銃持ち込みのPAOK会長が謝罪も自国リーグに恨み節「病んだサッカー」「ファンを守るため」2018.03.14 16:43 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ピッチ上に銃を持ち込んだことでサッカー界を騒然とさせた、ギリシャリーグに属するPAOKのイバン・サヴィディス会長が、謝罪した。イギリス『BBC』が伝えている。

▽騒動が起こったのは11日に行われたギリシャ・スーパーリーグ第25節PAOKvsAEKアテネでのこと。クラブの優勝が懸かった一戦、0-0で迎えた試合終盤にPAOKがネットを揺らしたものの、審判の判定はノーゴールに。銃を携帯するサヴィディス会長は直後、サポーターとともにピッチになだれ込み、審判に詰め寄った。

▽その中で、レフェリーに対して銃を見せ付けるような行為があったとして試合は中断。ギリシャ政府からギリシャリーグの無期限延期が通達されるほどの大騒動となっている。また、PAOK及びサヴィディス会長に対する具体的な処分は決定していない。

▽この件に関して、サヴィディス会長は以下のように謝罪した。

「非常に申し訳なく思う。あのような格好でフィールドに入る権利が私になかったことは明らかだ」

「私の唯一の目的は、数万人のPAOKのファンを挑発や暴動、人的侵害から守ることだった。頼むから信じてくれ。レフェリーや対戦相手と争うつもりはなかった。誰も脅していないことは明白なんだよ」

「残念なことに、私の家族や私だけでなく同僚まで、病んだ状態のサッカーにより人質に取られている」

「私は全面的に絶え間なく攻撃を受けているが、戦い続ける。公正なサッカーや判定のためにね。勝敗はピッチで決するものであり、法廷で決まるものではないんだよ」

▽謝罪として声明を出しつつ、リーグの気質を批判し自己正当化、八百長の存在まで仄めかすサヴィディス会長。最後には、クラブが勝ち点はく奪処分を受けることを危惧するように、「勝敗は法廷ではなくピッチで」と主張した。ピッチ上に武器を持ち込んだ自身の行動を顧みる意識が欠如しているように見受けられ、サッカー界全体のためにも厳正な処罰が求められる。
コメント
関連ニュース
thumb

子どもへの命名「グリーズマン・ムバッペ」は禁止! フランス人夫妻に判決

いかに英雄にあやかりたい気持ちがあろうと、やはり子供に「グリーズマン・ムバッペ」と命名することは許されなかったようだ。スペイン『アス』が報じた。 ロシア・ワールドカップ(W杯)でフランス代表の優勝に大きく貢献したアトレティコ・マドリーFWアントワーヌ・グリーズマンと、パリ・サンジェルマン(PSG)FWキリアン・ムバッペ。母国に大きな歓喜をもたらし、今では国民の英雄となっている。 しかし、英雄視しすぎるあまり、フランス南部のブリーブという街に住むある夫妻が、ロシアW杯後に生まれた息子に「グリーズマン・ムバッペ」と命名。「子どもの利益を害する」として、政府に問題視され、名前の変更を求める裁判が起こされていた。 その報道から約5ヵ月後、地元紙『La Montagne』によると、裁判所は「グリーズマン・ムバッペ」という名前が国連子どもの権利条約第3条に基づく、乳児の「最善の利益」に反すると指摘。夫妻には、改名が言い渡された。 そして、地元ラジオ「France Bleu Limousin」が伝えるところでは、赤ん坊の名前は「ダニー・ノア」に落ち着いたようだ。 フランスではヘーゼルナッツが流行っていた2015年にも、ヘーゼルナッツ風味のチョコレート菓子の商品名『ヌテラ(Nutella)』をある夫妻が子供に命名。その際には、裁判所から『エラ(Ella)』に変更するようにとの命令が下されていた。 2019.03.19 15:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ベッカム、新型ベントレーで“ながらスマホ”…容疑認める

デイヴィッド・ベッカム氏が、運転中の携帯電話での通話を認めたようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じている。 ベッカム氏は昨年11月21日に2018年新型ベントレーを運転している最中に、携帯電話を使用している姿を目撃されており、起訴されていた。『スカイ・スポーツ』によると、ベッカム氏は罪を認めており、ロンドン警視庁本部は、「ベッカム氏は容疑を認め、ブロムリー治安判事裁判所により有罪の申し立てが受理されました」と発表している。 なお、今回の一件については3月19日にも裁判所で審理される予定だが、ベッカム氏当人の出席は見込まれておらず、報道関係者などの立ち入りも認められないとのこと。今回の場合は免許点数の減点や罰金などが科されることとなりそうだ。 また、ベッカム氏の広報担当者は、『スカイ・スポーツ』の取材の申し込みに対してすぐには返答せず。ベッカム氏当人のコメントに関しても、差し控えられている。 2019.03.19 15:05 Tue
twitterfacebook
thumb

インテルウルトラスがまた人種差別…“ミラノ・ダービー”でミランMFケシエが被害に

インテルウルトラスがまたしても問題行動。ミランのMFフランク・ケシエは、インテルとの“ミラノ・ダービー”で人種差別を受けたようだ。『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じた。 17日、今シーズン2度目の“ミラノ・ダービー”が開催。ケシエはこの試合にも先発出場をしたが、試合は点の取り合いとなり、2-3でインテルが勝利を収めていた。 『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によると、ケシエはクルヴァ・ノルド(北側スタンド)のインテルのサポーターから、「サル」のチャントを受けたとのこと。チャントは25分頃に発生していたとのことだ。 クルヴァ・ノルドのサポーターは今シーズンすでに同様の問題を起こしており、ナポリのDFカリドゥ・クリバリに対しても人種差別的なチャントを歌っていた。 2019.03.18 22:06 Mon
twitterfacebook
thumb

ムバッペ、ミーティング遅刻で罰金2300万円

パリ・サンジェルマン(PSG)が、所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペに18万ユーロ(約2300万円)の罰金を科していたようだ。スペイン『アス』が報じた。 罰金対象となった行動は昨年10月末まで遡る。リーグ・アン第11節マルセイユ戦前、ムバッペはチームミーティングにMFアドリアン・ラビオと共に遅刻。クラブは、両名の規律違反に対して、罰金を科した。 ムバッペは自身の過失について十分に認識しており、事実確認の書類にサイン。その際支払われた罰金18万ユーロは、PSG財団に直接送金されるようだ。なお、ムバッペはその後、2-0で勝利したマルセイユ戦で先制点を決めている。 今シーズンもここまで公式戦33試合29ゴール15アシストを記録し、スターとしての地位を確立しているムバッペ。遅刻による罰金が去就に影響するとは考え難いが、『アス』は「獲得を狙うレアル・マドリーがどの様な状況にも細心の注意を払っている」と意味深長な文で締めている。 2019.03.16 14:20 Sat
twitterfacebook
thumb

コロンビア代表FWファルカオ、引退後「プロ野球選手」に

モナコに所属するコロンビア代表FWラダメル・ファルカオ(33)が引退後の夢として、プロ野球選手転向を掲げた。 長らくワールドクラスのゴールゲッターとしてフットボール界に名を轟かせてきたファルカオだが、今年で33歳。最近の報道でミランの関心が取り沙汰されているが、年齢的にもフットボールキャリアの晩期に入っている。 そのファルカオは『France Football』のインタビューで引退後の将来設計について次のように言及。野球大国でもあるベネズエラ出身者らしい展望を明かした。 「若い頃から野球が大好き。僕はベネズエラ育ちだからね。よく練習したスポーツで、なかなかの腕前だったよ」 「時々、妻と一緒に引退後を考えていて、プロ野球選手を目指そうを思っている。マイケル・ジョーダンのようにね」 マイケル・ジョーダン氏とは伝説的な元NBAプレーヤー。引退後、野球選手に転向したことで話題を集めた。 2019.03.12 18:25 Tue
twitterfacebook


ACL

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース