レーティング:ローマ 1-0(AGG:2-2) シャフタール《CL》2018.03.14 06:52 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、ローマvsシャフタールが13日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが1-0で勝利した。この結果、2戦合計2-2で並ぶもアウェイゴール数で上回ったローマの準々決勝進出が決定した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。

▽ローマ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 アリソン 5.5
難しい対応はほぼなかった。相手のカウンターに備えて最終ライン背後への警戒を怠らず

DF
24 フロレンツィ 6.5
序盤こそベルナールとイスマイリに押し込まれるが、前半半ば過ぎから盛り返す。攻守に抜群の存在感だった

44 マノラス 6.5
ファクンド・フェレイラの裏抜けや2列目の飛び出しに冷静に対応

20 ファシオ 6.5
一度不用意なロストがあったものの、要所で見せるインターセプトや持ち上がりが利いていた

11 コラロフ 6.5
マルロスをきっちり封じると共に積極的な攻撃参加でクロスを供給

MF
4 ナインゴラン 6.5
チームの守備のスイッチを入れると共に攻撃ではスペースへの飛び出しを狙った

16 デ・ロッシ 7.0
的確なポジショニングで危険なスペースをケア。味方の足元にピタッと付ける縦パスも良かった

6 ストロートマン 6.5
レジェンドのトッティを髣髴とさせるダイレクトパスで決勝点をお膳立て。守備でもインテンシティの高さを保った

FW
17 ジェンギズ・ユンデル 5.5
押し込まれる中で苦手の守備で奮闘。背後を狙う意識も度々見せた

(→ジェルソン 5.5)
要所で軽いプレーもあったが、守備の場面できっちり身体を張った

9 ゼコ 7.0
ワンチャンスを見事なプレーで決め切るエースの仕事。さらにオルテツを退場に追い込んだ

(→エル・シャーラウィ -)

8 ペロッティ 6.0
キープ力を生かしてコラロフや味方の攻め上がりを促した。終盤は守備でも効いていた

監督
ディ・フランチェスコ 6.5
1stレグの敗戦を見事に良い教訓として妥当な内容で勝ち上がった

▽シャフタール採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
30 ピアトフ 6.0
クロスやシュートに対して冷静に対応。ビルドアップでは徐々に相手のプレッシャーを感じてミスが増えた

DF
2 ブトコ 5.5
不用意に食いつかず、安定した守備を披露。要所でマルロスをサポート

18 オルテツ 5.0
恵まれたサイズを生かした空中戦に加え、ポジショニングや状況判断も素晴らしかった。それだけに退場となったプレーが痛恨だった

44 ラキツキ 5.0
セーフティなプレーを心掛けながらラインコントロールなどきっちり最終ラインを統率。しかし、失点場面で一瞬の緩みでゼコに付き切れず

31 イスマイリ 6.0
前半は守備面で強度を見せ、試合終盤は勇敢な仕掛けでチャンスを創出

MF
11 マルロス 5.0
守備では穴を作らなかったが、攻撃面で違いを生めず

(→デンチーニョ -)

8 フレッジ 6.0
機動力と身体の強さを生かして攻守に存在感

7 タイソン 5.0
デ・ロッシや相手センターバックの徹底監視に遭い、カウンターの場面以外でなかなかチャンスに絡めず

6 ステパネンコ 5.5
無難なパス捌きに加え、守備でも良い距離感で周囲をサポートした

(→パトリック 5.0)
投入直後の味方の退場で難しい入りになってしまった

10 ベルナール 5.5
時間の経過と共に守備に追われる展開に。それでも、攻守に最低限の仕事はこなした

FW
19 ファクンド・フェレイラ 5.0
前線で孤立する展開も積極的な駆け引きで相手最終ラインをけん制。ただ、ボールボーイを突き落とした愚行は要反省

監督
フォンセカ 5.5
ボールを保持して守るプランは悪くなかったが、失点後の退場が痛かった。それよりも、1stレグで3点目を取れなかったことが最も悔やまれる展開に

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ゼコ(ローマ)
▽相手の集中した守備を絶妙な動き出しとフィニッシュで見事に崩し切った。また、チームを大きく助けるオルテツの退場を誘発するなど、エースとして素晴らしい仕事ぶりを見せた。

ローマ 1-0(AGG:2-2) シャフタール
【ローマ】
ゼコ(後7)

※2戦合計2-2もアウェイゴール数で上回ったローマが逆転でベスト8進出!

コメント

関連ニュース

thumb

ナインゴランのインテル移籍、今週中に「30億+2選手」で決着

▽『イタリア・スカイ・スポーツ』など複数メディアは21日、ローマに所属する元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン(30)のインテル移籍を報じた。 ▽伝えられるところによれば、ナインゴランのインテル行きは移籍金2400万ユーロ(約30億6000万円)に加えて、DFダビデ・サントンとMFニコロ・ザニーロの2選手を譲渡する形で成立に至った模様だ。 ▽ナインゴランは、2014年1月からローマでプレー。今シーズンもローマの中盤で主軸を担い、チャンピオンズリーグ4強入りに貢献するなど、抜群の存在感を誇った。なお、この取引は今週末までに完了予定だ。 2018.06.22 09:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、下部リーグへレンタルを繰り返していたローマDFカラブレシを獲得

▽ボローニャは21日、ローマからU-21イタリア代表DFアルトゥーロ・カラブレシ(22)を獲得した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。 ▽ローマのプリマヴェーラ出身のカラブレシは、2015年にトップチームに昇格したがこれまで出場機会はなく、リボルノやブレシア、スペツィア、フォッジャなど、国内の下部リーグで武者修行を繰り返していた。 ▽186cmの恵まれたサイズに加え、右サイドバックや守備的MFでもプレー可能なクレバーなセンターバックのカラブレシは、各年代のイタリア代表に選出されており2015年8月にU-21イタリア代表デビューを飾ると、これまで3試合に出場していた。 2018.06.22 02:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ、パストーレ獲得が決定的に…移籍金は23億円程度

▽ローマがパリ・サンジェルマン(PSG)のMFハビエル・パストーレを獲得することが決まったようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。 ▽かつてパレルモで活躍したパストーレがイタリアに戻ってくる。報道によると、ローマはPSGと合意に達し、選手とは年俸400万ユーロ(約5億2000万円)で2022年までの契約を交わすことになった。あとは正式発表を待つだけという状況だという。 ▽パストーレは2014/15シーズンにPSGで公式戦50試合に出場した。だが、世界各地からタレントをかき集める同クラブでレギュラーポジションを維持するのは困難で、昨シーズンは出番が減っている。その結果、ロシア・ワールドカップに臨むアルゼンチン代表には呼ばれていない。 ▽ローマがPSGに支払う移籍金は1800万ユーロ(約23億円)程度になる模様だ。 2018.06.20 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、新たなテクニカル・ディレクターに敏腕サバティーニ氏を招へい

▽サンプドリアは18日、新たなテクニカル・ディレクター(TD)にワルテル・サバティーニ氏(63)を招聘したことを発表した。 ▽サンプドリアは、これまでダニエル・プラデ氏がテクニカル・ディレクターを務めていたが14日に退任を発表。来季よりウディネーゼのテクニカル・ディレクターを務めることが伝えられていた。 ▽今回、新たなテクニカル・ディレクターに就任したサバティーニ氏は、パレルモ時代にアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(現パリ・サンジェルマン)、ウルグアイ代表FWエディソン・カバーニ(現パリ・サンジェルマン)を発掘。 ▽その後、2011年から5年間にわたりローマのスポーツ・ディレクター(SD)を歴任すると、2017年5月からはインテルのオーナーである蘇寧グループで補強部門を統括するテクニカル・ディレクターに就任したが、選手の移籍についてグループを非難するコメントを残すなど、蘇寧グループの方針と反りが合わず、3月に解雇されていた。 ▽サンプドリアは公式サイトで以下のようなコメントを残している 「サバティーニは最高レベルの経験を持つ世界でも屈指の敏腕ディレクターだ。彼は7月1日からテクニカル・ディレクターの職を引き継ぐことになるだろう」 2018.06.19 00:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマ、クラブ史上初のCLベスト4に導いたディ・フランチェスコ監督と2020年まで契約延長!

▽ローマは18日、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督(48)との契約を2020年まで延長したことを発表した。 ▽ローマを史上初のチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4に導いたディ・フランチェスコ監督は、今回の契約延長に際して以下のようなコメントを残している。 「ローマで私たちを応援してくれるファンとこの冒険を続けられることをとても嬉しく思っている」 「会長と経営陣からの信頼を私は誇りに思っている。そしてその信頼には今シーズン以上の成績を残すことで応えていきたいと願っているよ」 ▽ディ・フランチェスコ監督は、現役引退後にローマでチームマネージャーを務めた後、ランチャーノ、ペスカーラ、レッチェの指揮官を歴任し、2012年から指揮を執ったサッスオーロでは就任1年目にセリエA昇格に導くと、2015-16シーズンはクラブ史上最高位の6位で終え、歴史的なヨーロッパリーグ出場権獲得に貢献するなど、その手腕を発揮。 ▽これが認められ、ルチアーノ・スパレッティ前監督の後任として2017年の夏にローマの指揮官に就任。就任初年度となった今シーズンは、CLでクラブを史上初のベスト4に導き、セリエAでも5年連続のCL出場権獲得となる3位でシーズンを終えていた。 2018.06.19 00:25 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース