大迫が2戦連発のケルンが10人のレバークーゼンに快勝で最下位脱出《ブンデスリーガ》2018.03.19 01:25 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ブンデスリーガ第27節、ケルンvsレバークーゼンが18日に行われ、2-0でケルンが快勝した。ケルンのFW大迫勇也はフル出場している。

▽前節ブレーメン戦では大迫が今季3ゴール目を挙げたものの1-3と敗れて2連敗となった最下位ケルン(勝ち点17)は、残留プレーオフに回れる16位マインツとは残り8試合で8ポイント差と厳しい状況の中、大迫が[3-4-2-1]の2シャドーの一角で5試合連続スタメンとなった。

▽一方、ボルシアMGに2-0と快勝して4位に浮上したレバークーゼン(勝ち点44)は、最前線にアラリオ、2列目に右からブラント、ハフェルツ、ベイリーを配す[4-2-3-1]で臨んだ。

▽ケルンが鋭い攻守の切り替えでレバークーゼンに応戦する立ち上がりとなると、9分に大迫が2戦連続ゴールを奪う。左サイドからのクロスを受けた大迫がトラップから左足を一閃。GKレノの手を弾くシュートがゴールラインを割った。

▽その後もケルンがカウンターを軸に流れを渡さずに試合を運ぶ中、レバークーゼンは32分にアラリオがマローに対してヒジ打ちを見舞い、VARの末に一発退場となった。ハーフタイムにかけては数的優位となったケルンがボールを保持し、1点をリードしたまま後半へ折り返した。

▽後半からバウムガルトリンガーとイェドバイに代えてポヒャンパロとヘンリクスを投入して圧力をかけてきたレバークーゼンに対し、ケルンは大迫が57分にボックス内から左足でシュートを浴びせていく。

▽そして69分に突き放した。S・ツォラーがアランギスのヘディングでのバックパスをカットしてGKレノをかわし、無人のゴールにシュートを蹴り込んだ。

▽このゴールで意気消沈となったレバークーゼンに対し、ケルンが危なげなく時間を消化。3試合ぶりの勝利を収めて最下位を脱出し、マインツとは5ポイント差に縮めている。
コメント
関連ニュース
thumb

中国からケルン復帰のモデスト、FIFAから出場許可が下りる! 早ければ次節にも出場か

ブンデスリーガ2部に所属するケルンは14日、天津天海(天津権健)から獲得したFWアントニー・モデスト(30)の公式戦出場が可能になったことを発表した。 モデストは2015年夏にケルン入り。ケルン在籍2年目の2016-17シーズンにブンデスリーガ25得点を挙げ、同シーズン終了後に天津天海に活躍の場を移した。天津天海では、公式戦29試合に出場し16ゴールを記録したが、中国での生活になじめず昨夏に欧州復帰を目指して移籍を模索。 しかし、天津天海は移籍を認めず、モデストは国際サッカー連盟(FIFA)に仲介を要請すると、昨年8月に天津天海との契約解除が成立。同年11月にケルンへ復帰していたが、FIFAは中国側との問題が解決するまでドイツでの公式戦出場を禁止していた。 そして今回、ケルンとモデストは14日に行われた練習の後にFIFAの理事から出場許可の一報を受けたという。 ケルンでマネージングディレクターを務めるアレキサンダー・ヴェルレー氏は、クラブの公式サイトで以下のように喜びを語った。 「中国サッカー協会が旧クラブである天津天海から承諾を得て、トニーはここでプレー出来ることになった。トニーのプレー許可が下りたことは、我々にとってとても喜ばしいことだ」 なお、ここまでブンデス2部で2位に位置するケルンは、15日に第22節でパーダーボルンと対戦する。 2019.02.15 01:02 Fri
twitterfacebook
thumb

ブレーメン、オーストリア代表MFカインツのケルン移籍合意を発表

ブレーメンは15日、オーストリア代表MFフロリアン・カインツ(26)がブンデス2部のケルンへ移籍することで合意したことを発表した。 シュトゥルム・グラーツでプロキャリアをスタートしたカインツは、ラピド・ウィーンでのプレーを経て、2016年にブレーメンに移籍。左ウイングを主戦場とする右利きのドリブラーは、昨シーズンのブンデスリーガで30試合に出場し3ゴール3アシストをマークしたが、今シーズンはバックアップ以上の役割をなかなか得られず、リーグ戦8試合の出場にとどまっていた。 また、ブレーメンによればカインツは18日にケルンのメディカルチェックを受診するとのこと。なお、契約年数は公表されていないが、ドイツ『キッカー』によれば2022年までの契約となるようだ。 2019.01.16 01:55 Wed
twitterfacebook
thumb

シャルケで完全構想外のMFガイスがケルンへ完全移籍

ブンデスリーガ2部のケルンは13日、シャルケの元U-21ドイツ代表MFヨハネス・ガイス(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。 ガイスはグロイター・フュルトの下部組織出身で、2013年にマインツへと完全移籍。2015年に移籍金1050万ユーロ(当時のレートで約14億3850万円)でシャルケへと完全移籍していた。 正確なFKなど将来が嘱望されていたガイスは、シャルケでの1年目はブンデスリーガで28試合に出場し2ゴール5アシストと活躍。しかし、ドメニコ・テデスコ監督就任後は構想外となり、2017年9月にはセビージャへとレンタル移籍。セビージャでは、2017-18シーズンのリーガエスパニョーラで14試合、チャンピオンズリーグで2試合に出場していた。 今シーズンからシャルケに復帰したものの、テデスコ監督の構想外であることは変わらず、ここまで今シーズンの出場はなし。契約期間が今シーズン限りで満了となるガイスだったが、晴れてチームを去り、出場機会を得られることとなった。 ケルンへの移籍を果たしたガイスは「残りのシーズンの目標は明確だ。僕たちは昇格したい。僕はこの挑戦を楽しんでおり、それを達成するための役割を果たしたいと思っている」とクラブを通じてコメントしている。 2019.01.14 17:57 Mon
twitterfacebook
thumb

独2部ケルンに元主砲が! モデストの復帰決定

▽ケルンは17日、フランス人FWアントニー・モデスト(30)の復帰を発表した。契約は2023年までとなる。 ▽モデストは2015年夏にケルン入り。ケルン在籍2年目の2016-17シーズンにブンデスリーガ25得点を挙げ、同シーズン終了後に天津権建に活躍の場を移した。だが、今年8月に契約を解除。無所属となり、ケルンのアンダーカテゴリーでトレーニングに参加していた。 ▽約1年4カ月ぶりのケルン復帰となるモデストはクラブ公式サイトを通じて、「ケルンに戻れて幸せだ。ケルンは僕のことをすごく気にかけてくれ、中国から戻ってきたとき、助けてくれた。そのサポートと期待に応えたい」と再起を誓った。 ▽ケルンは昨シーズンのブンデスリーガ最下位に沈み、ブンデスリーガ2部に降格。ここまでは7勝3分け3敗の2位につけ、首位のハンブルガーSVを3ポイント差で追っている。 2018.11.18 11:45 Sun
twitterfacebook
thumb

「負担の大きさ」を理由にケルンDFヘクターがドイツ代表招集を辞退《UEFAネイションズリーグ》

▽ドイツサッカー連盟(DFB)は3日、ケルンのDFヨナス・ヘクターが代表招集を辞退することを発表した。 ▽ドイツ代表は、UEFAネイションズリーグでフランス代表と対戦。さらに、ペルー代表との国際親善試合を控えている。 ▽ロシア・ワールドカップにも出場したヘクターは、今回のメンバーに一度招集。しかし、ヨアヒム・レーブ監督と会談の後、疲労を考慮して招集を辞退することで合意したようだ。 <div class="disp-news-link" style="display:none;"> <a href="/news/view?news_no=325792"><span style="color:#f3a600;font-weight:700;">W杯惨敗から復権目指すドイツがメンバー発表!</span></a> </div> ▽ヘクターが所属するケルンは、昨シーズンのブンデスリーガを最下位で終えて2部に降格。ブンデスリーガは開幕から2試合を消化しているが、2部は既に4試合を消化しており、ワールドカップにも参加したヘクターに負担が掛かるという点が問題に挙がった。 ▽なお、招集を辞退したヘクターは、個人トレーニングで回復と調整をし、木曜日のヴィースバーデン(3部)とのテストマッチを欠場する。 2018.09.04 14:10 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース