ウィルシャー以来の逸材…マドリーがアーセナルの若手FW獲得に本腰か?2018.03.13 19:53 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーが今夏の移籍市場でアーセナルの若手FWを狙うようだ。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が報じた。

▽マドリーが狙っているのは、アーセナルのU-19イングランド代表FWレイス・ネルソン(18)とのこと。今シーズンはプレミアリーグで1試合、EFLカップで3試合、FAカップで1試合、ヨーロッパリーグで8試合に出場している。

▽右ウイングを主戦場としているネルソンは、アーセナルとの契約が2019年6月に満了を迎える。マドリーを含む多くのクラブが、注目しているようだ。

▽ネルソンはイングランド代表MFジャック・ウィルシャー以来となるクラブが生み出した有望な若手として評価され、バルセロナBへと移籍したMFマルクス・マグエイン(18)に並んで将来が有望視されている若手だ。

▽なお、マドリーはネルソン獲得に移籍金を支払うつもりとのこと。今夏、ロンドンからマドリッドへ活躍の舞台を移すかもしれない。
コメント
関連ニュース
thumb

サッリ・チェルシー、イスコ獲得に本腰か

▽チェルシーがレアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコ(26)の獲得に動きだすようだ。スペイン『アス』がイングランドからのレポートをもとに報じている。 ▽フレン・ロペテギ前監督下でレギュラーとしてシーズンを始めたイスコは、指揮官がサンティアゴ・ソラーリ現監督に交代した11月初めから出場機会が激減。公式戦10試合で先発起用は2度のみであり、その内の1つはコパ・デル・レイのメリリャ(スペイン3部)戦、もう1つは消化試合となったチャンピオンズリーグ(CL)グループG最終節CSKAモスクワ戦だ。 ▽この状況の中でチェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督がイスコに熱視線を送っているようだ。来年1月の移籍市場での獲得に向け、7700万ユーロ(約98億円)の移籍金を準備しているという。しかし、マドリーのフロンティーノ・ペレス会長は、イスコの移籍金を少なくとも1億ユーロ(約128億円)以上を要求するようだ。 ▽そのイスコ個人に対して、週給27万ユーロ(約3500万円)を用意しているとされるチェルシーだが、マンチェスター・シティやアーセナル、ユベントスといった有力クラブも興味を示している模様だ。 2018.12.19 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

大注目の鹿島vsレアル、内田篤人をスイス放送局が特集「今もシャルケファンの胸の中に…」

鹿島アントラーズDF内田篤人について、スイス放送局『SRF』が特集を組んでいる。<br><br>アジア王者としてクラブ・ワールドカップに臨んでいる鹿島。準々決勝ではグアダラハラ相手に3-2の逆転勝利を収め、2年前の決勝で敗れた欧州王者レアル・マドリーとの準決勝に挑むこととなった。<br><br>この大一番を前に、『SRF』は内田を特集。7年間在籍したシャルケ時代を回顧している。<br><br>「『シャルケはいつだって僕の人生の一部』。アツト・ウチダの言葉は、シャルケファンの心に刻まれていることは間違いない。あれから15カ月が経った」<br><br>「あれは観客のアイドルが&ldquo;ロイヤル・ブルース&rdquo;に受け入れられた日だった。シャルケとの7年間、日本人はファンの胸の中でプレーしていた」<br><br>そして鹿島への復帰に言及しつつ、レアル戦ではチャンスがあると分析している。<br><br>「ユニオン・ベルリンを経て、SBは故郷へ戻った。鹿島では2007年~2009年にかけてJリーグ3連覇を達成している」<br><br>「クラブW杯のタイトルは、鹿島がまだ獲得していないものだ。2016年の決勝では、延長戦の末2-4で敗れた。そして今、日本のチームには準決勝でリベンジするチャンスが訪れた。2016年にハットトリックを達成したクリスティアーノ・ロナウドはもういない」<br><br>古巣へと戻ってきた30歳のDFは、欧州王者を完封して悲願のタイトル獲得へ導けるだろうか。<br><br>提供:goal.com 2018.12.19 21:05 Wed
twitterfacebook
thumb

マルセロ、ユナイテッド監督退任のモウリーニョに言及「素晴らしいコーチだったから…

▽レアル・マドリーに所属するブラジル代表DFマルセロがマンチェスター・ユナイテッド監督を退任したジョゼ・モウリーニョ氏について言及した。『フットボール・エスパーニャ』が伝えている。 ▽今シーズンのユナイテッドはプレミアリーグ第17節終了時点で7勝5分け5敗の6位。直近のプレミアリーグでは、首位リバプールに1-3とスコア以上の完敗を喫した。その末、18日に事実上の解任となるモウリーニョ氏の退任を発表した。 ▽2010年から2013年までレアル・マドリーでモウリーニョ氏と師弟関係を築いたマルセロはかつての恩師についてコメントしている。 「彼(モウリーニョ)は素晴らしいコーチだったから非常に残念だ」 「彼にクラブがないことは非常に残念だ。マドリーに戻らなければならないとは言い切れないが、彼がクラブ(レアル・マドリー)での僕のためにしてくれたことに対して、とても感謝している」 2018.12.19 19:17 Wed
twitterfacebook
thumb

スペイン紙、CWC2016鹿島戦でのラモス退場疑惑を回想

▽スペイン紙『アス』が、クラブ・ワールドカップ(CWC)2016決勝でのDFセルヒオ・ラモスの“退場疑惑”を回想している。 ▽チャンピオンズリーグ(CL)3連覇を成し遂げ、2016年からの3大会連続でCWCに出場しているレアル・マドリー。19日には準決勝で鹿島アントラーズと対戦する。 ▽マドリーと鹿島は、2016年のCWC決勝でも激突。その試合では、FWカリム・ベンゼマのゴールでマドリーが先制したが、当時鹿島に所属していたMF柴崎岳(現ヘタフェ)の鮮烈な2ゴールで一時は形成が逆転する。しかし、結局はPKからマドリーが同点に追い付いて延長戦に突入。守備の綻びを見せ始めた鹿島は更に2点を追加され、2-4の敗北を喫した。 ▽しかし当時、その試合の中で「マドリーに有利な判定があったのではないか」という疑惑が生まれており、物議を醸した。そのシーンは、2-2で迎えた後半終了間際に生まれる。カウンターから鹿島FW金崎夢生(現サガン鳥栖)が抜け出して駆け抜けようとした際、セルヒオ・ラモスが手を使うようにしてブロックした。 ▽すると、主審は一度胸ポケットのカードに手をかけたが、イエローカードは提示されず。「セルヒオ・ラモスが既に1枚カードを貰っていたことを思い出し、手を引いたのではないか」と疑われた。実際、当時鹿島を率いていた石井正忠氏も試合後に「レフェリーに勇気がなかった」と苦言を呈している。 ▽『アス』は、該当のシーンを動画で回想。その記事のタイトルには、「レフェリーがラモスへのレッドを瓶へ詰めた様に見えた場面」と題されている。 ▽こういった経緯から、因縁の対決ともとれるマドリーvs鹿島。19日に行われる2018年大会の準決勝では、どのような激闘を見せてくれるのだろうか。 2018.12.19 17:15 Wed
twitterfacebook
thumb

マドリー、鹿島戦に向けアセンシオとベイルが復帰へ!

▽レアル・マドリーのスペイン代表MFマルコ・アセンシオとウェールズ代表MFガレス・ベイルが、鹿島アントラーズ戦に出場できる見込みのようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽アセンシオは、16日に行われたリーガエスパニョーラ第16節ラージョ・バジェカーノ戦で筋肉系の負傷で71分にスペイン代表MFダニ・セバージョスと交代していた。また、ベイルは12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)グループG第6節CSKAモスクワ戦に後半から出場し、負傷。ラージョ戦は欠場していた。 ▽そのため、17日までチームトレーニングに参加できていなかった両者だが、試合前日のトーレニングをこなしたようだ。さらに、アセンシオ同様にラージョ戦での負傷が危ぶまれた元フランス代表FWカリム・ベンゼマも、調子戻しているとのこと。一方で、ドミニカ代表FWマリアーノ・ディアスの状態は引き続き芳しくなく、欠場が伝えられている。 ▽ヨーロッパ王者のマドリーは19日、クラブ・ワールドカップ(CWC)2018準決勝でアジア王者の鹿島アントラーズと対戦する。 2018.12.19 16:17 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース