ペップとバイエルン時代に衝突した医師が自伝で当時の内情明かす 「彼は私を見下していた」2018.03.14 03:51 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽バイエルン時代にジョゼップ・グアルディオラ監督と衝突してクラブを去ったハンス=ヴィルヘルム・ミュラー=ヴォールファールト医師が、先日に発表した自伝で当時の内情を明かした。ドイツ『ビルト』が同自伝の一部を引用して伝えた。

▽1977年にバイエルンのチームドクターに就任したミュラー=ヴォールファールト医師は、スポーツ医学において世界的な権威の1人。しかし、2015年にチームを率いていたグアルディオラ監督とは治療方針や練習施設への常駐を巡って幾度となく衝突し、最終的に同医師がクラブを去ることになった。

▽その後、グアルディオラ監督のマンチェスター・シティ行きを受けて、昨年秋にバイエルンのチームドクターに復帰したミュラー=ヴォールファールト医師は、自身の自伝の中でグアルディオラ監督との当時のやり取りをを振り返っている。

「おそらく彼は私のことをいつだって指示を出せる下役として見ていたようだ。話しかけようとしても、顔をそむけられ、立ち去られた」

「それに彼は医療的な問題にはほとんど関心を示さず、逆に奇跡を我々に求めていた」

「また、すべてにおいて自分がよく知っているかのように振舞い、我々が医学的な観点を持って熟慮し、長年実証されたウォームアップメニューを完全にひっくり返し、ウォームアップは5分で十分とも言っていた。それではうまくいくはずがないんだ」

▽また、ミュラー=ヴォールファールト医師は2014-15シーズンのチャンピオンズリーグ、ポルト戦後にグアルディオラ監督が自身を批判する趣旨の発言をしたことが、辞任を決断するうえで決定的な要因となったと主張している。

「プレーヤーたちの身体の状態、つまり敗戦は私の責任だと言われた。スペインでは14日間しかかからない治療が、うちでは6週間もかかるはずがないと言われたよ」

▽さらに、同医師はグアルディオラ監督との衝突の中で初めて仕事中に我ワ忘れるほど激昂したと告白している。

「彼を怒鳴りつけ、皿やコップが倒れるほど机を叩いた。それは私がキャリアの中で初めて他人を大声で罵倒した経験だった」

「個人的にこれまで多くの時間を過ごしてきた監督が、私の経験に対してあまりにも注意を払わなかったことは今でも理解できないよ」

▽最後にミュラー=ヴォールファールト医師はグアルディオラ監督に人物像に関して、以下のように語っている。

「個人的にグアルディオラは自分に自信がなく、それを隠すために何でもする人間だと考えている。したがって、彼は常に怯えながら生きているんだ。敗北に対して怯えているのではなく、権力や権威を失うことに怯えているんだ」

コメント

関連ニュース

thumb

バイエルン会長がレヴァンドフスキ移籍を完全否定…移籍金2億ユーロは「ナンセンス」

バイエルンのウリ・ヘーネス会長は、FWロベルト・レヴァンドフスキを売りに出さないと、ドイツの『スカイ』に語った。<br><br>レヴァンドフスキは2017-18シーズン、リーグ戦30試合で29ゴールをマーク。公式戦では41ゴールと驚愕の数字を残した。ポーランド代表ストライカーは、バイエルンとの契約を2021年まで残しており、来季は節目の5シーズン目となる。<br><br>しかし先月、レヴァンドフスキの代理人は選手が退団を希望していると発言。マンチェスター・ユナイテッドやチェルシー、レアル・マドリーなどが移籍先の候補として挙がるなど去就に注目が集まった。そして、バイエルンは移籍金を2億ユーロ(約260億円)を要求しているとの報道もあったが、ヘーネス氏はこれらの報道について完全に否定した。<br><br>「その金額はナンセンスだ。ロベルトを売ることはないし、来季も我々の下でプレーする」<br><br>ロシア・ワールドカップで日本と対戦するレヴァンドフスキ。世界トップレベルに君臨するストライカーは、今夏に移籍するのか、その去就に注目が集まる。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.06.12 23:35 Tue
twitterfacebook
thumb

ベイルはブンデスに興味なし! バイエルンからの興味を拒否か

▽去就に揺れているレアル・マドリーのウェールズ代表MFガレス・ベイル(28)にバイエルン移籍の芽は無さそうだ。イギリス『ミラー』が報じた。 ▽ジネディーヌ・ジダン監督の下でレギュラーを確保することができず退団が噂されていたベイルは、5月26日のチャンピオンズリーグ(CL)決勝リバプール戦で2ゴールを決めて3-1での優勝&3連覇を果たす立役者となった試合後、「僕にはもっと出場機会が必要。夏には代理人と話し合わなければならないね」と発言。今夏の移籍が決定的と見られている。 ▽新天地候補最有力と見られているのがマンチェスター・ユナイテッドだが、先日にはイギリス『テレグラフ』がバイエルンからの関心を報道。『ミラー』によると、バイエルンのニコ・コバチ新監督がベイルを今夏のトップターゲットに据えており、FWフランク・リベリ、FWアリエン・ロッベンら最高クラスのウィンガーの後継者として考えているという。 ▽しかし、伝えられるところでは、ベイルはブンデスリーガでのプレーに興味を抱いておらず。既にバイエルンに対しても、プレミアリーグ移籍を希望している旨を告げたとのことだ。 ▽したがって、依然としてユナイテッドが最有力であることに変わりはない模様。とはいえ、最終的な発言権は退任を電撃発表したジダン監督の後任に就く人物が持つことになるようだ。 2018.06.10 19:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ダビド・アラバ、バイエルン残留宣言! レアル・マドリー行き噂終息へ

▽バイエルンに所属するオーストリア代表DFダビド・アラバ(25)が残留を高らかに宣言した。 ▽現フットボール界屈指の左サイドバックとして名を轟かせるアラバ。以前からレアル・マドリーが関心を寄せているとされ、選手本人も今年3月のインタビューで新たな挑戦を示唆した上、先日に代理人もレアル・マドリーの関心を明らかにした。 ▽しかし、渦中のダビド・アラバは、ドイツ『ビルト』で去就について問われると、バイエルン退団の可能性を次のように否定したという。 「僕はバイエルンに残る。まだ2021年まで契約が残っていて、ミュンヘンはとても居心地が良い。これ以上、何も言うことはないよ」 2018.06.09 11:30 Sat
twitterfacebook
thumb

W杯決勝にインテルとバイエルンは欠かせない!? ロシアでも実現なるか

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)にイタリア代表は出場しないが、それでも盛り上がり方は秘められているかもしれない。『Sports.fr』の情報を『FCインテルニュース』が伝えた。 ▽これによると、1982年以降、W杯の決勝には常にインテルとバイエルン・ミュンヘンの選手が出場しているとのことだ。 ▽1982年はインテルのレジェンド、ジュゼッペ・ベルゴミやゲルト・ミュラーらが出場。1986年はカール=ハインツ・ルンメニゲやローター・マテウスといった選手がピッチに立った。1998年と2002年はロナウド、2006年はジダンの頭突きを受けたマテラッツィが出場している。2010年はスナイデル、2014年はパラシオと、各大会のファイナルにインテルの選手が登場した。 ▽近年は世界のトップレベルから遠ざかっているインテルだが、それでもこの記録は続くだろうか。 2018.06.08 23:55 Fri
twitterfacebook
thumb

バイエルン徹底抵抗、レヴァンドフスキ移籍金に259億円

▽バイエルンに所属するポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキ(29)の去就が混沌と化している。 ▽今夏の移籍を志願していることが判明したレヴァンドフスキ。パリ・サンジェルマンやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッドが関心を示しているが、移籍先を模索する同選手の代理人であるピニ・ザハビ氏は依然として具体的なクラブを探し出すに至ってない模様だ。 ▽ドイツ『Sport Bild』によれば、バイエルンは2021年まで契約を残しているレヴァンフドフスキの移籍金として2億ユーロ(約259億1000万円)以上を要求。その額以上のオファーが届けば移籍を容認する意向を示している一方、同額以下であれば退団を断固として認めない方針だという。 ▽以前からレアル・マドリー行きを希望しているとみられるレヴァンドフスキは、今年8月に30歳の誕生日を迎える。4年連続ブンデスリーガ得点王に輝くなど実績十分だが、年齢面を考えても、2億ユーロという額はかなり高額。その額を支払うクラブは現れるのだろうか。 2018.06.08 10:00 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース