途中出場イェデルの2Gでセビージャが初のベスト8進出! 敗退ユナイテッドはOTが“悪夢の劇場”に…《CL》2018.03.14 06:57 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の2ndレグ、マンチェスター・ユナイテッドvsセビージャが13日にオールド・トラフォードで行われ、1-2でセビージャが勝利した。この結果、2戦合計2-1としたセビージャがクラブ史上初のベスト8進出を決めた。▽先月21日に行われた敵地での1stレグでは、モウリーニョ監督らしい現実主義の戦いで想定通りのゴールレスドローで終えたユナイテッド。アウェイゴール献上が命取りとなる今回の一戦では、前回対戦から先発を4人変更。マタ、エレーラ、マクトミネイ、リンデロフに代えて、ラッシュフォード、リンガード、フェライニ、バイリーを起用した。アンカーにマティッチを据え、インサイドハーフにフェライニとリンガードを並べた[4-3-3]の布陣で試合に臨んだ。

▽一方、アウェイゴールを与えない最低限のノルマを達成するも、試合展開やゴールチャンスの数を考えれば、限りなく敗戦に等しい形で1stレグを終えたセビージャ。直近のバレンシア戦でも、試合の主導権を握りながら相手のカウンターから2失点を喫するなど、敵地での2ndレグに向けて大いに不安を残す戦いぶりとなった。そのセビージャは、前回対戦から先発を1人変更。1stレグで右サイドバックを務めたヘスス・ナバスに代わってメルカドが右サイドバックに入り、ケアーがセンターバックで起用された。

▽試合は開始2分にラッシュフォードとのワンツーからルカクがファーストシュートを放つ。1stレグ同様ポゼッションでユナイテッドを上回るセビージャもすかさず反撃。9分、バネガの左CKをニアに走り込んだコレアが頭で合わせたが、これは枠の上に外れた。

▽セビージャは14分、バイリーのパスミスを敵陣で奪うと素早く前線に繋ぎ、最後はムリエルがボックス左からシュート。さらに28分にも、中盤でボールをカットしたサラビアがフランコ・バスケスとのパス交換でバイタルエリアまで侵攻。ボックス左へのスルーパスに反応したムリエルがシュートを放つも、これはゴール右に逸れた。

▽ハーフタイムにかけては一進一退の展開が続く中、ユナイテッドは38分に決定機。敵陣でボールを奪ったフェライニがサンチェスとのパス交換でボックス左に侵入。縦に切り込み左足を振り抜いたが、これはGKセルヒオ・リコのセーブに阻まれた。

▽0-0で迎えた後半、先に決定機を迎えたのはユナイテッド。ルカクの右クロスをボックス内で受けたリンガードがシュートを放ったが、これはGKセルヒオ・リコがセーブ。先制点が遠いユナイテッドは、60分にフェライニを下げてポグバを投入した。

▽対するセビージャは、72分にムリエルを下げてイェデルを投入。すると74分、バイタルエリア中央でボールを受けたサラビアからパスをボックス中央で受けたイェデルがワンタッチでマークを外してシュート。これがゴール右隅に突き刺さった。

▽敵地で先制に成功したセビージャは、78分にも左CKをニアでコレアがフリックすると、ファーサイドのイェデルがヘディングシュート。これをGKデ・ヘアが右手で弾くもクロスバーに当たったボールはゴールラインを割り、セビージャがベスト8進出に大きく近づく追加点を奪った。

▽ホームで2失点を喫し、逆転突破には3点が必要となるユナイテッドは84分にラッシュフォードの左CKをゴール前のルカクが引き倒されながらも、左足のボレーシュートで叩き込んだ。

▽しかし、反撃はここまで。イェデルの2ゴールで難攻不落のオールド・トラフォードを“悪夢の劇場”に変えたセビージャが、クラブ史上初のベスト8進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

モウとポグバの関係修復は不可能…英『スカイ』が練習場で一触即発の様子を映す

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督と、フランス代表MFポール・ポグバの関係修復はもはや不可能なようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』の中継カメラが両者の確執を明らかにした。 ▽今季、ポグバはチームキャプテンのMFアントニオ・バレンシアの離脱に伴い、ここまでの公式戦6試合で代理のゲームキャプテンを務めていた。 ▽しかし、ポグバは先日のウォルバーハンプトン戦後「ホームゲームでは攻めて攻めて攻めまくるべきだ」と、モウリーニョ監督の守備的戦術を批判する趣旨のコメントを残した。その後、ポグバは自身のSNSでこの発言がメディアによって誤って報じられたものだと主張したが、モウリーニョ監督はこの発言を問題視。 ▽25日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)3回戦のダービー・カウンティ戦(PK戦の末に敗退)後、「ポグバを第二のキャプテンから外すことに決めた」と、同選手のゲームキャプテン剥奪を認めた。 ▽その発言の際に、「特に彼と争いがあった訳でもなく、何の問題もない」と主張したポルトガル人指揮官だったが、26日に『スカイ・スポーツ』の中継カメラはトレーニング場での両者の確執を白日の下に晒した。 ▽ユナイテッドの練習風景を映した『スカイ・スポーツ』の映像では、ポグバがコーチ陣の近くをジョギングしていた際に握手で挨拶をかわす様子が映っていた。そして、マイケル・キャリックコーチと握手をかわした後、ポグバは後方に控えていたモウリーニョ監督、アシスタントコーチに対しても手を差し出したものの、実際に握手を行ったのはアシスタントコーチとだけだった。 ▽この場面ではキャリックコーチの身体がブラインドとなっており、ポグバがモウリーニョ監督に手を差し出さなかったのか、同監督が握手に応じなかったのか判断できないが、その後両者が鋭い視線で睨み合い、モウリーニョ監督の後を追ったポグバが何か不満を呟いているような姿が映されていた。 ▽今回のやり取りに関する詳細はわからないが、映像を確認した多くの人が両者の関係がうまく行っていないことを改めて感じたはずだ。 ◆関係修復は不可能? https://twitter.com/SkySportsNews/status/1044906594318929921 2018.09.26 23:44 Wed
twitterfacebook
thumb

キャプテン権限剥奪で…ポグバ、ユナイテッド退団加速か!?

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバ(25)の退団の可能性が高まっているようだ。イギリス『タイムズ』をもとに『フットボール・イタリア』が伝えた。 ▽ポグバは、以前からユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督との不仲説が囁かれている。そんな中、22日に行われたプレミアリーグ第6節のウォルバーハンプトン戦後、ポグバはモウリーニョ監督の守備的な戦術を批判。後にポグバは自身のSNSでこの発言がメディアによって誤って報じたものだと主張したが、モウリーニョ監督はこれに対抗するように、ポグバのキャプテン権限を剥奪した。 ▽モウリーニョ監督は同件に対して、「争いがあった訳ではない」と問題がないことを強調。しかし、今回伝えられるところによると、両者の関係はさらに悪化し、ポグバの退団を加速させているという。 ▽そんなポグバにはかねてよりユベントスが連れ戻しを計画。同選手復帰に向けては、今夏レアル・マドリーからポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(33)が加入したことによって、クラブ内での地位が不動のものではなくなっているアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラ(24)の譲渡を含めた取引で臨むことも考えているというが、同メディアは今回の一件でその可能性が高まっていると見解を示している。 2018.09.26 14:59 Wed
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、ポグバのキャプテン権限剥奪を認める

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、フランス代表MFポール・ポグバのゲームキャプテン権限剥奪を認めた。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽今季のユナイテッドは昨季限りで現役を退いたマイケル・キャリック氏に代わって、以前からゲームキャプテンを務めることが多かったMFアントニオ・バレンシアが正式にチームキャプテンに就任した。だが、プレシーズンのケガによって離脱が続いていた同選手に代わって、ここまでの公式戦6試合ではポグバが代理のゲームキャプテンを務めていた。 ▽しかし、ポグバは直近のウォルバーハンプトン戦後「ホームゲームでは攻めて攻めて攻めまくるべきだ」と、モウリーニョ監督の守備的戦術を批判する趣旨のコメントを残した。その後、ポグバは自身のSNSでこの発言がメディアによって誤って報じられたものだと主張したが、モウリーニョ監督はこの発言を問題視。25日に行われたトレーニングの際に、ポグバ本人とその他の選手の前で同選手から代理キャプテンの権限を剥奪する決定を伝えたことが一部メディアによって報じられていた。 ▽そんなモウリーニョ監督は25日に行われたEFLカップ(カラバオカップ)3回戦のダービー・カウンティ戦(PK戦の末に敗退)後、同件について言及。ポグバのキャプテン権限剥奪を認めたものの、両者に問題はないことを強調している。 「ポグバを第二のキャプテンから外すことに決めた。特に彼と争いがあった訳でもなく、何の問題もない。彼を第二キャプテンにすると決めた私も、第二キャプテンではなくすることを決めた私も同じだ。決めたのは私。監督の私が、こうした決定を下せる。争いもないし、問題もない。説明する必要がない決定だ」 2018.09.26 12:30 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド撃破のランパード、恩師・モウリーニョとの指揮官対決に「隣に立ててとても光栄」

▽ジャイアントキリングを起こしたチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティのフランク・ランパード監督が、マンチェスター・ユナイテッド戦を振り返った。 ▽ダービーは25日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でランパード監督の現役時代の恩師であるジョゼ・モウリーニョ監督率いるユナイテッドと対戦。試合は開始3分に先制点を許すも、59分にリバプールからレンタル加入中のハリー・ウィルソンが同点ゴールを決める。その後、ユナイテッドのロメロ退場を機に攻勢を強めると、85分にマリオットが決めて逆転。試合終了間際にユナイテッドに同点弾を決められてしまい、2-2でPK戦へ突入したものの、8-7で制してユナイテッドを撃破した。 ▽試合後、ランパード監督はユナイテッド戦を回想。また、現役時代の恩師であるモウリーニョ監督と共にピッチサイドに立てたことに感激している。 「彼らを誇りに思う。何も勝ち得ることはできていないが、次のラウンドに進めることができた。ただ、共に戦い、ハードワークをすれば、チームとしてどこまで戦えるのかということは示すことができたと思う。そこにはクオリティがあった」 「(モウリーニョとの対戦)私にとってとても名誉なことだ。私は過去にモウリーニョのもとでプレーをした。それは僕のキャリアを変えるものだったんだ。僕が25歳の時、彼は私の考え方を変えてくれた。そして、チェルシーが成功した時代の一部になることができたんだ。だからこそ、ピッチサイドで隣に立ててとても光栄だよ」 2018.09.26 11:55 Wed
twitterfacebook
thumb

ランパード率いるダービーが敵地でユナイテッド撃破! GKロメロ退場のユナイテッドは土壇場で追いつくもジャイキリ許す…《EFLカップ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは25日、EFLカップ(カラバオカップ)3回戦でチャンピオンシップ(イングランド2部)のダービー・カウンティとオールド・トラフォードで対戦し、2-2で90分間の戦いを終えた。しかし、その後行われたPK戦を7-8で終え、3回戦での敗退となった。 ▽直近のリーグ戦ではホームでウォルバーハンプトン相手に引き分けたユナイテッド。同じホームでバウンスバックが求められる今季EFLカップ初戦では、モウリーニョ監督のチェルシー時代の教え子、フランク・ランパード新監督が率いるダービーと対戦した。モウリーニョ監督は教え子との一戦に向けてリンガード、ルカクを除く9人を変更。負傷明けのフィル・ジョーンズやエレーラに加え、新戦力のジオゴ・ダロト、マルシャルらが起用された。 ▽試合は開始直後にいきなり動く。3分、左サイドで縦に仕掛けたマルシャルがボックス付近で横パスを送ると、ルカクがスルーしたボールをリンガードがワンタッチでゴール右に走り込むマタに繋ぐと、最後はスペイン人MFが得意の左足のダイレクトシュートでゴール左に流し込んだ。 ▽ユナイテッドらしからぬ複数人がイメージを共有する見事な崩しで先手を奪ったが、直後にはダービーの決定機。6分、左サイドのマウントから守備ラインを切り裂く斜めのスルーパスが出ると、これをゴール右でフリーのベネットがシュートするが、ここはGKロメロがビッグセーブで阻む。 ▽冷や汗をかいたユナイテッドだったが、ここから気持ちを引き締め直すと9分にマタ、12分にルカクと続けて2点目に迫る。その後はダービーの攻勢に遭い、やや中盤で落ち着かない展開が続くも果敢な仕掛けを見せたマルシャルの左サイドを起点に幾度もチャンスを創出。だが、ルカクが再三の決定機を逃すなど、前半のうちにリードを広げることはできなかった。 ▽迎えた後半、立ち上がりからダービーの攻勢に晒されたユナイテッドはGKロメロのこの試合2度目のビッグセーブでピンチを凌ぐも流れを掴めない。すると59分、ボックス手前で与えたFKをリバプールからレンタル加入中のハリー・ウィルソンに左足の見事なブレ球シュートで決められ、同点に追いつかれてしまう。 ▽この失点を受けてモウリーニョ監督は63分、リンガード、エレーラを下げてフェライニ、フレッジを同時投入する。しかし、直後の67分には裏へ抜け出したウィルソンのシュートをボックス外で手を使って阻んだGKロメロにレッドカードが掲示され、数的不利を背負うことに。この退場でマタを下げてユナイテッドデビューのベテランGKリー・グラントをピッチに送り込んだ。 ▽ここから試合は一進一退の攻防を見せるが、数的優位と勢いで勝るダービーが徐々に流れを掴んでいく。すると85分、波状攻撃からマウントが左足のミドルシュートを際どいコースに飛ばす。これはGKグラントがビッグセーブで阻むが、こぼれ球に反応した途中出場のマリオットが頭で押し込み、ついにダービーが試合を引っくり返す。 ▽格下相手にホームでの負けは許されないユナイテッドはフェライニとルカクのフィジカルを生かしたパワープレーで反撃を開始するが、完全に守りに入った相手守備を崩し切れない。それでも、諦めないホームチームは試合終了間際の95分、右サイドのジオゴ・ダロトが入れたクロスをフェライニが頭で合わせ、土壇場で劇的な同点ゴールを奪った。 ▽そして、2-2でタイムアップを迎えた一戦の勝敗の行方はPK戦に委ねられることに。ダービーの先攻でスタートしたPK戦は互いにキッカーが際どいコースに決め続け、共に7人連続で成功。しかし、8人目で先攻ダービーのキッカー、キーオが冷静に決めたのに対して、後攻ユナイテッドはフィル・ジョーンズの右を狙ったシュートがGKカーソンのセーブに遭い、ここで試合は決着。ランパード率いるダービーが恩師モウリーニョ率いるユナイテッド相手に敵地オールド・トラフォードでジャイアントキリングを達成した。 2018.09.26 06:32 Wed
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース