レアルと対戦するユベントス、「昨季の決勝よりチャンスがある」とネドベド2018.03.16 22:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽16日にチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝の組み合わせ抽選会が行われ、ユベントスはレアル・マドリーと対戦することが決まった。パヴェル・ネドベド副会長のコメントを、イタリア『コッリエレ・デロ・スポルト』などが伝えている。

▽ユベントスは昨シーズン、カーディフでレアル・マドリーとCL決勝を戦い、1-4で敗戦。ビッグイヤーを掲げることはできなかった。

▽それでも、副会長を務めるネドベド氏は「カーディフでのゲームより少しチャンスがあるだろう」とコメント。ただし、「もちろん、非常にタフになるけどね」と、簡単な戦いにはならないことを予想した。

▽レアル・マドリーは、ラ・リーガで苦しんでおり逆転優勝は難しい。ネドベド氏はこれがかえってユベントスにとって難しい状況だと感じている。「レアルはCLに集中している。我々は3つの大会全てで戦っているところだ。もちろん、そのことはうれしいが、困難が待っていることは分かっているよ」と話している。

▽ネドベド副会長の話すとおり、ホーム&アウェイのゲームではユベントスはレアル・マドリー戦で良い結果を残している。1995-96シーズン、2002-03シーズン、2004-05シーズン、2014-15シーズンと対戦し、4回ともユベントスが勝ち上がった。ただし、チャンピオンズカップ時代は異なり、1962年と1986年の対戦はいずれもレアル・マドリーが勝ち上がっている。

コメント

関連ニュース

thumb

ナポリ指揮官、首位ユーベとの直接対決も「すでに目標は達成。あとは楽しむだけだ」

ナポリの指揮官マウリツィオ・サッリは、22日に行われるセリエA第34節のユベントスとのビッグマッチに向けて意気込みを語った。イタリアメディア『プレミアムスポーツ』が19日、伝えている。<br><br>前節、首位ユベントスが降格圏のクロトーネと引き分けたため、2位ナポリとの勝ち点差は4ポイントに縮まった。次節の直接対決でナポリが勝利することができれば、差はさらに1ポイントになるため、今季のセリエA王者を決める重要な一戦となる。<br><br>しかし、百戦錬磨の王者ユベントスは、緊張感の高まるビッグマッチでの経験も豊富だ。ナポリ指揮官はこの点について回答を求められると、相づちを打ち、自分たちの目標はあくまで2位を確保することだと強調している。<br><br>「そんなこと言われたってねえ&hellip;&hellip;。事実だよ。彼らは戦い慣れている。それがナポリの選手たちにとって重荷にならず、堂々と戦ってくれることを願うよ」<br><br>「何を心配しているのか分からない。我々は現在2位。6節も早く、自分たちの目標を達成することができた。あとは楽しむだけだよ。逆転優勝? 選ぶことができるならば、常に先頭に立っていたいが、サッカーにおいてチャンスは常にあるものだ。不可能な試合などありえない。ただ選手たちには、1日ぐらい緊張感を解いてリフレッシュして欲しいところだよ」<br><br>またサッリは、ホームにおいて0-1で敗れた12月のユベントス戦を振り返り、相手のボール試合率に注意を払いつつ、積極的なプレーを展開することを約束した。<br><br>「恐れている素振りを見せてはならないが、私の哲学上、消極的な試合にはならないと思う。敵地へ乗り込んで、自分たちのプレーを見せるつもりだ。上手く行くときもあればそうでないときもある。相手の状態にもよるだろう。前半戦と比較して注意したい点? 87%の支配を許して負けることだ」<br><br>提供:goal.com 2018.04.21 14:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ユーベ、待ちぼうけ?…エムレ・ジャン音信不通

▽リバプールに所属するドイツ代表MFエムレ・ジャン(24)のユベントス移籍が混迷を極めているようだ。イタリア『トゥットスポルト』が報じた。 ▽今シーズン限りでリバプールとの契約が満了を迎え、以前からユベントス移籍の可能性が取り沙汰されてきたエムレ・ジャン。来シーズンの補強動向を早く落ち着かせたいユベントスは7日、10日以内の返答を求めたとみられ、ドイツ人MFの決断に注目が集まっている。 ▽だが、エムレ・ジャン側は返答期日を過ぎた現在も返答していない模様。同選手に対してバイエルンの関心も囁かれているが、ユベントスは代替案を考慮に入れつつ、返事を待っている状況だという。 ▽その代替案として浮上しているのは、アーセナルのMFアーロン・ラムジー、パリ・サンジェルマンのMFアドリアン・ラビオ、ゼニトのMFレアンドロ・パレデス、ローマのMFロレンツォ・ペッレグリーニとのことだ。 2018.04.21 13:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ジダン頭突き事件のマテラッツィ氏、CL退場のブッフォンに理解「彼も血の通った人間」

元イタリア代表のマルコ・マテラッツィ氏は、チャンピオンズリーグ(CL)準々決勝レアル・マドリー戦で主審に抗議したユベントスのGKジャンルイジ・ブッフォンについて自身の見解を示した。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が19日、伝えている。<br><br>ユベントスは11日、CL準々決勝でレアル・マドリーとのセカンドレグに挑んだが、ファーストレグでの3点のビハインドから奇跡は起こせず、2試合合計3-4でベスト8敗退が決定した。キャリアで最後となるはずのCLを戦っていたブッフォンは、勝負を分けた後半アディショナルタイムのPKの判定に抗議して退場。試合終了後も主審マイケル・オリヴァー氏について、「スタンドでポテトチップでも食べているべき」「心があるべき場所にゴミ箱がある」などと歯に衣着せぬ発言で非難していた。<br><br>■大きな目標を逃がしたブッフォンに理解 ブッフォンとともにイタリア代表で戦い、2006年ドイツ・ワールドカップを制したマテラッツィ氏は、当時の決勝の舞台において、現役最後の試合に臨んでいたジネディーヌ・ジダンを挑発して頭突きを誘い、退場に追い込んだ当事者としても知られる。現役最後かもしれないCLにおいて、同じく退場という形でピッチを去ったユベントス主将を元インテルDFは支持した。<br><br>「ユニフォームの下には、鼓動を打ち、血が通った1人の人間がいるんだ。私はジジの行動をリスペクトする。ああいう状況では、大事な目標が遠ざかってしまったかのように感じる。起こりうることだ。しばらく経ってから、彼が同じことを言うかどうか聞いてみたい。私も過ちは何度も犯したことがある。大切なのは、彼を理解してあげることだと思う。もしかしたらいつか、彼が謝る日がくるかもしれない。皆、人間なんだ」<br><br>最後には、人望あるブッフォンと自身を比較し、「もしあれが自分だったとしたら、どれほどの人がジジを擁護したように私を支持してくれたか見てみたいよ」と皮肉で締めくくっている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.20 15:20 Fri
twitterfacebook
thumb

UEFA会長がマドリー対ユベントスの疑惑のPKに言及...「VARがあっても判定は変わらなかった」

UEFAのアレクサンデル・チェフリン会長が、先の試合で結果に大きな影響を及ぼしたジャッジに言及した。<br><br>チャンピオンズリーグ準々決勝第2戦レアル・マドリー対ユベントスの一戦で、マドリーは終了間際にMFルーカス・バスケスが相手DFメディ・ベナティアに倒されてPKを獲得。これをFWクリスティアーノ・ロナウドが沈め、2試合合計スコア4-3でラウンド突破を決めた。<br><br>だが試合後、あのPKについては議論が巻き起こっている。チェフリン会長はイタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』で自身の見解を示した。<br><br>「VARがあっても判定は変わらなかった。あのプレーを、20回くらい見た人もいるだろう。私は50回くらい見直したよ。あれはPKだったと主張する人が半分、もう半分はPKではなかったと考えているだろう」<br><br>ジャッジを激しく批判したユベントスGKジャンルイジ・ブッフォンのコメントについては、次のように話している。<br><br>「ブッフォンの発言は正しくなかった。あれは言うべきではなった。だが、あの試合でプレーした選手のフラストレーションは分かる。93分に失点した際の失望感は理解できるものだ」<br><br>審判団の選定に関しては、一貫した姿勢を示している。<br><br>「監督が選手を決めるようなものだ。勝利するためにベストメンバーを送り出す。しかし、実際には逆の現象が起きたりする。その時、責任は誰にあるのか。彼らはUEFAに多大な貢献をしてきた」<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.20 00:20 Fri
twitterfacebook
thumb

イタリアの2クラブがアトレティコDFヴルサリコを狙う

▽アトレティコ・マドリーのクロアチア代表DFシメ・ヴルサリコ(26)に、イタリアの2クラブが興味を示しているようだ。イタリア『Radio CRC』で代理人が語った。 ▽ヴルサリコに興味を示しているのは、現在スクデットを争っているユベントスとナポリとのこと。新シーズンに向けた補強の1人として考えているようだ。 ▽代理人のジュゼッペ・リソ氏は、「右サイドバックは世界で最も求められているポジションだ」と指摘。両クラブの希望は理解しているものの、他クラブからのオファー、そしてアトレティコの方針についても語った。 「ナポリとユベントスは右サイドバックを探している。それは、ヨーロッパのいたるところで起こっていることであり、彼が1月に移籍することはなかった」 「シメは、イタリアが大好きだ。ただ、プレミアリーグは誰にとっても魅力的である」 「アトレティコが彼を売却するかどうかはわからない。彼の代わりを見つける必要が出てくるが、それは簡単ではないね」 ▽今シーズンのヴルサリコは、リーガエスパニョーラで17試合に出場。1月にはナポリ遺跡の可能性も報じられていたが、アトレティコに残留していた。 ▽ヴルサリコは2013年7月にディナモ・ザグレブからジェノアへ移籍。2014年7月から2016年7月まではサッスオーロでプレー。セリエAでのプレー経験もあることが、両クラブの興味を引くところのポイントでもあるだろう。 2018.04.19 15:47 Thu
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース