ジョレンテが今季限りで放出へ…昨夏加入もここまでリーグ戦1ゴール2018.03.14 01:41 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽トッテナムが今季限りで元スペイン代表FWフェルナンド・ジョレンテ(33)の放出に踏み切るようだ。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。

▽昨夏の移籍市場最終日にスウォンジーから1500万ポンド(約22億3000万円)でトッテナムに加入したジョレンテだが、ここまで公式戦28試合出場で5ゴールと思うような結果を残せていない。とりわけ、リーグ戦とチャンピオンズリーグではそれぞれ1点ずつしか決められていない。

▽先日のFAカップ5回戦再試合のロッチデール戦で移籍後初のハットトリックを記録したジョレンテだったが、直近のプレミアリーグのボーンマス戦ではエースFWハリー・ケインが前半途中に負傷した際、交代選手として投入されず。代わって投入されたのはアルゼンチン代表MFエリク・ラメラで、1トップは左ウイングでプレーしていた韓国代表FWソン・フンミンが1列上がってプレーしていた。

▽『イブニング・スタンダード』は足首の負傷で数週間の離脱が見込まれるケイン不在期間も、マウリシオ・ポチェッティーノ監督はボーンマス戦で採用したソン・フンミンの1トップ起用を構想していると主張している。

▽そのため、指揮官からの信頼を得られずにいるジョレンテは、2019年6月までの現行契約を満了することなく、今季限りで放出される可能性が高いようだ。
コメント
関連ニュース
thumb

エリック・ダイアー、虫垂炎の手術で年内欠場が決定

▽トッテナムは16日、イングランド代表DFエリック・ダイアーが虫垂炎の手術を受けたことを発表した。 ▽15日に行われたプレミアリーグ第17節のバーンリー戦の試合前に腹痛を訴えたE・ダイアーは、同試合を欠場し検査を受けた結果、虫垂炎と診断され、手術を受けることになった。 ▽トッテナムによると、E・ダイアーのトレーニング復帰は来年の1月になると明かしている。 2018.12.16 23:20 Sun
twitterfacebook
thumb

トリノ・ダービーで逮捕者…中にはフランス人警察も

▽トリノとユベントスによるトリノ・ダービーで数名の逮捕者が出ていたようだ。『フットボール・イタリア』がイタリア『コリエレ・デッラ・セーラ』の記事をもとに伝えている。 ▽15日に行われたセリエA第16節のトリノ・ダービー。この試合の前にユベントスサポーター9人の逮捕者が出ていたようだ。伝えられるところによると、そのうち5人は罰金が与えられたのちに釈放されているというが、逮捕者の中には警察官もいたという。 ▽フランス人のその人物は休日で同じフランス人のサポーター7人と今回の一戦に駆けつけていた。しかし彼らは有名なウルトラスの一員のようで、花火やガス爆弾を投げつける行為に及んだ模様。さらに彼らは現地の警察と衝突。トリノサポーターも巻き込んだ小競り合いを起こしていたようだ。 2018.12.16 15:46 Sun
twitterfacebook
thumb

ポチェッティーノ監督がトッテナムでプレミア通算100勝達成!ヴェンゲルより10試合早く

▽トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督がプレミアリーグ通算100勝目を達成した。 ▽トッテナムは15日にプレミアリーグ第17節でバーンリーと対戦。最後まで堅い守備に苦しんだものの、後半アディショナルタイムに途中出場のMFクリスティアン・エリクセンがゴールを決めて1-0で勝利した。 ▽この勝利で、ポチェッティーノ監督はトッテナムでプレミアリーグ通算100勝目を達成。169試合目での到達は、アーセナル前監督のアーセン・ヴェンゲル氏の記録より10試合早い記録だ。 ▽なお、イギリス『テレグラフ』によると、プレミアリーグで最も早く100勝目を達成したのは、ジョゼ・モウリーニョ監督(チェルシー)で142試合、次いでアレックス・ファーガソン氏(マンチェスター・ユナイテッド)で162試合で、その下にポチェッティーノ監督とヴェンゲル氏が続く。さらにその下には、ラファエル・ベニテス監督(リバプール)が181試合。また、デイビッド・モイーズ監督(エバートン)は248試合目で100勝を達成しているようだ。 2018.12.16 15:25 Sun
twitterfacebook
thumb

エリクセンが後半ATに劇的今季リーグ初ゴール! 3連勝のスパーズがポチェッティーノ体制でプレミア100勝達成!《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第17節、トッテナムvsバーンリーが15日にウェンブリー・スタジアムで行われ、ホームのトッテナムが1-0で勝利した。 ▽リーグ戦2連勝で3位に付けるトッテナム(勝ち点36)が17位のバーンリー(勝ち点12)をホームに迎えた一戦。ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)のバルセロナ戦を劇的なドローで終え、決勝トーナメント進出を決めたトッテナム。その良い流れを継続したいチームだが、今後の過密日程を睨んでバルセロナから先発5人を変更。18歳MFスキップを初先発で起用したほか、負傷明けのトリッピアー、本職サイドバックのベン・デイビスをセンターバックで起用するなど、積極的なターンオーバーを行った。 ▽敵地で引き分け良しとするバーンリーがバーンズを最前線に残して[5-4]の堅固な守備ブロックを敷く中、中3日での連戦となるトッテナムはやや抑え気味の入りとなる。相手のブロックの前でのボール回しが続く中、17分にはラメラのフィードに反応したルーカス・モウラに最初の決定機もうまく合わせたダイレクトボレーは枠の左に外れる。 ▽20分を過ぎて高い位置に張り出すトリッピアー、ローズを起点にダイレクトプレーや3人目の動き出しで相手守備を揺さぶり始めたホームチームは良い形で相手を崩していく。しかし、ケインがボックス内で倒されたプレーでPKがもらえず、ボックス付近でのシュートも相手DFの決死のブロックに遭う。31分には得意のロングカウンターからケイン、ムサ・シソコと繋ぎボックス左に抜け出したラメラに絶好機もここはファーストタッチが大きくなり飛び出したGKハートの好守に阻まれた。 ▽その後も70パーセントを超えるボールポゼッションで押し込み続けるホームチームだったが、最後の場面で粘るバーンリー守備をあと一歩でこじ開けられず、前半はアウェイチームに再三のジャブを見舞うにとどまった。 ▽互いに選手交代なしで迎えた後半も試合展開に大きな変化はなし。前半同様にボールを保持するトッテナムは中央を締める相手に対してサイドを起点に攻略を試みるが、なかなか崩し切れない。 ▽流れを変えたいポチェッティーノ監督は65分、ルーカスを下げて切り札のエリクセンを投入。74分にはローズの左からのクロスがファーに流れてこれをラメラが左足で流し込みにかかるが、GKハートのビッグセーブに阻まれた。 ▽その後、スキップ、ラメラを下げてソン・フンミン、ジョレンテとアタッカーを続けて投入する。しかし、ソン・フンミンのボックス右からのシュートやクロスはゴールに結びつかず、試合は0-0のまま後半アディショナルタイムに突入。 ▽さすがに引き分け止む無しかと思われたが、今季リーグ戦で未だドローのないホームチームが最後の最後にゴールをこじ開ける。91分、後方からジョレンテ目がけたロングボールを入れると、これをデレ・アリ、ケインとボックス内で繋ぎ中央のケインがゴール左に走り込むエリクセンにラストパス。これをデンマーク代表が冷静に蹴り込んだ。 ▽相手の堅守に苦しめられながらもエリクセンの今季リーグ戦初ゴールで勝ち切ったトッテナムがリーグ戦3連勝を飾ると共に、ポチェッティーノ体制でのプレミアリーグ100勝目を手にした。 2018.12.16 02:18 Sun
twitterfacebook
thumb

スパーズ、エリクセン流出ならアセンシオの獲得を検討か

▽トッテナムが、レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFマルコ・アセンシオ(22)の獲得に興味を示しているようだ。スペイン『マルカ』の情報を引用し、イギリス『talkSPORT』が伝えた。 ▽バルセロナやマドリーなどビッグクラブ行きの噂が絶えないトッテナムのデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(26)。記事によると、万が一同選手が退団した場合に備えて、次なるプレーメーカーとしてアセンシオを注視しているようだ。 ▽また、トッテナムは今夏の移籍市場では新戦力を獲得せず。こういった状況からも、次の移籍市場で1人か2人のスター選手の獲得に動くのではないか、と予想されている。さらに、マドリー寄りで知られる『マルカ』も「スパーズがマドリーの若手に接近している」と主張した。 ▽しかし、マドリーは2023年まで契約を残しているアセンシオを、現時点では放出する気はないようだ。だが、この状況が代わる可能性もあるという。 ▽マドリー期待の若手として称賛を浴びながらも、サンティアゴ・ソラーリ監督下でプレー時間を減らしているアセンシオ。今シーズンはここまでリーガエスパニョーラ15試合で1ゴール3アシストと、物足りない成績となっている。 2018.12.15 22:36 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース