大迫が2戦連発のケルンが10人のレバークーゼンに快勝で最下位脱出《ブンデスリーガ》2018.03.19 01:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第27節、ケルンvsレバークーゼンが18日に行われ、2-0でケルンが快勝した。ケルンのFW大迫勇也はフル出場している。

▽前節ブレーメン戦では大迫が今季3ゴール目を挙げたものの1-3と敗れて2連敗となった最下位ケルン(勝ち点17)は、残留プレーオフに回れる16位マインツとは残り8試合で8ポイント差と厳しい状況の中、大迫が[3-4-2-1]の2シャドーの一角で5試合連続スタメンとなった。

▽一方、ボルシアMGに2-0と快勝して4位に浮上したレバークーゼン(勝ち点44)は、最前線にアラリオ、2列目に右からブラント、ハフェルツ、ベイリーを配す[4-2-3-1]で臨んだ。

▽ケルンが鋭い攻守の切り替えでレバークーゼンに応戦する立ち上がりとなると、9分に大迫が2戦連続ゴールを奪う。左サイドからのクロスを受けた大迫がトラップから左足を一閃。GKレノの手を弾くシュートがゴールラインを割った。

▽その後もケルンがカウンターを軸に流れを渡さずに試合を運ぶ中、レバークーゼンは32分にアラリオがマローに対してヒジ打ちを見舞い、VARの末に一発退場となった。ハーフタイムにかけては数的優位となったケルンがボールを保持し、1点をリードしたまま後半へ折り返した。

▽後半からバウムガルトリンガーとイェドバイに代えてポヒャンパロとヘンリクスを投入して圧力をかけてきたレバークーゼンに対し、ケルンは大迫が57分にボックス内から左足でシュートを浴びせていく。

▽そして69分に突き放した。S・ツォラーがアランギスのヘディングでのバックパスをカットしてGKレノをかわし、無人のゴールにシュートを蹴り込んだ。

▽このゴールで意気消沈となったレバークーゼンに対し、ケルンが危なげなく時間を消化。3試合ぶりの勝利を収めて最下位を脱出し、マインツとは5ポイント差に縮めている。

コメント

関連ニュース

thumb

2部降格接近のケルン、大迫同僚MFは契約解除条項を放棄…「逃げ出すための契約じゃない」

日本代表FW大迫勇也の同僚、MFマルコ・ヘーガーは、2部降格が決まってもケルンに残るようだ。ケルンの公式ウェブサイトを通じて、クラブへの忠誠を誓っている。<br><br>ケルンは第30節消化時点で最下位に沈んでおり、入れ替えプレーオフに回れる16位フライブルクとの勝ち点差は「9」と残留はもはや絶望的な状況に陥っている。幹部もすでに2部降格を前提に来シーズンからは現在2部ホルシュタイン・キール率いるマルクス・アンファング監督が指揮を執ることを発表したところだ。<br><br>もちろん、ケルンの降格が決まれば、チームも大きく入れ替わる。メディアでは以前からGKティモ・ホルンやDFヨナス・ヘクトル、MFレオナルド・ビッテンコートら主力組の去就が騒がれるが、大迫を含むほかのメンバーたちの多くもケルンを去ることが考えられる。<br><br>だがそんな中、ヘーガーは以下のように宣言している。<br><br>「僕たちはみんな、(ヘルタ・ベルリンに1-2で敗れた)先週末以来、残留の可能性が極めて低くなったことが分かっている。それでも最後までしっかりと臨みたい。僕たちのサポーターに限らず、リーグのほかのチームに対し、そうすべきだと思っている」<br><br>「僕はここにきたとき、5年契約を結んだ。ケルン生まれの僕はこの街やこのクラブを愛しているので、ここに残りたい。思うようにいかなかったからといってすぐに逃げ出すために、5年契約をサインしたわけじゃない」<br><br>「2部に行くことになっても、僕はFCに残り、この汚点を消すためにすべてを尽くして見せる」<br><br>ヘーガーは2016年夏にシャルケから加入。2021年までの契約にはケルンが降格となった場合、行使可能となる契約解除条項が盛り込まれている。今回、同選手はそれを自ら放棄したということだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.19 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

大迫勇也所属のケルン、来季監督決定! 独2部で躍進キールから引き抜き

▽ケルンは17日、シュテファン・ルーテンベック監督(45)の後任として、マルクス・アンファング氏(43)の招へいを発表した。 ▽現役時代にデュッセルドルフやカイザースラウテルンなどで活躍したアンファング氏は、2016年夏にキール(ドイツ3部)を指揮。初年度にブンデスリーガ2部昇格に導き、今シーズンもここまで入れ替え戦圏内の3位にチームを押し上げている。 ▽日本代表FW大迫勇也が所属するケルンは、残り4試合の現時点でブンデスリーガ最下位に位置。入れ替え戦圏内の16位フライブルクを9ポイント差で追う苦しい状況を強いられている。 2018.04.18 10:45 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫フル出場も最下位ケルン、逆転負けで残留絶望的に《ブンデスリーガ》

▽ケルンは14日、ブンデスリーガ第30節でヘルタ・ベルリンとのアウェイ戦に臨み、1-2で敗れた。ケルンのFW大迫勇也はフル出場している。 ▽前節マインツとの残留争いを1-1で引き分け、6ポイント差を縮められず最下位に戻ったケルン(勝ち点21)は、マインツ戦を見せ場なく途中交代した大迫が先発となった。 ▽10位ヘルタ・ベルリン(勝ち点36)に対し、大迫が[4-1-4-1]の右インサイドMFで先発したケルンは、自陣に引いてヘルタにポゼッションを譲っていく。そんな中12分、大迫がヘディングシュートでオンターゲットを記録するも、22分にS・ツォラーが負傷し、コルドバが投入される。 ▽25分にはイビセビッチにGKホルンとの一対一の局面を作られるも、凌いだケルンは29分に先制する。ホルンのゴールキックをコルドバが頭で後方に逸らし、ボックス中央に侵入したビッテンコートがGKとの一対一を制した。 ▽ハーフタイムにかけても自陣に引いてヘルタの攻撃を受け止めたケルンは、42分に追加点のチャンス。ショートカウンターに転じてビッテンコートがボックス左ゴールライン際からクロス。これを大迫が合わせにかかるも、その前でDFにカットされてしまった。 ▽ケルンが1点をリードして迎えた後半、開始4分に試合を振り出しに戻される。CKの流れからゼルケにシュートを叩き込まれた。 ▽さらに53分、プラッテンハールトのミドルシュートをゴール前のゼルケに合わせられ、一気に逆転されてしまった。 ▽あっさりリードを許して以降、コルドバにボールを当てて打開を図ったケルンだったが、全くチャンスを作れず試合は終盤へ。そんな中87分にコルドバが相手DFからボールを奪ってショートカウンター。チップキックシュートを放ったが、GKにセーブされ、1-2のまま敗戦。最下位を脱出できず、残留が絶望的となっている。 2018.04.15 02:44 Sun
twitterfacebook
thumb

大迫所属のケルン指揮官ルーテンベックが今季限りで退任へ

▽ケルンは12日、ドイツ人のシュテファン・ルーテンベック監督(45)の今季限りでの退任を発表した。 ▽ケルンは昨年12月3日、現ドルトムントのペーター・シュテーガー前監督を成績不振から解任し、U-19の監督を務めていたルーテンベック氏を暫定指揮官に任命。ブンデスリーガ第17節のヴォルフスブルク戦で白星を得ると、1月には2連勝を挙げるなど徐々に復調の兆しを見せていた。 ▽それでも、ケルンは未だに最下位から抜け出すことはできておらず、今季限りでルーテンベック監督と袂を分かつことを決定。同監督はクラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ケルン出身の私にとって、このクラブの監督になることは素晴らしい特権だった。しかし、私はいつもこの席が絶対であることはないと主張してきた」 「我々の将来について、シーズン終盤に気を逸らさせないためにこのタイミングでの公表が重要だった。私にとってではなくケルンにとってね。素晴らしい機会に恵まれたと思っているし、クラブが私を信頼してくれたことに感謝したい。これからチームがブンデスリーガに残れるよう、私の全ての力を注ぎたい。最終的にどんな結果になろうとも、我々はそれに誇りを持つ。ファンも受け入れなければならない」 2018.04.13 00:55 Fri
twitterfacebook
thumb

降格圏脱出を目指すケルンvsマインツは痛み分けのドロー決着…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第29節のケルンvsマインツが7日にライン・エネルギエ・シュタディオンで行われ、1-1の引き分けに終わった。ケルンのFW大迫勇也は69分までプレー。マインツのFW武藤嘉紀はケガのため欠場した。 ▽前節のホッフェンハイム戦で0-6と惨敗を喫した17位ケルン(勝ち点20)は、その試合から先発を3人変更。シモン・ツォラーとリッセ、マローに代えてテローデとクレメンス、クランターをスタメンで起用した。一方、前節のボルシアMG戦でゴールレスドローに終わった16位マインツ(勝ち点26)は、その試合から先発を1人変更。ベルに代えてバログンを先発で起用した。 ▽降格圏脱出を目指す両者の一戦は、マインツが先にチャンスを迎える。5分、ラツァのパスを受けたエツナリがボックス右まで持ち上がると、切り返しで相手DFをかわしシュート。しかし、これはGKホルンの好セーブに阻まれた。 ▽対するケルンは7分、大迫のパスを左サイド高い位置で受けたビッテンコートのクロスをヘクターがヘディングでゴール右隅に流し込み、先制に成功した。勢いづくケルンは、16分にも高い位置でのボール奪取から決定機。クレメンスのパスを受けた大迫が、ペナルティアーク手前から狙ったが、これは相手GKの正面に飛んだ。 ▽その後も一進一退の攻防が続いたが、互いにゴールネットは揺らせず、前半は1-0で終了した。 ▽迎えた後半、先にチャンスを作ったのはケルン。48分、クランターのパスでボックス右深くに侵入したクレメンスの折り返しをテローデが合わせたが、シュートはGKアトラーがファインセーブ。 ▽ピンチを凌いだマインツは50分、右サイドをオーバーラップしたG・ドナーティのクロスをファーサイドから走り込んだデ・ブラシスがヘディングシュート。右ポストの内側を叩いたボールはそのままゴールに吸い込まれた。 ▽勝ち越しを狙うマインツは69分、ベルグレーンを下げてクアイソンを投入。対するケルンも、69分に大迫を下げてピサーロをピッチに送り出した。この交代で先にチャンスを迎えたのはマインツ。 ▽72分、エツナリのパスを受けたクアイソンがボックス左から侵入。カットインからシュートを狙ったが、相手DFに当たったボールは左ポストを直撃。対するケルンは75分、ビッテンコートの左クロスからピサーロがヘディングシュートを放ったが、これは相手GKが好セーブ。 ▽試合は膠着状態のまま終盤に突入すると、マインツは試合終了間際の98分に決定機。クアイソンとのワンツーでボックス右から進入したガバミンが折り返しを供給すると、ゴール前に走り込んだクアイソンが合わせたが、これもGKホルンに防がれた。 ▽直後に試合終了のホイッスル。降格圏に沈む両者の一戦は、1-1の痛み分けに終わった。 2018.04.08 02:06 Sun
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース