オーバメヤンに朗報!? 愛車が続々とイングランドに到着!!2018.03.19 16:07 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽車好きで知られるアーセナルのガボン代表FWピエール=エメリク・オーバメヤンに朗報が届いたようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じている。▽オーバメヤンは今冬の移籍市場でドルトムントからアーセナルに加入した。車好きな同選手はドルトムント時代から複数のスーパーカーを所持。そんな同選手は、アーセナル移籍前に高級車であるランボルギーニのアヴェンタドールを中古ディーラーに売りに出したと報じられていた。

▽しかし複数の車を所持するオーバメヤンは全ての車を処分した訳ではなく、徐々にイングランドへと輸送を始めていたようだ。『デイリー・メール』によると、現在ホテル暮らしのオーバメヤンの下に4台の愛車が到着したという。

▽報道によると、ホテルの一区画に4台の車が送りとどけられた模様。14万ポンド(約2060万円)相当のポルシェ・パナメーラ、27万ポンド(約3974万円)相当のランボルギーニ・アベンタドール、25万ポンド(約3680万円)相当のフェラーリ812スーパーファスト、15万ポンド(約2200万円)相当のランドローバー・レンジローバースポーツの総額81万ポンドの4台がオーバメヤンの下に戻ってきたようだ。

▽アーセナル加入後、プレミアリーグで5試合に出場し3ゴール1アシストのオーバメヤンだが、愛車の到着に安堵し今後はパフォーマンスが向上するかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

エジル、レスター戦の活躍を喜ぶ「セクシーフットボールをした」

▽アーセナルに所属する元ドイツ代表MFメスト・エジルが、勝利を喜んでいる。自身公式ツイッター(@MesutOzil1088)に投稿した。 ▽アーセナルは22日、プレミアリーグ第9節でレスター・シティに3-1で勝利。この日腕章を巻いて先発したエジルは、1G1Aを含む全得点に絡む活躍でチームの攻撃をけん引した。 ▽また、レスター戦でプレミアでの通算得点数は30得点に。ドイツ人としてのプレミア歴代最多得点記録者となった。 ▽メモリアルな試合で素晴らしいパフォーマンスを披露したエジルは、自身のツイッターを通じて以下のように伝えている。 「僕らは今夜、セクシーフットボールをしたと思う」 「このチームのキャプテンであること、そしてこのクラブを誇るよ! 」 ▽“セクシーフットボール”という表現でチームへの満足感を示したエジル。その左足で、今後もゲームに刺激を加えてくれることを期待したい。 2018.10.23 14:25 Tue
twitterfacebook
thumb

FWヴァーディが試合終盤にピッチを脱出…理由はリネカー氏と類似?

▽レスター・シティに所属するイングランド代表FWジェイミー・ヴァーディの行動が、憶測を呼んでいる。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽レスターは22日、プレミアリーグ第9節アーセナル戦に臨み1-3で敗北。この試合に関しては、アーセナルが公式戦10連勝を飾ったことやMFメスト・エジルの卓越したパフォーマンスが話題を集めているが、ヴァーディの行動についてもSNS上でユーザーによる議論が巻き起こっている。 ▽先発していたヴァーディは、交代枠3枚を使い切った後の87分に突如としてピッチ外へ。そのまま試合終了までに戻ってくることはなく、レスターは10人での戦いを強いられた。 ▽この行動に関し、SNS上のユーザーの多くは「ヴァーディは大きい方をするためにピッチを離れたのだろうか…」、「ヴァーディは大をするためにピッチの外へ走ったんだ! 」などと反応。トイレに駆け込んだのではないかと推測されている。 ▽レスターのクロード・ピュエル監督は試合後、「ヴァーディは気分が悪くてピッチに戻って来られなかった」と説明。具体的な言い方は避けている。 ▽いずれにせよヴァーディの件に関する真実は霧に包まれているが、これに関連して『ミラー』が元イングランド代表FWギャリー・リネカー氏の過去にフィーチャー。全世界に中継されるワールドカップの試合中に漏らしてしまった同氏に比べれば、ヴァーディは幸運な方だと断定し慰めた。 2018.10.23 12:25 Tue
twitterfacebook
thumb

10連勝もさらに上へ…アーセナル指揮官エメリ「要求は非常に高い。もっとコントロールしないと」

アーセナルのウナイ・エメリ監督が、公式戦10連勝を喜んでいる。<br><br>22日に行われたプレミアリーグ第9節で、レスターと対戦したアーセナル。先制点を許す苦しい展開となったが、前半終了間際にエジルが起点となり、最後は自らが決めて同点に。すると63分にエジルを起点にチャンスを作ると、ピエール=エメリク・オーバメヤンが逆転弾。その3分後には、エジルが絡んでチャンスを作ると、オーバメヤンが3点目を奪い、逆転で勝利を挙げた。<br><br>試合後、エメリ監督はイギリス『スカイ・スポーツ』で勝利を喜びつつ、さらなる改善を求めている。<br><br>「ハートを持ってプレーし始めてから、我々は勝利できた。最初の30分はポゼッションで試合をコントロールできずに苦しんだ。それでも、自分たちの進歩と方法が見れて幸せだよ。そして、ハートを持って再び1つとなる必要がある」<br><br>「我々の要求は非常に高い。もっと試合をコントロールする必要があるからね。30分は良いプレーではなかったが、チームは60分間クオリティがあり、組織化され、そしてハートがあった。これは本当に大切なことだ。サポーターの雰囲気もね」<br><br>「気分は良いよ。今夜は最高だった」<br><br>また、1ゴールを記録するなど全3ゴールを演出したメスト・エジルについても言及。この試合でキャプテンを務めた背番号10は重要な選手としつつも、全選手が必要だと述べている。<br><br>「メストともに10人が必要だ。ときにはアーロン(ラムジー)も。一緒にもプレーできる。(前節)フルアム戦では2トップだったが、それも良いパフォーマンスだった」<br><br>「メストにとって良い試合だったが、すべての選手、システム、ポジションを信じているよ」<br><br>8月25日のウェストハム戦以降全勝、公式戦10連勝を記録したアーセナル。クラブ史上6度目の記録を達成したエメリ・アーセナルは、25日にヨーロッパリーグでスポルティング・リスボンと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.23 09:00 Tue
twitterfacebook
thumb

エジル、プレミアのドイツ人選手歴代最多得点記録更新!通算30ゴールに到達

アーセナルMFメスト・エジルが、ドイツ人選手としてプレミアリーグ歴代最多得点記録を更新した。<br><br>22日に行われたプレミアリーグ第9節で、レスターと対戦したアーセナル。先制点を許す苦しい展開となったが、前半終了間際にエジルが起点となり、最後は自らが決めて同点に。すると63分にエジルを起点にチャンスを作ると、ピエール=エメリク・オーバメヤンが逆転弾。その3分後には、エジルが絡んでチャンスを作ると、オーバメヤンが3点目を奪い、逆転で勝利を挙げた。<br><br>この試合で先制点を挙げたエジルは、これがプレミアリーグ通算30点目。ドイツ代表の先輩でもあり、かつてトッテナムなどで活躍したユルゲン・クリンスマンの記録を抜き、プレミアリーグのドイツ人選手歴代最多得点記録を更新した。なお、これで直近のリーグ戦4試合で3ゴール目となり、それ以前の22試合の記録に並んでいる。<br><br>2013年にレアル・マドリーからアーセナルへ移籍したエジルは、デビューシーズンに5ゴールを記録。その後、4、6、8、4と得点を重ね、今季はすでに3ゴールを奪っている。また、アシスト数はすでに54を記録している。<br><br>在籍6シーズン目を迎え、キャプテンマークを巻くことも増えてきたエジル。30歳のMFは、自身の&ldquo;魔法&rdquo;でアーセナルを14年ぶりのリーグ制覇に導けるだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2018.10.23 08:00 Tue
twitterfacebook
thumb

エメリ采配的中のアーセナルがレスターに逆転勝利で公式戦10連勝!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第9節のアーセナルvsレスター・シティが22日に行われ、3-1でアーセナルが勝利した。レスターのFW岡崎慎司は75分からプレーしている。 ▽公式戦9連勝中のアーセナルは、前節のフルアム戦からスタメンを2人変更。ウェルベックとモンレアルに代えてエジルとプレミアリーグ初スタメンのリヒトシュタイナーが先発に名を連ねた。 ▽一方、前節のエバートン戦で惜敗しリーグ3連勝を逃したレスターは、その試合から出場停止のモーガンに代えてエバンスをスタメンで起用した。 ▽試合開始早々、レスターが最初のチャンスを迎える。2分、エンディディのロングスルーパスに反応したイヘアナチョがボックス右から侵入。カットインからシュートを放ったが、これはホールディングのブロックに当たり枠を外れる。さらに6分にも、ペナルティアーク右でボールをうけたイヘアナチョが反転からシュートを狙ったが、これはGKレノの好セーブに防がれた。 ▽反撃に出たいアーセナルだが、再び決定機を迎えたのはレスター。20分、バイタルエリア右でFKをかくとくするとマディソンがクロスを供給。これをファーサイドでフリーのマグワイアがヘディングで合わせたが、再びGKレノの好セーブに阻まれた。 ▽すると31分、遂に試合が動く。レスターは中盤でのパスカットから中央でボールを受けたエンディディが左サイドのスペースへパスを供給。これをオーバーラップしたチルウェルがそのままボックス左まで持ち上がると、クロスがブロックに入ったベジェリンに当たり、そのままゴールに吸い込まれた。 ▽先制を許したアーセナルは、徐々にレスターゴールに迫る回数が増える。すると45分、ドリブルで持ち上がったエジルのパスをボックス右横で受けたトレイラがダイレクトクロス。これを再びゴール前で受けたエジルが左足でゴール左隅に流し込んだ。 ▽迎えた後半も際にチャンスを作ったのはレスター。58分、マディソンの右CKをエンディディが頭で合わせたが、このボールはクロスバーを直撃した。 ▽ピンチを凌いだアーセナルは、61分にムヒタリアンとリヒトシュタイナーを下げてオーバメヤンとグエンドウジを投入。すると63分、エジルのスルーパスをボックス右深くまでオーバーラップしたベジェリンが折り返すと、これをオーバメヤンが流し込み、勝ち越しに成功した。 ▽さらにアーセナルは、66分にも右サイド持ち上がったベジェリンの横パスをペナルティアーク内のラカゼットがワンタッチでゴール前へ送ると、抜け出したエジルが飛び出したGKを引き付けてパス。最後はオーバメヤンが無人のゴールにボールを流し込んだ。 ▽リードを広げられたレスターは、75分にマディソンを下げて岡崎を投入。しかし、その後も試合の主導権を握るアーセナルに防戦一方の展開となり、岡崎はノーチャンスで試合終了のホイッスル。 ▽途中投入のオーバメヤンが2ゴールを挙げるなどエメリ采配的中のアーセナルが、逆転勝利で公式戦10連勝を飾った。 2018.10.23 05:55 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース