今日の誕生日は誰だ! 3月21日は誰よりもサッカーを愛した“稀代のファンタジスタ”2018.03.21 07:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
◆ロナウジーニョ
【Profile】
国籍:ブラジル
誕生日:1980/3/21
クラブ:パリ・サンジェルマン、バルセロナ、ミランなど
ポジション:FW
身長:182cm

▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、3月21日はブラジルのレジェンド、ロナウジーニョ氏だ。

▽ブラジルのポルト・アレグレで生を受けた稀代のファンタジスタには、歩き始める10カ月の頃にサッカーボールとシューズが買い与えられた。以来、家の中で兄や4匹の飼い犬を相手にサッカーを楽しみ、後に世界中を驚かせることになる技術を磨いてくことに。

▽グレミオの下部組織に入団したロナウジーニョ氏は、2001年にパリ・サンジェルマンに移籍して欧州での物語をスタートさせ、2003-04シーズンにバルセロナに移籍。初年度の前半こそ負傷に悩まされたものの、後半からは天性のアイデアとスキルを発揮し、チームを2位に導いた。2004-05シーズンにFIFA最優秀選手賞を受賞すると、続く2005-06シーズンにはあらゆる個人賞を総なめ。特に2連覇となるFIFA最優秀選手賞の投票では956点を集めて2位のフランク・ランパード(306点)にトリプルスコアをつけ、断トツで世界最高の座に輝いた。

▽バルセロナの顔となっていたロナウジーニョ氏が、自身と同じく特別な才能を持っていたFWリオネル・メッシがトップチームに引き上げられた際、親身に接していたのは有名だ。メッシの初得点がロナウジーニョ氏のアシストから生まれた瞬間を覚えているファンの方も多いだろう。

▽バルセロナでの背番号10を新たな天才に継承した後、ミラン、フラメンゴ、アトレチコ・ミネイロ、ケレタロ、フルミネンセを渡り歩き、無所属となっていたロナウジーニョ氏は、2018年1月16日に引退を表明。その際にはメッシから「僕はあなたの隣で多くを学んだ。感謝の気持ちは生涯変わらない。とりわけトップチームに上がった時は、あなたがあらゆる事を助けてくれたお陰で、全てが簡単に進んで行った」というメッセージが送られ、その存在の偉大さが改めて強調された。

▽ロナウジーニョ氏を語る上で欠かせないエピソードを、元同僚MFアンドレス・イニエスタが自伝の中で明かしている。場面はレアル・マドリーとのクラシコ前日。イニエスタが深夜3時にロナウジーニョ氏からの電話を取ると「次の6月レアル・マドリーに移籍することになった。断ることができない金額だ。このことはクラブの誰にも言わないでくれ。お前を信じている、アンドレス」と言われ、返事の間もなく切られたという。

▽迎えたクラシコ当日、ロッカールームは重い空気に包まれていたそう。そしてロナウジーニョ氏が口を開いて次のように発言。「このチームがファミリーのような存在だと気づいた。全員に『6月に去る』と明かしたが誰も話さなかった。みんなが思い悩むことを選択してくれたのだと気づいたんだ。私は長い間ここに残るよ。さあ、マドリーの選手にレッスンしてやろう! 」

▽そうして始まった試合で、ロナウジーニョ氏は独力でマドリーの守備陣を破り、2ゴールを記録。バルセロナを3-0での完勝に導いた。ロナウジーニョが敵地サンティアゴ・ベルナベウでスタンディングオベーションを受けたあの伝説的な試合には、こういった経緯が隠されていたのだ。

※誕生日が同じ主な著名人
フィリップ・トルシエ(サッカー指導者)
ロナルド・クーマン(サッカー監督/オランダ代表)
城福浩(サッカー監督/サンフレッチェ広島)
ローター・マテウス(元サッカー選手)
アリ・ダエイ(元サッカー選手)
アントワーヌ・グリーズマン(サッカー選手/アトレティコ・マドリー)ジョルディ・アルバ(サッカー選手/バルセロナ)
ヨハン・ゼバスティアン・バッハ(音楽家)
ジョゼフ・フーリエ(物理・数学者)
アイルトン・セナ(F1ドライバー)
デリック・ウィブリー(ギタリスト/Sum 41)
佐藤健(俳優)
平野レミ(料理研究家)
石井正則(お笑い芸人/アリtoキリギリス)

コメント

関連ニュース

thumb

今日の誕生日は誰だ! 10月19日は、日本代表を陰から支えるJFA役員

◆原博実 【Profile】 国籍:日本 誕生日:1958年10月19日 職業:日本サッカー協会技術委員会強化部会員 ポジション:MF 身長:183㎝ 体重:80kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』 10月19日は、日本サッカー協会技術委員会強化部会員の原博実氏だ。 ▽現役時代、浦和レッズやFC東京で活躍した原氏はストライカーとしてゴールを量産。日本代表では公式戦171試合で72得点を挙げた。引退後は指導者の道を歩み、FC東京を率いた際には2004年にナビスコカップ優勝に導いている。 ▽原氏は解説者としても人気を集めた。監督時代からのストレートな物言いは選手や視聴者から愛され、時には同氏のための特別番組が製作されるほどであった。 ▽2009年、日本サッカー協会(JFA)技術委員長に就任。以降、日本代表監督選定や国際マッチメイクなども担当し、日本代表の強化に尽力した。2016年には、JFA初となる会長選に出馬したが、田嶋幸三現会長に僅差で敗れ、JFAを辞職。Jリーグの強化に携わるようになると、翌年にはJリーグからの選出でJFA常務理事に就任。今年4月からは日本サッカー協会技術委員会強化部会員に就任した。 ※誕生日が同じ主な著名人 林家木久扇(落語家) 野沢秀行(アーティスト/サザンオールスターズ) サム・アラダイス(サッカー指導者) ラサール石井(タレント) 善し(お笑い芸人/COWCOW) 財前宣之(元サッカー選手) 羽田圭介(小説家) 木村文乃(女優) 須賀健太(俳優) ミロスラフ・ストッフ(サッカー選手/スラビア・プラハ) 2018.10.18 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 10月18日は、プレミアで最も荒かった元ウェールズ代表MFのバースデー

◆ロビー・サベージ 【Profile】 国籍:ウェールズ 誕生日:1974年10月18日 現役時所属クラブ:レスター・シティ、ブラックバーンなど ポジション:MF 身長:185㎝ 体重:74kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』 10月18日は、元ウェールズ代表MFロビー・サベージ氏だ。 ▽デイビッド・ベッカム氏と同世代でマンチェスター・ユナイテッドユース黄金世代の1人であるサベージ氏。交通事故が原因でトップチームデビューは果たせなかったものの、レスター・シティやバーミンガム、ブラックバーン、ダービー、ブライトンなど複数クラブを渡り歩きプレミアリーグ通算346試合に出場した。 ▽端正なマスクとは真逆の激しいスタイルが有名であり、激しいタックルの横行していたプレミアリーグの中でも群を抜いて荒々しくプレー。プレミアで最も汚い選手とも呼ばれ、一時はプレミア史上最多の警告数を記録した。 ※誕生日が同じ主な著名人 ライアン・ネルセン(元サッカー選手) ユ・サンチョル(元サッカー選手) 小林裕紀(サッカー選手/名古屋グランパス) チャック・ベリー(ギタリスト) 郷ひろみ(歌手) ジャン=クロード・ヴァン・ダム(俳優) 仲里依紗(女優) 森泉(モデル) 能條愛未(アイドル/乃木坂46) 2018.10.18 07:00 Thu
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 10月17日は、移籍回数の世界記録を持つ元ウルグアイ代表FWのバースデー

◆セバスティアン・アブレウ 【Profile】 国籍:ウルグアイ 誕生日:1976年10月17日 所属クラブ:アウダックス・イタリアーノ(チリ) ポジション:FW 身長:193㎝ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 10月17日は、元ウルグアイ代表FWセバスティアン・アブレウだ。 ▽“エル・ロコ(変人)”の愛称で知られるアブレウは、1995年に母国のデフェンソールでプロキャリアをスタート。プロキャリア24年で通算31度の移籍を果たし、2016年には28回目の移籍で移籍回数の世界記録を樹立した。しかし、移籍の大半がレンタル移籍のため、移籍金の総額は推定655万ポンド(約9億円)と高額ではない。 ▽24年間のキャリアで9カ国、28クラブを渡り歩いたアブレウは公式戦通算272試合で101ゴールを記録。通算8度のタイトルを獲得している。 ※誕生日が同じ主な著名人 アンドレ・ビラス=ボアス(サッカー監督/上海上港) マヌエル・トリゲロス(サッカー選手/ビジャレアル) アレクセイ・ミランチュク(サッカー選手/ロコモティフ・モスクワ) 高橋秀人(サッカー選手/サガン鳥栖) 熊谷紗希(サッカー選手/オリンピックリヨン) 大島優子(女優) 今井翼(ジャニーズ) 黒沢かずこ(芸人) 松坂桃李(俳優) 2018.10.17 07:00 Wed
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 10月16日は、超攻撃的サッカーを展開する名古屋指揮官

◆風間八宏 【Profile】 国籍:日本 誕生日:1961年10月16日 所属クラブ:名古屋グランパス 役職:監督 身長:173㎝ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 10月16日は、現在名古屋グランパスを指揮する元日本代表の風間八宏氏だ。 ▽筑波大学卒業後、ジョイフル本田を経てレバークーゼンⅡとアマチュア契約し、ブンデスリーガ2部や3部リーグの複数クラブでプレーした風間氏は、現役時代にMFとして活躍した。その後、1989年に日本サッカーリーグ2部のマツダSC(現・サンフレッチェ広島)に入部して1部復帰に貢献。1993年にJリーグが開幕すると、開幕戦開始1分で日本人選手Jリーグ初ゴールを記録した。マツダSC時代から計7シーズン広島でプレーした後、ドイツに復帰して1997年に現役を退いた。 ▽現役引退後は桐蔭横浜大学の監督に就任して指導者としてのキャリアをスタート。フジテレビ『すぽると!』などで解説も務め、筑波大学を指導後、2012年4月に川崎フロンターレの監督に就任。自身は2017年1月に退任して名古屋の監督に就任したが、2017シーズンに悲願の初優勝を成し遂げたチームの攻撃スタイルの礎を5年に渡って築き上げた。その風間氏は、同シーズンに名古屋をJ1昇格に導き、今シーズンはJ1の舞台で戦っている。現在残留争いに巻き込まれているが、超攻撃的サッカーを展開して奮闘している。 ※誕生日が同じ主な著名人 小川大貴(サッカー選手/ジュビロ磐田) 風間八宏(サッカー監督/名古屋グランパス) アマラオ(元サッカー選手) ファルカン(サッカー指導者) 足立梨花(Jリーグ名誉女子マネージャー、女優) 中川可菜(女優) 大坂なおみ(テニス選手) 瀧本美織(タレント) 2018.10.16 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 10月15日は、左足で戦況を覆す“オズの魔法使い”のバースデー

◆メスト・エジル 【Profile】 国籍:ドイツ 誕生日:1988年10月15日 所属クラブ:アーセナル ポジション:MF 身長:180㎝ 体重:70㎏ ▽『今日の誕生日は誰だ!』 10月15日は、元ドイツ代表FWメスト・エジルだ。 ▽トルコにルーツを持つエジルは、2005年夏にシャルケの下部組織に入団し2006-07シーズンのブンデスリーガ開幕節でトップチームデビュー。その後に入団したブレーメンでは2009-10シーズンにリーグトップの17アシストを記録し、1stステージMVPにも輝いた。そして、最高の状態で迎えた2010年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)では大会トップのアシスト数で大ブレーク。直後にレアル・マドリー移籍を果たした。 ▽マドリーに入団したエジルは、FWクリスティアーノ・ロナウドらとともに欠かせない選手となり、鋭いカウンター攻撃の要に。2011年からは10番も背負い、リーガエスパニョーラの優勝などに貢献した。アーセナル移籍後は、2015-16シーズンにプレミア歴代23位の19アシストを記録。類稀なる制度の左足で数々のチャンスを生み出す姿から、“オズの魔法使い”という愛称で親しまれている。 ※誕生日が同じ主な著名人 ディディエ・デシャン(元サッカー選手) ビトール・バイーア(元サッカー選手) アンディ・コール(元サッカー選手) ダヴィド・トレゼゲ(元サッカー選手) ニコ・コバチ(サッカー監督/バイエルン) ヴァヒド・ハリルホジッチ(サッカー監督/ナント) ノリート(サッカー選手/セビージャ) 針谷岳晃(サッカー選手/ジュビロ磐田) フリードリヒ・ニーチェ(哲学者) 岡野昭仁(歌手/ポルノグラフィティ) 水原希子(モデル) 神谷えりな(アイドル/仮面女子) 堀未央奈(アイドル/乃木坂46) 2018.10.15 07:00 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース