5月開催のトゥーロン国際大会の組み合わせ決定! 日本はカナダ、ポルトガル、トルコと同居《トゥーロン国際大会》2018.03.15 20:53 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は15日、5月26日から6月9日にかけて行われる第46回トゥーロン国際大会の組み合わせを発表した。

▽東京オリンピック世代となるU-21日本代表が出場する今大会。日本は、グループCに入り、カナダ、ポルトガル、トルコとグループで同居することとなった。

▽また、グループAにはイングランド、中国、メキシコ、カタールが、グループBにはフランス、韓国、スコットランド、トーゴが入っている。

▽日本は28日にトルコと初戦を戦い、31日にポルトガル、6月3日にカナダと対戦する。U-21日本代表の森保一監督はJFAを通じてコメントしている。

「いずれも強豪のチームですし、いい経験を積んで、チームとしてレベルアップすることができると思います。プロセスをしっかりと踏まないと結果にはつながっていきませんので、一試合一試合勝利を目指して戦い、そのなかでチームの狙いを具現化できるようにしたいです」

【組み合わせ】
◆グループA
イングランド、中国、メキシコ、カタール

◆グループB
フランス、韓国、スコットランド、トーゴ

◆グループC
カナダ、日本、ポルトガル、トルコ

【試合日程】
▽5月26日(土)
イングランドvs中国(15:00)
カタールvsメキシコ(17:30)

▽5月27日(日)
フランスvs韓国(15:00)
トーゴvsスコットランド(17:30)

▽5月28日(月)
トルコvs日本(17:00)
ポルトガルvsカナダ(19:30)

▽5月29日(火)
中国vsカタール(17:00)
メキシコvsイングランド(19:30)

▽5月30日(水)
韓国vsトーゴ(17:00)
スコットランドvsフランス(19:30)

▽5月31日(木)
日本vsポルトガル(17:00)
カナダvsトルコ(19:30)

▽6月1日(金)
中国vsメキシコ(17:00)
イングランドvsカタール(19:30)

▽6月2日(土)
韓国vsスコットランド(15:00)
フランスvsトーゴ(17:30)

▽6月3日(日)
日本vsカナダ(15:00)
ポルトガルvsトルコ(17:30)

▽6月5日(火)
11位/12位決定戦(16:00)
9位/10位決定戦(16:00)

▽6月6日(水)
準決勝(17:00、19:30)

▽6月7日(木)
7位/8位決定戦(16:00)
5位/6位決定戦(16:00)

▽6月9日(土)
3位決定戦(16:00)
決勝(18:30)

※日時は現地時間。
※試合は40分ハーフ。各グループの1位と2位グループの1位が準決勝に進出。

コメント

関連ニュース

thumb

三好弾でトーゴ撃破! 7位で大会終了《トゥーロン国際大会2018》

▽U-21日本代表は7日、トゥーロン国際大会2018の7位決定戦でU-21トーゴ代表と対戦し、1-0で勝利した。 ▽4日前に行われたU-21カナダ代表戦を1-1で引き分け、準決勝進出を逃した日本は、カナダ戦のスタメンから6選手を変更。横内代行監督は[3-4-3]の布陣を採用し、GKにオビ、3バックに右から椎橋慧也、冨安健洋、杉岡大暉、中盤に右から遠藤渓太、松本泰志、井上潮音、菅大輝、3トップに右から三好康児、田川亨介、三笘薫と並べた。 ▽雨が降る中でスタートした試合は、日本がボールを持つ展開で推移していく。そして39分、三苫のスルーパスに抜け出した三好が決めて日本が先制した。 ▽後半、トーゴの反撃を受けた日本だったが、ポストやバーにシュートが当たるなど救われ、1点のリードを保って逃げ切り。7位で大会を終えている。 2018.06.08 02:13 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和MF橋岡大樹がU-21日本代表から離脱…クラブの事情により《トゥーロン国際大会2018》

▽日本サッカー協会(JFA)は6日、浦和レッズDF橋岡大樹が所属クラブの事情によりトゥーロン国際大会2018に出場中のU-21日本代表から途中離脱することを発表した。なお、同選手に代わる選手の追加招集はされない。 ▽埼玉県出身の橋岡は、ジュニアユースから浦和に所属。各年代の日本代表に招集され、今回のトゥーロン国際でも2試合に出場していた。 ▽U-21日本代表は、7日に7・8位決定戦でU-21トーゴ代表と対戦。帰国は9日を予定している。 2018.06.06 18:54 Wed
twitterfacebook
thumb

三苫弾で追いつくもドロー止まりで準決勝進出ならず《トゥーロン国際大会2018》

▽U-21日本代表は3日、トゥーロン国際大会2018のグループC最終節でU-21カナダ代表と対戦し、1-1で引き分けた。 ▽3日前に行われたU-19ポルトガル代表戦を10人になりながらも3-2と逆転勝利した日本(勝ち点3)は、ポルトガル戦のスタメンから4選手を変更。主将の中山雄太や田川亨介らがベンチスタートとなった。 ▽横内代行監督は引き続き[3-4-3]の布陣を採用し、GKにオビ、3バックに右から橋岡大樹、冨安健洋、杉岡大暉、中盤に右から藤谷壮、松本泰志、板倉滉、初瀬亮、3トップに右から三好康児、小川航基、森島司と並べた。 ▽首位のカナダ(勝ち点4)に対し、勝利した上でトルコ(勝ち点3)が引き分け以下に終わると準決勝進出となる日本は、立ち上がりからボールを保持していたが、9分に失点してしまう。初瀬のボールロストからスルーパスをボックス内のベアに通され、GKオビとの一対一を決められた。 ▽その後もカナダの鋭いボールへの寄せに苦戦した日本は、ゴール前までボールを運べずシュートシーンを生み出すことができない。そんな中29分に決定機。三好のダイレクトパスをボックス右で受けた藤谷がグラウンダーのクロスを入れ、ファーサイドの初瀬がシュート。枠を捉えていたが、GKにセーブされた。 ▽徐々にプレーテンポが上がってきた日本だったが、ハーフタイムにかけてはシュートシーンを作れず1点ビハインドのまま前半を終えた。 ▽後半から日本は2選手を変更。小川と森島に代えてポルトガル戦で2ゴールを決めた上田綺世と、三笘薫を投入した。その後半、開始3分に上田が三好の浮き球パスに抜け出してGKを強襲するシュートを浴びせると、同8分には三笘のスルーパスから上田がスライディングシュートで同点ゴールに迫った。 ▽選手交代によって攻撃が活性化した日本は、後半20分に追いつく。ロングボールがルーズとなったところをボックス中央の三苫が拾い、相手DFを外して冷静にゴールへ流し込んだ。 ▽さらに同24分、三好がボックス右を突破してマイナスのクロスを送り、三苫がシュート。しかし、DFにブロックされた。その後も2シャドーの三苫と三好が攻撃を牽引する日本が攻勢に出ると、終了間際の同40分、ロングボールに抜け出した初瀬がループシュートを狙ったが、わずかに枠を捉えられず1-1で終了。 ▽準決勝進出はならず、順位決定戦に回ることとなった。 2018.06.03 23:55 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京のGK波多野豪がU-21日本代表に追加招集! 「優勝します! 」

▽FC東京は6月1日、GK波多野豪が第46回トゥーロン国際大会2018に臨んでいるU-21日本代表に追加招集されたことを発表した。 ▽波多野は、クラブ公式サイトを通じて以下のように意気込んでいる。 「このチャンスを活かして、自分が持っているものをすべて出したいと思います。日本で試合を見ていましたが、自分の高さを活かせる場面も出てくると思います。FC東京の名に恥じないよう、チームの力になれるように頑張ります。優勝します! 」 ▽U-21日本代表は、3日にグループステージ第3戦でU-21カナダ代表と対戦する 2018.06.01 17:50 Fri
twitterfacebook
thumb

10人の日本が強敵ポルトガルにラストプレーPK弾で劇的逆転勝利《トゥーロン国際大会2018》

▽U-21日本代表は5月31日、トゥーロン国際大会2018のグループC第2節でU19ポルトガル代表戦に臨み、3-2で逆転勝利した。 ▽3日前に行われたU-21トルコ代表戦を1-2と逆転負けした日本は、トルコ戦のスタメンから4選手を変更。横内代行監督は引き続き[3-4-3]の布陣を採用し、GKに山口瑠伊、3バックに右から橋岡大樹、冨安健洋、板倉滉、中盤に右から初瀬亮、松本泰志、中山雄太、菅大輝、3トップに右から三好康児、田川亨介、森島司と並べた。 ▽立ち上がりからボールを持たれた日本は7分、ジョアン・フィリペにGK山口を強襲されるシュートを浴びせられる。さらに9分、ボックス左へのジョアン・フィリペにループシュートを打たれるも、ゴールライン上で富安がオーバーヘッドでクリアし、難を逃れた。 ▽猛攻を受け続ける日本は11分、自陣でのミスパスからジョゼ・ゴメスに決定的なシュートを許すが、枠を外れて助かった。 ▽劣勢の日本は17分、三好がミドルシュートで初シュートをマークすると、ここから落ち着きを取り戻していく。 ▽それでも34分、地力に勝るポルトガルに先制される。サイド攻撃で揺さぶられると、最後はルーズボールをルイス・シウバに押し込まれた。 ▽しかし36分、三好のスルーパスに反応した田川がボックス中央に侵入。GKとの一対一を制して試合を振り出しに戻した。 ▽1-1で迎えた後半、菅に代えて遠藤渓太を右サイドに投入した日本は初瀬を左に回した。その後半開始5分にジョゼ・ゴメスにGK山口を強襲されるシュートを打たれた日本は、後半もポルトガルに押し込まれる展開を強いられる。 ▽そこで同14分、森島に代えて三笘薫を投入。しかし、劣勢が続くと同30分、ジョゼ・ゴメスにディフェンスライン裏を取られたところで、飛び出したGK山口が手を使ってボールを止め、一発レッドカードが提示された。 ▽そして、このプレーで与えたFKからポルトガルに勝ち越しゴールを許す。ボックス手前左からジョアン・フィリペに直接シュートを狙われると、ゴール右上に決められてしまった。 ▽それでも同37分、10人の日本が同点に追いつく。遠藤のスルーパスに抜け出した途中出場の上田綺世がボックス右に侵入。GKとの一対一となり、シュートをゴール左に流し込んだ。さらに追加タイム2分、三笘のスルーパスに反応した上田がロマン・コレイアにボックス内で倒されてPKを獲得。これを上田がゴール右上に決めて逆転に成功。直後にタイムアップとなり、10人の日本が劇的な逆転勝利を収めている。 ▽準決勝進出を目指す日本は6月3日にグループステージ最終節でU-21カナダ代表と対戦する。 2018.06.01 01:44 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース