超ワールドサッカー

レーティング:ローマ 1-0(AGG:2-2) シャフタール《CL》2018.03.14 06:52 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、ローマvsシャフタールが13日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが1-0で勝利した。この結果、2戦合計2-2で並ぶもアウェイゴール数で上回ったローマの準々決勝進出が決定した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。▽ローマ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 アリソン 5.5
難しい対応はほぼなかった。相手のカウンターに備えて最終ライン背後への警戒を怠らず

DF
24 フロレンツィ 6.5
序盤こそベルナールとイスマイリに押し込まれるが、前半半ば過ぎから盛り返す。攻守に抜群の存在感だった

44 マノラス 6.5
ファクンド・フェレイラの裏抜けや2列目の飛び出しに冷静に対応

20 ファシオ 6.5
一度不用意なロストがあったものの、要所で見せるインターセプトや持ち上がりが利いていた

11 コラロフ 6.5
マルロスをきっちり封じると共に積極的な攻撃参加でクロスを供給

MF
4 ナインゴラン 6.5
チームの守備のスイッチを入れると共に攻撃ではスペースへの飛び出しを狙った

16 デ・ロッシ 7.0
的確なポジショニングで危険なスペースをケア。味方の足元にピタッと付ける縦パスも良かった

6 ストロートマン 6.5
レジェンドのトッティを髣髴とさせるダイレクトパスで決勝点をお膳立て。守備でもインテンシティの高さを保った

FW
17 ジェンギズ・ユンデル 5.5
押し込まれる中で苦手の守備で奮闘。背後を狙う意識も度々見せた

(→ジェルソン 5.5)
要所で軽いプレーもあったが、守備の場面できっちり身体を張った

9 ゼコ 7.0
ワンチャンスを見事なプレーで決め切るエースの仕事。さらにオルテツを退場に追い込んだ

(→エル・シャーラウィ -)

8 ペロッティ 6.0
キープ力を生かしてコラロフや味方の攻め上がりを促した。終盤は守備でも効いていた

監督
ディ・フランチェスコ 6.5
1stレグの敗戦を見事に良い教訓として妥当な内容で勝ち上がった

▽シャフタール採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
30 ピアトフ 6.0
クロスやシュートに対して冷静に対応。ビルドアップでは徐々に相手のプレッシャーを感じてミスが増えた

DF
2 ブトコ 5.5
不用意に食いつかず、安定した守備を披露。要所でマルロスをサポート

18 オルテツ 5.0
恵まれたサイズを生かした空中戦に加え、ポジショニングや状況判断も素晴らしかった。それだけに退場となったプレーが痛恨だった

44 ラキツキ 5.0
セーフティなプレーを心掛けながらラインコントロールなどきっちり最終ラインを統率。しかし、失点場面で一瞬の緩みでゼコに付き切れず

31 イスマイリ 6.0
前半は守備面で強度を見せ、試合終盤は勇敢な仕掛けでチャンスを創出

MF
11 マルロス 5.0
守備では穴を作らなかったが、攻撃面で違いを生めず

(→デンチーニョ -)

8 フレッジ 6.0
機動力と身体の強さを生かして攻守に存在感

7 タイソン 5.0
デ・ロッシや相手センターバックの徹底監視に遭い、カウンターの場面以外でなかなかチャンスに絡めず

6 ステパネンコ 5.5
無難なパス捌きに加え、守備でも良い距離感で周囲をサポートした

(→パトリック 5.0)
投入直後の味方の退場で難しい入りになってしまった

10 ベルナール 5.5
時間の経過と共に守備に追われる展開に。それでも、攻守に最低限の仕事はこなした

FW
19 ファクンド・フェレイラ 5.0
前線で孤立する展開も積極的な駆け引きで相手最終ラインをけん制。ただ、ボールボーイを突き落とした愚行は要反省

監督
フォンセカ 5.5
ボールを保持して守るプランは悪くなかったが、失点後の退場が痛かった。それよりも、1stレグで3点目を取れなかったことが最も悔やまれる展開に

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ゼコ(ローマ)
▽相手の集中した守備を絶妙な動き出しとフィニッシュで見事に崩し切った。また、チームを大きく助けるオルテツの退場を誘発するなど、エースとして素晴らしい仕事ぶりを見せた。

ローマ 1-0(AGG:2-2) シャフタール
【ローマ】
ゼコ(後7)

※2戦合計2-2もアウェイゴール数で上回ったローマが逆転でベスト8進出!

コメント

関連ニュース

thumb

ローマ殿堂入り28人目のトッティ氏、27日のレアル・マドリー戦試合前にセレモニーへ

昨年5月28日に現役引退を迎えたローマのフランチェスコ・トッティ氏の殿堂入りセレモニーが27日に行われる。ローマが15日、公式ウェブサイトで伝えている。<br><br>トッティ氏は1989年7月にローマの下部組織ジョヴァニッシミ(U-15)に入団すると、キャリアを通じてローマ一筋を貫いた。2016-2017シーズン限りで現役生活に終止符を打つと、現在はクラブの幹部として活躍を続けている。ローマでの最終戦となった昨年5月28日のジェノア戦終了後には、盛大な引退セレモニーが開催されたトッティ氏。その翌日にローマの殿堂入りを果たしていたが、今月27日、スタディオ・オリンピコで行われるチャンピオンズリーグのレアル・マドリー戦の試合開始前に、ローマの殿堂入り記念セレモニーが実施されることが正式に発表された。<br><br>2012年から創設されたローマの殿堂には、ブルーノ・コンティ氏やダミアーノ・トンマージ氏、ガブリエル・バティストゥータ氏ら27人が名を連ねており、トッティ氏は28人目となる。『ガゼッタ・デロ・スポルト』はトッティ氏の喜びの言葉を伝えている。<br><br>「このような形で認められて、深く誇りに思う。あそこ(殿堂)には、私だけでなく、何世代ものファンが応援してきたアイドルたちがいる。その仲間入りを果たすことができたのは特別な名誉に思う。私の故郷、そして私が愛するチームのカラーを身にまとい、新たな節目を迎えることができた。ローマに感謝したい」<br><br><br>提供:goal.com 2018.11.19 06:03 Mon
twitterfacebook
thumb

フェネルバフチェ、ローマDFファン・ジェズスの獲得に関心か

▽フェネルバフチェが、ローマに所属する元ブラジル代表DFファン・ジェズス(27)に関心を示しているようだ。トルコ『Takvim』の記事を引用し『フットボール・イタリア』が伝えている。 ▽報道によれば、フェネルバフチェは以前からファン・ジェズスに興味を示しており、かつて断念した同選手の獲得に再び動き出したようだ。また、フェネルバフチェのダニエル・コモリSD(スポーツディレクター)とローマのモンチSDは、強固な信頼関係を築いていることが知られている。 ▽なお、同紙では2020年までローマとの契約を残しているファン・ジェズスの移籍には、約1100万ユーロ(約14億円)の移籍金が発生すると伝えている。 ▽2016年にインテルからローマにレンタル移籍で加入したファン・ジェズスは、翌年に完全移籍。ローマでは在籍3シーズンで70試合に出場。今シーズンはセリエAで6試合、チャンピオンズリーグで1試合など公式戦8試合に出場している。 2018.11.19 02:20 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ローマMFペッレグリーニ獲得に向けて代理人と会談! ローマは契約解除金増額で徹底抗戦の構えか

▽マンチェスター・ユナイテッドが以前から獲得に関心を示すローマのイタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニ(22)の獲得に向けて具体的な動きを見せているようだ。 ▽イタリア『コッリエレ・デッロ・スポルト』が伝えるところによれば、ペッレグリーニの代理人を務めるジャコモ・ポチェッタ氏とユナイテッドのクラブ幹部は17日にロンドンで会談を持ったという。 ▽この場でユナイテッドはペッレグリーニの現行給与の年俸100万ユーロ(約1億3000万円)の倍額以上のサラリーを支払う提案を行った模様。さらに、昨夏ローマ復帰時に設定された3000万ユーロ(約38億7000万円)の契約解除金の支払いの準備も進めているようだ。 ▽一方、ベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン、オランダ代表MFケビン・ストロートマンの放出によって主力の座を掴んだペッレグリーニに関して、ローマは条件面を大幅に改善した新契約締結に向けて話し合いを行っているという。元イタリア代表MFダニエレ・デ・ロッシの数年後の引退が見込まれる中、クラブはイタリア代表MFアレッサンドロ・フロレンツィと共にローマ生え抜きの同選手を将来のカピターノと考えており、前述の契約解除条項の削除、あるいは大幅な増額によってユナイテッドを始めとするイングランド勢からのオファーに対して徹底抗戦の構えだ。 ▽なお、サッスオーロ時代の恩師エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督と共に昨夏古巣復帰を果たしたペッレグリーニは、今季ここまでの公式戦13試合に出場し2ゴール5アシストを記録。高い身体能力と運動量、テクニックを武器にトップ下のレギュラーとした印象的な活躍を見せている。 2018.11.18 19:22 Sun
twitterfacebook
thumb

マノラスがフィンランド戦で負傷、ローマに帰還《UEFAネーションズリーグ》

▽ギリシャ代表DFコスタス・マノラスが負傷によりローマへ一足早く帰還したようだ。イタリア『ジャンルカ・ディ・マルツィオ』が伝えた。 ▽マノラスは15日に行われたUEFAネーションズリーグ・リーグC・グループ2のフィンランド代表戦で先発するも、右足首を負傷して28分に交代していた。チームは1-0で勝利したが、直接対決の結果によりフィンランドの首位が確定していた。18日に行われる最終戦のエストニア代表戦が消化試合となる中、マノラスは一足早くローマに帰還することになった。 ▽なお、同メディアによると軽症とのこと、ローマは代表ウィーク明け、セリエAでウディネーゼ戦を、チャンピオンズリーグでレアル・マドリーとのビッグマッチを迎える。 2018.11.17 01:41 Sat
twitterfacebook
thumb

ペッレグリーニ、先輩デ・ロッシへの敬愛示す

▽ローマに所属するイタリア代表MFロレンツォ・ペッレグリーニが偉大なる先輩、MFダニエレ・デ・ロッシへの強い尊敬を語った。同選手がイタリアサッカー連盟(FIGC)の公式ツイッターでファンからの幾つかの質問に答えた。 ▽ローマ生まれローマ育ちのペッレグリーニは9歳の頃にローマの下部組織に加入。セントラルMFやトップ下を主戦場とする同選手の憧れは、ローマの皇帝フランチェスコ・トッティではなく、長らく未来のカピターノと評されてきたデ・ロッシだったようだ。 「僕は子供の頃から本当にデ・ロッシのことが大好きだったんだ。そして、今は彼が友人でありチームメートになっているんだから本当に最高だよ」 ▽また、自身を含めた歴代のアズーリベスト5に関しては引き続きトッティの名前を挙げなかった一方、デ・ロッシの名前を挙げている。 「ゴールキーパーはジャンルイジ・ブッフォンだね。ディフェンダーはパオロ・マルディーニ。中盤はデ・ロッシと僕だ。前線はロベルト・バッジョだね」 ▽また、これまで一緒にプレーしてきた最高の選手と最も難しかった対戦相手に関しては、「一緒にプレーしてきた中で最高のプレーヤーは恐らくエディン・ジェコだね。彼には感嘆させられているよ。最も厳しい相手はレオ・メッシだよ」と、ここ最近好連係を見せるエースストライカーと世界最高のフットボーラーの名前を挙げている。 2018.11.16 17:47 Fri
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース