大迫同僚のドイツ代表DFヘクターは来夏ドルトムントへ?2018.03.16 01:41 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ケルンに所属するドイツ代表DFヨナス・ヘクター(27)は、来夏にドルトムントに移籍する可能性が高いようだ。ドイツ『ビルト』や『キッカー』が伝えている。

▽豊富な運動量と高い戦術理解度に加え、積極果敢な攻撃参加が売りのヘクターは、近年ドイツ代表でもポジションを確保している実力者。左サイドの複数ポジションに加え、セントラルMFでもプレー可能なユーティティー性も大きな売りの1つだ。今季序盤戦を足首のじん帯断裂で棒に振ったものの、以降はキャプテンとして苦境に立たされるチームをピッチ内外で支えている。

▽現在、残留圏内の15位ヴォルフスブルクと勝ち点8差の最下位に低迷するケルンは、1部残留に向けてかなり厳しい状況に立たされている。そして、『ビルト』の伝えるところによれば、ヘクターとケルンの契約書にはクラブが2部に降格した際に、700~800万ユーロ(約9億1000~10億5000万円)で他クラブへの移籍が可能となる条項が盛り込まれているという。

▽そして、ケルン時代にヘクターを指導していたペーター・シュテーガー監督が率いるドルトムントが同選手の獲得に強い関心を示しているようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

ドイツ2部ケルン、昨季デュッセルドルフ1部昇格の立役者・宇佐美貴史獲得を検討か

▽ブンデスリーガ2部のケルンが、アウグスブルクに所属する日本代表FW宇佐美貴史(26)の獲得に興味を抱いているようだ。ドイツ『エキスプレス』が伝えている。 ▽2017-18シーズンにレンタルでデュッセルドルフに加わり、昨季リーグ戦28試合8ゴール3アシストでブンデスリーガ2部制覇と1部昇格に貢献した宇佐美。同選手の引き留めを目指すデュッセルドルフだが、アウグスブルクが要求する300万ユーロ(約3億9000万円)の支払いに難色。交渉の行き詰まりが取り沙汰され、撤退の可能性も伝えられている。 ▽今回伝えられるところによると、ケルンが宇佐美獲得を検討。移籍交渉が行われていたかは定かではないが、アウグスブルクのスポーツディレクターを務めるシュテファン・ロイター氏が、ケルンのキャンプ地に訪れて、ケルンのスポーツディレクターであるアルミン・フェー氏と1時間半の会談を行っていたことも伝えている。 2018.07.17 11:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ケルンのセルビア代表MFヨイッチがイスタンブールBBへ完全移籍

▽イスタンブール・バシャクシェヒルは10日、ケルンからセルビア代表MFミロス・ヨイッチ(26)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は3年間で、1年間の契約延長オプションが付いている。 ▽ヨイッチは、パルチザン・ベオグラードの下部組織出身で、2014年1月にドルトムントへと完全移籍。2015年7月にケルンへと完全移籍していた。 ▽2017-18シーズンはブンデスリーガで25試合に出場し2ゴール5アシストを記録。ブンデスリーガでは通算79試合に出場し12ゴール10アシストを記録していた。 ▽また、セルビア代表として5試合に出場。2013年10月に行われた日本代表戦にも出場していた。 2018.07.11 19:30 Wed
twitterfacebook
thumb

フライブルク、2部降格ケルンから主力CBハインツを獲得!

▽フライブルクは23日、ケルンからドイツ人DFドミニク・ハインツ(24)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は23に決定。契約期間に関する詳細は明かされていない。 ▽今シーズンのブンデスリーガを最下位で終えたケルンは、来シーズンの2部降格が決定。そして、クラブは2部降格時に有効な他クラブへの移籍が可能となる契約条項を盛り込んでおり、今回ハインツはそのオプションを行使する形でフライブルクに移籍することになった。 ▽カイザースラウテルンでプロデビューを飾ったハインツは2015年にケルンに完全移籍で加入した。ケルンでは公式戦108試合に出場し3ゴールを記録。188cmの恵まれた体躯に加え、左サイドバックでもプレー可能な精度の高い左足を兼備する同選手は総合力の高いセンターバックとしてハノーファーやフランクフルトからも関心を示されていた。 2018.05.24 14:07 Thu
twitterfacebook
thumb

ブレーメンに完全移籍の大迫勇也 「今の自分に必要なのは高いレベルでプレーを続けて行くこと」

▽16日にケルンからブレーメンに完全移籍した日本代表FW大迫勇也(27)が同日、自身と契約するマネジメント会社を通じてコメントを発表した。 ▽大迫は、2014年6月に1860ミュンヘンからケルンに加入。加入4年目の今シーズンはブンデスリーガ25試合で4ゴール2アシストを記録した。しかし、チームは2部降格が決定。そして、クラブ降格時に一定の移籍金で他クラブへの移籍が可能となる契約条項を行使し、ブレーメンに完全移籍した。 ▽大迫は今回のブレーメン行きを決断した理由に関して以下のように語っている。 「皆さん、いつも応援ありがとうございます。この度、ドイツの中でも歴史あるクラブであるブレーメンに完全移籍することになりました。来シーズンは新たなチームで挑戦できることをうれしく思います」 「ケルンで過ごした4年間は、初のヨーロッパリーグ出場やフォワード以外でのポジションなど沢山の経験をさせてもらい、サッカー選手として、1人の人間として成長させてもらえたことは感謝でしかありません」 「2部降格が決まった後、いくつかの他クラブからのオファーを頂きました。正直悩みました。ケルンへの想いと新しいチャレンジ。最終的に今の自分に必要なのは高いレベルでプレーを続けて行くことだと思い移籍を決断しました」 「ブレーメンはケルン同様、今シーズン当初は苦しんでいましたが、監督交代以降内容も結果も充実していきました。コーフェルト監督と話した時も、攻撃的なサッカーを続け、より高みを目指して行く中で『大迫が必要だ!』とストレートに言われ、その想いに答えたいと思いブレーメン移籍を決断しました」 「来シーズンは新天地でのスタートになりますが、みなさんに活躍している姿を届けられる様に頑張りたいと思います。引き続き応援よろしくお願いします」 2018.05.16 23:39 Wed
twitterfacebook
thumb

大迫勇也、加入報道のブレーメンに「抜群にマッチする可能性」!?

▽ブレーメンの地元紙『ヴェーザー・クーリエ』が、同クラブ入団間近と伝えられるケルンの日本代表FW大迫勇也について取り上げた。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ▽大迫が所属するケルンは、今シーズンのブンデスリーガを最下位で終え、2部降格が決定。ブレーメンの補強リストに入っていた大迫は、関心を寄せられているとされ、すでにメディカルチェックを受けたとの報道も伝えられている。 ▽そんな中、『ヴェーザー・クーリエ』は大迫について分析。「トップ、ウイング、トップ下でのプレーが可能だが、点取り屋でもなく、ドリブラーでもなく、典型的なトップ下のタイプでもない。チームへの組み込みが難しい選手」と指摘しながらも「セカンドトップとして興味深い選手。ラインの間で動き回り、スリムな体で屈強な相手からうまくすり抜けて、ゴールに向かうことが可能。最大の特徴はテクニックの高さ」と評価している。 ▽また、ブレーメンを率いるフロリアン・コーフェルト監督か掲げる「ウイングが積極的に中央へ仕掛け、FWとのコンビネーションサッカーで打開していくスタイル」には抜群にマッチする可能性があると見方を示した。 2018.05.16 11:59 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース