レーティング:ベシクタシュ 1-3(AGG:1-8) バイエルン《CL》2018.03.15 04:02 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、ベシクタシュvsバイエルンが14日にベシクタシュ・パークで行われ、アウェイのバイエルンが3-1で勝利した。この結果、2戦合計8-1としたバイエルンがベスト8進出を果たした。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。▽ベシクタシュ採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
29 ゼンギン 5.0
2失点はノーチャンス。ただ、オウンゴールの場面では連係がうまく取れなかった

DF
77 ギョクハン・ギョニュル 5.5
2失点に関与も1アシストで意地を見せる。中に絞るウイングが空けたスペースを積極的な上がりで使った

12 メデル 5.5
レヴァンドフスキらに粘り強く対応。機動力を生かした守備でまずまずの出来

20 ウイサル 5.5
メデルと共に本職は守備的MFながらも要所を締めた守備だった

88 エルキン 6.0
クアレスマを自由にプレーさせるため、後方支援に専念。攻守に上々のプレー

MF
17 レンス 5.5
中央に流れるプレーでペクテメクやヴァグネル・ラブとのダイレクトプレーで局面の打開を図った

10 オズヤクプ 5.5
中盤の低い位置でボールを引き出す動きをみせ、そこから正確にボールを捌く。ただ、守備の切り替えに甘さが出た

11 ペクテメク 5.5
スペースメイクやデコイランなど利他的なプレーで周囲を生かした。ただ、後半序盤の決定機は決めたかった

18 アルスラン 5.5
守備の局面で粘りを見せ、繋ぎの質も上々だった

7 クアレスマ 5.5
積極的なシュート意識やクロスで幾度かチャンスを演出

FW
30 ヴァグネル・ラブ 6.0
一矢報いるゴールを奪取。神出鬼没な動き出しと切れ味鋭い仕掛けで相手の脅威に

(→バベル 5.0)
うまく試合に入れず、そのままタイムアップを迎えることに

監督
ギュネシュ 5.5
ドイツ王者相手に粘り強く戦ったが及ばず。今季ホーム初黒星に

▽バイエルン採点
(C)CWS Brains,LTD.

GK
26 ウルライヒ 5.5
難しい枠内シュートはなし。ただ、後半はビルドアップの部分などやや緩さが出た

DF
13 ラフィーニャ 6.0
オウンゴールを誘発する絶妙なクロスを供給。リスク管理を怠らず、要所で良い攻め上がりからチャンスに絡んだ

17 J・ボアテング 5.5
相手の流動的な攻撃に対して、やや後手を踏む場面が散見

5 フンメルス 6.0
的確な予測を生かした守備に加え、精度の高い縦パスで攻撃の起点にもなった

(→ジューレ 5.5)
フンメルスに代わって無難に試合を締めた

27 アラバ 5.5
らしくないボールロストで失点に関与。ただ、終盤にワーグナーのゴールをお膳立て

MF
23 ビダル 6.5
攻守両面でインテンシティの高さを見せる。大差が付いた試合でも気の緩みを見せなかった

8 ハビ・マルティネス 6.0
相手のアジリティに苦戦も危険なエリアをきっちりケア。球出しもスムーズだった

6 チアゴ 6.5
貴重な先制点を記録。それだけに足首を痛めての負傷交代は残念だった

(→ハメス・ロドリゲス 5.5)
緊急出動で1stレグ以来の公式戦に。試運転としてはまずまずの出来だった

FW
25 ミュラー 6.5
絶妙なクロスで先制点をアシスト。キャプテンとしてチームをうまく締めていた

9 レヴァンドフスキ 5.5
前線できっちり基準点となったが、やや省エネモードのプレーぶりだった

(→ワグナー 6.0)
嬉しいCL初ゴールを記録

7 リベリ 6.0
カウンター時にうまく味方を使うなど、かつてプレーしたイスタンブールで気持ちよくプレーした

監督
ハインケス 6.0
ミスからの失点は頂けなかったが、勝利に妥当な試合内容できっちりベスト8進出を決めた

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ビダル(バイエルン)
▽1stレグで大差が付いたことで緩みも予想された中、攻守にインテンシティの高さを保ったウォーリアーをMOMに選出。完全アウェイの雰囲気が逆に闘争本能に火を付けたか。

ベシクタシュ 1-3(AGG:1-8) バイエルン
【ベシクタシュ】
ヴァグネル・ラブ(後14)
【バイエルン】
チアゴ(前18)
OG(後1)
ワグナー(後39)

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルン、ノイアーの後継者にベンフィカGK獲得を検討か

▽バイエルンは、ドイツ代表GKマヌエル・ノイアーの後継者として、ベンフィカのドイツ人GKオディセアス・ヴラチョディモス(24)の獲得を検討しているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えた。 ▽2011年にバイエルンへ加入して以降、絶対的守護神として活躍してきたノイアー。昨シーズンこそ長期離脱のケガに苦しめられたものの、今シーズンはここまで安定したプレーを見せている。しかし、バイエルンは同選手が32歳という年齢に差し掛かっていることもあり、後継者探しに動き出しているようだ。そこで、白羽の矢を立てたのがベンフィカのヴラチョディモスだという。 ▽ヴラチョディモスは、20日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループE開幕節でバイエルンと対戦(0-2でバイエルン勝利)。2失点こそ許したものの、好セーブも見せていた。 ▽シュツットガルトの下部組織出身のヴラチョディモスは、2015年に同クラブでトップチームデビューを果たした。しかし、ポーランド代表プルゼミスラフ・タイトン(現・デポルティボ)の牙城を崩すことができず、公式戦出場は4試合に留まった。その後、2016年1月に加入したパナシナイコスで経験を積み、今シーズンからベンフィカへ。ここまでは公式戦10試合に出場している。 2018.09.26 17:22 Wed
twitterfacebook
thumb

守護神ノイアーのミスからゲッツェ弟に被弾でバイエルンの開幕からの連勝が5でストップ《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは25日、ブンデスリーガ第5節でアウグスブルクをホームに迎え、1-1で引き分けた。 ▽前節シャルケ戦をハメス・ロドリゲスの活躍で2-0と快勝して開幕4連勝としたバイエルンは、シャルケ戦のスタメンから5選手を変更。レヴァンドフスキやリベリ、ハメス・ロドリゲスらに代えてワグナーやニャブリ、レナト・サンチェスといったバックアッパーを先発で起用した。 ▽ここまで1勝1分け2敗のアウグスブルクに対し、ゴレツカを左サイドバックに据え、3トップに右からロッベン、ワグナー、ニャブリと並べる[4-3-3]で臨んだバイエルンは6分にカイウビに枠内シュートを浴びたが、12分にショートカウンターに転じたレナト・サンチェスがドリブルで持ち上がってボックス手前から際どいシュートを浴びせた。 ▽しかし、マンツーマンを敷くアウグスブルクの鋭い寄せの前になかなかゴール前のシーンを生み出せない状況が続いた。34分にキミッヒの右クロスからワグナーがヘディングシュートで久々にゴールに近づいたバイエルンは、37分にもレナト・サンチェスがボックス右に侵入してシュートを浴びせていく。 ▽前半終盤にかけてもワグナーやニャブリが決定的なシュートを放ったバイエルンだったが、相手GKルセのファインセーブに阻まれて前半をゴールレスで終えた。 ▽それでも後半からゴレツカに代えて本職左サイドバックのアラバを投入したバイエルンは、開始3分に先制する。ニャブリがディフェンスライン裏に抜け出してラストパス。ボックス内でパスを受けたロッベンがDFを外してゴールに蹴り込んだ。 ▽続く50分にもレナト・サンチェスがブレイク時を彷彿とさせるドリブルでの持ち上がりからGKを強襲するシュートを浴びせて追加点に迫ったバイエルンは、その後、ニャブリに代えてリベリを投入し、勝負を決めにかかる。 ▽そのバイエルンは74分にアラバの直接FKでゴールに迫れば、84分にはリベリがネットを揺らすもオフサイドに阻まれ、2点目を挙げることができない。すると終盤の87分に同点弾を浴びてしまう。右CKのクロスボールをGKノイアーがファンブルしてルーズとなったボールをパウウェレークに折り返されると、ゴール前のフェリックス・ゲッツェに胸で押し込まれた。 ▽結局、昨季までバイエルンに在籍していたゲッツェ弟のブンデス初ゴールでバイエルンはドローに持ち込まれ、開幕からの連勝が5でストップしている。 2018.09.26 06:00 Wed
twitterfacebook
thumb

ハメス・ロドリゲスを巡り三つ巴?

▽ユベントスが、レアル・マドリーからバイエルンにレンタル移籍しているコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)の獲得を画策しているようだ。スペイン『ドン・バロン』の情報をもとにスペイン『PasionFutbol』が伝えた。 ▽ハメス・ロドリゲスはブラジル・ワールドカップ(W杯)での活躍が認められ、2014年にマドリー入り。カルロ・アンチェロッティ監督(現ナポリ)体制ではチームの主軸を務め、加入初年度からリーグ戦29試合で13ゴール13アシストと活躍した。しかし、アンチェロッティ監督が解任され、ラファエル・ベニテス監督時代を経て2016年1月に前監督のジネディーヌ・ジダン体制になると出番が激減。そのため、当時、恩師であるアンチェロッティが率いていたこともあり、2017年にレンタルでバイエルン加入を果たしていた。 ▽記事によると、ユベントスは中盤の強化を試みており、オプションの1つとしてハメス・ロドリゲスに注視しているようだ。しかし、バイエルンとマドリーの契約には4200万ユーロ(約54億円)の買取りオプションが付随。また、保有元のマドリーで采配を振るうフレン・ロペテギ監督が来夏のハメス・ロドリゲス復帰を画策しているとも伝えられており、ユベントスにとって難しいオペレーションとなっている。 ▽ユベントスは、ハメス・ロドリゲスの他にマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(25)やフィオレンティーナのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(20)を補強候補にしているという。 2018.09.25 22:37 Tue
twitterfacebook
thumb

“CL制覇の夢”を追うハメス、バイエルン在籍は今季限りか

▽バイエルンに所属するコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)に新天地移籍の可能性が浮上した。スペイン『Don balon』が報じた。 ▽昨夏にレアル・マドリーから2年間のレンタルでバイエルン入りしたハメス。バイエルンは今シーズン終了後に買取オプションを行使する意向とみられるが、ハメスの心は既にドイツにない模様だ。 ▽また、ハメスは保有権を持つレアル・マドリー復帰の選択肢も完全に排除。新天地の条件として、チャンピオンズリーグ(CL)優勝が見込めることを挙げ、現時点でパリ・サンジェルマン(PSG)が有力だという。 ▽今シーズンからバイエルンの指揮を執るニコ・コバチ監督の下でも、ここまでブンデスリーガ4試合2得点1アシストと結果を残すハメス。バイエルンの戦力であれば、CL優勝も夢ではないように感じるが、真意はいかに。 2018.09.24 11:20 Mon
twitterfacebook
thumb

兵役免除のソン・フンミン、バイエルン関心に見向きせず「トッテナムで幸せだよ」

▽トッテナムに所属する韓国代表FWソン・フンミン(26)が、トッテナムへの忠誠を誓っている。『BeIN Sport』が伝えた。 ▽2015年8月にレバークーゼンからトッテナムに加入したソン・フンミンは、昨シーズンは公式戦53試合18ゴール11アシストを記録。プレミアリーグでは2016-17シーズンから2年連続二桁得点をマークし、トッテナムで存在感を放ち続けている。 ▽そんなソン・フンミンは、先日U-23韓国代表のオーバーエイジとして参戦したアジア競技大会で兵役免除となる金メダルを獲得。すると、ドイツの名門バイエルンが獲得リストの上位に同選手の名がリストアップされているという報道が浮上した。 ▽しかし、今年7月に2023年までトッテナムと契約を延長したソン・フンミンに退団の考えはないようだ。 「僕は最近トッテナムとの契約を更新したばかりだ。チームのために貢献するということに集中する必要があると思っている。それに僕はトッテナムで幸せだよ」 2018.09.23 18:00 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース