「私がプレミアの監督ならば、サンチェスよりソン・フンミンを起用する」 元イングランド代表FWが韓国代表FWを絶賛2018.03.14 02:47 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽かつてチェルシーやセルティックでプレーした元イングランド代表FWクリス・サットン氏が、トッテナムで躍動する韓国代表FWソン・フンミンを絶賛した。イギリス『デイリー・メール』が伝えている。▽直近の公式戦4試合で7ゴールを挙げるなど、今季の公式戦43試合で18ゴール9アシストと昨季以上の輝きを放っているソン・フンミン。

▽現在、サッカー界で最も過小評価されている選手の1人とも評される韓国代表FWについて、ブラックバーン時代の1997-98シーズンにプレミアリーグ得点王に輝いた経験もある名ストライカーのサットン氏は、マンチェスター・ユナイテッドで不振にあえぐチリ代表FWアレクシス・サンチェスを引き合いに出しながら、そのパフォーマンスを絶賛している。

「私がプレミアリーグの監督ならば、毎週末アレクシス・サンチェスではなくソン・フンミンを起用すると思う」

「これまで我々はトッテナムにおけるハリー・ケインの存在の大きさについて語ってきたが、彼らにとってソンはその次に重要な存在だ。彼はマウリシオ・ポチェッティーノのチームにエネルギーを与えている」

▽さらに、元イングランド代表FWは個人、チームの不調時に周囲への不満を露わにするサンチェスに対して、常に笑顔を絶やさずに周囲と良好な関係を築くソン・フンミンのパーソナルな面も高く評価している。

「彼は常に素晴らしい笑顔を浮かべながらプレーしている。それとは対照的にサンチェスは思い通りにいかないときに、その不満を露わにしている」

「とりわけ、マンチェスター・ユナイテッドに移籍する前にはアーセナルの周囲に対して、多くの悪影響を及ぼしていた。しかし、ソンにはそういった騒ぎとは全く縁がない」

「ソンはあらゆる点でプロフェッショナルの見本のような存在だ。トッテナムはボーンマス戦でビハインドを背負い、ケインまでケガで失った。しかし、ソンは彼に代わるセンターフォワードとして見事なパフォーマンスを見せていた」
コメント
関連ニュース
thumb

エリクセンが後半ATに劇的今季リーグ初ゴール! 3連勝のスパーズがポチェッティーノ体制でプレミア100勝達成!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第17節、トッテナムvsバーンリーが15日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが1-0で勝利した。 ▽リーグ戦2連勝で3位に付けるトッテナム(勝ち点36)が17位のバーンリー(勝ち点12)をホームに迎えた一戦。ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦を劇的なドローで終え、決勝トーナメント進出を決めたトッテナム。その良い流れを継続したいチームだが、今後の過密日程を睨んでバルセロナから先発5人を変更。18歳MFスキップを初先発で起用したほか、負傷明けのトリッピアー、本職サイドバックのベン・デイビスをセンターバックで起用するなど、積極的なターンオーバーを行った。 ▽敵地で引き分け良しとするバーンリーがバーンズを最前線に残して[5-4]の堅固な守備ブロックを敷く中、中3日での連戦となるトッテナムはやや抑え気味の入りとなる。相手のブロックの前でのボール回しが続く中、17分にはラメラのフィードに反応したルーカス・モウラに最初の決定機もうまく合わせたダイレクトボレーは枠の左に外れる。 ▽20分を過ぎて高い位置に張り出すトリッピアー、ローズを起点にダイレクトプレーや3人目の動き出しで相手守備を揺さぶり始めたホームチームは良い形で相手を崩していく。しかし、ケインがボックス内で倒されたプレーでPKがもらえず、ボックス付近でのシュートも相手DFの決死のブロックに遭う。31分には得意のロングカウンターからケイン、ムサ・シソコと繋ぎボックス左に抜け出したラメラに絶好機もここはファーストタッチが大きくなり飛び出したGKハートの好守に阻まれた。 ▽その後も70パーセントを超えるボールポゼッションで押し込み続けるホームチームだったが、最後の場面で粘るバーンリー守備をあと一歩でこじ開けられず、前半はアウェイチームに再三のジャブを見舞うにとどまった。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半も試合展開に大きな変化はなし。前半同様にボールを保持するトッテナムは中央を締める相手に対してサイドを起点に攻略を試みるが、なかなか崩し切れない。 ▽流れを変えたいポチェッティーノ監督は65分、ルーカスを下げて切り札のエリクセンを投入。74分にはローズの左からのクロスがファーに流れてこれをラメラが左足で流し込みにかかるが、GKハートのビッグセーブに阻まれた。 ▽その後、スキップ、ラメラを下げてソン・フンミン、ジョレンテとアタッカーを続けて投入する。しかし、ソン・フンミンのボックス右からのシュートやクロスはゴールに結びつかず、試合は0-0のまま後半アディショナルタイムに突入。 ▽さすがに引き分け止む無しかと思われたが、今季リーグ戦で未だドローのないホームチームが最後の最後にゴールをこじ開ける。91分、後方からジョレンテ目がけたロングボールを入れると、これをデレ・アリ、ケインとボックス内で繋ぎ中央のケインがゴール左に走り込むエリクセンにラストパス。これをデンマーク代表が冷静に蹴り込んだ。 ▽相手の堅守に苦しめられながらもエリクセンの今季リーグ戦初ゴールで勝ち切ったトッテナムがリーグ戦3連勝を飾ると共に、ポチェッティーノ体制でのプレミアリーグ100勝目を手にした。 2018.12.16 02:18 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ、エリクセン流出ならアセンシオの獲得を検討か

▽トッテナムが、レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFマルコ・アセンシオ(22)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『マルカ』の情報を引用し、イギリス『talkSPORT』が伝えた。 ▽バルセロナやマドリーなどビッグクラブ行きの噂が絶えないトッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(26)。記事によると、万が一同選手が退団した場合に備えて、次なるプレーメーカーとしてアセンシオを注視しているようだ。 ▽また、トッテナムは今夏の移籍市場では新戦力を獲得せず。こういった状況からも、次の移籍市場で1人か2人のスター選手の獲得に動くのではないか、と予想されている。さらに、マドリー寄りで知られる『マルカ』も「スパーズがマドリーの若手に接近している」と主張した。 ▽しかし、マドリーは2023年まで契約を残しているアセンシオを、現時点では放出する気はないようだ。だが、この状況が代わる可能性もあるという。 ▽マドリー期待の若手として称賛を浴びながらも、サンティアゴ・ソラーリ監督下でプレー時間を減らしているアセンシオ。今シーズンはここまでリーガエスパニョーラ15試合で1ゴール3アシストと、物足りない成績となっている。 2018.12.15 22:36 Sat
twitterfacebook
thumb

【CLグループB総括】メッシ躍動バルサが首位通過! スパーズが奇跡の逆転突破

▽優勝候補バルセロナとプレミアとセリエAの強豪トッテナム、インテルにオランダ王者PSVが同居する今回のグループステージ屈指の激戦区となったグループB。その“死の組”を突破したのは、本命バルセロナと奇跡のカムバックを見せたトッテナムの2チームとなった。 ■グループB順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.バルセロナ[14/4/2/0/9] 2.トッテナム[8/2/2/2/-1] 3.インテル[8/2/2/2/-1] 4.PSV[2/0/2/4/-7] ◆メッシ躍動で貫録の首位通過~バルセロナ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181213_28_tw2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季グループステージでレアル・マドリーを圧倒したトッテナム、久々のCL復帰ながら戦力充実のインテル相手に苦戦も予想されたバルセロナだったが、4勝2分けの無敗で格の違いを見せつける首位通過となった。クラブOBのファン・ボメル監督率いるPSVとの初戦をエースFWメッシのハットトリックの活躍で大勝スタートすると、聖地ウェンブリーでのトッテナム戦もそのエースの圧巻の活躍で4-2の勝利。第3節のインテル戦はそのエースを負傷で欠くも、新加入MFアルトゥールら自慢の中盤の構成力を武器にエース不在を感じさせぬ快勝を見せた。 ▽引き続きエース不在となったインテルとのリターンマッチで今大会初のドローも2節を残して決勝トーナメント進出を果たすと、第5節のPSV戦では復帰したエースの全ゴールに絡む活躍で首位通過も決定。最終節のトッテナム戦では主力温存で圧倒されるも1-1のドローで終え、CLでのホーム無敗記録を「29」に更新。決勝トーナメント1回戦では史上最長となる30試合無敗を目指す。 ◆序盤3戦未勝利から奇跡のカムバック~トッテナム~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181213_28_tw3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽レアル・マドリー、ドルトムントと同居した昨季と同様に厳しい組み分けを強いられた中、今夏の新戦力補強ゼロに終わったチームはロシア・ワールドカップ(W杯)の影響もあり、序盤から大苦戦を強いられた。内容面で圧倒したインテルとの初戦を終盤の連続失点で逆転負けを喫すると、ホームでのバルセロナ戦では驚愕のパフォーマンスを見せたメッシに粉砕され、2連敗スタート。さらに、必勝を期して臨んだ格下PSVとの連戦初戦を痛恨のドローで終え、前半戦を勝ち点1で終える絶望的な状況を強いられた。 ▽誰もが敗退の可能性を口にした中、奇跡を信じ続けたポチェッティーノ監督率いるチームはPSV戦、インテルとの直接対決をいずれも試合終盤の劇的な得点で競り勝ち逆転突破へのわずかな光明を見出すと、28戦無敗を誇るカンプ・ノウでは主力温存の首位チーム相手にビハインドを背負うもFWルーカス・モウラの劇的同点弾と、最下位敗退が決定しながらもインテル相手のアウェイゲームで勇敢な戦いでドローに持ち込んだPSVのアシストもあり、当該成績のアウェイゴール差でインテルを上回り、奇跡のカムバックを果たした。 ◆名門の勝負強さ発揮も最後は経験不足露呈~インテル~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181213_28_tw4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽昨季、ラツィオとの痺れるセリエA最終節の大一番を制して7シーズンぶりのCL出場を果たしたインテルだったが、期待外れの3位敗退となった。今夏MFナインゴランやDFデ・フライ、DFヴルサリコ、FWケイタら実力者を補強したチームは国内リーグでの序盤戦で苦戦。それでも、トッテナムとのCL初戦では終始劣勢を強いられた中、CL初参戦のエースFWイカルディのスーパーゴールと伏兵MFヴェシーノのゴールで鮮やかな逆転勝利を飾った。この劇的勝利をターニングポイントとしたチームは以降は国内リーグでも復調。CLでは苦戦した第2戦のPSV戦も勝負強い戦いぶりで逆転勝利し、バルセロナとの連戦ではメッシ不在という好機を生かして敵地でこそ敗れたものの、ホームゲームでは再び粘り強い戦いで勝ち点1を手にした。 ▽しかし、7シーズンぶりのCL参戦ということもあり、より重圧のかかる残り2試合で経験不足を露呈したチームはやや腰の引けた戦いぶりでトッテナムとの重要な大一番を落とすと、最終節のPSV戦では他会場の結果を意識し過ぎてかホームで勝ち点3を奪いに行く断固たる態度を示せずドローに終わった結果、無念の3位敗退でヨーロッパリーグ(EL)決勝トーナメントに回ることになった。 ◆未勝利も美しき敗者に~PSV~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181213_28_tw5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ファン・ボメル新監督の下で2シーズンぶりのCLグループステージ参戦となったPSVは今大会未勝利も健闘ぶりが光った。国内リーグで開幕13連勝を飾るなど、エースFWロサーノや守護神ズート、DFアンジェリーノ、FWベルグヴィンと各ポジションに有望な若手を擁するオランダ王者はすべて格上との対戦となったCLの舞台でも躍動。バルセロナ戦ではメッシらに格の違いを見せつけられたが、インテルとトッテナム相手にはズートを中心とする粘り強い守備とロサーノ、ベルグヴィンの両翼の個人技を生かした鋭いカウンターで時に互角以上に渡り合って見せた。主砲ルーク・デ・ヨングも3試合連続ゴールを記録するなど、チームとしてバルセロナとの初戦を除き全試合で得点を記録しており、未勝利での敗退とはいえポジティブな要素が目立っていた。 2018.12.14 09:01 Fri
twitterfacebook
thumb

バルサ、主力温存のスパーズ戦で12年ぶり支配率下回る

▽バルセロナが、チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージで12年ぶりに支配率を下回ったようだ。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽バルセロナは、11日にチャンピオンズリーグ(CL)グループB第6節でトッテナムと対戦。グループステージ首位突破が決まっていたバルセロナは、FWメッシやMFブスケッツら主力をベンチに置き、CLデビューとなったU-21スペイン代表MFカルレス・アレーニャ、U-19スペイン代表DFフアン・ミランダら若手選手を起用した。 ▽試合では、7分にバルセロナFWデンベレが個人技で打開し先制点を奪取。しかし、終了間際の85分にトッテナムFWルーカス・モウラに同点弾を浴び、試合は1-1で終了。バルセロナのボール支配率は、48.8%で相手を下回っていた。 ▽『フットボール・エスパーニャ』によると、バルセロナがCLのグループステージで支配率を下回るのは、元ブラジル代表のロナウジーニョ氏らが在席していた2006-07シーズンのグループA第6節ブレーメン戦以来。この試合では、ロナウジーニョ氏と元アイスランド代表FWエイドゥル・グジョンセン氏のゴールで2-0の勝利を収めたが、支配率は42.9%と下回っていた。 2018.12.12 14:35 Wed
twitterfacebook
thumb

レーティング:バルセロナ 1-1 トッテナム《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)のグループB第6節、バルセロナvsトッテナムが11日にカンプ・ノウで行われ、1-1のドローに終わった。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽バルセロナ採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 シレッセン 6.5 今季CL初出場。ソン・フンミンとの一対一を阻止やルーカスのヘディングシュートを止めるなど再三のビッグセーブを披露 DF 2 N・セメド 6.0 同サイドの守備の強度が低い中、守備面で奮闘を見せた 15 ラングレ 6.0 利き足とは逆の右CBでのプレーだったが、安定したビルドアップと粘り強い守備で急造バックラインをまとめた 24 ヴェルメーレン 5.5 ソン・フンミンのスピードに振り切られるなど、試合勘やコンディション面でやや厳しかった 27 ミランダ 6.0 18歳でCLデビュー。繋ぎや攻撃の局面でマシア出身らしさを見せたが、守備面ではさすがにキツかった MF 26 アレーニャ 5.5 CLデビュー。球際の争いで劣勢を強いられたが、マイボール時はシンプルな捌きでリズムを作った 4 ラキティッチ 5.5 アンカー起用で攻守に上々のプレー。惜しいミドルシュートも放った (→ブスケッツ 5.0) 周囲のレベルや連係の問題もあり相手の勢いを止めきれず 8 アルトゥール 5.5 負傷明けのためやや無理は利かなかったが、コウチーニョと共に左サイドで起点を作った FW 11 デンベレ 6.5 相手のミスを見逃さない抜け目なさと圧倒的な個人技で先制点を奪取。その後も鋭い仕掛けで相手の脅威も守備のルーズさは減点 (→デニス・スアレス -) 19 ムニル 5.5 利他的なプレーで味方を生かしたが、ストライカーとして怖さを見せられず (→メッシ 5.5) 幾度か見せ場は作ったが、かなりの省エネモードだった 7 コウチーニョ 6.0 ウォーカー=ピータース相手に優位性を保ちながら2度のポスト直撃のシュートなど決定機に絡んだ 監督 バルベルデ 5.5 積極的なターンオーバーを敷いた中で最低限の勝ち点1 ▽トッテナム採点<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 ロリス 5.5 失点はノーチャンス。防げるシュートはきっちり防ぎ背後のスペースを冷静にケア DF 16 ウォーカー=ピータース 5.0 CL初先発も痛恨のロストで失点に関与。それでも、後半に入ってからは積極的な仕掛けや決定的なシュートブロックで盛り返す (→ラメラ 6.0) 同点ゴールの起点となるなど、攻守に積極性が光った 4 アルデルヴァイレルト 6.0 早々の失点によって前がかりになったチームを後方からきっちり支えた 5 ヴェルトンゲン 5.5 攻守両面でそつなし。ムニルを全く苦にせず 3 ローズ 6.5 序盤はデンベレの対応に苦慮も後半はソリッドな守備を披露。その中でもチームに推進力を与える攻め上がりを幾度か見せた MF 17 ムサ・シソコ 6.5 豊富な運動量と球際の強さを武器に攻守両面で存在感。後半途中から右サイドバックでもプレー 20 デレ・アリ 5.5 エリクセンと共にライン間でボールを引き出し、局面を変えるプレーを見せた 8 ウィンクス 6.0 シンプルな捌きと機動力を生かした潰しで存在感を示した (→ジョレンテ -) 23 エリクセン 6.5 嫌らしいポジショニングと質の高いパスで再三の好機を演出 FW 7 ソン・フンミン 5.5 前半のGKとの一対一の決定機を逸するが、鋭い仕掛けと背後へのスプリントで相手の脅威となった (→ルーカス・モウラ 6.5) チームを決勝トーナメントに導くゴールを奪った 10 ケイン 6.5 相手センターバックとのフィジカル勝負で優位に。決勝点をアシストするなどエースの役目を果たした 監督 ポチェッティーノ 6.0 勝って自力での突破を逃すも攻撃的な采配で決勝トーナメント進出を決めた ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! ルーカス・モウラ(トッテナム) ▽再三の好守で立ちはだかったシレッセンの活躍やローズ、ムサ・シソコの両サイドバックの活躍も見事だったが、チームを決勝トーナメントに導いたルーカスをMOMに選出。 バルセロナ 1-1 トッテナム 【バルセロナ】 デンベレ(前7) 【トッテナム】 ルーカス・モウラ(後40) 2018.12.12 07:48 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース