YS横浜、今季初白星! 北脇の開始2分弾など3発でFC東京U-23を撃破《J3》2018.03.16 20:58 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽明治安生命J3リーグ第2節の1試合が16日に行われた。▽ニッパツ三ツ沢球技場で行われたY.S.C.C.横浜vsFC東京U-23は、3-1でYS横浜が勝利した。

▽開幕戦のSC相模原戦を2-2で引き分けたYS横浜と、アスルクラロ沼津戦を0-3で落としたFC東京U-23の一戦。試合は開始2分にホームのYS横浜が先制する。ロングボールに抜け出した北脇がボックス右に侵攻。迷いなく右足を振り抜き、GK波多野のニアサイドを射抜いた。

▽幸先良いスタートを切ったYS横浜はさらに17分、左サイドでショートコーナーを受けた三沢が低いクロスを供給。これが相手DFの処理ミスを誘発すると、ゴール前に走り込んでいた宗近が右足で押し込んだ。

▽2点ビハインドのFC東京U-23は39分、品田の左CKをボックス中央の吉本がヘディングシュート。これがゴール左を捉えたが、ゴールラインぎりぎりのところで西山峻にクリアされてしまう。

▽試合を折り返すと、2-0でリードするYS横浜が前半同様攻勢に出る。48分、後藤が粘り強く左サイドを突破し、ボックス左からグラウンダーのクロス。中央の三沢が左足で合わせるが、これはクロスバーに嫌われる。

▽それでもYS横浜は64分、右サイドのショートコーナーからリターンを受けた後藤のクロスを吉本に頭で弾かれる。それでもボックス右にこぼれたボールを三沢が右足で合わせると、GK波多野が競り合いから戻り切れず、無人のゴールに吸い込まれた。

▽一矢報いたいFC東京U-23は後半アディショナルタイム、敵陣中央右でFKを獲得。これをリッピ・ヴェローゾが左足を振り抜くと、ゴール前で吉本とGK浅沼が競り合う。しかし、誰もボールに触ることなく、そのままゴールに吸い込まれて1点を返す。しかし、反撃はここまで。3-1で勝利したYS横浜が、今季初白星を飾った。

◆明治安田生命J3リーグ第2節 結果
▽3/16(金)
Y.S.C.C.横浜 3-1 FC東京U-23

▽3/17(土)
《13:00》
カターレ富山 vs 藤枝MYFC
アスルクラロ沼津 vs グルージャ盛岡
鹿児島ユナイテッドFC vs ガンバ大阪U-23
《14:00》
SC相模原 vs AC長野パルセイロ
ギラヴァンツ北九州 vs FC琉球
《16:00》
ザスパクサツ群馬 vs ブラウブリッツ秋田
《18:00》
ガイナーレ鳥取 vs 福島ユナイテッドFC
コメント
関連ニュース
thumb

相模原、MF徳永裕大の退団を発表…本人からの申し出により

▽SC相模原は12日、MF徳永裕大(24)より退団の申し出があり、今シーズンをもって契約を満了し、来シーズンの契約を結ばないことを発表した。 ▽徳永は、ガンバ大阪ユース、関西学院大学を経て、2017シーズンから相模原でプレー。今シーズンは明治安田生命J3リーグ19試合1ゴールを記録した。 ▽徳永は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆MF徳永裕大 「満足できる活躍はできなかったですが、サポーターの暖かい声援は忘れることはないです。この経験を次に活かせるように頑張ります。2年間ありがとうございました」 2018.12.12 18:18 Wed
twitterfacebook
thumb

相模原、DF梅井大輝との来季契約更新を発表

▽SC相模原は12日、DF梅井大輝(29)との2019シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽福井県出身の梅井は、2008年に福井県立丸岡高校から横浜F・マリノスに加入。その後は、ザスパ草津、大分トリニータ、ツエーゲン金沢、福島ユナイテッドFCなどでプレーし、2017シーズンに相模原に入団した。今シーズンは、明治安田生命J3リーグ31試合5ゴールの活躍を見せている。 2018.12.12 16:46 Wed
twitterfacebook
thumb

京都から期限付き移籍のFW石田雅俊が沼津と期間満了「自主練を遅くまで付き合ってもらって…」

▽アスルクラロ沼津は12日、京都サンガF.C.から期限付き移籍加入していたFW石田雅俊(23)が期限付き移籍期間満了となったことを発表した。 ▽石田は市立船橋高校から2014年に京都へと加入。2017シーズンにはザスパクサツ群馬にも期限付き移籍で加入していた。沼津でプレーした今シーズンは、明治安田生命J3リーグ13試合1ゴールを記録している。 ▽石田は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆FW石田雅俊 「アスルクラロ沼津に関わる皆様、本当にありがとうございました。どんな時も温かい応援をしてくれるサポーターが大好きでした。それと、選手、スタッフの皆様にも本当に感謝しています。ほんとに見習うべき先輩もたくさんいて、練習から学ぶことも多かったです。スタッフの皆さんにも自主練を遅くまで付き合ってもらってほんとに嬉しかったです」 「この経験を来年以降必ず活かして、活躍したいと思います。また沼津でいつかサッカーができたら嬉しいです。ほんとにありがとうございました」 2018.12.12 16:28 Wed
twitterfacebook
thumb

藤枝、DF金聖基の契約満了を発表「勉強になった1年でした」

▽藤枝MYFCは12日、DF金聖基(キム・ソンギ/29)との2018シーズンの契約満了に伴い、来シーズンの契約を更新しないことを発表した。 ▽金聖基は、2011年に朝鮮大学校からセレッソ大阪に加入してプロキャリアをスタートさせた。その後、ヴィッセル神戸への期限付き移籍、水戸ホーリーホック、FC町田ゼルビアへの完全移籍を経て、2018年に藤枝へと加入。今シーズンは明治安田生命J3リーグ8試合1ゴールを記録していた。 ▽金聖基は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆DF金聖基 「ファン・サポーター、スポンサー企業の皆さまの期待に応えることができず、不甲斐ないシーズンでしたが、結果が出ない時でも全力で声援を送ってくださった皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです」 「今年は本当に勉強になった1年でした。監督交代もあり、思うような結果が出ない時期も続きましたが、それも全て選手たち自身が招いた事であり、疑心暗鬼に陥ったこともありましたが、それでも前を向いてやり続けた選手たちを誇りに思いますし、チームに核として残る選手が来シーズンは必ずやってくれると信じています。このチームで出会った人は僕の財産ですし、なによりチームメイトは僕の一生の宝物です」 「これからはチームを離れますが、いつまでもサッカーのまち藤枝、藤枝MYFCを応援しています。1年間という短い期間でしたがありがとうございました。また会いましょう」 2018.12.12 16:19 Wed
twitterfacebook
thumb

讃岐、MF鈴木拳士郎の来季残留を発表「怪我をして苦しい1年でしたが…」

▽カマタマーレ讃岐は12日、MF鈴木拳士郎(22)が2019シーズンも同クラブでプレーすることが決定したことを発表した。 ▽静岡県出身の鈴木は、ACNジュビロ沼津、ジュビロ磐田U-18を経て、関西大学に進学。今シーズンから讃岐に加入してプロ入りを果たしていたが、負傷の影響もあり明治安田生命J2リーグ6試合、天皇杯1試合の出場に留まった。 ▽鈴木は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 ◆MF鈴木拳士郎 「怪我をして苦しい1年でしたが来年は試合にたくさん出場して讃岐のJ2復帰のために全力を出したいと思います! 」 2018.12.12 15:15 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース