ウィルシャー以来の逸材…マドリーがアーセナルの若手FW獲得に本腰か?2018.03.13 19:53 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レアル・マドリーが今夏の移籍市場でアーセナルの若手FWを狙うようだ。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が報じた。▽マドリーが狙っているのは、アーセナルのU-19イングランド代表FWレイス・ネルソン(18)とのこと。今シーズンはプレミアリーグで1試合、EFLカップで3試合、FAカップで1試合、ヨーロッパリーグで8試合に出場している。

▽右ウイングを主戦場としているネルソンは、アーセナルとの契約が2019年6月に満了を迎える。マドリーを含む多くのクラブが、注目しているようだ。

▽ネルソンはイングランド代表MFジャック・ウィルシャー以来となるクラブが生み出した有望な若手として評価され、バルセロナBへと移籍したMFマルクス・マグエイン(18)に並んで将来が有望視されている若手だ。

▽なお、マドリーはネルソン獲得に移籍金を支払うつもりとのこと。今夏、ロンドンからマドリッドへ活躍の舞台を移すかもしれない。

コメント

関連ニュース

thumb

イスコの離脱は1ヶ月…“エル・クラシコ”に影響の可能性も

▽レアル・マドリーに所属するスペイン代表MFイスコは、最小でも6試合を欠場することになりそうだ。スペイン『マルカ』が報じた。 ▽イスコが急性虫垂炎にかかったことが、9月25日にクラブにより報告。『マルカ』の情報によると、既に手術を受けており復帰に1ヶ月を要するという。 ▽間の悪いことに、マドリーは現在過密日程の最中にあり、復帰が見込まれる10月20日のリーガ第9節レバンテ戦まで、4試合を予定している。更に10月初めにはスペイン代表も2試合を控えており、そちらの欠場も免れないそうだ。 ▽これにより、9月29日にアトレティコ・マドリーをホームに迎えるリーガ第7節、“マドリッド・ダービー”出場は絶望的。さらに、最悪の場合は10月28日のリーガ第10節、カンプ・ノウでバルセロナと戦う“エル・クラシコ”にも影響を及ぼす可能性があるようだ。 2018.09.26 17:30 Wed
twitterfacebook
thumb

CR7ミュージアム、FIFA最優秀選手賞逃しに小粋なジョーク

▽『クリスティアーノ・ロナウド・ミュージアム』が、ザ・ベストFIFAアワード2018の結果を受けてジョークを投稿した。同館が、公式インスタグラム(museucr7funchal)を更新している。 ▽レアル・マドリーでチャンピオンズリーグ(CL)3連覇を成し遂げ、今夏にユベントスに去ったポルトガル代FWクリスティアーノ・ロナウド。これまでにバロンドール(一部FIFAバロンドール)を史上最多タイの5度受賞するなど、多くの個人賞も獲得している。 ▽そういったトロフィーを展示しているのが、C・ロナウドの故郷であるポルトガル、マデイラ島に建てられた『クリスティアーノ・ロナウド・ミュージアム』だ。毎年のように展示物を増やしている同館が、今年のFIFA男子最優秀選手賞がレアル・マドリーに所属するクロアチア代表MFルカ・モドリッチに奪われたことに危機感を覚えている。 ▽24日のザ・ベストFIFAアワード2018で各受賞者が発表された後、『クリスティアーノ・ロナウド・ミュージアム』は多くのトロフィー見守る監視カメラの画像に以下のようなメッセージを添え、インスタグラムを更新した。 「これらのトロフィーは盗むことができません。警報装置が付いていますので」 ▽C・ロナウドの代理人であるジョルジュ・メンデス氏は、同選手の落選を「馬鹿げたことだ」とコメント。C・ロナウドが受賞に相応しかったと語る声も大きいが、本人の次にトロフィーを欲していたであろうミュージアムはジョークで切り抜けたようだ。 2018.09.26 16:55 Wed
twitterfacebook
thumb

アトレティコ、またも守備陣に負傷者? ヒメネスが筋肉に違和感

▽アトレティコ・マドリーは25日、ウルグアイ代表DFホセ・ヒメネスが筋肉に違和感を抱えていたことを報告した。 ▽コロンビア代表DFサンティアゴ・アリアスや元スペイン代表DFフアンフランが離脱している中、ヒメネスはリーガエスパニョーラ第6節ウエスカ戦(3-0でアトレティコが勝利)に先発出場。しかし、前半の38分にフランス代表DFリュカ・エルナンデスとの交代を強いられていた。 ▽スペイン『マルカ』は、ヒメネスを下げた理由はディエゴ・シメオネ監督のリスクマネジメントによるものだと解説。守備陣の負傷者が相次いでいる状況だったため、大事を取ったようだ。 ▽クラブの報告では離脱期間などは伝えられていないが、29日のリーガ第7節レアル・マドリー戦の出場は叶うのだろうか。 2018.09.26 16:20 Wed
twitterfacebook
thumb

ハメス・ロドリゲスを巡り三つ巴?

▽ユベントスが、レアル・マドリーからバイエルンにレンタル移籍しているコロンビア代表MFハメス・ロドリゲス(27)の獲得を画策しているようだ。スペイン『ドン・バロン』の情報をもとにスペイン『PasionFutbol』が伝えた。 ▽ハメス・ロドリゲスはブラジル・ワールドカップ(W杯)での活躍が認められ、2014年にマドリー入り。カルロ・アンチェロッティ監督(現ナポリ)体制ではチームの主軸を務め、加入初年度からリーグ戦29試合で13ゴール13アシストと活躍した。しかし、アンチェロッティ監督が解任され、ラファエル・ベニテス監督時代を経て2016年1月に前監督のジネディーヌ・ジダン体制になると出番が激減。そのため、当時、恩師であるアンチェロッティが率いていたこともあり、2017年にレンタルでバイエルン加入を果たしていた。 ▽記事によると、ユベントスは中盤の強化を試みており、オプションの1つとしてハメス・ロドリゲスに注視しているようだ。しかし、バイエルンとマドリーの契約には4200万ユーロ(約54億円)の買取りオプションが付随。また、保有元のマドリーで采配を振るうフレン・ロペテギ監督が来夏のハメス・ロドリゲス復帰を画策しているとも伝えられており、ユベントスにとって難しいオペレーションとなっている。 ▽ユベントスは、ハメス・ロドリゲスの他にマンチェスター・ユナイテッドのフランス代表MFポール・ポグバ(25)やフィオレンティーナのイタリア代表FWフェデリコ・キエーザ(20)を補強候補にしているという。 2018.09.25 22:37 Tue
twitterfacebook
thumb

イスコ、急性虫垂炎で離脱…マドリッド・ダービー欠場の可能性も

▽レアル・マドリーは25日、スペイン代表MFイスコが急性虫垂炎と診断されたことを発表した。公式サイトでは離脱期間は明かされていないものの、スペイン『マルカ』は“マドリッド・ダービー”欠場の可能性を伝えている。 ▽『マルカ』によると、レアル・マドリーはリーガエスパニョーラ第6節セビージャ戦の前日練習を25日に行ったものの、イスコは室内で過ごした。これにより、26日のセビージャ戦欠場が濃厚とされており、29日の第7節アトレティコ・マドリー戦も回避する可能性が指摘されている。 ▽今シーズン開幕当初、イスコは上がり切らないパフォーマンスからリーガ第3節、第4節とベンチスタートを味わっていたが、19日のチャンピオンズリーグ(CL)ローマ戦では3-0の勝利の皮切りとなる先制点を直接FKから記録。コンディションを上げていた中での負傷となった。 2018.09.25 21:00 Tue
twitterfacebook


ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース