銃持ち込みのPAOK会長が謝罪も自国リーグに恨み節「病んだサッカー」「ファンを守るため」2018.03.14 16:43 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ピッチ上に銃を持ち込んだことでサッカー界を騒然とさせた、ギリシャリーグに属するPAOKのイバン・サヴィディス会長が、謝罪した。イギリス『BBC』が伝えている。

▽騒動が起こったのは11日に行われたギリシャ・スーパーリーグ第25節PAOKvsAEKアテネでのこと。クラブの優勝が懸かった一戦、0-0で迎えた試合終盤にPAOKがネットを揺らしたものの、審判の判定はノーゴールに。銃を携帯するサヴィディス会長は直後、サポーターとともにピッチになだれ込み、審判に詰め寄った。

▽その中で、レフェリーに対して銃を見せ付けるような行為があったとして試合は中断。ギリシャ政府からギリシャリーグの無期限延期が通達されるほどの大騒動となっている。また、PAOK及びサヴィディス会長に対する具体的な処分は決定していない。

▽この件に関して、サヴィディス会長は以下のように謝罪した。

「非常に申し訳なく思う。あのような格好でフィールドに入る権利が私になかったことは明らかだ」

「私の唯一の目的は、数万人のPAOKのファンを挑発や暴動、人的侵害から守ることだった。頼むから信じてくれ。レフェリーや対戦相手と争うつもりはなかった。誰も脅していないことは明白なんだよ」

「残念なことに、私の家族や私だけでなく同僚まで、病んだ状態のサッカーにより人質に取られている」

「私は全面的に絶え間なく攻撃を受けているが、戦い続ける。公正なサッカーや判定のためにね。勝敗はピッチで決するものであり、法廷で決まるものではないんだよ」

▽謝罪として声明を出しつつ、リーグの気質を批判し自己正当化、八百長の存在まで仄めかすサヴィディス会長。最後には、クラブが勝ち点はく奪処分を受けることを危惧するように、「勝敗は法廷ではなくピッチで」と主張した。ピッチ上に武器を持ち込んだ自身の行動を顧みる意識が欠如しているように見受けられ、サッカー界全体のためにも厳正な処罰が求められる。

コメント

関連ニュース

thumb

W杯MVPのモドリッチ、脱税を認める

▽レアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチ(33)に有罪判決が下った。スペイン『エル・ムンド』が報じた。 ▽モドリッチは、ルクセンブルクに設立した妻名義の会社を通じて、2013年から2年間で合計87万728ユーロ(約1億1000万円)におよぶ所得隠しの疑い。スペインでの税金逃れを働いたとされ、同国検察当局の告発を受けた。 ▽そうした中、モドリッチは脱税の事実を認め、禁錮8カ月の罪と脱税額40%にあたる34万8291ユーロ(約4600万円)の罰金を支払うことで、スペイン検察当局と合意。収監を避けるため、6万ユーロ(約800万円)も支払うという。 ▽先のロシア・ワールドカップ(W杯)でMVPを受賞するなど、さらにフットボールプレーヤーとしての存在価値を高めるモドリッチ。一刻も早くプライベートのいざこざを片付け、本業に集中できる環境を整えたいところだが…。 2018.09.23 08:15 Sun
twitterfacebook
thumb

CR7を擁護しようとしたジャンが不適切発言…性差別を疑われる

▽ユベントスのドイツ代表MFエムレ・ジャンの発言が物議を醸している。『フットボール・イタリア』が報じた。 ▽ユベントスは、19日に行われたチャンピオンズリーグでバレンシアと対戦。試合は0-2で勝利したものの、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが一発退場となっていた。 ▽C・ロナウドが退場になったシーンは、相手ボックス内でムリージョと接触し、ムリージョが倒れたもの。このレッドカードには異論が様々な方面から出ているが、倒れたムリージョの頭をC・ロナウドが掴んだことがカードの対象と見られている。 ▽その件について「レッドカードだと思うか?」と質問されたジャンが自身の見解をコメント。C・ロナウドを擁護したものの、発言内容に性差別が疑われる部分があり、問題となっている 「僕は、彼がムリージョの髪を引っ張ったからだということを学んだ。僕たちは女性じゃない。サッカーをしよう」 「もしあなたがレッドカードを引き出すのならば、全てのファウルに対してそうするだろう。100%レッドカードではないよ」 ▽どういった意図でジャンが「女性ではない」と語ったのかは不明だが、映像として残っているだけに、処分の対象となる可能性もあるようだ。 2018.09.20 21:45 Thu
twitterfacebook
thumb

チームが勝利に喜ぶ裏で愚行のサポーター…リヨンが重い処分を発表

▽リヨンは19日、チャンピオンズリーグにおけるサポーターの行為について処分を下すことを発表した。クラブ公式サイトで声明を発表した。 ▽19日、リヨンはチャンピオンズリーグでマンチェスター・シティとアウェイで対戦。前半に2ゴールを奪うと、後半に反撃を1点に抑えて1-2で勝利を収めていた。 ▽プレミアリーグ王者に勝利したチームの健闘とは裏腹に、サポーターの愚行がソーシャルメディアによって拡散。ナチスに敬意を表するパフォーマンスを行う姿が映像で抑えられていた。 ▽リヨンはクラブ公式サイトで個人を特定していることを明かし、厳しい処分を下すことを明らかにしている。 「オリンピック・リヨンは、ソーシャルネットワークで広まっている映像を見ている。問題のサポーターは特定されている」 「彼が特定されており、グルパマ・スタジアム(パルク・ポリンピック・リヨン)から排除され、アウェイゲームからも排除される」 2018.09.20 20:30 Thu
twitterfacebook
thumb

FIFAが汚職に関わった3名に永久追放の制裁を下す

▽国際サッカー連盟(FIFA)は、汚職に関わったFIFAの職員3名を永久追放することを発表した。 ▽今回永久追放の処分を下されたのは、北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACACF)の元幹部であるコスタス・タッカス氏、北米サッカーリーグの元会長であるアーロン・ダビッドソン氏、スポーツマーケティングの会社である「トラフィック・スポーツUSA」の元社長であるミゲル・トルヒリョ氏の3名となる。 ▽トルヒリョ氏は、かつてFIFAのマッチエージェントを務めており、ダビッドソン氏はその期間北米サッカーリーグの会長であり、トラフィック・スポーツUSAの会長でもあった。なお、3名には78万6000ポンド(約1億1700万円)の罰金が科されている。 ▽タッカス氏は、2015年5月に逮捕。2017年5月24日にマネーロンダリングを画策したとして、有罪判決を言い渡されていた。 ▽また、ダビッドソン氏は2016年10月2日に「サッカー大会のメディア及びマーケティング権の契約を確保することと引き換えに、賄賂を提供した」とされ、有罪判決を受けていた。トルヒリョ氏は、2016年3月8日に金銭授受を企てたこと、またサッカー関係者に賄賂を渡したことなど2件で有罪判決を受けていた。 2018.09.20 20:07 Thu
twitterfacebook
thumb

珍事!女子“ローマダービー”は、ラツィオのミスでローマが勝利

▽こんなことが実際に起こるとは…。イタリアで行われた女子のコッパ・イタリア、ローマvsラツィオの一戦は、不戦勝によりローマが3-0で勝利することとなった。イタリアサッカー連盟(FIGC)が発表した。 ▽女子のローマダービーとなった一戦は16日に開催。ローマは、ラツィオ相手に2-0で勝利を収めていた。 ▽しかし、19日にFIGCが発表した声明によると、ローマは3-0で不戦勝となることが決定。その理由が以外なものだった。 ▽FIGCの発表によると、ラツィオが選手の交代枠を誤り、79分に4人目の選手を交代させていたことが原因。この試合は、ローマが3-0で勝利に変更された。 2018.09.20 19:50 Thu
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース