世界最高の選手を目指すデパイ「正直、クオリティは問題ない」2018.03.20 13:05 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽リヨンに所属するオランダ代表FWメンフィス・デパイは、自身が世界最高の選手になるために一貫性が必要であることを明かしている。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。

▽PSVでプロデビューを果たしたデパイは、2015年にマンチェスターユナイテッドへ移籍。同クラブ伝統の背番号「7」が与えられるなど、大きな期待を集めたが応えることはできず。2017年1月にリヨンに移籍することとなった。

▽しかし、デパイは今シーズンここまで公式戦42試合13ゴール10アシストと好調ぶりを披露。チームの主力としてプレーし、フランスで復活を遂げつつある。

▽そんな中、デパイはフランス『Canal Football Club』でのインタビューで現在の目標が世界最高の選手であることを告白。そのための課題について「クオリティは問題ない」と自信を明かし、「一貫性」を挙げている。

「もちろん世界で最高の選手になりたいよ。ビッグクラブや偉大な選手たちと対戦したい」

「世界最高の選手になるために何が必要かって? 正直、クオリティは問題ない。一貫性だね。これは慢心ではないよ」

「世界で最高の選手になるためにはこういうリスクが必要だったんだ。ただ、リヨンに留まっていれば世界最高の選手になることはできない。(アレクサンドル・)ラカゼットだって進歩するためにアーセナルに行かなければならなかったんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルン、戦力アップに向けフェキル獲得に動く

▽バイエルンが、リヨンに所属するフランス代表FWナビ・フェキル(25)の獲得に関心を示しているようだ。ドイツ『キッカー』の情報をもとに、イギリス『talkSPORT』が伝えた。 ▽今夏、フェキルはリバプール移籍が決定的としていたが、直前で破談。選手本人も「本当に行きたかったクラブにほんの少しだけ届かなかったんだ」とコメントし、リバプール移籍に前向きだったことを示していた。 ▽現在でもリバプールはフェキル獲得を目指しており、来年1月の移籍市場で再チャレンジする可能性も伝えられている。しかし、今回伝えられるところによれば、バイエルンもフェキルを注視。リバプールは強力なライバルとの争奪戦に晒されることになりそうだ。 ▽ニコ・コバチ新監督体制で今シーズンをスタートさせたバイエルンは、ここまでのブンデスリーガ8試合で5勝1分け2敗で4位に沈んでいる。そのため、攻撃の強化が必要とされており、今冬の移籍市場でのターゲットにフェキルを据えているようだ。 ▽昨シーズン、リヨンで公式戦40試合23得点8アシストを記録し、ロシア・ワールドカップ(W杯)でも途中出場ながら6試合に出場してフランス代表の優勝に貢献したフェキル。今シーズンもここまで公式戦8試合で3ゴール3アシストを記録している。 2018.10.23 16:51 Tue
twitterfacebook
thumb

スパーズが仏代表MFエンドンベレに興味もリヨンは80億円以上を要求か

▽トッテナムが、リヨンのフランス代表MFタンギ・エンドンベレ(21)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『talkSPORT』が伝えた。 ▽2016年にアミアンでプロデビューを飾ったエンドンベレは中盤の要としてクラブ史上初となるリーグ・アン昇格に貢献。その翌年にリヨンへ完全移籍を果たすと、加入初年度となった昨季は公式戦50試合に出場し1ゴール8アシストの数字を残した。今シーズンもここまでリーグ・アン9試合で4アシストを記録し、先日にはフランスのフル代表にも初招集された。 ▽トッテナムは今夏も獲得に興味を示していたが、エンドンベレはクラブと2023年まで契約を延長。それでも、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督はメインターゲットとして、今冬の移籍市場で獲得に動くようだ。 ▽エンドンベレに対しては、マンチェスター・シティやアーセナルからの関心も伝えられている。リヨンは今冬に手放す場合、移籍金として5500万ポンド(約81億円)以上を要求するようだ。 2018.10.11 15:31 Thu
twitterfacebook
thumb

シティがリヨンの逸材MFに関心! リヨン側は破格の7000万ポンド要求か

▽マンチェスター・シティがリヨンのフランス代表MFタンギ・エンドンベレ(21)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『デイリー・スター』が伝えている。 ▽2016年にアミアンでプロデビューを飾ったエンドンベレは中盤の要としてクラブ史上初となるリーグ・アン昇格に貢献。その翌年にリヨンへ完全移籍を果たすと、加入初年度となった昨季は公式戦50試合に出場し1ゴール8アシストの数字を残した。 ▽得点力にこそ課題はあるものの、豊富な運動量と高い身体能力を生かしたボール奪取能力に加え、トリッキーな足技も兼ね備えた万能型MFは、同胞MFポール・ポグバやコートジボワール代表MFヤヤ・トゥーレを想起させるハイポテンシャルの持ち主だ。そして、先日にはフランスのフル代表にも初招集されていた。 ▽『デイリー・スター』が伝えるところによれば、今季のチャンピオンズリーグ(CL)でも対戦したエンドンベレをジョゼップ・グアルディオラ監督が高く評価しており、MFフェルナンジーニョのバックアップを担うセントラルMFとして獲得を希望しているようだ。 ▽ただ、先月に2023年までの新契約を締結したエンドンベレに関してリヨン側は移籍金を破格の7000万ポンド(約104億円)前後に設定しており、交渉は一筋縄ではいかなそうだ。 2018.10.07 20:22 Sun
twitterfacebook
thumb

リヨン、期待の若手MFトゥザールと2023年まで契約延長

▽リヨンは5日、U-21フランス代表MFリュカ・トゥザール(21)との契約を2023年6月30日まで延長したことを発表した。現行の契約から1年延長した格好だ。 ▽ヴァランシエンヌの下部組織出身のトゥザールは、2015年1月にトップチームデビューを果たすと同年8月にリヨンへ完全移籍。加入当初はセカンドチームでのプレーが続いたが、12月にトップチームデビュー。これまでリヨンでは3シーズンで公式戦84試合に出場。今季もリーグ・アンで7試合に出場している。 ▽また、フランス代表としてU-19から選出されてきたトゥザールは、2016年の夏に行われたU-19欧州選手権にフランス代表のキャプテンとして出場し、6年ぶりの優勝に貢献。自身も大会の優秀選手に選出された。 2018.10.06 02:05 Sat
twitterfacebook
thumb

シャフタール2点先攻も、2分で2点を奪ったリヨンが引き分けに持ち込む《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)・グループF第2節、リヨンvsシャフタールが2日に行われ、2-2の引き分けに終わった。 ▽開幕節で優勝候補のマンチェスター・シティを下して白星スタートを切ったリヨンは、その後のリーグ戦3試合も2勝1分けと好調をキープ。2連勝を目指すこの一戦に向けてはフェキルやムサ・デンベレ、トラオレらが先発に顔を揃えた。 ▽一方、前節はホッフェンハイムと引き分けたシャフタールは直近のリーグ戦では6得点圧勝を収めた。今大会初勝利を目指す今節は、前節ゴールのイスマイリやマイコン、ジュニオール・モラエスが先発に起用された。 ▽先にチャンスを迎えたのはリヨン。味方のパスから最終ラインを突破したムサ・デンベレがGKピアトフと一対一になるも、ゴールエリアを飛び出して対応してきたピアトフにシュートを阻まれ先制ならず。直後にはフェキルがロングループシュートでGKが出ていたところを狙ったが、枠を捉えられなかった。 ▽その後はシャフタールが立て続けにチャンスを演出。まずは18分、味方のパスでボックス左に入ったマイコンが至近距離から狙ったが、コースを切られシュートを外してしまう。22分には、ジュニオール・モラエスボックス手前から強烈なドライブがかかったシュートを見舞うが、GKアントニー・ロペスが片手一本で掻きだした。さらに30分にはカウンターから最後はマルロスがボックス右からシュートを狙うが、GKの正面に飛んでしまう。 ▽このまま後半に向かうかに思われた44分、攻勢を続けたシャフタールがついに均衡を破る。左サイドでタイソンのパスから敵陣深くに侵攻したイスマイリのクロスにジュニオール・モラエスがニアで反応。相手DFの間に上手く入ってマークを外したモラエスがグラウンダーのクロスをダイレクトで流し込み、シャフタールがリードを奪って後半に向かった。 ▽リヨンが積極的は入りを見せた後半、シャフタールが追いすがるリヨンを突き放す。55分、自陣右サイドでボールを奪ったシャフタールは、カウンターで徐々に左へと展開。最後にボックス左でボールを受けたジュニオール・モラエスは、相手のタイミングを外す巧みなシュートをファーサイドに流し込み、自身2点目となる追加点を挙げた。 ▽リードを2点に広げたシャフタール。65分には、再びカウンターからジュニオール・モラエスに3点目のチャンスが訪れるも、シュートは大きく枠を超えてしまう。 ▽するとシャフタールはここで決めきれなかったツケを支払わされることになる。70分、左サイドから攻めるリヨンは、フェキルのボックス左端からのシュートにM・デンベレが打点の高いヘディングシュートを突き刺し1点差に。さらにその2分後、再び左サイドを侵略したリヨンは、一度、クロスが相手に引っかかるも、そのこぼれ球をボックス左で拾ったアワールの折り返しをデュボワが押し込んで、瞬く間に同点に追いついた。 ▽たった2分で2点差を追いついたリヨンは78分、ピッチ中央でボールを奪いすぐさまカウンターに転じると、最後はM・デンベレがボックス左から流し込みにかかったがGKのファインセーブに遭ってしまう。後半アディショナルタイムにはシャフタールにラストチャンス。途中出場のカヨデのシュートがクロスバーを直撃。 ▽結局、試合は2-2のまま終了。2点を先攻したシャフタールにとっては痛いドローとなった。 2018.10.03 06:05 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース