長沢駿2発&中村敬斗初弾のG大阪が浦和を下し今季初白星! 広島は渡大生&ティーラシン弾で公式戦5連勝《YBCルヴァンカップ》2018.03.14 22:35 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽14日、2018 YBCルヴァンカップのグループステージ第2節が行われた。グループCの浦和レッズvsガンバ大阪は、1-4でアウェイのG大阪が勝利を収め、今季初白星を飾った。

▽リーグ戦で2分け1敗と勝利がない浦和が、3連敗で最下位のG大阪を迎えた一戦。リーグ戦で不調を極める両チームとしては、カップ戦で勝利して良い流れを掴みたいところだ。

▽立ち上がりから攻め込む姿勢を見せたのはG大阪。泉澤、アデミウソンを中心に浦和ゴールに迫る。すると10分、縦パスをアデミウソンがダイレクトではたくと、パスを受けた泉澤がドリブルで運ぶ。独走した泉澤はボックス内に侵入するとグラウンダーのクロス。これをオフサイドラインギリギリで抜け出たファン・ウィジョがダイレクトで合わせ、G大阪が先制する。

▽19分にもG大阪が決定機。遠藤がDFラインの裏に浮き球のパスを出すと、ファン・ウィジョがラインギリギリでキープ。そのままボックス内の長沢に渡すが、シュートはゴールへと飛ばない。

▽浦和は22分に決定機を迎える。ボックス内で長澤からの縦パスを受けた柏木が相手を引きつけてズラタンへ。ズラタンはフリーでパスを受けるも、パスを選択してしまいシュートを打つことができない。

▽G大阪は左サイドから再び崩しにかかる。29分には藤春がボックス左からクロス。これを後方から走り込んだオ・ジェソクが頭で合わせに飛び込むも、わずかに届かない。

▽浦和は35分にチャンス。ダイレクトパス交換に抜け出した武富が、ラインギリギリで折り返すと、最後は柏木が合わせるも、わずかに合わない。

▽迎えた41分、G大阪が追加点を奪う。右サイドでボールを持ったオ・ジェソクがDFを抜ききらずに早いタイミングでクロス。これをボックス中央でフリーになっていた長沢が冷静にヘッドで合わせ、G大阪がリードを2点に広げる。

▽G大阪が2点をリードして迎えた後半、浦和は遠藤航に代えて青木を投入し、[4-3-3]に並びを変更。右サイドバックには阿部が入り、青木はアンカーに入った。一方のG大阪もアデミウソンに代えて中村を投入。中村が左サイドに入り、泉澤を中央へ、ファン・ウィジョが右サイドに入った。

▽後半、互いに序盤から攻め込む。ビハインドの浦和はシステムを変えたことで攻撃に流れが生まれる。52分にはCKからのこぼれ球を萩原がダイレクトで狙うが枠外に外れる。

▽G大阪は54分、CKから流れたボールを泉澤が左サイドで持つと、中央へ切れ込みながらのシュート。これをボックス中央で長沢がヘッドで合わせ、G大阪が3点目を奪う。

▽57分、ズラタンがボックス中央で右サイドからのクロスを頭で合わせるも、至近距離からのシュートをGK東口が鋭い反応でセーブし、得点を許さない。

▽反撃に出たい浦和は65分、FKから柏木がクロスを上げると、槙野がドンピシャヘッド。しかし、GK東口が横っ飛びでキャッチし、ゴールを奪えない。

▽77分にはG大阪がビッグチャンス。市丸がドリブルで持ち上がりパス。これを駆け上がった米倉がボックス内右からシュートを放つも、GK西川にセーブされる。

▽すると浦和は79分、自陣からのロングボールに抜け出た武富が独走。ボックス内で三浦に対応されて倒れてしまい、決定機を逸したかと思われたが、倒れながらシュートを放ち、浦和が1点を返す。

▽それでもG大阪は、初瀬、中村、市丸と若手が躍動する。すると87分、ドリブルで持ち込んだ中村。ボックス内に侵入すると、GK西川の位置を冷静に見てゴール右隅に流し込み、リードを3点にする。

▽浦和は後半アディショナルタイムに猛攻。ボックス内で細かくパスを繋いでシュートに持ち込むが、最後は初瀬が身体を張って防ぎ得点を許さない。結局そのまま試合は終了。1-4で勝利したG大阪が、今シーズン初白星。一方の浦和は、初勝利をつかめなかった。

▽また、同時刻に行われたサンフレッチェ広島vs名古屋グランパスは、2-1で広島が勝利。今シーズン公式戦5連勝を収めた。

▽リーグ戦で3連勝で首位に立つ広島と、昇格組ながら2勝1分けで無敗をキープしている名古屋の対戦。好調を維持している両チームは、良い流れを断ち切りたくないところだ。また、広島から名古屋に移籍したFW佐藤寿人にとっては、初の凱旋試合となった。

▽試合はホームの広島が押し込む展開が続く。試合は9分、渡がボックス内で相手DFからボールを奪うと、ヒールパス。これを工藤がボックス内右でダイレクトシュート。しかし、GK武田が何とか触りゴールを許さない。

▽広島は25分にもチャンス。ルーズボールを拾った渡が、ボックス内で左足シュート。しかし、これもGK武田がしっかりとセーブし、得点を許さない。

▽連動したプレスで相手ボールを奪いペースを掴む広島は33分、柴崎のスルーパスに反応した渡がボックス内からシュート。ボールはネットを揺らすが、オフサイドの判定でゴールは認められない。

▽37分、名古屋はゴール正面やや離れた位置でFKを獲得。内田が得意の左足で狙うも、シュートは枠を越えていく。

▽ゴールレスで迎えた後半、最初に決定機を作ったのは広島だった。52分、ボックス右でパスを受けた川井が中央へ丁寧にパス。フリーの工藤が右足で狙うが、シュートは枠の右に外れる。

▽それでも広島は56分、ボックス右から駆け上がった馬渡がクロス。これをニアサイドで渡が頭で合わせ、広島が先制。渡は移籍後初ゴールとなった。

▽63分、縦パスを受けたティーラシンからの落としを森島が右足で丁寧に狙うも、シュートはわずかに右へ外れる。それでも
65分、フェリペ・シウバがドリブルで左サイドを突破。ボックス内に侵入すると、鋭い切り返しでDFをかわし中央へ。これをティーラシンがダイレクトで蹴り込み、広島がリードを2点に広げる。

▽2点ビハインドとなった名古屋だが、77分に成瀬のスルーパスに深堀が反応。最後は左ポストにシュートを当てながらもゴールを奪った。しかし、その後は再び広島ペースに。結局2-1のまま試合は終了し、広島が公式戦5連勝を達成した。


浦和レッズ 1-4 ガンバ大阪
【浦和】
武富孝介(後34)
【G大阪】
ファン・ウィジョ(前10)
長沢駿(前41、後9)
中村敬斗(後42)

サンフレッチェ広島 2-1 名古屋グランパス
【広島】
渡大生(後11)
ティーラシン(後20)
【名古屋】
深堀隼平(後32)

コメント

関連ニュース

thumb

2018年ニューヒーロー賞は横浜FMのMF遠藤渓太に! 27日湘南との決勝戦へ《YBCルヴァンカップ》

▽Jリーグは22日、2018 JリーグYBCルヴァンカップの『ニューヒーロー賞』に横浜F・マリノスのMF遠藤渓太(20)が選出されたことを発表した。横浜F・マリノスからはMF齋藤学(現・川崎フロンターレ)が受賞した2013年以来の受賞者となる。 ▽ニューヒーロー賞受賞者は、今大会から各試合において活躍が顕著であった21歳以下の選手が対象(昨年度までは23歳以下)。グループステージから準決勝まで、各試合会場で実施される報道関係者の投票結果が選考方法となる。リーグ公式サイトでは、Jリーグ選考委員会による総評を以下のように伝えられている。 「グループステージ5試合、プライムステージ4試合に出場しコンスタントに活躍。味方を活かすプレーで得点に絡む活躍を見せ、メディア投票で1位を獲得した横浜F・マリノス 遠藤渓太選手を選出した」 「周囲との連携によってプレーの選択肢が広がり、大会を通じて成長。持ち前のスピードに乗ったドリブルに磨きがかかり、スペースを生かした動きで味方攻撃陣の得点機会創出に貢献した。試合を重ねるごとにキレが増し、自身の勢いに乗ったプレーとチームの上り調子が同調。チームにとって17年ぶりの決勝進出に貢献した活躍に加え、大会を通じて成長する姿に今後の可能性が秘められていることも評価を受けて、ニューヒーロー賞受賞となった」 ▽また、同賞を受賞した遠藤は、喜びをあらわにするも、満足せず。27日に迎える決勝戦を含め、残りのシーズンへ意気込んだ。 「2018JリーグYBCルヴァンカップのニューヒーロー賞を受賞できたことを本当に嬉しく思います。この賞は自分の力だけで勝ち得た賞ではなく、チームメイト、監督やスタッフ、すべての方々のおかげで受賞することができたと思っています。ただ、自分としては、受賞に値するだけのプレーを披露できたとはまだ思っていません。その分、週末の決勝と残りのリーグ戦で自分の価値を証明できるように頑張っていきたいと思います。ありがとうございました」 ▽横浜FM下部組織出身の遠藤は、2016年にトップチームデビュー。2017年4月のYBCルヴァンカップ第3節のアルビレックス新潟戦でプロ初ゴールを記録した。今シーズンはYBCルヴァンカップでここまで9試合2アシストを記録するほか、明治安田生命J1リーグでは24試合2ゴール4アシストの活躍を披露している。 ▽なお、遠藤が所属する横浜FMvs湘南ベルマーレの決勝戦は27日13時5分に埼玉スタジアム2002でキックオフを迎える。 ◆過去の受賞者 1996年 名波浩(ジュビロ磐田) 斉藤俊秀(清水エスパルス) 1997年 三浦淳宏(横浜フリューゲルス) 1998年 高原直泰(ジュビロ磐田) 1999年 佐藤由紀彦(FC東京) 2000年 鈴木隆行(鹿島アントラーズ) 2001年 曽ケ端準(鹿島アントラーズ) 2002年 坪井慶介(浦和レッズ) 2003年 田中達也(浦和レッズ) 2004年 長谷部誠(浦和レッズ) 2005年 阿部勇樹(ジェフユナイテッド千葉) 2006年 谷口博之(川崎フロンターレ) 2007年 安田理大(ガンバ大阪) 2008年 金崎夢生(大分トリニータ) 2009年 米本拓司(FC東京) 2010年 高萩洋次郎(サンフレッチェ広島) 2011年 原口元気(浦和レッズ) 2012年 石毛秀樹(清水エスパルス) 2013年 齋藤学(横浜F・マリノス) 2014年 宇佐美貴史(ガンバ大阪) 2015年 赤崎秀平(鹿島アントラーズ) 2016年 井手口陽介(ガンバ大阪) 2017年 西村拓真(ベガルタ仙台) 2018年 遠藤渓太(横浜F・マリノス) 2018.10.22 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ルヴァンカップ決勝の国歌斉唱歌手に『水曜日のカンパネラ』のコムアイ

▽Jリーグは19日、27日に埼玉スタジアム2002で開催されるYBCルヴァンカップ決勝の試合前に行われる国歌斉唱の歌手が『水曜日のカンパネラ』のコムアイに決定したことを発表した。 ▽『水曜日のカンパネラ』は、2012年結成の音楽ユニット。コムアイは独特な世界観を音楽で表現し、ファンを魅了する同ユニットのボーカルを務めている。 ▽決勝は、クラブ史上初の決勝進出となる湘南ベルマーレと、2001年以来17年ぶりの進出となる横浜F・マリノスが対戦。13時5分にキックオフを迎える。 2018.10.20 09:40 Sat
twitterfacebook
thumb

決勝カードは湘南vs横浜FMに決定! 昇格組湘南がファイナル到達《YBCルヴァンカップ》

▽2018JリーグYBCルヴァンカップ決勝進出の2チームが決定した。 ▽決勝進出を果たした2チームは、17年ぶりの優勝を目指す横浜F・マリノスと、初の優勝を狙う湘南ベルマーレだ。両クラブは10月27日(土)に埼玉スタジアム2002で激突する。 ▽横浜FMはJ1リーグ年間3回、1stステージ4回、2ndステージ1回、天皇杯2回、リーグカップ(現ルヴァン杯)1回、計11個のタイトルを誇る。対する湘南は、J2リーグ制覇を2回成し遂げている。 ◆決勝戦 ▽10月27日(土) 《13:05》 湘南ベルマーレ vs 横浜F・マリノス [埼玉スタジアム2002] 2018.10.14 19:00 Sun
twitterfacebook
thumb

湘南がPK戦で柏との死闘を制す! 柏下し初の決勝進出《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ準決勝第2戦の湘南ベルマーレvs柏レイソルが、14日にShonan BMW スタジアム平塚で行われ、2-2の引き分けで終了。この結果、2戦合計3-3でPK戦に突入した末、5-4で制した湘南が決勝進出を果たした。 ▽10日に三協フロンテア柏スタジアムで行われた第1戦は、1-1のドローで終了。アウェイゴール1点のアドバンテージを得ている湘南は、その試合からスタメンを変更しなかった。 ▽対する柏は、スタメンを3名変更。中山、小泉、手塚に代えて、パク・ジョンス、大谷、キム・ボギョンを起用した。 ▽静かな立ち上がりとなった前半、15分に湘南が大きなチャンスを手にする。右サイドに抜け出した岡本が低い弾道のクロスを入れると、ボックス手前中央に構えていた菊池が上手く姿勢を低くして頭で合わせる。しかし、枠の左を捉えたシュートはGK滝本のファインセーブに阻まれた。 ▽勢いに乗る湘南だが、前半の半ばに良い流れを断ち切るアクシデントが発生。好プレーを続けていた菊池がピッチに座り込んでしまいプレー不可能な状態に。一度は立ち上がったものの担架で運び出され、21分に松田との交代を余儀なくされた。 ▽それでも、湘南は勢いを衰えさせずに攻撃を繰り出し28分に待望の先制点を奪取する。右サイドからのクロスが柏DFに跳ね返されると、ボックス手前中央で石川が反応。左足を豪快に振り抜いてネットに突き刺した。 ▽ギアを上げ切れない柏の守勢が続くと、31分にも湘南に絶好機。最終ラインの後方でパスを出そうとしていたGK滝本にプレスをかけた山崎凌が、ボックス左でボールを奪取。しかし、そのまま無人のゴールへ放ったシュートはバーに嫌われ追加点とはならない。 ▽試合は、柏が大きなチャンスを手にできないまま折り返し。選手交代なしで迎えた後半、湘南が積極的な入りを見せる。51分には右サイドで得たFKから梅崎がクロスを供給し松田がヘディングシュートを放つ。GK滝本が凌いだものの柏にとって苦しい時間が続く。 ▽柏は、57分にキム・ボギョンに代えて手塚を投入。チャンスを増加させようと試みた。すると、62分にはその手塚がボックス手前中央からミドルシュートを放ったが、枠を捉えることができない。 ▽それでも徐々に攻勢を強めていく柏が、70分に戦況を大きく変える。左サイドでボールを持った大谷がドリブルで強引にボックス内に侵攻。湘南DFにブロックされたボールが再び足元にこぼれると、右足で強烈なシュートを放つ。これが決まり、2戦合計スコアがイーブンに。 ▽しかし、直後の72分に今度は柏にアクシデントが発生する。前半の湘南の流れをなぞるようにプレー不可となったパク・ジョンスが担架で運び出され、中山との交代を強いられた。 ▽後半終了間際の93分、柏にビッグチャンス。ボックス内右まで上がった小池が鋭い切り返しで対面の湘南DFを振り切り中央に折り返す。すると、飛び込んだクリスティアーノが押し込んだかに思われたが、小池のクロスの時点でエンドラインを割っており得点とは認められない。試合は延長戦に突入した。 ▽延長前半の93分、湘南がいきなり均衡を破る。左サイド浅い位置からのFKの流れで杉岡がクロスを供給すると、ファーにポジションをとっていたDF坂がヘディングシュートを放つ。パンチングに出てたGK滝本は対応できず、湘南が2戦合計スコアで上回る。 ▽絶体絶命の柏は、102分に仲川に代えて最後の切り札として山崎亮を送り出す。すると延長後半に突入した113分、監督の采配が的中する。右サイドの小池が大きくクロスを上げると、ボールはファーの山崎亮の下へ。山崎亮が右足で上手く合わせ、GK秋元の脇下を抜いてスコアを2-2とした。 ▽その後も試合は柏ペースで続いたが、最後まで決勝点は奪えず。延長戦での得点にアウェイゴールは適応されないため試合はPK戦に突入した。湘南の1人目のキッカーを務めた杉岡が成功させると、柏のトップバッターを務めたクリスティアーノも勢いよくネットを揺らす。その後も1人ずつが決めたが湘南の3人目、梅崎のシュートが枠外に。しかし、柏の4人目を務めた江坂もバーに嫌われ、4-4で再び並ぶ。勝負が決したのは6人目。湘南の高山が決めた後、柏の山崎亮が枠を大きく外し5-4で湘南がPK戦を制した。 ▽初の決勝進出を果たした湘南は、同日勝ち抜けを決めた横浜F・マリノスと激突。決勝戦は、10月27日(土)に埼玉スタジアム2002で開催される。 2018.10.14 18:30 Sun
twitterfacebook
thumb

鹿島あと一歩及ばず…! 逃げ切った横浜FMが17年ぶり決勝へ《YBCルヴァンカップ》

▽YBCルヴァンカップ準決勝第2戦の横浜F・マリノスvs鹿島アントラーズが、14日にニッパツ三ツ沢球技場で行われ、2-2の引き分けで終了。この結果、2戦合計4-3で横浜FMが決勝進出を決めた。 ▽20日に県立カシマサッカースタジアムで行われた第1戦では、横浜FMが2-1で勝利。横浜FMは、その試合から全くスタメンを変更せずに勝ち抜きを目指した。 ▽一方、巻き返しが必要な鹿島はスタメンを3名変更。内田、中村、セルジーニョに代えて、山本、西、金森を先発させた。 ▽試合の立ち上がり、お互いに積極的にゴールに迫っていく。5分に遠藤渓が左サイドから惜しいクロスを供給して横浜FMがチャンスを作れば、10分にはボックス内へのパスに反応した安西がダイレクトシュートを放ち鹿島も応戦。スコアこそ動かないものの、激しくアップダウンが繰り返される。 ▽すると20分、横浜FMが先に結果を出す。ボックス手前中央の天野がミドルシュートを放つと、鹿島DFにブロックされたボールがボックス内にこぼれる。反応したウーゴ・ヴィエイラが、右足でゴール左下隅に沈めた。 ▽最低でも2点以上が奪わなければ敗退となる鹿島は盛り返そうとするが、横浜FMがそれを許さない。右サイドの仲川が幾度かタイミングの良い駆け上がりを見せるなど、横浜FMが牽制しつつ時計の針を進めていく。 ▽34分、横浜FMが効率的に攻撃を繰り出していく。ボックス手前中央でボールを持った遠藤渓がボックス左にスルーパスを供給。天野が最終ラインの裏に抜け出してファーサイドに折り返し、仲川が無人のゴールに流し込んだ。 ▽0-2のビハインドで試合を折り返した鹿島は、ハーフタイム中に永木に代えてセルジーニョを投入。フォワードの枚数を増やし逆転を目指していく。 ▽すると53分、ボックス手前右で鹿島がFKを得ると、遠藤康のクロスに町田が頭で合わせてネットを揺らす。しかし、オフサイドの判定でこの得点は認められない。 ▽徐々に鹿島の勢いが増してきた61分、横浜FMは前半からハードワークしていた大津に代えて喜田を送り出しちゅばんの活性化を図る。 ▽しかし、直後の62分に痛恨のミスから鹿島の得点を許すことに。ボールを持ったGK飯倉が中途半端なショートパスを蹴り、土居がカット。落ち着いてゴール右を捉えて点差を縮めた。 ▽さらに70分、またしても鹿島が決定機を迎える。左サイドを駆け上がった途中出場の山口がボックス内中央に山なりのクロスを供給。DFドゥシャンのマークを剥がしたセルジーニョが、指揮官の起用に応える同点弾を決め切った。 ▽この得点で、2戦合計スコアは4-3で横浜FMがリード。しかし、アウェイゴールは2点ずつで並び、勝負は1点を争う状況に変貌した。 ▽その後、守備の意識を強めた横浜FMを相手に鹿島のリスクを冒した攻撃が続く。84分、鹿島は金森に代えて高さのある昌子を投入。ディフェンスリーダーを約3か月ぶりに復帰させた。 ▽しかし、守備を固めた横浜FMからこれ以上得点を奪うことができず。試合は2-2の引き分けに終わった。この結果、2戦合計4-3で横浜FMが勝ち抜けを決めている。 ▽2001年以来17年ぶりに決勝進出を果たした横浜FMは、湘南ベルマーレvs柏レイソルの勝者と対戦。決勝戦は、10月27日(土)に埼玉スタジアム2002で開催される。 2018.10.14 16:00 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース