途中出場イェデルの2Gでセビージャが初のベスト8進出! 敗退ユナイテッドはOTが“悪夢の劇場”に…《CL》2018.03.14 06:57 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)ラウンド16の2ndレグ、マンチェスター・ユナイテッドvsセビージャが13日にオールド・トラフォードで行われ、1-2でセビージャが勝利した。この結果、2戦合計2-1としたセビージャがクラブ史上初のベスト8進出を決めた。▽先月21日に行われた敵地での1stレグでは、モウリーニョ監督らしい現実主義の戦いで想定通りのゴールレスドローで終えたユナイテッド。アウェイゴール献上が命取りとなる今回の一戦では、前回対戦から先発を4人変更。マタ、エレーラ、マクトミネイ、リンデロフに代えて、ラッシュフォード、リンガード、フェライニ、バイリーを起用した。アンカーにマティッチを据え、インサイドハーフにフェライニとリンガードを並べた[4-3-3]の布陣で試合に臨んだ。

▽一方、アウェイゴールを与えない最低限のノルマを達成するも、試合展開やゴールチャンスの数を考えれば、限りなく敗戦に等しい形で1stレグを終えたセビージャ。直近のバレンシア戦でも、試合の主導権を握りながら相手のカウンターから2失点を喫するなど、敵地での2ndレグに向けて大いに不安を残す戦いぶりとなった。そのセビージャは、前回対戦から先発を1人変更。1stレグで右サイドバックを務めたヘスス・ナバスに代わってメルカドが右サイドバックに入り、ケアーがセンターバックで起用された。

▽試合は開始2分にラッシュフォードとのワンツーからルカクがファーストシュートを放つ。1stレグ同様ポゼッションでユナイテッドを上回るセビージャもすかさず反撃。9分、バネガの左CKをニアに走り込んだコレアが頭で合わせたが、これは枠の上に外れた。

▽セビージャは14分、バイリーのパスミスを敵陣で奪うと素早く前線に繋ぎ、最後はムリエルがボックス左からシュート。さらに28分にも、中盤でボールをカットしたサラビアがフランコ・バスケスとのパス交換でバイタルエリアまで侵攻。ボックス左へのスルーパスに反応したムリエルがシュートを放つも、これはゴール右に逸れた。

▽ハーフタイムにかけては一進一退の展開が続く中、ユナイテッドは38分に決定機。敵陣でボールを奪ったフェライニがサンチェスとのパス交換でボックス左に侵入。縦に切り込み左足を振り抜いたが、これはGKセルヒオ・リコのセーブに阻まれた。

▽0-0で迎えた後半、先に決定機を迎えたのはユナイテッド。ルカクの右クロスをボックス内で受けたリンガードがシュートを放ったが、これはGKセルヒオ・リコがセーブ。先制点が遠いユナイテッドは、60分にフェライニを下げてポグバを投入した。

▽対するセビージャは、72分にムリエルを下げてイェデルを投入。すると74分、バイタルエリア中央でボールを受けたサラビアからパスをボックス中央で受けたイェデルがワンタッチでマークを外してシュート。これがゴール右隅に突き刺さった。

▽敵地で先制に成功したセビージャは、78分にも左CKをニアでコレアがフリックすると、ファーサイドのイェデルがヘディングシュート。これをGKデ・ヘアが右手で弾くもクロスバーに当たったボールはゴールラインを割り、セビージャがベスト8進出に大きく近づく追加点を奪った。

▽ホームで2失点を喫し、逆転突破には3点が必要となるユナイテッドは84分にラッシュフォードの左CKをゴール前のルカクが引き倒されながらも、左足のボレーシュートで叩き込んだ。

▽しかし、反撃はここまで。イェデルの2ゴールで難攻不落のオールド・トラフォードを“悪夢の劇場”に変えたセビージャが、クラブ史上初のベスト8進出を決めた。
コメント
関連ニュース
thumb

マルセロ、ユナイテッド監督退任のモウリーニョに言及「素晴らしいコーチだったから…

▽レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロがマンチェスター・ユナイテッド監督を退任したジョゼ・モウリーニョ氏について言及した。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽今シーズンのユナイテッドはプレミアリーグ第17節終了時点で7勝5分け5敗の6位。直近のプレミアリーグでは、首位リバプールに1-3とスコア以上の完敗を喫した。その末、18日に事実上の解任となるモウリーニョ氏の退任を発表した。 ▽2010年から2013年までレアル・マドリーでモウリーニョ氏と師弟関係を築いたマルセロはかつての恩師についてコメントしている。 「彼(モウリーニョ)は素晴らしいコーチだったから非常に残念だ」 「彼にクラブがないことは非常に残念だ。マドリーに戻らなければならないとは言い切れないが、彼がクラブ(レアル・マドリー)での僕のためにしてくれたことに対して、とても感謝している」 2018.12.19 19:17 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、モウの後任はスールシャール

▽マンチェスター・ユナイテッドは19日、新監督にかつてプレーしたオーレ・グンナー・スールシャール氏(45)を招へいすることを発表した。契約期間は今シーズン終了までとなり、暫定的に指揮を執る。 ▽スールシャール氏は、母国のモルデから1996年7月にユナイテッド入り。2007年8月に現役を引退するまで11シーズンにわたってプレーした。 ▽引退後は、ユナイテッドのU-23チームで監督業をスタートさせ、古巣のモルデやカーディフを指揮。2015年10月からモルデの指揮官に再び就任した。 ▽今シーズンもモルデで指揮を執ったスールシャール氏は、12月にクラブと3年間の契約を延長。2021年まで指揮を執る契約を結んでいたが、ジョゼ・モウリーニョ監督の退任を受けて急遽古巣の指揮官に就任することとなった。 ▽今シーズンのモルデは18勝5分け7敗の勝ち点59で、首位のローゼンボリ(勝ち点64)に次いで2位で終えていた。 2018.12.19 18:35 Wed
twitterfacebook
thumb

ペップがモウリーニョを思いやる 「我々監督は孤独」

▽マンチェスター・シティの指揮を執るジョゼップ・グアルディオラ監督(47)がジョゼ・モウリーニョ氏(55)を思いやった。イギリス『FourFourTwo』が報じた。 ▽今シーズンのユナイテッドはプレミアリーグ第17節終了時点で7勝5分け5敗の6位。チャンピオンズリーグ(CL)こそ決勝トーナメントに進出したが、プレミアリーグを見れば首位のリバプールに19ポイントの大差をつけられ、厳しいシーズンを過ごしている。その末、18日に事実上の解任となるモウリーニョ氏の退任を発表した。 ▽スペイン時代からモウリーニョ氏と激戦を展開してきたグアルディオラ監督。同日に行われたEFLカップ準々決勝のレスター・シティ戦後、志半ばでユナイテッドから去ることが決まったモウリーニョ氏について次のように語り、気遣った。 「悲しいよ。我々監督は孤独。状況が良くなければ、我々は独りだ」 「私は彼らの側にいる。フットボール界だと、起こり得ることだ」 「でも、彼は私を必要としていないだろう。彼はとても強い男だからね」 「きっとすぐに戻ってきて、我々と再び対峙するだろう」 2018.12.19 18:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ユナイテッドがマルシャルの延長OP行使 英『BBC』報じる

▽イギリス『BBC』は、マンチェスター・ユナイテッドがフランス代表FWアントニー・マルシャル(23)の契約に付随する延長オプションを行使したと報じた。 ▽現行契約が今シーズン限りで満了となるマルシャル。長らく延長交渉が取り沙汰され続けてきたが、依然として延長合意に至ってない。そうした状況を受け、ユナイテッドはスペイン代表GKダビド・デ・ヘアと同様、1年間の延長オプション行使を決断。マルシャルの契約を2020年まで引き伸ばしたという。 ▽だが、マルシャルの代理人を務めるフィリップ・ランボレー氏は、フランス『RMC』のインタビューで次のように言及。ユナイテッドとの延長交渉の行方に関して、「とても悲観的」だと説明した。 「我々は彼らから期待にそぐわないオファーを受け取った。だが、スタート地点から我々の希望とはかけ離れており、合意は遥か彼方先にある」 ▽マルシャルは2015年夏、モナコから加入。今シーズンはここまでプレミアリーグでチームトップの7ゴールを記録するなど、公式戦19試合8得点の成績を残している。 2018.12.19 14:00 Wed
twitterfacebook
thumb

クロップ、モウリーニョを称える「最大限尊敬している」

▽リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督が、マンチェスター・ユナイテッドを去るジョゼ・モウリーニョ監督を称えている。イギリス『メトロ』が伝えた。 ▽ユナイテッドは19日、モウリーニョ前監督の退任を発表。同監督の指揮3年目となった今シーズンは、プレミアリーグ第17節終了時点で6位に沈んでおり、早い段階から解任が取り沙汰されていた。 ▽16日に第17節でユナイテッドを3-1で撃破したばかりのクロップ監督は、モウリーニョ監督の仕事を称えている。 「彼は非常に競争力のある男で、とても野心家だ。本当に競争力があるんだよ。私は彼を最大限尊敬している」 「信じられない程の成功者であるとともに、ここ数か月は誰にとっても喜ばしくなかったと想像できる。特に彼にとっては」 「(ジョゼ・モウリーニョ監督が)こういったことに直面するのは良いことではない」 2018.12.19 11:00 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース