ドルトムント、重鎮DFピシュチェクと2020年まで契約延長! ロイスに続く朗報に2018.03.14 00:41 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ドルトムントは13日、ポーランド代表DFウカシュ・ピシュチェク(32)との契約を2020年6月30日まで延長したことを発表した。▽以前からドルトムントでの現役引退を希望する発言を幾度となく語っていたピシュチェクは、クラブ公式サイトで今回の契約延長への満足感を示した。

「僕はドルトムントで生まれ育ったわけではないけど、月日を重ねるにつれ、このクラブとファンを心から愛するようになった。自分自身を本物の“ボルッセ”のように感じているし、ドルトムントを離れたいと思ったことは一度もない。ドルトムントでキャリアを終えられれば最高だし、これからもブラック&イエローの一員として数えきれないほど多くの感動的瞬間に立ち会えることを楽しみにしている」

▽また、ハンス=ヨアヒム・ヴァッケCEOはドイツ代表MFマルコ・ロイスに続く主力選手との契約延長を喜んでいる。

「マルコ・ロイスに加えてウカシュ・ピシュチェクとも長期契約を結ぶことで合意でき、我々は非常に喜んでいる。彼もボルシア・ドルトムントの顔であり、チームに不可欠な存在だ」

「ウカシュは並外れた気骨の持ち主。どんな状況でも、最も困難な状況にあっても、絶対に勝つという意欲を失わない選手だ。彼は最終ライン右サイドのオーソリティ。ピシュチェクが出場したブンデスリーガのここ31試合で我々が一度も負けていないのも、決して偶然ではない」

▽2010年にヘルタ・ベルリンからドルトムントに加入したピシュチェクは、本職の右サイドバックに加え、ときに右サイドハーフやセンターバックでもプレーし、ここまで公式戦290試合に出場し16ゴール55アシストを記録。在籍期間にブンデスリーガとDFBポカールを2度ずつ制覇している。

▽また、2016年11月26日から現在までの16カ月間、ピシュチェクが出場したブンデスリーガで無敗を継続するなど、クラブにとってタリズマンのような存在となっている。

コメント

関連ニュース

thumb

ドルトムント指揮官、ゲッツェに関する質問に不快感「他の選手に対して敬意を欠けている」

ドルトムント率いるルシアン・ファーヴル監督は、MFマリオ・ゲッツェに関する質問を受け付けたくないようだ。ニュルンベルク戦に向けた記者会見でその問いは「他の選手たちに対して敬意を欠いている」とあらためて強調した。<br><br>22日の第4節ホッフェンハイム戦ではそれまでリーグ戦ではベンチに座るも出番が訪れなかったゲッツェがベンチ外に。その一方で日本代表MF香川真司を先発起用したファーヴル監督の決断はドイツ国内で大きな話題を引き起こしている。<br><br>スイス人指揮官はその試合前にドイツ『スカイ』の記者にゲッツェを外したことについて問われると「誰もが彼の能力について知る。しかし、これは私の決断だ。今日はこのように決めた。競技面を考慮した決断だ」と返答。さらに不快感を覚えた様子で「最近この質問をよく聞くが、私はそれを他のメンバーやメンバーに入れなかった選手に対して少しばかりか敬意を欠いていると感じている」と続けた。<br><br>しかし、24日に開かれたニュルンベルク戦に向けた会見でもまた同様の質問が飛んだ。記者に「彼について聞くのは他の選手たちに対して敬意を欠くことだと仰いましたが、違う形で質問したいと思います。ゲッツェはどうすれば、メンバーに戻ることができるのでしょうか?」と問われた同監督は、苦笑しながら次のように答えた。<br><br>「この質問も他の選手に対して敬意を欠いている。サッカーはこういうものだ。最終的に決断を下さなければいけないのは私。システムや相手チーム、競技面の理由からそうすることになった。このことについてこれ以上話せることはない」<br><br>ドルトムントで最も注目を浴びる選手のゲッツェだが、ファーヴル監督はチームパフォーマンス次第で同選手についての質問を聞かれ続けるのだろうか。<br><br> <br>提供:goal.com 2018.09.25 21:45 Tue
twitterfacebook
thumb

【ブンデス第5節プレビュー】水曜に香川ドルトムントvs久保ニュルンベルク

▽先週末に行われた前節はバイエルンがシャルケを下して開幕4連勝とした。久保ニュルンベルクvs浅野&原口ハノーファーの日本人対決はニュルンベルクが2-0で勝利している。迎える第5節はミッドウィークに行われ、水曜に香川ドルトムントvs久保ニュルンベルクが開催される。 ▽香川が今季初先発を飾った前節ホッフェンハイム戦ではディアロが退場した中、ドルトムントは1-1の引き分けに持ち込んだ。香川はなかなか相手の守備網を攻略するプレーができなず、一つあった決定機を決め切れず。ファブレ監督へのアピールには失敗した。ベンチスタート予想となっている香川だが、途中出場でゴールに絡む活躍を見せられるか。 ▽対するニュルンベルクの久保は開幕4試合連続スタメンを飾った前節ハノーファー戦では2点目の起点となるなどチームの初勝利に貢献。格上ドルトムント相手に守勢に回ることが予想されるが、少ないチャンスを生かしてこちらもゴールに絡む仕事を果たしたい。 ▽原口と浅野が所属するハノーファーはホッフェンハイムとのホーム戦に臨む。ニュルンベルク戦では原口が今季初先発を飾ったものの、見せ場を作れずに前半で交代となってしまった。一方、開幕からスタメン出場を続けていた浅野は今季初めて出場機会に恵まれなかった。原口は引き続きスタメン予想となっており、今節こそスタメン定着へのアピールとしたい。 ▽胃腸炎で前節を欠場したブレーメンの大迫は、火曜にヘルタ・ベルリンとのホーム戦に臨むが、スタメン予想からは外れている状況だ。 ▽ヨーロッパリーグに続き、前節ライプツィヒ戦でも先発となったフランクフルトの長谷部は水曜にボルシアMGとのアウェイ戦に臨む。ライプツィヒ戦では3バックのリベロを務め安定感あるプレーを披露してチームの勝ち点獲得に貢献した。新監督の信頼を掴みつつある中、引き続きスタメン予想となっている。 ▽2戦連続ベンチ入りを果たしているものの出場機会のない宇佐美のデュッセルドルフは、開幕からの連敗を3で止めたレバークーゼンとホームで対戦する。最後に順当に4連勝スタートとしたバイエルンは、アウグスブルクとのホーム戦で開幕5連勝を目指す。 ※スタメン予想はドイツ『キッカー』参照 ◆ブンデスリーガ第5節 ▽9/25(火) 《25:30》 ブレーメン vs ヘルタ・ベルリン 《27:30》 フライブルク vs シャルケ バイエルン vs アウグスブルク ハノーファー vs ホッフェンハイム ▽9/26(水) 《25:30》 デュッセルドルフ vs レバークーゼン 《27:30》 マインツ vs ヴォルフスブルク ドルトムント vs ニュルンベルク ライプツィヒ vs シュツットガルト ボルシアMG vs フランクフルト 2018.09.25 18:00 Tue
twitterfacebook
thumb

クロップのところに行った方が…元僚友グロスクロイツがゲッツェに助言

▽ドルトムントに所属するドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ(26)に恩師ユルゲン・クロップ監督が率いるリバプール移籍を助言する者が現れた。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽その人物とは、KFCユルディンゲン05所属の元ドイツ代表MFケビン・グロスクロイツだ。ゲッツェとはドルトムント時代の僚友であり、クロップ監督率いる当時のチームに2度のブンデスリーガ優勝をもたらしたことで知られる。 ▽ゲッツェは、2016年夏にバイエルンからドルトムントに復帰。だが、復帰後もフォームを取り戻せず、ルシアン・ファヴレ監督が就任した今シーズンも十分なプレータイムを得られていない。 ▽その元戦友の現状を心配したグロスクロイツは、ドイツ『スカイ』のインタビューで、自身を選手として最も輝かせた恩師の下に行くことを次のように勧めている。 「今のゲッツェを見ていると、すごく残念だよ」 「キャリアを軌道修正するためにも、冬にも国外に出た方が良いかもしれない」 「それなら、リバプールはうってつけだ。クロップは彼の良き理解者だからね」 2018.09.24 09:30 Mon
twitterfacebook
thumb

香川真司、今季初先発も地元紙は厳しい評価「爪痕を残そうとトライしたが…」

今季初先発を飾ったドルトムントMF香川真司だが、ドイツ国内の評価は少々厳しいものになっている。地元紙『WAZ』が伝えた。<br><br>22日のブンデスリーガ第4節で、ホッフェンハイムと対戦したドルトムント。前半終了間際に失点すると、76分にはアブドゥ・ディアロが一発退場となって数的不利に陥る。しかし84分、クリスティアン・プリシッチが同点弾を挙げ、敵地でなんとか引き分けに持ち込んでいる。<br><br>ここまでリーグ戦ではベンチ外の続いていた香川だが、18日のチャンピオンズリーグ・グループリーグ第1節クラブ・ブルーシュ戦で途中出場を果たし、好パフォーマンスを披露。ホッフェンハイム戦では、今季初出場を果たした。<br><br>しかし、目立った活躍を出来ずに70分に途中交代に。『WAZ』は「4.5」と、チームワースト3位のやや厳しい評価を下している。<br><br>「3試合のリーグ戦ベンチ外からのシーズンデビュー戦。爪痕を残そうとトライしたが、大半はスペースを生み出せなかった。ゴール手前8mのビッグチャンスがあったが、逃してしまった」<br><br>ライバルのMFマリオ・ゲッツェがベンチ外となった一戦で、好パフォーマンスを見せることができなかった香川。次節ニュルンベルク戦では、先発の座を手にすることができるのだろうか。<br><br>なお、最高評価は同点弾のプリシッチと守護神ロマン・ビュルキの「2」に。最低評価は、MFマフムド・ダフードとFWマリウス・ヴォルフの「5.5」となっている。<br><br>(※ドイツメディアの採点は1が最高、6が最低)<br><br>提供:goal.com 2018.09.23 08:05 Sun
twitterfacebook
thumb

香川が今季初先発のドルトムント、10人になりながらも追いつきホッフェンハイムにドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第4節、ホッフェンハイムvsドルトムントが22日に行われ、1-1で引き分けた。ドルトムントのMF香川真司は70分までプレーしている。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)出場クラブ同士の一戦。前節デュッセルドルフ戦を1-2と敗れて1勝2敗スタートとなったホッフェンハイムは、初のCL戦となった3日前のシャフタール戦を2-2の引き分けに持ち込まれた。そのシャフタール戦のスタメンから2選手を変更。サライとノルトヴェイトに代えてツバーとビカクチッチを起用した。 ▽一方、前節フランクフルト戦を3-1と快勝して2勝1分けスタートとしたドルトムントは、4日前に行われたCLクラブ・ブルージュ戦を1-0と辛勝。そのドルトムントはブルージュ戦のスタメンから3選手を変更。ゲッツェ、ヴァイグル、サンチョに代えて香川、プリシッチ、ダフードを起用した。ブルージュ戦で途中出場し今季初出場を果たした香川は、リーグ戦初先発となった。 ▽[4-3-3]のトップ下に香川、3トップに右からプリシッチ、ヴォルフ、ロイスと並べたドルトムントが立ち上がりから押し込む展開で推移する。 ▽しかし、シュートチャンスを作れずにいると、18分にホッフェンハイムに決定機。N・シュルツの左サイドからのクロスをビッテンコートがダイレクトでプッシュ。だが、GKビュルキのファインセーブに阻まれた。 ▽その後もボールを持つドルトムントに対し、手数をかけない攻撃でゴールに迫っていたホッフェンハイムが44分に先制する。ショートカウンターに出た流れから最後はルーズボールを拾ったボックス中央のジョエリントンが左足でゴール左に流し込んだ。 ▽後半開始4分にクラマリッチが決定的なシュートを浴びせたホッフェンハイムは、このプレーで得た左CKから加点しかける。ショートコーナーを使って、左クロスをビカクチッチがヘディングシュートでゴール右に流し込んだ。しかし、VARの末にショートコーナーを受けた選手がオフサイドと判定され、ノーゴールとなった。 ▽55分にはジョエリントンの左足ミドルが左ポストに直撃して救われたドルトムントは、直後に香川に決定機。右サイドを突破したプリシッチのクロスを左足ボレーで合わせたが、シュートを枠の左に外してしまった。 ▽60分にダフードとヴォルフに代えてデラネイとサンチョを投入したドルトムントは、サンチョが左ウイングに入り、ロイスが最前線に入った。さらに70分、香川に代えてM・フィリップを投入したドルトムントだったが、75分にロングボールに抜け出したクラマリッチをディアロが手を使って止めて一発退場となってしまう。 ▽敗色濃厚のドルトムントだったが84分、同点に追いつく。ボックス左に抜け出したロイスの折り返しをプリシッチが押し込んだ。 ▽追いつかれたホッフェンハイムは終了間際、N・シュルツの左クロスをゴールエリア右のベルフォディルが合わせたシュートは枠の上に外れ、直後にタイムアップ。10人となったドルトムントが引き分けに持ち込んでいる。 2018.09.23 00:48 Sun
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース