する強姦容疑で起訴。懲役9年の有罪判決を下された。

FW
ミケーレ・パドヴァーノ(引退/イタリア)
ユベントスやナポリでプレーした元イタリア代表。2006年に麻薬密売への関与で懲役8年8カ月の求刑を受ける。

監督
エルキン・モンカンダ(コロンビア)
コロンビア代表MFハメス・ロドリゲスを最初に指導したコロンビア人指揮官。小児性愛容疑で逮捕。

コメント

関連ニュース

thumb

ビジャレアルDFセメド、保釈へ…監禁、窃盗、暴行に殺人未遂の疑いも

▽ビジャレアルとの契約を一時凍結されているポルトガル人DFルベン・セメド(24)が、刑務所から保釈される予定だ。スペイン『マルカ』が報じている。 ▽今年初め、男2名と行動を共にしていたセメドは、一般男性を自宅に監禁。その間に被害者宅に侵入し、金銭や恐喝するための品を盗み出した。また、銃を所持していた疑いもかけられており、脅しの為に2回発砲したとの情報も伝えられていた。 ▽被害者が警察に駆け付けた際には、打撲痕や足首のケガが見つかっており、バレンシア市民警察はセメドら3名を容疑者として逮捕した。“暴行”ではなく“殺人未遂”としての起訴の可能性が浮上すると、ビジャレアルはセメドとの契約を一時凍結。給与の支払いも一切行っていない。 ▽『マルカ』によると、セメドは3万ユーロ(約394万円)の保釈金を支払う予定を立てているという。保釈される場合、被害者から300メートル以上の距離を保つ、週に1度は裁判所に出頭して居場所を明かす、などの制限が設けられる。 ▽2017年夏の移籍市場で、期待の新戦力としてビジャレアルに加入したセメド。次代を担う逸材とも評されていたが、ピッチ外の度を過ぎた問題行動により積み上げてきたものを失うこととなった。 2018.07.14 18:05 Sat
twitterfacebook
thumb

CR7に巨額投下のユーベ、反感買う…親会社従業員が怒りのストライキへ

▽ユベントスは10日、レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)の加入を発表した。この移籍に多くのユベントスサポーターが沸いたが、少なからず快く思っていない者もいるようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。 ▽ユベントスはベストプレーヤーと呼び声高きポルトガル人スタープレーヤー獲得のため、クラブレコードの移籍金1億1700万ユーロ(約153億3000万円)を投下。さらに、4年契約締結の選手年俸としても3000万ユーロ(約39億3000万円)が支払われることが明らかになっている。それらの支出額を総額換算すると、3億4000万ユーロ(約445億5000万円)以上にのぼる模様だ。 ▽しかし、そういったユベントスのC・ロナウドに対する巨額投下に、同クラブをスポンサードする自動車メーカー『FIAT』の従業員が怒り心頭。従業員たちは現在、ここ数カ月の給与未払いに苦慮。その中で実現したC・ロナウドの巨額移籍に反発する形で、15日から3日間のストライキに転じるという。 ▽なお、『FIAT』の労働組合長は、「数千の従業員が苦しい生活を強いられているのに、1人が数千万ユーロも稼ぐのが正しい扱いなのか?」と怒りの声明を発表しているとのことだ。セリエA史上最高額という過去にない額でスタープレーヤー獲得にこぎつけたユベントス。今後、クラブの母体を支える者に対して、どのような形で労いの姿勢を示すのだろうか。 2018.07.12 12:15 Thu
twitterfacebook
thumb

CR7にユーベ移籍フラグ…伊献血団体の親善大使に就任

▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)がユベントス移籍のフラグを立てた。『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽今夏のイタリア王者ユベントス入りに向けた報道が加熱するC・ロナウド。既に年俸3000万ユーロで個人合意に達しているとみられ、近日中にも移籍決定の可能性が取り沙汰されており、去就に注目が集まっている。 ▽その中、C・ロナウドはイタリアのロンバルディア州にある献血ボランティア団体『AVIS』の親善大使に就任。SNSを通じた発信や、ウェブサイト上のビデオ出演など、広告塔として献血促進活動に努めるという。 ▽ユベントス移籍の噂が世間を賑わせる中、イタリアでの慈善活動が決定したC・ロナウド。これはユベントス移籍の布石か。公私で話題を振りまくポルトガル人スターの動向から目が離せない。 2018.07.10 16:25 Tue
twitterfacebook
thumb

初のW杯制覇を目指すベルギー代表をサイ・ヤング賞投手が援護

▽1986年のメキシコ・ワールドカップ以来となる、32年ぶりのベスト4入りを果たしたベルギー代表。初優勝を目指すベルギーに強力なサポーターが現れた。 ▽その名は、ダラス・カイケル。ご存知の方も居るかもしれないが、メジャーリーグのヒューストン・アストロズで投手を務めている。 ▽30歳のカイケルは、アメリカはオクラホマ州タルサ出身で、技巧派の左腕。2015年には20勝を挙げて最多勝のタイトルを獲得。アメリカン・リーグのサイ・ヤング賞投手にも選出された実力者であり、青木宣親(現東京ヤクルトスワローズ)ともプレーした経験がある。 ▽そんなカイケルはサッカーも好きなようで、インターナショナル・チャンピオンズカップ(ICC)がアメリカで開催された時には、自身のインスタグラムにマンチェスター・シティ、マンチェスター・ユナイテッドのユニフォームを着た写真を投稿していた。 ▽そんなカイケルだが、7月7日に1枚の写真をツイッター(@kidkeuchy)とインスタグラムに投稿。その写真は、スタジアムでの練習中のカイケルの姿だが、身につけていたのはワールドカップを戦うベルギー代表ユニフォームだった。 ▽「10」と刻まれたユニフォームは、チェルシーのMFエデン・アザールの物。そして、そのツイートには、準々決勝をでブラジル代表を下し、ベスト4に進出したベルギーを称えるメッセージが添えられていた。 「ロメル・ルカクとブラジルを相手に、信じられない勝利を挙げたベルギー代表に敬意を!」 ▽ちなみに、カイケルが所属するアストロズは大谷翔平が所属するアナハイム・エンゼルスと同じア・リーグの西地区を戦っており、2位のシアトル・マリナーズと3.5ゲーム差の首位。カイケルは9日に登板し、6勝目を記録。4日にも勝利しており、カイケルとアストロズの勢いがベルギーに届けば、ワールドカップ初優勝も見えてくるかもしれない。 2018.07.09 21:15 Mon
twitterfacebook
thumb

イングランドの躍進で名曲『スリー・ライオンズ』が再ブレイク

▽28年ぶりのベスト4に進出したイングランド代表。国内も大いに沸く中、ある楽曲がストリーミングサービス「Sportify」のチャートでトップに立った。イギリス『インデペンデント』が報じた。 ▽その楽曲は、『Three Lions(スリー・ライオンズ)』。1996年にリバプール出身のロックバンド、「Lightning Seeds(ライトニング・シーズ)」がリリースし、当時サッカー番組に出演していたタレントのデービッド・バディエル氏とフランク・スキナー氏が作詞を手掛けた楽曲だ。 ▽この楽曲は、1996年にイングランドで行われたユーロに向けて制作されたもので、当時も全英1位を記録。イングランド代表を応援する際にも多くのファンが熱唱する楽曲だ。 ▽プレミアリーグやイングランドサッカーが好きな方にはお馴染みであり、その他のサッカー好きの方にもお馴染みかも知れない一曲。「It's coming home…」という歌詞が続くのも特長だが、そんな楽曲がイングランド代表の躍進を受けて再ブレイクした。 ▽7月7日、ロシア・ワールドカップの準々決勝でスウェーデン代表と対戦したイングランド代表。スウェーデンに勝利し、ベスト4に輝いたが、その日の再生回数は100万回を突破。「Sportify UK」でトップに輝いたようだ。 ▽イギリス『サン』では、作詞したバディエル氏がコメント。作詞した当時の事を語りながら、ワールドカップを戦うイングランド代表への期待を語った。 「この歌を書いた時、イングランドで大会が行われるという事実と、イングランドが勝ち取れるかもしれないという神秘的な考えに、控えめに“football's coming home”と言及していた」 「ただ、今この歌が意味することは1つだけ。イングランドが勝つことだ。それが続いている。そして、歓喜が強くなってきた。我々は勝つつもりだよ」 「私はあえて期待する。このチームは喜びと新しさ、そして若さが特長のチームである。そして、ガレス・サウスゲイトには深い心の知能指数を感じる。我々は、この瞬間息苦しい歴史の足かせから脱するだろう」 2018.07.09 20:45 Mon
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース