長沢駿2発&中村敬斗初弾のG大阪が浦和を下し今季初白星! 広島は渡大生&ティーラシン弾で公式戦5連勝《YBCルヴァンカップ》2018.03.14 22:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽14日、2018 YBCルヴァンカップのグループステージ第2節が行われた。グループCの浦和レッズvsガンバ大阪は、1-4でアウェイのG大阪が勝利を収め、今季初白星を飾った。

▽リーグ戦で2分け1敗と勝利がない浦和が、3連敗で最下位のG大阪を迎えた一戦。リーグ戦で不調を極める両チームとしては、カップ戦で勝利して良い流れを掴みたいところだ。

▽立ち上がりから攻め込む姿勢を見せたのはG大阪。泉澤、アデミウソンを中心に浦和ゴールに迫る。すると10分、縦パスをアデミウソンがダイレクトではたくと、パスを受けた泉澤がドリブルで運ぶ。独走した泉澤はボックス内に侵入するとグラウンダーのクロス。これをオフサイドラインギリギリで抜け出たファン・ウィジョがダイレクトで合わせ、G大阪が先制する。

▽19分にもG大阪が決定機。遠藤がDFラインの裏に浮き球のパスを出すと、ファン・ウィジョがラインギリギリでキープ。そのままボックス内の長沢に渡すが、シュートはゴールへと飛ばない。

▽浦和は22分に決定機を迎える。ボックス内で長澤からの縦パスを受けた柏木が相手を引きつけてズラタンへ。ズラタンはフリーでパスを受けるも、パスを選択してしまいシュートを打つことができない。

▽G大阪は左サイドから再び崩しにかかる。29分には藤春がボックス左からクロス。これを後方から走り込んだオ・ジェソクが頭で合わせに飛び込むも、わずかに届かない。

▽浦和は35分にチャンス。ダイレクトパス交換に抜け出した武富が、ラインギリギリで折り返すと、最後は柏木が合わせるも、わずかに合わない。

▽迎えた41分、G大阪が追加点を奪う。右サイドでボールを持ったオ・ジェソクがDFを抜ききらずに早いタイミングでクロス。これをボックス中央でフリーになっていた長沢が冷静にヘッドで合わせ、G大阪がリードを2点に広げる。

▽G大阪が2点をリードして迎えた後半、浦和は遠藤航に代えて青木を投入し、[4-3-3]に並びを変更。右サイドバックには阿部が入り、青木はアンカーに入った。一方のG大阪もアデミウソンに代えて中村を投入。中村が左サイドに入り、泉澤を中央へ、ファン・ウィジョが右サイドに入った。

▽後半、互いに序盤から攻め込む。ビハインドの浦和はシステムを変えたことで攻撃に流れが生まれる。52分にはCKからのこぼれ球を萩原がダイレクトで狙うが枠外に外れる。

▽G大阪は54分、CKから流れたボールを泉澤が左サイドで持つと、中央へ切れ込みながらのシュート。これをボックス中央で長沢がヘッドで合わせ、G大阪が3点目を奪う。

▽57分、ズラタンがボックス中央で右サイドからのクロスを頭で合わせるも、至近距離からのシュートをGK東口が鋭い反応でセーブし、得点を許さない。

▽反撃に出たい浦和は65分、FKから柏木がクロスを上げると、槙野がドンピシャヘッド。しかし、GK東口が横っ飛びでキャッチし、ゴールを奪えない。

▽77分にはG大阪がビッグチャンス。市丸がドリブルで持ち上がりパス。これを駆け上がった米倉がボックス内右からシュートを放つも、GK西川にセーブされる。

▽すると浦和は79分、自陣からのロングボールに抜け出た武富が独走。ボックス内で三浦に対応されて倒れてしまい、決定機を逸したかと思われたが、倒れながらシュートを放ち、浦和が1点を返す。

▽それでもG大阪は、初瀬、中村、市丸と若手が躍動する。すると87分、ドリブルで持ち込んだ中村。ボックス内に侵入すると、GK西川の位置を冷静に見てゴール右隅に流し込み、リードを3点にする。

▽浦和は後半アディショナルタイムに猛攻。ボックス内で細かくパスを繋いでシュートに持ち込むが、最後は初瀬が身体を張って防ぎ得点を許さない。結局そのまま試合は終了。1-4で勝利したG大阪が、今シーズン初白星。一方の浦和は、初勝利をつかめなかった。

▽また、同時刻に行われたサンフレッチェ広島vs名古屋グランパスは、2-1で広島が勝利。今シーズン公式戦5連勝を収めた。

▽リーグ戦で3連勝で首位に立つ広島と、昇格組ながら2勝1分けで無敗をキープしている名古屋の対戦。好調を維持している両チームは、良い流れを断ち切りたくないところだ。また、広島から名古屋に移籍したFW佐藤寿人にとっては、初の凱旋試合となった。

▽試合はホームの広島が押し込む展開が続く。試合は9分、渡がボックス内で相手DFからボールを奪うと、ヒールパス。これを工藤がボックス内右でダイレクトシュート。しかし、GK武田が何とか触りゴールを許さない。

▽広島は25分にもチャンス。ルーズボールを拾った渡が、ボックス内で左足シュート。しかし、これもGK武田がしっかりとセーブし、得点を許さない。

▽連動したプレスで相手ボールを奪いペースを掴む広島は33分、柴崎のスルーパスに反応した渡がボックス内からシュート。ボールはネットを揺らすが、オフサイドの判定でゴールは認められない。

▽37分、名古屋はゴール正面やや離れた位置でFKを獲得。内田が得意の左足で狙うも、シュートは枠を越えていく。

▽ゴールレスで迎えた後半、最初に決定機を作ったのは広島だった。52分、ボックス右でパスを受けた川井が中央へ丁寧にパス。フリーの工藤が右足で狙うが、シュートは枠の右に外れる。

▽それでも広島は56分、ボックス右から駆け上がった馬渡がクロス。これをニアサイドで渡が頭で合わせ、広島が先制。渡は移籍後初ゴールとなった。

▽63分、縦パスを受けたティーラシンからの落としを森島が右足で丁寧に狙うも、シュートはわずかに右へ外れる。それでも
65分、フェリペ・シウバがドリブルで左サイドを突破。ボックス内に侵入すると、鋭い切り返しでDFをかわし中央へ。これをティーラシンがダイレクトで蹴り込み、広島がリードを2点に広げる。

▽2点ビハインドとなった名古屋だが、77分に成瀬のスルーパスに深堀が反応。最後は左ポストにシュートを当てながらもゴールを奪った。しかし、その後は再び広島ペースに。結局2-1のまま試合は終了し、広島が公式戦5連勝を達成した。


浦和レッズ 1-4 ガンバ大阪
【浦和】
武富孝介(後34)
【G大阪】
ファン・ウィジョ(前10)
長沢駿(前41、後9)
中村敬斗(後42)

サンフレッチェ広島 2-1 名古屋グランパス
【広島】
渡大生(後11)
ティーラシン(後20)
【名古屋】
深堀隼平(後32)

コメント

関連ニュース

thumb

ルヴァン杯抽選会、出席選手が決定! 鹿島DF内田篤人、柏FW伊東純也、川崎FのDF車屋紳太郎らが登場

▽Jリーグは19日、29日にJリーグYBCルヴァンカップノックアウトステージの組み合わせを決定するオープンドロー(抽選会)の出席選手を発表した。 ▽今回のオープンドローは、29日12時からフジテレビ主催のイベント「ようこそ!! ワンガン夏祭り THE ODAIBA 2018」にて行い、昨年に引き続き一般公開される。同抽選会には、公益社団法人 日本プロサッカーリーグ副理事長の原博実氏、ノックアウトステージ出場クラブの代表選手1名が出席予定。なお、ヴァンフォーレ甲府に関しては、当日明治安田生命J2リーグ第26節・松本山雅FC戦が開催されるため、OBであり、クラブアンバサダーを務める石原克哉氏が出席する。 ▽オープンドローの出席者は以下の通り。 ◆鹿島アントラーズ DF内田篤人 ◆柏レイソル FW伊東純也 ◆川崎フロンターレ DF車屋紳太郎 ◆横浜F・マリノス GK飯倉大樹 ◆湘南ベルマーレ MF菊池俊介 ◆ヴァンフォーレ甲府 石原克哉氏 ◆ガンバ大阪 調整中 ◆セレッソ大阪 FW高木俊幸 2018.07.19 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

川崎F、ルヴァン杯準々決勝ホーム戦を味スタで開催する可能性を発表

▽川崎フロンターレは16日、YBCルヴァンカップ準々決勝においてホーム戦を味の素スタジアムで開催する可能性があることを発表した。 ▽29日にオープンドローが行われ、ノックアウトステージの組み合わせが決定する。準々決勝第1戦は9月5日(水)、第2戦は同月9日に開催されるが、川崎Fのホーム開催日が第2戦になった場合、会場が味の素スタジアムになるようだ。本拠地である等々力陸上競技場は、9月6日から9日まで日本学生陸上競技対校選手権大会が開催されているためだという。 ▽チケットの販売詳細に関しては、組み合わせ確定後の7月30日に発表を予定している模様だ。 ▽プレーオフステージまでの日程が終了し、ノックアウトステージ出場クラブが決定。川崎フロンターレをはじめ、鹿島アントラーズ、柏レイソル、横浜F・マリノス、湘南ベルマーレ、ヴァンフォーレ甲府、ガンバ大阪、セレッソ大阪が出場する。 2018.07.17 10:02 Tue
twitterfacebook
thumb

甲府が逃げ切り!2戦合計スコアで浦和を上回り準々決勝進出!!《YBCルヴァンカップ》

▽2018 Jリーグ YBCルヴァンカップ・プレーオフステージ第2戦、浦和レッズvsヴァンフォーレ甲府が9日に埼玉スタジアム2002で行われ、2-1で浦和が勝利した。しかし、2戦合計スコアでは2-3で上回った甲府が準々決勝進出を決めている。 ▽2日に行われた第1戦では2-0で甲府が勝利を収めた。今季からJ2リーグで戦う甲府が金星を得る結果に。 ▽所変わって埼スタに場所を移した第2戦では、ホームの浦和は前回から3選手を変更。菊池、長澤、李を代えて、橋岡、山田、 阿部を先発に起用した。 ▽対する甲府は、エデル・リマと金園をビョン・ジュンホンと堀米に変更した、 ▽試合が動いたのは19分、ハーフウェイライン付近でボールを奪った浦和は、細かく前に進ませながら興梠に繋ぐ。興梠は自らドリブルでボックス手前まで迫ると、左足で相手の股を抜くシュートを突き刺し、浦和に先制点をもたらした。 ▽さらに浦和は、先制の場面と同じ位置から攻撃を始めると、マルティノスのスルーパスを興梠がボックス右で受ける。ここで興梠は飛び出してきたGKから一旦距離を取ると、すぐさま左足でループシュートを選択。これが見事に決まり、2戦合計スコアで浦和が振り出しに戻した。 ▽しかし、喜びも束の間、浦和はあっという間に勝ち越しを許してしまう。27分、左サイドに展開した甲府は、浦和の隙を突いて一気に前線へパスを供給。ボックス左で森が粘り強くボールをキープし、最後は小塚が押し込んで合計スコアを2-3とした。 ▽迎えた後半、アウェイゴールを奪われ突破にはあと2点が必要となった浦和は、頭から柏木を投入。攻勢を強めたい浦和は武藤がクロスバー直撃の強烈なミドルシュートを放つ。さらに李と武富を立て続けにピッチへ送り込むと23分に、その李がボックス手前でボールを奪いシュートを放つが、枠へ飛ばすことが出来なかった。 ▽一方の甲府も20分頃に左ポスト直撃の強烈なシュートを小塚が放つが追加点を奪うことはできず、試合はこのまま終了。2戦合計スコア2-3で、甲府が準々決勝進出を決めた。 2018.06.09 18:02 Sat
twitterfacebook
thumb

ベスト8進出クラブが決定! 横浜FM、湘南、G大阪、甲府がPO勝ち抜け《YBCルヴァンカップ》

▽JリーグYBCルヴァンカップ ノックアウトステージ進出クラブが決まった。 ▽プレーオフステージ第2戦の4試合は9日に開催。横浜F・マリノス、湘南ベルマーレ、ガンバ大阪、ヴァンフォーレ甲府が勝ち上がった。 ▽これにより、川崎フロンターレ、セレッソ大阪、鹿島アントラーズ、柏レイソルのAFCチャンピオンズリーグ組を含む8つの進出クラブが出揃った。 ▽準々決勝の組み合わせは、7月29日にお台場のフジテレビでオープンドローにて決定する。 ◆ノックアウトステージ進出クラブ 川崎フロンターレ セレッソ大阪 鹿島アントラーズ 柏レイソル 横浜F・マリノス 湘南ベルマーレ ガンバ大阪 ヴァンフォーレ甲府 ◆スケジュール ▽準々決勝 第1戦:9/5(水) 第2戦: 9/9(日) ▽準決勝 第1戦:10/10(水) 第2戦:10/14(日) ▽決勝 10/27(土) @埼玉スタジアム2002 2018.06.09 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ウィジョ初3発のG大阪、磐田連破で5年連続ベスト8《YBCルヴァンカップ》

▽9日にヤマハスタジアムで行われたJリーグYBCルヴァンカップ プレーオフステージ第2戦のジュビロ磐田vsガンバ大阪は、アウェイのG大阪が3-2で勝利した。 ▽先のパナソニック スタジアム 吹田で行われた第1戦は、ファン・ウィジョが長沢との華麗なコンビネーションプレーでゴールを陥れ、G大阪が先制。その後、アウェイゴールを目指して攻勢を強めた磐田だったが、ホームのG大阪が逃げ切り、1-0で先勝した。 ▽2点差以上での勝利が絶対条件の磐田は、ミッドウィークに行われた天皇杯を欠場した中村俊輔ら主力が先発に復帰。一方、優位な状況でアウェイ戦に挑むG大阪は、関西学院大学にジャイアントキリングを許した天皇杯と同じ11名をスターティングメンバーに起用した。 ▽試合は、勝利必須の磐田が前がかりな入りを見せる。その中で、7分にG大阪がカウンター。相手最終ライン背後を突く味方の縦パスに長沢が反応する。ボックス中央に侵攻するが、後方から小川大貴が決死のカバーリング。ゴールに向かったボールはGKカミンスキーに阻まれる。 ▽立ち上がりから積極性が際立つ磐田は15分、小川大貴がバイタルエリア左の田口にパス。ボックス左で田口からボールを受けた松浦が厳しい角度から左足シュートを放つ。これがGK林と左ポストの間を貫き、ホームの声援を受ける磐田がトータルスコアでイーブンに戻した。 ▽早々にアドバンテージを失ったG大阪だが、26分にロングカウンター。自陣右サイドから縦にボールを持ち上がったマテウスが追い越した倉田にパスを出す。バイタルエリア左で並走したファン・ウィジョが倉田からのラストパスを冷静に右足で沈め、2戦合計で再び優位に立つ。 ▽磐田の反撃を受けつつ、ボールを握れば追加点を目指したG大阪。その中で迎えた42分、左CKの流れからキッカーを務めた遠藤が再びボールを受けて中央に右足でクロスを送る。これがゴール右に吸い込まれるが、ファビオがオフサイドの判定を取られ、幻のゴールとなる。 ▽2戦合計スコアで再び優位な状況のG大阪は、ハーフタイム明けに長沢を下げて高江をピッチへ。すると、高い位置でボールを奪取した50分にその高江がシュートを放つ。こぼれ球を拾った遠藤のシュートが相手GKのファンブルを誘い、ルーズボールをゴール前のファン・ウィジョが右足で叩き込む。G大阪が2つの目のアウェイゴールを手にする。 ▽逆転突破にあと3点が必要な状況に追い込まれた磐田。ハーフタイム明けの荒木に続き中野を投入するが、攻め手を欠き続ける。そうした中、G大阪は66分、再びロングカウンターに持ち込み、高江の繋ぎからファン・ウィジョがハットトリックとなる一発。勝負を決した。 ▽その後、最後の交代枠で松本を入れた磐田に川又のゴールで1点を返されたG大阪だが、これ以上の反撃を許さず、先のホームに続きアウェイでも勝利。7年ぶりの8強入りを目指す磐田を退け、5年連続の準々決勝進出を果たしている。 2018.06.09 17:58 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース