ドルトムント、重鎮DFピシュチェクと2020年まで契約延長! ロイスに続く朗報に2018.03.14 00:41 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントは13日、ポーランド代表DFウカシュ・ピシュチェク(32)との契約を2020年6月30日まで延長したことを発表した。

▽以前からドルトムントでの現役引退を希望する発言を幾度となく語っていたピシュチェクは、クラブ公式サイトで今回の契約延長への満足感を示した。

「僕はドルトムントで生まれ育ったわけではないけど、月日を重ねるにつれ、このクラブとファンを心から愛するようになった。自分自身を本物の“ボルッセ”のように感じているし、ドルトムントを離れたいと思ったことは一度もない。ドルトムントでキャリアを終えられれば最高だし、これからもブラック&イエローの一員として数えきれないほど多くの感動的瞬間に立ち会えることを楽しみにしている」

▽また、ハンス=ヨアヒム・ヴァッケCEOはドイツ代表MFマルコ・ロイスに続く主力選手との契約延長を喜んでいる。

「マルコ・ロイスに加えてウカシュ・ピシュチェクとも長期契約を結ぶことで合意でき、我々は非常に喜んでいる。彼もボルシア・ドルトムントの顔であり、チームに不可欠な存在だ」

「ウカシュは並外れた気骨の持ち主。どんな状況でも、最も困難な状況にあっても、絶対に勝つという意欲を失わない選手だ。彼は最終ライン右サイドのオーソリティ。ピシュチェクが出場したブンデスリーガのここ31試合で我々が一度も負けていないのも、決して偶然ではない」

▽2010年にヘルタ・ベルリンからドルトムントに加入したピシュチェクは、本職の右サイドバックに加え、ときに右サイドハーフやセンターバックでもプレーし、ここまで公式戦290試合に出場し16ゴール55アシストを記録。在籍期間にブンデスリーガとDFBポカールを2度ずつ制覇している。

▽また、2016年11月26日から現在までの16カ月間、ピシュチェクが出場したブンデスリーガで無敗を継続するなど、クラブにとってタリズマンのような存在となっている。
コメント
関連ニュース
thumb

ドルトムントが、大ブレイク中のサンチョの移籍金を設定か

▽ドルトムントが、イングランド代表MFジェイドン・サンチョ(18)の移籍金を設定したようだ。ドイツ『ビルト』の情報を引用してイタリア『カルチョメルカート』が伝えている。 ▽マンチェスター・シティの下部組織出身のサンチョは、トップレベルでの出場経験を積むために昨夏にドルトムント入り。加入1年目となった昨シーズンはブンデスリーガ12試合で1ゴール4アシストの数字に留まったものの、今シーズンは開幕からの公式戦23試合に出場し、6ゴール11アシストと圧巻のパフォーマンスを披露。好調ドルトムントで必要不可欠な存在になっている。 ▽また、急速に評価を高めたサンチョは、先月のUEFAネーションズリーグ(UNL)のクロアチア代表戦でフル代表デビューも飾った。 ▽そんなサンチョを巡っては、マンチェスター勢やロンドン勢、パリ・サンジェルマン(PSG)などといったビッククラブが関心を抱いていると各紙は報道。今回伝えられるところによると、ドルトムントはサンチョの移籍金を少なくとも7000万ユーロ(約90億円)に設定したという。移籍金が高騰する中で、逸材に設定する額としては決して高過ぎる額ではないが果たして…。 2018.12.19 14:46 Wed
twitterfacebook
thumb

今季初黒星のドルトムント、指揮官が分析する敗因は?「脅威だとわかっていたが…」

ドルトムントのルシアン・ファーブル監督が、フォルトゥナ・デュッセルドルフ戦の敗戦を振り返った。<br><br>ブンデスリーガ第16節で、今季無敗のままデュッセルドルフのホームに乗り込んだドルトムント。しかしカウンターから2点を先行されると、81分に1点を返すも及ばず。今季リーグ戦初黒星を喫した。<br><br>試合後ファーブル監督は、警戒していたカウンターで失点したことを嘆いている。<br><br>「フォルトゥナのカウンターは脅威だとわかっていたし、以前から話していた。しかしながら、彼らはとても良いカウンターで先制点を決めたね」<br><br>「後半は大きく改善したが、フォルトゥナが2点目を決めた。この敗戦は受け入れなければならない」<br><br>今季初黒星を喫したドルトムントだが、今節では首位をキープ。次節は、2位ボルシアMGとの直接対決に挑む。<br><br><br>提供:goal.com 2018.12.19 09:00 Wed
twitterfacebook
thumb

宇佐美先発のデュッセルドルフがスーパーミドル弾などでドルトムントに金星! 首位ドルトムントはリーグ戦初黒星…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第16節、デュッセルドルフvsドルトムントが18日に行われ、2-1でデュッセルドルフが勝利した。デュッセルドルフのFW宇佐美貴史は87分までプレーし、ドルトムントのMF香川真司はベンチ入りしなかった。 ▽前節フライブルク戦を宇佐美が先制アシストを含む2ゴールを演出して勝利したデュッセルドルフ(勝ち点12)は最下位を脱出して16位に浮上。首位ドルトムント相手に宇佐美は[4-5-1]の左MFで3試合連続スタメンとなった。 ▽一方、前節ブレーメン戦を競り勝って6連勝としたドルトムント(勝ち点39)は、前半戦首位ターンを確定させた。年内最終戦となる2位ボルシアMG戦が3日後に控える中、サンチョやアルカセル、アクラフらはベンチスタートとなった。 ▽[4-2-1-3]で臨んだドルトムントは3トップに右からプリシッチ、ゲッツェ、ラーセン、トップ下にロイスを配した。[4-5]の守備ブロックを形成し、1トップのルケバキオを走らせるデュッセルドルフに対し、ドルトムントがボールを持つ流れとなったが10分、左サイドのスペースを持ち上がった宇佐美がボックス左からシュートを浴びせてデュッセルドルフが牽制する。 ▽それでも16分、ドルトムントに決定機。右サイドをプリシッチが崩した流れから、ボックス中央のゲッツェが落としたボールをロイスがゴールに蹴り込んだが、ゴール前に走り込んだプリシッチがシュートに反応したとしてオフサイドを取られ、ノーゴールに。 ▽すると22分、デュッセルドルフが一瞬の隙を突いて先制した。ストガーのロングスルーパスに抜け出したルケバキオがGKとの一対一を制した。 ▽狙い通りの形で先制したデュッセルドルフはハーフタイムにかけてもドルトムントの攻撃を自陣に引いて凌ぐ中、38分にビッグチャンス。右サイドを抜け出したツィマーの絶好クロスに宇佐美がボレー。ゴールに流し込むだけだったが、枠の左に外してしまった。 ▽デュッセルドルフが1点をリードして迎えた後半、56分にスーパーゴールで追加点を奪う。宇佐美のパスを受けたツィマーがボックス手前右から強烈なミドルシュートを枠の左上に突き刺した。 ▽まさかの2点を追う展開となったドルトムントは60分に2枚代えを敢行。ラーセンとデラネイに代えてサンチョとアルカセルを投入した。それでもデュッセルドルフがルケバキオやストガーのシュートで牽制し、主導権を渡さない。 ▽終盤にかけて猛攻に出たドルトムントは81分、サンチョのスルーパスをピシュチェクが右サイドゴールライン際から折り返すと、アルカセルがヘッドで流し込んで1点を返した。しかし、反撃はここまで。今季のリーグ戦初黒星を喫した。一方、金星を挙げたデュッセルドルフは2連勝とし、浮上のキッカケを掴んでいる。 2018.12.19 06:41 Wed
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第16節プレビュー】前節アシスト記録の宇佐美が首位ドルトムントに挑戦

▽週末に行われた前節はドルトムントとバイエルンが揃って勝利し、9ポイント差が維持された。年内残り2試合となった迎える第16節は火曜と水曜に開催され、デュッセルドルフの宇佐美が首位ドルトムントと対戦する。 ▽前節ブレーメン戦をアルカセルとロイスのゴールで競り勝って6連勝としたドルトムント(勝ち点39)は、前半戦首位ターンを確定させた。接戦を制する勝負強さを見せつけている中、連勝を7に伸ばして年内最終戦となる2位ボルシアMG戦に臨めるか。 ▽一方、前節フライブルク戦を宇佐美が先制アシストを含む2ゴールを演出して勝利したデュッセルドルフ(勝ち点12)は最下位を脱出して16位に浮上。首位相手に宇佐美は引き続きゴールに絡むプレーを見せられるか。 ▽原口と浅野が先発したハノーファーを4発粉砕して3連勝とした3位バイエルン(勝ち点30)は、4位ライプツィヒ(勝ち点28)とホームで対戦する。ここ3試合で5ゴールを挙げている好調レヴァンドフスキを軸にチーム状態が安定してきたバイエルンだが、前節マインツに4-0と快勝している2ポイント差のライプツィヒを下して連勝を4に伸ばし、ドルトムントを追走できるか。 ▽大迫が途中出場したもののドルトムントに惜敗した9位ブレーメン(勝ち点21)は、6位ホッフェンハイム(勝ち点23)とホームで対戦する。ここで勝利できれば順位を逆転でき上位に踏みとどまれるブレーメンだが、大迫は先発に復帰し、チームを勝利に導く活躍を見せられるか。 ▽2試合連続揃って先発となった原口と浅野だったが、前節バイエルン戦では共に守備に追われ存在感を見せることはできなかった。チームも大敗して最下位に沈んだ中、12位フライブルク相手に原口と浅野はチームを苦境から脱する働きを見せられるか。 ▽その他、負傷により欠場となった長谷部の5位フランクフルト(勝ち点26)は10位マインツ(勝ち点19)とのホーム戦を、ここ2試合ベンチ入りも出場機会のないニュルンベルクの久保は、2位ボルシアMGと対戦する。 ◆ブンデスリーガ第16節 ▽12/18(火) 《26:30》 ボルシアMG vs ニュルンベルク 《28:30》 ヘルタ・ベルリン vs アウグスブルク デュッセルドルフ vs ドルトムント ヴォルフスブルク vs シュツットガルト ▽12/19(水) 《26:30》 シャルケ vs レバークーゼン 《28:30》 バイエルン vs ライプツィヒ フライブルク vs ハノーファー ブレーメン vs ホッフェンハイム マインツ vs フランクフルト 2018.12.18 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

ロシツキが古巣スパルタ・プラハのスポーツ・ディレクターに就任

▽スパルタ・プラハは17日、昨年12月20日に現役を引退していた元チェコ代表MFトーマス・ロシツキ氏(38)をスポーツ・ディレクターに任命したことを発表した。 ▽優雅なプレーでファンを魅了した攻撃的MFのロシツキ氏は、母国のスパルタ・プラハでトップチームデビュー。ドルトムントやアーセナルといったビッグクラブで活躍し、ブンデスリーガ優勝やFAカップ優勝に貢献していた。また、チェコ代表としては105試合に出場して23得点を記録し、一時代を担った。 ▽度重なる負傷に苦しめられた中、2016-17シーズンにスパルタ・プラハに復帰し、昨年引退していた。そのスパルタ・プラハで第2のキャリアを歩み始めることが決まった。 2018.12.18 01:56 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース