ゼコの決勝弾でローマが10人のシャフタール撃破! AGで逃げ切り10季ぶりのベスト8進出《CL》2018.03.14 06:51 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグ、ローマvsシャフタールが13日にスタディオ・オリンピコで行われ、ホームのローマが1-0で勝利した。この結果、2戦合計2-2で並ぶもアウェイゴール数で上回ったローマの準々決勝進出が決定した。

▽2月21日にキエフで行われた1stレグは前後半で主導権が大きく入れ替わる展開となった中、先制を許すも後半の2ゴールで逆転したホームのシャフタールが2-1で先勝した。

▽逆転負けもアウェイゴール1つをホームに持ち帰ったローマは、1stレグ以降のセリエAでは要塞サン・パオロでナポリ、ホームで戦った直近の試合ではトリノにいずれも快勝し、良い形で今回の一戦を迎えた。そのトリノ戦を出場停止で欠場したゼコ、ファシオに加え温存されたペロッティが復帰し、1stレグと同じメンバーで運命の第2戦に臨んだ。

▽一方、1stレグでは押し気味の試合展開の中で再三の決定機を決め切れず、アウェイゴールを与えたうえ最少得点差で試合を終えたシャフタール。それでも、直近のリーグ戦2試合ではジルカに5-0、カルパティ・リヴィウに3-0と圧勝を飾り、好調を維持。試合勘を徐々に取り戻したチームは、1stレグで負傷交代したクリスツフォフに代わってオルテツを起用した以外、同じメンバーを起用した。

▽開始20秒でナインゴランとのコンビプレーからゼコがいきなり枠内シュートを放つなど、ホームのローマが積極的な入りを見せる。この試合、[4-3-3]の布陣で臨んだローマは相手の比較的高い最終ラインに対して、ゼコやペロッティが駆け引きを行いながら揺さぶりをかける。

▽一方、シャフタールは時間の経過と共にボールを保持しながらイスマイリとベルナールが縦に並ぶ左サイドを起点に攻勢を強めていく。10分には相手陣内左サイド深くで得たFKの場面でベルナールのゴール方向に向かうクロスからDFフロレンツィのあわやオウンゴールというシーンを演出するなど、1stレグ同様に堂々としたプレーを見せる。

▽その後は良い距離感でリスク回避の正確なボール回しを見せるアウェイチームに対して、ローマのプレスがハマらず試合はこう着状態に陥る。逆転突破に向けてゴールが必要なローマは、ファシオやナインゴランが要所で持ち場を離れる前向きな守備でボールを奪い、カウンターのスイッチを入れて左サイドのコラロフからのクロスで際どい場面を創出。対してシャフタールは33分、高い位置でファシオからボールを奪ったファクンド・フェレイラがボックス内でシュートを試みるが、ここは戻ったファシオに寄せられて枠に飛ばせない。

▽前半終盤にかけても決定機の数こそ少ないものの、互いに組織的な守備とミスの少なさが際立ち、好勝負が続く。立ち上がりからの執拗なプレスが徐々にGKピアトフら最終ラインのビルドアップミスを誘発させ始めたローマにチャンスの匂いが漂うも、前半はゴールレスで終了した。

▽後半も引き続き拮抗した展開が続く。しかし、相手守備陣の一瞬を突いたローマが52分に均衡を破る。左サイドのハーフウェイライン付近でボールを持ったコラロフが中央のストロートマンに短いパス。ここでストロートマンが左足ダイレクトで最終ライン裏を狙うゼコへ絶妙なスルーパスを通すと、ボックス左に抜け出したゼコが飛び出したGKピアトフの股間を抜く右足アウトを使ったシュートでゴールネットを揺らした。

▽頼れるエースストライカーの値千金の先制ゴールで2戦合計2-2もアウェイゴールの差で優位に立ったローマは、54分にもカウンターからボックス右でストロートマンのワンタッチパスを受けたペロッティが、右足でシュートもGKピアトフの正面を突く。さらに62分には右サイドのスペースでフィードを受けたナインゴランからのマイナスパスを、ボックス手前に走り込んだゼコが右足のダイレクトシュートで狙うが、これはややカーブがかかり過ぎて枠の左に外れた。

▽先制以降、完全に主導権を掴んだローマだが、65分にジェンギズを下げてジェルソンを投入し、相手ベンチが動く前に最初の交代カードを切る。67分には自陣ボックス付近からのロングカウンターでペロッティのスルーパスに抜け出したゼコに決定機も、このシュートは枠を捉えきれない。

▽ベスト8進出にはゴールが必要なシャフタールだが、ローマの組織的且つ球際で気迫を見せる守備を前に前半同様ほとんど決定的な場面を作れず、逆に相手の鋭いカウンターから2点目を防ぐのに精いっぱいの展開が続く。74分にはステパネンコを下げてパトリックを最初の交代カードとして投入する。

▽しかし、79分には最終ラインでゼコに完璧に入れ替わられたDFオルテツがゼコを引き倒してしまい、決定機阻止のこのファウルでレッドカードが掲示され、ビハインドに加えて数的不利まで背負うことに。さらに、苛立ち募るファクンド・フェレイラが時間稼ぎを行ったボールボーイを看板の外側に突き落とす暴挙に出て、これをキッカケに両軍入り乱れての乱闘に発展する一幕となった。

▽その後、マルロスに代えてデンチーニョを投入した10人のシャフタールが試合終盤にかけて猛攻を見せる。左サイドバックのイスマイリを起点に幾度か決定的な場面を作ったものの、完全に逃げ切りに入ったローマの集中した守備を最後までこじ開けることはできず。エースFWゼコの値千金の決勝点に加え、ジェンギズのアウェイゴール、1stレグでの守護神アリソンの奮闘が実ったローマが逆転で10シーズンぶりのベスト8進出を決めた。

コメント

関連ニュース

thumb

ナインゴランのインテル移籍、今週中に「30億+2選手」で決着

▽『イタリア・スカイ・スポーツ』など複数メディアは21日、ローマに所属する元ベルギー代表MFラジャ・ナインゴラン(30)のインテル移籍を報じた。 ▽伝えられるところによれば、ナインゴランのインテル行きは移籍金2400万ユーロ(約30億6000万円)に加えて、DFダビデ・サントンとMFニコロ・ザニーロの2選手を譲渡する形で成立に至った模様だ。 ▽ナインゴランは、2014年1月からローマでプレー。今シーズンもローマの中盤で主軸を担い、チャンピオンズリーグ4強入りに貢献するなど、抜群の存在感を誇った。なお、この取引は今週末までに完了予定だ。 2018.06.22 09:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ボローニャ、下部リーグへレンタルを繰り返していたローマDFカラブレシを獲得

▽ボローニャは21日、ローマからU-21イタリア代表DFアルトゥーロ・カラブレシ(22)を獲得した。契約期間は2022年6月30日までの4年間となる。 ▽ローマのプリマヴェーラ出身のカラブレシは、2015年にトップチームに昇格したがこれまで出場機会はなく、リボルノやブレシア、スペツィア、フォッジャなど、国内の下部リーグで武者修行を繰り返していた。 ▽186cmの恵まれたサイズに加え、右サイドバックや守備的MFでもプレー可能なクレバーなセンターバックのカラブレシは、各年代のイタリア代表に選出されており2015年8月にU-21イタリア代表デビューを飾ると、これまで3試合に出場していた。 2018.06.22 02:55 Fri
twitterfacebook
thumb

ローマ、パストーレ獲得が決定的に…移籍金は23億円程度

▽ローマがパリ・サンジェルマン(PSG)のMFハビエル・パストーレを獲得することが決まったようだ。イタリア『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などが伝えている。 ▽かつてパレルモで活躍したパストーレがイタリアに戻ってくる。報道によると、ローマはPSGと合意に達し、選手とは年俸400万ユーロ(約5億2000万円)で2022年までの契約を交わすことになった。あとは正式発表を待つだけという状況だという。 ▽パストーレは2014/15シーズンにPSGで公式戦50試合に出場した。だが、世界各地からタレントをかき集める同クラブでレギュラーポジションを維持するのは困難で、昨シーズンは出番が減っている。その結果、ロシア・ワールドカップに臨むアルゼンチン代表には呼ばれていない。 ▽ローマがPSGに支払う移籍金は1800万ユーロ(約23億円)程度になる模様だ。 2018.06.20 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

サンプドリア、新たなテクニカル・ディレクターに敏腕サバティーニ氏を招へい

▽サンプドリアは18日、新たなテクニカル・ディレクター(TD)にワルテル・サバティーニ氏(63)を招聘したことを発表した。 ▽サンプドリアは、これまでダニエル・プラデ氏がテクニカル・ディレクターを務めていたが14日に退任を発表。来季よりウディネーゼのテクニカル・ディレクターを務めることが伝えられていた。 ▽今回、新たなテクニカル・ディレクターに就任したサバティーニ氏は、パレルモ時代にアルゼンチン代表MFハビエル・パストーレ(現パリ・サンジェルマン)、ウルグアイ代表FWエディソン・カバーニ(現パリ・サンジェルマン)を発掘。 ▽その後、2011年から5年間にわたりローマのスポーツ・ディレクター(SD)を歴任すると、2017年5月からはインテルのオーナーである蘇寧グループで補強部門を統括するテクニカル・ディレクターに就任したが、選手の移籍についてグループを非難するコメントを残すなど、蘇寧グループの方針と反りが合わず、3月に解雇されていた。 ▽サンプドリアは公式サイトで以下のようなコメントを残している 「サバティーニは最高レベルの経験を持つ世界でも屈指の敏腕ディレクターだ。彼は7月1日からテクニカル・ディレクターの職を引き継ぐことになるだろう」 2018.06.19 00:40 Tue
twitterfacebook
thumb

ローマ、クラブ史上初のCLベスト4に導いたディ・フランチェスコ監督と2020年まで契約延長!

▽ローマは18日、エウゼビオ・ディ・フランチェスコ監督(48)との契約を2020年まで延長したことを発表した。 ▽ローマを史上初のチャンピオンズリーグ(CL)ベスト4に導いたディ・フランチェスコ監督は、今回の契約延長に際して以下のようなコメントを残している。 「ローマで私たちを応援してくれるファンとこの冒険を続けられることをとても嬉しく思っている」 「会長と経営陣からの信頼を私は誇りに思っている。そしてその信頼には今シーズン以上の成績を残すことで応えていきたいと願っているよ」 ▽ディ・フランチェスコ監督は、現役引退後にローマでチームマネージャーを務めた後、ランチャーノ、ペスカーラ、レッチェの指揮官を歴任し、2012年から指揮を執ったサッスオーロでは就任1年目にセリエA昇格に導くと、2015-16シーズンはクラブ史上最高位の6位で終え、歴史的なヨーロッパリーグ出場権獲得に貢献するなど、その手腕を発揮。 ▽これが認められ、ルチアーノ・スパレッティ前監督の後任として2017年の夏にローマの指揮官に就任。就任初年度となった今シーズンは、CLでクラブを史上初のベスト4に導き、セリエAでも5年連続のCL出場権獲得となる3位でシーズンを終えていた。 2018.06.19 00:25 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース