レーティング:ローマ 1-0(AGG:2-2) シャフタール《CL》2018.03.14 06:52 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、ローマvsシャフタールが13日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが1-0で勝利した。この結果、2戦合計2-2で並ぶもアウェイゴール数で上回ったローマの準々決勝進出が決定した。超WSの選手採点結果と寸評は以下のとおり。▽ローマ採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
1 アリソン 5.5
難しい対応はほぼなかった。相手のカウンターに備えて最終ライン背後への警戒を怠らず

DF
24 フロレンツィ 6.5
序盤こそベルナールとイスマイリに押し込まれるが、前半半ば過ぎから盛り返す。攻守に抜群の存在感だった

44 マノラス 6.5
ファクンド・フェレイラの裏抜けや2列目の飛び出しに冷静に対応

20 ファシオ 6.5
一度不用意なロストがあったものの、要所で見せるインターセプトや持ち上がりが利いていた

11 コラロフ 6.5
マルロスをきっちり封じると共に積極的な攻撃参加でクロスを供給

MF
4 ナインゴラン 6.5
チームの守備のスイッチを入れると共に攻撃ではスペースへの飛び出しを狙った

16 デ・ロッシ 7.0
的確なポジショニングで危険なスペースをケア。味方の足元にピタッと付ける縦パスも良かった

6 ストロートマン 6.5
レジェンドのトッティを髣髴とさせるダイレクトパスで決勝点をお膳立て。守備でもインテンシティの高さを保った

FW
17 ジェンギズ・ユンデル 5.5
押し込まれる中で苦手の守備で奮闘。背後を狙う意識も度々見せた

(→ジェルソン 5.5)
要所で軽いプレーもあったが、守備の場面できっちり身体を張った

9 ゼコ 7.0
ワンチャンスを見事なプレーで決め切るエースの仕事。さらにオルテツを退場に追い込んだ

(→エル・シャーラウィ -)

8 ペロッティ 6.0
キープ力を生かしてコラロフや味方の攻め上がりを促した。終盤は守備でも効いていた

監督
ディ・フランチェスコ 6.5
1stレグの敗戦を見事に良い教訓として妥当な内容で勝ち上がった

▽シャフタール採点
(C)CWS Brains,LTD.
GK
30 ピアトフ 6.0
クロスやシュートに対して冷静に対応。ビルドアップでは徐々に相手のプレッシャーを感じてミスが増えた

DF
2 ブトコ 5.5
不用意に食いつかず、安定した守備を披露。要所でマルロスをサポート

18 オルテツ 5.0
恵まれたサイズを生かした空中戦に加え、ポジショニングや状況判断も素晴らしかった。それだけに退場となったプレーが痛恨だった

44 ラキツキ 5.0
セーフティなプレーを心掛けながらラインコントロールなどきっちり最終ラインを統率。しかし、失点場面で一瞬の緩みでゼコに付き切れず

31 イスマイリ 6.0
前半は守備面で強度を見せ、試合終盤は勇敢な仕掛けでチャンスを創出

MF
11 マルロス 5.0
守備では穴を作らなかったが、攻撃面で違いを生めず

(→デンチーニョ -)

8 フレッジ 6.0
機動力と身体の強さを生かして攻守に存在感

7 タイソン 5.0
デ・ロッシや相手センターバックの徹底監視に遭い、カウンターの場面以外でなかなかチャンスに絡めず

6 ステパネンコ 5.5
無難なパス捌きに加え、守備でも良い距離感で周囲をサポートした

(→パトリック 5.0)
投入直後の味方の退場で難しい入りになってしまった

10 ベルナール 5.5
時間の経過と共に守備に追われる展開に。それでも、攻守に最低限の仕事はこなした

FW
19 ファクンド・フェレイラ 5.0
前線で孤立する展開も積極的な駆け引きで相手最終ラインをけん制。ただ、ボールボーイを突き落とした愚行は要反省

監督
フォンセカ 5.5
ボールを保持して守るプランは悪くなかったが、失点後の退場が痛かった。それよりも、1stレグで3点目を取れなかったことが最も悔やまれる展開に

★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ!
ゼコ(ローマ)
▽相手の集中した守備を絶妙な動き出しとフィニッシュで見事に崩し切った。また、チームを大きく助けるオルテツの退場を誘発するなど、エースとして素晴らしい仕事ぶりを見せた。

ローマ 1-0(AGG:2-2) シャフタール
【ローマ】
ゼコ(後7)

※2戦合計2-2もアウェイゴール数で上回ったローマが逆転でベスト8進出!

コメント

関連ニュース

thumb

ラニエリ氏、解任の可能性が浮上しているローマの指揮官にエール

▽昨季までナントを率いていたクラウディオ・ラニエリ氏が、ローマで解任の可能性が浮上しているエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督にエールを送った。ラジオ『anchio sport』のインタビューをイギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽ローマは今シーズンのセリエAで開幕節トリノ戦に勝利して以降勝ち星がなく、ここまで1勝2敗2分けの14位と苦しいスタートを切っている。これに対してローマのジェームズ・パロッタ会長は「うんざりしている」と苦言。一部報道では、チームを率いるディ・フランチェスコ監督の解任の噂も伝えられていた。 ▽そんな中、昨季限りでナントの指揮官を退任しフリーとなっているラニエリ氏は、『anchio sport』のインタビューでローマ次期監督就任に興味があるかと問われ、次のようにコメントしている。 「私はローマのファンであり、いつでも心の中にある。だけど、私はディ・フランチェスコがチームを前進させることを願っているよ」 2018.09.25 02:50 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマのディ・フランチェスコ監督に解任の可能性…後任候補にパウロ・ソウザ?

▽ローマを率いるエウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督に解任の可能性が浮上しているようだ。ポルトガル『zerozero』がイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』を引用して伝えている。 ▽ローマは今夏元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン、ブラジル代表GKアリソン・ベッカーの2選手を放出した一方でアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレとフランス代表MFスティーブン・エンゾンジら12人の新戦力を獲得してスケールアップに成功。しかし、今シーズンのセリエAでは開幕節トリノ戦で勝利して以降勝ち星がなく、ここまで1勝2敗2分けで14位と苦しいスタートを切っている。 ▽これに対してローマのジェームズ・パロッタ会長は「うんざりしている」と苦言。今回伝えられるところによると、ティ・フランチェスコ監督の解任の噂も浮上しているようだ。また、後任候補には現在天津権健で指揮を執るパウロ・ソウザ監督(48)の名が挙がっているという。 ▽パウロ・ソウザ監督はバーゼルやフィオレンティーナでの指揮を経て、2018年シーズンから天津権健の監督に就任。中国スーパーリーグでは現在7勝6分け10敗で12位と低迷するも、クラブ初出場となったAFCチャンピオンズリーグ(ACL)ではベスト8進出を果たした。しかし、準々決勝では鹿島アントラーズに2戦合計スコア5-0で敗れて敗退している。 2018.09.24 20:40 Mon
twitterfacebook
thumb

トッティ氏「獲得タイトルは多くないが、ローマで生涯プレーできたことが最大の勝利」

ローマで幹部を務めるフランチェスコ・トッティ氏が23日、イタリア国営放送『Rai』のテレビ番組『ケ・テンポ・ファ』に出演した。トッティ氏は、キャリアを通してローマでプレーできたことを誇った。<br><br>27日に42歳の誕生日を迎えるローマのレジェンドは、まもなくイタリアで出版される自伝本の宣伝のためにテレビ番組に出演し、昨年5月の現役引退の日を振り返った。約25年間にわたったローマでのキャリアだが、引退の日は特別なものだったようだ。<br><br>「25年のキャリアを過ごした中でも、別れの日は別物だった。唯一、ローマのユニフォームを着てキャリアを終えたいと願っていた通り、終わりのときが来たと自覚していた。移籍をするチャンスはあったが、最終的にローマへの愛が勝った。タイトルはあまり獲得できなかったが、(ローマで生涯プレーできたことこそ)最大の勝利だと思う。私は恵まれていると思う」<br><br>「(別れの挨拶は)1カ月前から(妻の)イラリーと話し合って、簡単なものにしたいと思っていた。結局、内容を少し削って、サポーターへの私の愛が伝わるようにした。読み上げるのは簡単ではなかった。家に1人でいるときでも、読みながら泣いてしまったよ。子供たちに見られないようにしていたが、無理だったよ」<br><br>またトッティ氏は、ローマの下部組織でプレーする長男のクリスティアン・トッティ君にも言及している。クリスティアン君は先日、試合中に相手チームのGKが倒れこんだ際、シュートチャンスをあきらめ、相手を気遣ったとして各紙から称賛された。ローマのレジェンドは、息子が「やるべきことをしただけ」と説明したが、「私だったら先にゴールを決めてしまっただろう」と明かしている。<br><br><br>提供:goal.com 2018.09.24 18:25 Mon
twitterfacebook
thumb

勝てないローマに会長から苦言…主将デ・ロッシは指揮官を擁護「選手にも責任がある」

ローマの主将MFダニエレ・デ・ロッシが23日のボローニャ戦終了後、イタリアメディア『スカイスポーツ』のインタビューに応じ、指揮官のエウゼビオ・ディ・フランチェスコを擁護した。<br><br>ローマは23日、セリエA第5節において敵地でボローニャと対戦したが、0-2で敗北を喫した。今夏、主力であったGKアリソンやMFラジャ・ナインゴランを放出した影響か、今シーズンは開幕戦でトリノに勝利して以降、白星を挙げることができておらず、リーグ戦5試合を終えて1勝2敗2分で獲得ポイントはわずか5ポイントと低迷している。ローマのジェームズ・パロッタ会長は、ローマ情報サイト『RomaPress.us』に対し、「うんざりしている」と苦言を呈しているが、35歳の主将は、指揮官を擁護した。<br><br>「物事が全く上手く行かないときや、方向転換が不可能に思えるとき、不条理に感じる。僕の経験では、これまで何度もこのような瞬間はあったし、その後、良くなることもあれば、悪くなることもあった。ディ・フランチェスコは、僕らをチャンピオンズリーグの準決勝へ導いてくれたあの時と同じ監督だ。監督とはコミュニケーションが取れているし、なぜ彼1人の責任になるのか分からない」<br><br>「リスペクトを欠くつもりはないが、ボローニャやキエーボに勝つために、(ジョゼップ・)グアルディオラはベンチに必要ない。僕らがそれぞれ自分の責任を負うべきだ。監督は間違っているかもしれないが、僕ら選手たちも同じように間違っているのかもしれない。誰も責任逃れはできない。今は、監督の責任を問うべきときではないと僕は考える」<br><br>提供:goal.com 2018.09.24 15:40 Mon
twitterfacebook
thumb

低調ローマがピッポ・インザーギ率いるボローニャに今季初得点&初勝利献上…泥沼の公式戦5戦勝利なし…《セリエA》

▽セリエA第5節、ボローニャvsローマが23日にスタディオ・レナト・ダッラーラで行われ、ホームのボローニャが2-0で勝利した。 ▽開幕戦のトリノ戦での勝利以降、取りこぼしが目立つローマは、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦も敵地で0-3の完敗。公式戦4試合未勝利と厳しい状況の中でボローニャとのアウェイゲームに臨んだ。ディ・フランチェスコ監督は必勝が求められるこの一戦に向けて先発5人を変更。コラロフ、ザニオーロ、エンゾンジ、エル・シャーラウィ、ジェンギズ・ユンデルに代わってマルカノ、クリスタンテ、ペッレグリーニ、ペロッティ、移籍後初先発のクライファートが起用された。 ▽互いに様子見の入りとなった中、ローマは開始9分に最初の決定機を創出。左CKの場面でペッレグリーニのクロスをファーで競り勝ったファシオが頭で合わすが、これは古巣対戦のGKスコルプスキの好守に遭う。直後の10分にはデ・ロッシのスルーパスに抜け出したクライファートがボックス右から右足を振り抜くが、これも好守に遭う。 ▽立ち上がりの決定機を逸したローマはその後、サンタンデールを起点にカウンターを狙うボローニャの反撃に遭い、ゴール前であわや先制点献上というピンチも招く。19分にはペロッティが得意のカットインからの右足シュートで再びゴールに迫るが、元同僚が守るゴールをこじ開けられない。 ▽前半半ばから終盤にかけてはボローニャが盛り返したことで拮抗した展開が続く。だが、36分にはセットプレーの流れから左サイドのデ・マイオが入れたクロスをボックス右で回収したマッティエッロが鋭いカットインから左足の見事なシュートをゴール左隅に突き刺し、ホームチームが待望の今季リーグ戦初ゴールを奪った。 ▽一方、相手のファインゴールで先手を許したローマはすぐさま反撃。42分には右CKからファシオが続けてヘディングシュート、前半アディショナルタイムには相手DFとGKの連係ミスを突いたゴール前のペッレグリーニに絶好の同点機が訪れるも、いずれも決め切れず前半を1点ビハインドで終えた。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> ▽迎えた後半も引いた相手に苦戦するローマは54分にクリスタンテを下げてパストーレを投入する。だが、59分には波状攻撃で攻め切れず相手にロングカウンターを許すと、ファルチネッリのスルーパスに抜け出したサンタンデールにボックス内での一対一を許し、痛恨の2失点目を喫した。 ▽勝ち点3奪取に向けて暗雲立ち込めるローマは失点直後にクライファートを下げてジェンギズ、65分にはファシオを下げてコラロフを投入し、早々に交代カードを使い切る。ここからフロレンツィの右サイドを起点に猛攻を仕掛けていくが、フロレンツィやゼコの決定的なシュートはことごとく古巣対戦のスコルプスキに阻まれる。逆に、不用意なボールロストから前がかりな最終ラインの背後を突かれてあわや3失点目というピンチを幾度となく招く。 ▽その後もリスクを冒して前に出るものの、5バックとハードワークする中盤に中央を固められて崩しの形を見いだせないローマは一矢報いることも叶わず、0-2で完敗。フィリッポ・インザーギ率いるボローニャに今季初ゴールと初勝利を献上したローマは今季2敗目で泥沼の公式戦5試合未勝利となった。<div style="text-align:center;" id="cws_ad"><hr><a href="https://prf.hn/click/camref:1011l3PkH/adref:innews_s" terget="_blank">セリエAを観るならDAZN!<br />1カ月のお試し無料視聴はコチラから!</a><hr></div> 2018.09.24 00:08 Mon
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース