レーティング:ローマ 1-0(AGG:2-2) シャフタール《CL》2018.03.14 06:52 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、ローマvsシャフタールが13日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが1-0で勝利した。この結果、2戦合計2-2で並ぶもアウェイゴール数で上回ったローマの準々決勝進出が決定した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。▽ローマ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 アリソン 5.5
難しい対応はほぼなかった。相手のカウンターに備えて最終ライン背後への警戒を怠らず

DF
24 フロレンツィ 6.5
序盤こそベルナールとイスマイリに押し込まれるが、前半半ば過ぎから盛り返す。攻守に抜群の存在感だった

44 マノラス 6.5
ファクンド・フェレイラの裏抜けや2列目の飛び出しに冷静に対応

20 ファシオ 6.5
一度不用意なロストがあったものの、要所で見せるインターセプトや持ち上がりが利いていた

11 コラロフ 6.5
マルロスをきっちり封じると共に積極的な攻撃参加でクロスを供給

MF
4 ナインゴラン 6.5
チームの守備のスイッチを入れると共に攻撃ではスペースへの飛び出しを狙った

16 デ・ロッシ 7.0
的確なポジショニングで危険なスペースをケア。味方の足元にピタッと付ける縦パスも良かった

6 ストロートマン 6.5
レジェンドのトッティを髣髴とさせるダイレクトパスで決勝点をお膳立て。守備でもインテンシティの高さを保った

FW
17 ジェンギズ・ユンデル 5.5
押し込まれる中で苦手の守備で奮闘。背後を狙う意識も度々見せた

(→ジェルソン 5.5)
要所で軽いプレーもあったが、守備の場面できっちり身体を張った

9 ゼコ 7.0
ワンチャンスを見事なプレーで決め切るエースの仕事。さらにオルテツを退場に追い込んだ

(→エル・シャーラウィ -)

8 ペロッティ 6.0
キープ力を生かしてコラロフや味方の攻め上がりを促した。終盤は守備でも効いていた

監督
ディ・フランチェスコ 6.5
1stレグの敗戦を見事に良い教訓として妥当な内容で勝ち上がった

▽シャフタール採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
30 ピアトフ 6.0
クロスやシュートに対して冷静に対応。ビルドアップでは徐々に相手のプレッシャーを感じてミスが増えた

DF
2 ブトコ 5.5
不用意に食いつかず、安定した守備を披露。要所でマルロスをサポート

18 オルテツ 5.0
恵まれたサイズを生かした空中戦に加え、ポジショニングや状況判断も素晴らしかった。それだけに退場となったプレーが痛恨だった

44 ラキツキ 5.0
セーフティなプレーを心掛けながらラインコントロールなどきっちり最終ラインを統率。しかし、失点場面で一瞬の緩みでゼコに付き切れず

31 イスマイリ 6.0
前半は守備面で強度を見せ、試合終盤は勇敢な仕掛けでチャンスを創出

MF
11 マルロス 5.0
守備では穴を作らなかったが、攻撃面で違いを生めず

(→デンチーニョ -)

8 フレッジ 6.0
機動力と身体の強さを生かして攻守に存在感

7 タイソン 5.0
デ・ロッシや相手センターバックの徹底監視に遭い、カウンターの場面以外でなかなかチャンスに絡めず

6 ステパネンコ 5.5
無難なパス捌きに加え、守備でも良い距離感で周囲をサポートした

(→パトリック 5.0)
投入直後の味方の退場で難しい入りになってしまった

10 ベルナール 5.5
時間の経過と共に守備に追われる展開に。それでも、攻守に最低限の仕事はこなした

FW
19 ファクンド・フェレイラ 5.0
前線で孤立する展開も積極的な駆け引きで相手最終ラインをけん制。ただ、ボールボーイを突き落とした愚行は要反省

監督
フォンセカ 5.5
ボールを保持して守るプランは悪くなかったが、失点後の退場が痛かった。それよりも、1stレグで3点目を取れなかったことが最も悔やまれる展開に

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ゼコ(ローマ)
▽相手の集中した守備を絶妙な動き出しとフィニッシュで見事に崩し切った。また、チームを大きく助けるオルテツの退場を誘発するなど、エースとして素晴らしい仕事ぶりを見せた。

ローマ 1-0(AGG:2-2) シャフタール
【ローマ】
ゼコ(後7)

※2戦合計2-2もアウェイゴール数で上回ったローマが逆転でベスト8進出!
コメント
関連ニュース
thumb

トリノとの打ち合いを制したローマが新年リーグ初白星でセリエA3連勝!《セリエA》

セリエA第20節、ローマvsトリノが19日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが3-2で勝利した。 前半戦6位のローマ(勝ち点30)と、9位のトリノ(勝ち点27)による後半戦初戦。2019年最初の公式戦となったヴィルトゥス・エンテッラとのコッパ・イタリアを4-0の快勝で飾ったローマはその試合から先発3人を変更。負傷離脱のファン・ジェズスに代わってマノラス、パストーレとシックに代わってザニオーロとジェコが復帰した。 試合は開始早々にローマにアクシデント発生。スプリントした際に左足の太ももを痛めたジェンギズ・ウンデルがプレー不可能となり、6分にエル・シャーラウィが緊急投入された。 ジェンギズの負傷交代もあり重い空気が漂うローマだったが、19歳の逸材MFが見事なゴラッソで流れを変える。15分、相手陣内中央で得たFKの場面でロレンツォ・ペッレグリーニの浮き球のボールをボックス右ライン際のファシオがワンタッチで折り返す。これをニアのザニオーロが収めてシュートもGKシリグの好守に遭う。だが、このこぼれ球を体勢を崩しながらキープしたザニオーロは意表を突く左足の反転シュートで流し込んだ。 この先制点で落ち着きを取り戻したローマはここから試合をコントロール。幾つかカウンターから決定機を作ると、34分に追加点を奪う。右サイドを攻め上がったカルスドルプの斜めのパスに反応したエル・シャーラウィがボックス内でGKシリグをかわすと、この場面でシリグが手をかけてしまい、ローマにPKが与えられる。これをキッカーのコラロフが冷静に決めた。その後、前半終了間際には古巣対戦のファルケに抜け出されて決定的なシュートを許すが、これは左ポストを叩きホームのローマが2点リードで試合を折り返した。 迎えた後半も試合の主導権を握るローマは立ち上がりの48分にゴール前でルーズボールを収めたジェコに絶好機もここは決め切れない。すると51分にはボックス手前でベロッティのシュートのこぼれ球に反応したリンコンに見事な右足のコントロールシュートをゴール右隅に流し込まれて点差を1点に縮められる。 この得点で息を吹き返したトリノの反撃に遭う中、ローマは先制点を決めたザニオーロにボックス内で続けて決定機が訪れるも相手の身体を張ったブロックに阻まれる。逆に63 分にはボックス手前中央で与えたFKをアンサルディに強烈な左足で狙われるが、これは枠を外れて事なきを得た。 65分にはローマに決定機。カルスドルプの精度の高い右クロスをファーサイドのジェコが頭で折り返すと、これをゴール前のDFリャンコが左腕の付け根付近で意図的にトラップ。これでPKが与えられるかに思われたが、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)による検証はされず。すると、微妙な判定でチャンスを逸したローマは67分にクロスのクリアに反応したボックス手前のアンサルディに見事なダイレクトボレーを叩き込まれて2点差を追いつかれる。 ホームで勝ち点逸は許されないローマは72分にクライファートを下げてシックを投入。すると、この交代直後の73分に勝ち越しに成功する。ボックス手前のペッレグリーニがラインの揃わない相手守備陣の隙を突いてスルーパスを出すと、ボックス左でフリーのエル・シャーラウィが冷静に右足のシュートを流し込んだ。 その後、今度こそリードを守り切りたいローマは疲れの見えたカルスドルプを下げてサントンの投入で逃げ切り態勢に入る。84分にはベロッティの際どい飛び出しからピンチを招いたものの、何とかリードを守り切って3-2で勝利。トリノとのシーソーゲームを制したローマが2019年のセリエA初白星を挙げると共に3連勝を飾った。 2019.01.20 00:59 Sun
twitterfacebook
thumb

ローマに痛手、ファン・ジェズスが半月板損傷で長期離脱へ…ペロッティも負傷

ローマのブラジル代表DFファン・ジェズスが長期離脱を強いられることになりそうだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が伝えている。 ファン・ジェズスは14日に行われたコッパ・イタリアのラウンド16のヴィルトゥス・エンテッラ(セリエC)戦で負傷。試合開始早々にFWパトリック・シックがゴールを決めて先制したものの、その直後に足を痛めたファン・ジェズスは10分に交代を余儀なくされていた。 今回伝えられるところによると、ジェズスは右ヒザの半月板を損傷。全治には1カ月から1カ月半かかると見込まれている。 ジェズスは自身の公式ツイッターで「仲間を助けるためにすぐにピッチに戻るよ」とメッセージを綴っている。 また、同試合ではキックオフ直前にFWディエゴ・ペロッティも負傷しており、こちらは左ふくらはぎを負傷した模様。最悪の場合は少なくとも3週間の離脱となる可能性があるという。 2019.01.16 17:18 Wed
twitterfacebook
thumb

ローマ指揮官、22歳FWの才能開花に期待「満足してはならない。もっとゴールを」

ローマの指揮官エウゼビオ・ディ・フランチェスコが14日、エンテッラ戦終了後にイタリア国営放送『Rai』のインタビューに応じて試合を振り返った。<br><br>ローマは14日、コッパ・イタリア5回戦でセリエCエンテッラと対戦し、4-0で勝利を収めた。22歳のチェコ代表FWパトリック・シックは先制点を含めドッピエッタ(1試合2得点)を記録したが、指揮官は更なる進化を求めている。<br><br>「良い試合をしていたが、もっとゴールを決められたはずだ。これで満足してはならない。闘争心や決断力を磨いていけば、さらに素晴らしいパフォーマンスが発揮できるようになるだろう。成長までの期間は選手によって違う。彼は非常な高額な移籍金でトップクラブに加入したことが足かせとなったようだが、徐々に成長し、高いクオリティを持っていることを証明してくれた」<br><br>続いてディ・フランチェスコは、MFハビエル・パストーレや今冬の移籍が濃厚と見られていたDFリック・カルスドルプについて自身の見解を示した。<br><br>「ハビエルはここ数シーズン、ケガに苦しんで継続性を見せることができなかった。だが彼はチームにおいて唯一無二の特性を持つ選手であり、我々は彼を必要としている。後半戦では大きな役割を果たしてくれると確信している。カルスドルプも気に入った。守備面を改善し、継続性を見せなければならないが、非常に優れた身体能力や技術を持っている」<br><br>なおエンテッラ戦の試合中、一部のローマサポーターがナポリやユベントス、リバプールなどに対する差別的なチャントを行ったとして問題視された。だがローマ指揮官はこれらのチャントを耳にしていないと明かした。<br><br>「正直、私には聞こえなかった。もし他のチームに対するからかい程度のものであれば、過剰に非難する必要はないと思う。批判すべき対象は、人種差別など本当に差別的なものだと思う」<br><br>提供:goal.com 2019.01.15 22:30 Tue
twitterfacebook
thumb

シック躍動のローマが3部相手に4発快勝でベスト8進出! アタランタがカリアリとのセリエA勢対決制す《コッパ・イタリア》

ローマは14日、スタディオ・オリンピコで行われたコッパ・イタリアのラウンド16でセリエCに所属するヴィルトゥス・エンテッラと対戦し、4-0で快勝した。 セリエA前半戦を6位という期待外れの順位で終えたローマが臨む2019年最初の公式戦。後半戦の巻き返しに向けて弾みを付けたい今季コッパ初戦に向けては直近のパルマ戦から先発5人を変更。 負傷のマノラスやジェコ、フロレンツィ、エンゾンジ、ザニオーロに代えてカルスドルプ、ファン・ジェズス、パストーレ、ロレンツォ・ペッレグリーニと控え選手を主体に起用。なお、ウォームアップ中に負傷したペロッティに代わってクライファートが急遽先発に入り、ファシオがキャプテンマークを引き継いだ。 試合はキックオフからわずか20秒で動く。右サイドのスペースに抜け出したジェンギズ・ウンデルがグラウンダーで折り返すと、これをニアに走り込んだシックが得意のヒールシュートでニアに流し込んだ。 セリエCチーム相手にいきなり格の違いを見せつけたローマだったが、直後に足を痛めたジェズスが負傷交代を強いられるアクシデントに見舞われマルカノを緊急投入。すると、これでリズムが狂ったのか、16分にはボックス手前で与えたFKからニッゼット、エラモと際どい枠内シュートを許すが、ここはGKオルセンのビッグセーブで凌ぐ。 その後は格下相手に行ったり来たりのバタついた展開に持ち込まれると、ハイラインの背後を取られてゴールネットを揺らされるが、ここはビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によるオフサイド判定で事なきを得る。すると、前半終了間際のアディショナルタイムにはFKの二次攻撃からカルスドルプの速い縦パスをシックが巧みなワンタッチパスで折り返すと、これをマルカノが右足のダイレクトシュートで流し込んだ。 迎えた後半、ハーフタイム明けに2枚替えを敢行したエンテッラ相手にローマが再び電光石火のゴールを奪う。47分、パストーレの中央突破からボックス手前左でパスを受けたクライファートが丁寧に逆サイドのシックにパスを繋ぐと、これをチェコ代表が左足のダイレクトシュートでゴール左隅へ流し込んだ。 後半立ち上がりの3点目で相手の反撃の気運を完全に削いだローマは鋭いカウンターからシックやクライファートが積極的にフィニッシュに絡んでいく。だが、相手GKの再三の好守に阻まれてしまう。 それでも、74分にはシックの中央突破からボックス手前左のクライファートにパスが繋がると、クライファートの絶妙な斜めのスルーパスに反応した中央のパストーレが冷静にワンタッチで流し込み、自身久々のゴールとした。 その後、プリマヴェーラ出身の17歳MFリッカルディをトップチームデビューさせる余裕の采配を見せたローマがきっちりクリーンシートで締めくくり、今大会で快進撃を見せたセリエCチーム相手に格の違いを見せつける4-0の勝利となった。 また、同日行われたカリアリvsアタランタのセリエA勢対決はアウェイのアタランタが2-0で勝利した。 立ち上がりから一進一退の攻防となりゴールレスで後半終盤を迎えた中、アウェイのアタランタは88分にサパタのゴールで均衡を破ると、試合終了間際の93分にはパシャリッチがトドメの2点目を奪い、カリアリとの接戦をモノにした。 2019.01.15 07:30 Tue
twitterfacebook
thumb

ゴディンと入れ替わりで退団濃厚のインテルDFにローマが触手…今冬レンタルを検討

ローマがインテルに所属するブラジル代表DFジョアン・ミランダの獲得に関心を示していると、イタリア紙『コリエレ・デロ・スポルト』が6日、報じている。<br><br>ローマは昨夏、守護神のGKアリソンやMFラジャ・ナインゴランら主力メンバーを放出したほか、新戦力の目立った活躍も見られず、昨シーズンとは対照的に現在はリーグ戦6位と低迷している。今冬の移籍市場においては、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督が守備陣および中盤の補強を要望しており、モンチSD(スポーツディレクター)は早速、インテルのミランダ獲得に関心を示している。<br><br>ミランダは2015年夏にインテルに加入して以降、3シーズンにわたってレギュラーを務めてきたが、今シーズンはラツィオからフリーでDFステファン・デ・フライが加入したあおりを受けて出場機会を減らしている。34歳のブラジル人DFは2020年までの契約をクラブと結んでいるが、シーズン終了後には退団が確実視されており、インテルはその後釜としてアトレティコ・マドリーとの契約が満了するDFディエゴ・ゴディンの確保に動いた。<br><br>この状況を把握したモンチ氏は、ミランダのレンタルでの獲得を検討。すでに選手の代理人と連絡を取り始めているという。インテルはシーズン終了までブラジル代表DFを慰留したい意向だが、ミランダは出場機会を求めて今冬にでも移籍を希望している。今後の動向は注目されるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2019.01.08 00:01 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース