レーティング:マンチェスター・ユナイテッド 1-2(AGG:1-2) セビージャ《CL》2018.03.14 06:58 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の2ndレグ、マンチェスター・ユナイテッドvsセビージャが13日にオールド・トラフォードで行われ、1-2でセビージャが勝利した。この結果、2戦合計2-1としたセビージャがクラブ史上初のベスト8進出を決めた。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。▽マンチェスター・ユナイテッド採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 デ・ヘア 5.5
失点は致し方なし。堅実なゴールキーピングを見せたが、再び神になれず

DF
25 バレンシア 5.0
守備では粘り強く守ったが、攻撃参加はほとんどなかった

(→マタ -)

3 バイリー 5.0
あわや失点というパスミスを犯すなど、最終ラインを締め切れず

12 スモーリング 5.0
彼自身に大きなミスは見られなかった。ただ、80分のチャンスを決めたかった

18 A・ヤング 5.5
可もなく不可もなく。なかなか前に出ることができなかった

MF
27 フェライニ 5.0
積極的にゴールを狙ったが、功を奏さず

(→ポグバ 5.0)
攻撃に違いを生み出せず

31 マティッチ 5.5
球際で粘り強く守り、ミスのないつなぎを見せた

14 リンガード 5.5
なかなかチャンスに絡めず、後半最初のチャンスも生かせなかった

(→マルシャル -)

FW
19 ラッシュフォード 6.0
1アシスト。積極的な仕掛けで多くのチャンスを演出

9 ルカク 6.0
意地のゴールを奪取。だが、不用意なロストなどそれ以外は低調

7 サンチェス 5.0
精彩を欠いた。ほとんど存在感を示せず

監督
モウリーニョ 4.5
得意のホームでまさかの敗戦。結果論だが、1stレグでの消極的なプランがチームに予想以上のプレッシャーを与えたか

▽セビージャ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 セルヒオ・リコ 6.0
失点はノーチャンス。的確なショットストップでチームを勝利に導いた

DF
25 メルカド 6.0
守備に重きを置いていたが、時折見せる攻撃参加でアクセントとなった

4 ケアー 6.0
堅実なプレーを心掛けて安定をもたらした

5 ラングレ 6.5
ケアーとの好連係でルカクを監視

18 エスクデロ 6.0
攻撃参加はさほど多くなかったが、守備をまとめた

MF
17 サラビア 6.5
攻撃で存在感を発揮し、先制点をアシスト

10 バネガ 6.5
前回対戦同様にテンポよくボールを動かし、チームのリズムを作った

22 フランコ・バスケス 5.5
さほど攻撃にアクセントを付けられず

(→ピサーロ -)

15 エンゾンジ 6.5
無難なパス出しに徹し、守備では圧倒的な強さと献身性で存在感

11 コレア 6.0
絶妙なフリックで1アシストを記録

(→ガイス -)

FW
20 ムリエル 5.5
フィニッシュの精度こそ欠いたものの、積極的にシュートを放ち相手守備陣の脅威に

(→イェデル 7.5)
ハットトリックのチャンスは逃したが、2ゴールで勝利に大きく貢献

監督
モンテッラ 6.5
効果的な選手交代で難所オールド・トラフォードを攻略

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
イェデル(セビージャ)
▽途中出場ながら2ゴールをマーク。クラブを史上初のCLベスト8に導く大仕事をやってのけた。

マンチェスター・ユナイテッド 1-2(AGG1-2) セビージャ
【マンチェスター・ユナイテッド】
ルカク(後39)
【セビージャ】
イェデル(後29)
イェデル(後33)
コメント
関連ニュース
thumb

マルセロ、ユナイテッド監督退任のモウリーニョに言及「素晴らしいコーチだったから…

▽レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロがマンチェスター・ユナイテッド監督を退任したジョゼ・モウリーニョ氏について言及した。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽今シーズンのユナイテッドはプレミアリーグ第17節終了時点で7勝5分け5敗の6位。直近のプレミアリーグでは、首位リバプールに1-3とスコア以上の完敗を喫した。その末、18日に事実上の解任となるモウリーニョ氏の退任を発表した。 ▽2010年から2013年までレアル・マドリーでモウリーニョ氏と師弟関係を築いたマルセロはかつての恩師についてコメントしている。 「彼(モウリーニョ)は素晴らしいコーチだったから非常に残念だ」 「彼にクラブがないことは非常に残念だ。マドリーに戻らなければならないとは言い切れないが、彼がクラブ(レアル・マドリー)での僕のためにしてくれたことに対して、とても感謝している」 2018.12.19 19:17 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、モウの後任はスールシャール

▽マンチェスター・ユナイテッドは19日、新監督にかつてプレーしたオーレ・グンナー・スールシャール氏(45)を招へいすることを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなり、暫定的に指揮を執る。 ▽スールシャール氏は、母国のモルデから1996年7月にユナイテッド入り。2007年8月に現役を引退するまで11シーズンにわたってプレーした。 ▽引退後は、ユナイテッドのU-23チームで監督業をスタートさせ、古巣のモルデやカーディフを指揮。2015年10月からモルデの指揮官に再び就任した。 ▽今シーズンもモルデで指揮を執ったスールシャール氏は、12月にクラブと3年間の契約を延長。2021年まで指揮を執る契約を結んでいたが、ジョゼ・モウリーニョ監督の退任を受けて急遽古巣の指揮官に就任することとなった。 ▽今シーズンのモルデは18勝5分け7敗の勝ち点59で、首位のローゼンボリ(勝ち点64)に次いで2位で終えていた。 2018.12.19 18:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ペップがモウリーニョを思いやる 「我々監督は孤独」

▽マンチェスター・シティの指揮を執るジョゼップ・グアルディオラ監督(47)がジョゼ・モウリーニョ氏(55)を思いやった。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽今シーズンのユナイテッドはプレミアリーグ第17節終了時点で7勝5分け5敗の6位。チャンピオンズリーグ(CL)こそ決勝トーナメントに進出したが、プレミアリーグを見れば首位のリバプールに19ポイントの大差をつけられ、厳しいシーズンを過ごしている。その末、18日に事実上の解任となるモウリーニョ氏の退任を発表した。 ▽スペイン時代からモウリーニョ氏と激戦を展開してきたグアルディオラ監督。同日に行われたEFLカップ準々決勝のレスター・シティ戦後、志半ばでユナイテッドから去ることが決まったモウリーニョ氏について次のように語り、気遣った。 「悲しいよ。我々監督は孤独。状況が良くなければ、我々は独りだ」 「私は彼らの側にいる。フットボール界だと、起こり得ることだ」 「でも、彼は私を必要としていないだろう。彼はとても強い男だからね」 「きっとすぐに戻ってきて、我々と再び対峙するだろう」 2018.12.19 18:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがマルシャルの延長OP行使 英『BBC』報じる

▽イギリス『BBC』は、マンチェスター・ユナイテッドがフランス代表FWアントニー・マルシャル(23)の契約に付随する延長オプションを行使したと報じた。 ▽現行契約が今シーズン限りで満了となるマルシャル。長らく延長交渉が取り沙汰され続けてきたが、依然として延長合意に至ってない。そうした状況を受け、ユナイテッドはスペイン代表GKダビド・デ・ヘアと同様、1年間の延長オプション行使を決断。マルシャルの契約を2020年まで引き伸ばしたという。 ▽だが、マルシャルの代理人を務めるフィリップ・ランボレー氏は、フランス『RMC』のインタビューで次のように言及。ユナイテッドとの延長交渉の行方に関して、「とても悲観的」だと説明した。 「我々は彼らから期待にそぐわないオファーを受け取った。だが、スタート地点から我々の希望とはかけ離れており、合意は遥か彼方先にある」 ▽マルシャルは2015年夏、モナコから加入。今シーズンはここまでプレミアリーグでチームトップの7ゴールを記録するなど、公式戦19試合8得点の成績を残している。 2018.12.19 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

クロップ、モウリーニョを称える「最大限尊敬している」

▽リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、マンチェスター・ユナイテッドを去るジョゼ・モウリーニョ監督を称えている。イギリス『メトロ』が伝えた。 ▽ユナイテッドは19日、モウリーニョ前監督の退任を発表。同監督の指揮3年目となった今シーズンは、プレミアリーグ第17節終了時点で6位に沈んでおり、早い段階から解任が取り沙汰されていた。 ▽16日に第17節でユナイテッドを3-1で撃破したばかりのクロップ監督は、モウリーニョ監督の仕事を称えている。 「彼は非常に競争力のある男で、とても野心家だ。本当に競争力があるんだよ。私は彼を最大限尊敬している」 「信じられない程の成功者であるとともに、ここ数か月は誰にとっても喜ばしくなかったと想像できる。特に彼にとっては」 「(ジョゼ・モウリーニョ監督が)こういったことに直面するのは良いことではない」 2018.12.19 11:00 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース