ユーベに悲報…昨年12月から離脱続くクアドラードに今季絶望の可能性2018.03.14 01:04 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽昨年12月末からそ径部のケガで離脱が続くユベントスのコロンビア代表MFファン・クアドラードに今季絶望の可能性が浮上している。『フットボール・イタリア』がマッシミリアーノ・アッレグリ監督の会見コメントを伝えている。▽今季ここまで公式戦20試合に出場しているクアドラードだが、昨年12月23日に行われたセリエA第18節のローマ戦の出場を最後に、約3か月間の戦線離脱を強いられている。

▽先日にはそ径部の手術を行ったものの、術後の経過は芳しいものではないようだ。

▽14日に行われるセリエA第26節延期分、アタランタ戦に向けた公式会見に出席したアッレグリ監督はクアドラードの状態に関して言及。現時点で復帰の目途が立っていないことを認めた。

「クアドラードは先週の土曜日に検査を受けて治療を続けている」

「現在、彼の起用が不可能なことは普通のことだが、クアドラードのシーズンが終了したのか? という問いに答えるならば、そうではないことを願っていると答えるべきだ」

「インターナショナルブレークが終了した後、20日から1カ月を目途に状態を見守っていきたい」

「問題は患部の炎症だ。こういったものは通常2日ほどで消えていくものだ。ただ、場合によっては3カ月や6カ月続くこともある。我々としてはそうならないことを願っている」

「とにかく、それが彼の現状だ」

▽現時点でクアドラードの離脱期間は不透明なものの、仮に離脱期間が長引けば、コロンビア代表として臨むロシア・ワールドカップ本大会にも少なからず影響を及ぼすことになりそうだ。
コメント
関連ニュース
thumb

C・ロナウドのPK弾で辛勝のユベントスがトリノとのダービーを制して15勝目《セリエA》

▽ユベントスは15日、セリエA第16節でトリノとのダービーを敵地で戦い、1-0で辛勝した。 ▽前節インテルとのイタリア・ダービーをマンジュキッチの一撃で競り勝った首位ユベントス(勝ち点43)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のヤング・ボーイズ戦では1-2の敗戦を喫したものの、マンチェスター・ユナイテッドも敗れたため、何とか首位通過を決められた。そのヤング・ボーイズ戦のスタメンから6選手を変更。出場停止のベンタンクールの他、ドグラス・コスタやベルナルデスキに代えてディバラやキエッリーニ、マテュイディといった主力が先発に戻った。 ▽前節ミランに引き分け、安定した戦いを続けている6位トリノ(勝ち点22)に対し、[4-3-3]を採用したユベントスは3トップにC・ロナウド、ディバラ、マンジュキッチ、中盤アンカーにピャニッチ、インサイドにマテュイディとジャンを並べた。 ▽アグレッシブな入りを見せてきたトリノに対し、徐々に押し込む流れに持ち込んだユベントスは、15分に決定機。マテュイディの浮き球パスをボックス中央のC・ロナウドがボレー。枠の右下を捉えたシュートだったが、GKシリグのファインセーブに阻まれた。 ▽20分、トリノはGKシリグがジャンとの競り合いの際に脇腹付近を痛めていたことでイチャソとの交代を強いられた。前半半ば以降、目立ったチャンスなく時間が経過する中、33分にトリノにチャンス。FKの流れからベロッティがヘディングで折り返し、ゴール前のイッツォが押し込みにかかった。 ▽43分に左CKからニアサイドのキエッリーニが右足アウトでうまく合わせたシュートが枠を捉えたが、GKにセーブされ、前半をゴールレスで終えた。 ▽迎えた後半、ベロッティの推進力でカウンターを狙うトリノは、52分にFKからイッツォが際どいヘディングシュートを浴びせれば、ベロッティがミドルシュートで牽制していく。 ▽前半同様、劣勢の入りとなったユベントスは、58分にマンジュキッチのヘッドでの落としにディバラがボレーで狙うもDFにブロックされてしまう。ここから押し込む展開としたユベントスは、68分にPKを獲得する。ザザの不用意なバックパスをボックス内でカットしたマンジュキッチがGKイチャソに倒された。このPKをC・ロナウドが決めて先制した。 ▽さらに73分、FKの流れからマンジュキッチがボレーで合わせてネットを揺らすも、その前にボールに触ったC・ロナウドがオフサイドポジションでノーゴールとなった。 ▽終盤にかけてはユベントスがボールを持って試合をコントロール。1-0で逃げ切り、15勝目を挙げた。 2018.12.16 06:32 Sun
twitterfacebook
thumb

【セリエA第16節プレビュー】6位トリノvs首位ユーベのトリノ・ダービー開催

▽前節はユベントスがインテルとのイタリア・ダービーを制し、更なる首位固めに成功した。上位陣ではナポリが勝利したものの、ミラン、ラツィオ、ローマがそれぞれ引き分けに終わっている。迎える第16節、トリノvsユベントスのトリノ・ダービーが行われる。 ▽前節インテルとのイタリア・ダービーをマンジュキッチの一撃で競り勝った首位ユベントス(勝ち点43)は、水曜に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のヤング・ボーイズ戦では1-2の敗戦を喫したものの、マンチェスター・ユナイテッドも敗れたため、何とか首位通過を決められた。CLグループステージを良い形で終えられた中、前節ミランに引き分け、安定した戦いを続けている6位トリノ(勝ち点22)に対し、15勝目となるか。 ▽前節フロジノーネ戦を主力を温存して大勝した2位ナポリ(勝ち点35)は、決勝トーナメント進出の懸かっていたCLのリバプール戦を0-1と敗戦。首位から3位に転落し、痛恨のグループステージ敗退に終わってしまった。心身共にダメージを受けた中、前節ローマ相手に9人となりながらも引き分けに持ち込んだ13位カリアリ(勝ち点17)に勝利し、ユベントスとの8ポイント差を維持できるか。 ▽ユベントスに惜敗した3位インテル(勝ち点29)は、ナポリ同様、決勝トーナメント進出の懸かっていたCLのPSV戦を1-1で引き分け、決勝トーナメント進出を逃した。こちらも心身共にダメージを負った中、ニコラ監督就任後、1勝1分け1敗の17位ウディネーゼ(勝ち点13)に勝利してリーグ戦3戦ぶりの白星として切り替えられるか。 ▽イグアインが出場停止から復帰し、守護神ドンナルンマの活躍がありながらもトリノにゴールレスドローに終わった4位ミラン(勝ち点26)は、火曜に18位ボローニャ(勝ち点11)とアウェイで対戦する。木曜に行われたヨーロッパリーグ(EL)のオリンピアコス戦では1-3と敗戦し、まさかの敗退となってしまった。ナポリやインテル同様に大きなダメージを受けた中、8戦勝利のないインザーギ監督率いるボローニャに気持ちを切り替えて勝利を収められるか。 ▽9人のカリアリにラストプレー被弾で引き分けに持ち込まれた7位ローマ(勝ち点21)は、15位ジェノア(勝ち点16)とホームで対戦する。主力にケガ人が続出していることで不甲斐ない戦いが続いているローマだが、ディ・フランチェスコ監督の首が危うくなっている中、元イタリア代表監督のプランデッリ監督が就任したジェノアに勝利して危機を脱せられるか。 ▽最後にローマ同様、10人のサンプドリア相手にラストプレー被弾で引き分けに持ち込まれた5位ラツィオ(勝ち点25)は、月曜に7位アタランタ(勝ち点21)とアウェイで対戦する。4試合連続ドローとあと一歩で勝利を掴み損ねている中、難敵アタランタを下して5試合ぶりの勝利となるか。 ◆セリエA第16節 ▽12/15(土) 《26:00》 インテル vs ウディネーゼ 《28:30》 トリノ vs ユベントス ▽12/16(日) 《20:30》 SPAL vs キエーボ 《23:00》 フロジノーネ vs サッスオーロ サンプドリア vs パルマ フィオレンティーナ vs エンポリ 《26:00》 カリアリ vs ナポリ 《28:30》 ローマ vs ジェノア ▽12/17(月) 《28:30》 アタランタ vs ラツィオ ▽12/18(火) 《28:30》 ボローニャ vs ミラン 2018.12.15 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

脱税認めたC・ロナウド、来年1月に裁判所へ…ビデオ通話での出廷も?

▽税金詐欺罪を認めているユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが、裁判所に出廷するようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽以前から取り沙汰されていたC・ロナウドの脱税騒動。肖像権収入に関して、租税回避地を利用することで2011年から2014年にかけて合計で1470万ユーロ(現在のレートで約18億8000万円)の脱税を行っていたことがスペイン検察に告発されていた。 ▽今年夏の報道では、C・ロナウドが罪を認め、罰金1900万ユーロ(約24億4000万円)の支払いと懲役2年の罰を受けることで当局と合意したことが、伝えられていた。なお、初犯で2年以下の懲役の場合は執行猶予が付くため、収監されることはないと見込まれている。 ▽とはいえ、スペインの法律に規定されている通り、C・ロナウドはマドリッドの法廷にも出廷して罪を認めなくてはならない。今回の報道では、その日取りが2019年1月14日に決定したことが伝えられている。 ▽なお、C・ロナウドの顧問であるホセ・アントニオ・チョクラン弁護士は、以前担当したDFファビオ・コエントランが脱税を認めた際には、ビデオ通話で出廷できるよう法廷手続きを行った。今回も同様の手続きを取る意向であることが伝えられており、裁判所の許可さえ得られれば、C・ロナウドが実際に法廷に姿を現すことはなさそうだ。 2018.12.15 15:25 Sat
twitterfacebook
thumb

トリノ・ダービーに臨むユベントス、ヒザ手術のカンセロとクアドラードが招集外

▽ユベントスは14日、翌日に行われるセリエA第16節、トリノとのダービーに向けた招集メンバーを発表した。DFジョアン・カンセロとMFファン・クアドラードが招集外となっている。 ▽カンセロは直近の12日に行われたチャンピオンズリーグのヤング・ボーイズ戦(1-2でユベントスが敗戦)でもベンチ入りしていなかったが、14日に痛めていた右ヒザの半月板を手術したとのことだ。復帰はウインターブレイク明けの1月下旬になるという。一方のクアドラードはヤング・ボーイズ戦でヒザをねん挫して負傷交代していた。 ▽その他、前節インテル戦でイエローカードを受け5枚の累積警告が溜まって出場停止となるMFロドリゴ・ベンタンクールが欠場となる他、負傷中のMFサミ・ケディラ、DFアンドレア・バルザーリらがメンバー入りしていない。 ▽16試合を終えて15勝1分けと首位を独走するユベントスの招集メンバーは以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆ユベントス招集メンバー GK ヴォイチェフ・シュチェスニー マッティア・ペリン カルロ・ピンソーリオ DF ジョルジョ・キエッリーニ レオナルド・ボヌッチ アレックス・サンドロ マッティア・デ・シリオ メディ・ベナティア ダニエレ・ルガーニ レオナルド・スピナッツォーラ MF ミラレム・ピャニッチ ブレーズ・マテュイディ エムレ・ジャン FW クリスティアーノ・ロナウド パウロ・ディバラ マリオ・マンジュキッチ ドグラス・コスタ フェデリコ・ベルナルデスキ モイゼ・ケアン</span> 2018.12.15 03:28 Sat
twitterfacebook
thumb

【CLグループH総括】バレンシア牙城崩せずユーベとユナイテッドが突破

▽戦前の予想通り、ユベントスとマンチェスター・ユナイテッドが決勝トーナメントに進出を果たした。ユベントスはユナイテッドとのホーム戦でこそ、らしくない逆転負けを喫したが、安定した戦いを見せた。ユナイテッドは拮抗した試合が続いたものの、勝負強さを見せて勝ち上がった。2強に割って入れる存在かと思われたバレンシアだったが、補強したアタッカーがチームにフィットせず、最終節を前に敗退が決まってしまった。 ■グループH順位表■ [勝ち点/勝/引/負/得失点] 1.ユベントス[12/4/0/2/5] 2.マンチェスター・ユナイテッド[10/3/1/2/3] 3.バレンシア[8/2/2/2/0] 4.ヤング・ボーイズ[4/1/1/4/-8] ◆最後はヒヤリも順当な首位通過~ユベントス~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_47_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽レアル・マドリーから天敵C・ロナウドを獲得したチームは、攻守に隙のないチームに仕上がり、他3クラブを凌駕する安定した戦いを見せた。初戦のバレンシア戦こそC・ロナウドが退場するアクシデントに見舞われ、危うい展開となったが、MFピャニッチのPK2つで白星発進とすると、続くヤング・ボーイズ戦では燻っていたFWディバラがハットトリックの活躍。そして、ユナイテッドとの連戦ではチーム力の差を見せ付けてオールド・トラフォードで勝利した。1試合を残して決勝トーナメント進出を決めたチームは、最終節のヤング・ボーイズ戦をまさかの敗戦で終えたものの、ユナイテッドも敗れたため首位での通過となった。 ◆低調もノルマの突破~マンチェスター・ユナイテッド~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_47_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽内容はともかく、最低限の結果を残した。懸念のモウリーニョ政権3季目を迎えたユナイテッドは、初戦のヤング・ボーイズ戦を除いてプレミアリーグ同様、厳しい戦いが続いた。ユベントスとのリターンマッチとなったアウェイ戦では見事な逆転劇を見せたが、内容では圧倒され、チーム力の差は明確だった。それでも、ノルマの決勝トーナメント進出を果たし、一先ずモウリーニョ監督の首は繋がっている状況だ。 ◆2強の牙城崩せず~バレンシア~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_47_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ユベントスとユナイテッドの牙城を崩すことが期待されたが、思うようには行かなかった。とりわけユベントスに連敗したのが痛かった。マルセリーノ監督が構築した組織的な守備に、新戦力のアタッカーたちが機能すれば十分に決勝トーナメント進出を果たせるだけのポテンシャルを持ったチームだったように思うが、リーガ同様、厳しい戦いとなった。 ◆最後にユーベからCL初勝利~ヤング・ボーイズ~<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20181212_47_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ユナイテッドやバレンシア相手に善戦し、最後はユベントスから金星と、スイス王者は決して脆弱なチームではなかった。初めての本戦出場で確かな足跡を残し、今後につながる戦いとなったはずだ。 2018.12.14 12:01 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース