【質疑応答】東京五輪世代率いる森保監督「タフな日程でチーム、選手が成長できるように」《パラグアイ遠征》2018.03.13 18:40 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽日本サッカー協会(JFA)は13日、パラグアイ遠征に臨むU-21同国代表メンバー23名を発表した。

▽メンバー発表会見に出席した森保一監督は、冒頭で「このパラグアイ遠征は非常にタフな日程で活動します。その中で選手が成長、そしてチームが成長できるように良い経験を積んで前進できればと思います」と意気込みをコメント。その後、質疑に応じた。

――今回選手に求めるものは?
「前回の中国でのU-21の活動で出た課題を改善して、さらにチームとしても、個のレベルとしてもレベルアップできるように、このパラグアイでの遠征をやっていきたいと思います。また、今回も前回の活動から多くの選手を入れ替えておりますので、個性を見つつ、足りないところは改善するように。特徴の部分は伸ばしてもらえるように、働きかけをしたいと思います」

――先日発表されたU-19代表メンバーとの棲み分けを教えてください
「視察の段階では多くの選手を見てきましたが、今回のチーム編成は1997年、1998年生まれの選手で構成しています」

――J1で長い時間プレーしている選手に関して、代表監督としての見解は?
「非常に選手個人にも、Jクラブにとっても、代表にとってもこの年代の選手がJリーグの公式戦の場で試合経験を積んでいるということは、現段階でも色々なポジションを獲得していて、獲得し続けるためにプレーできているということは、凄く良いことだと思っています。代表に招集させていただいて、活動の中で良い経験をしてもらって短い期間でも成長してもらいたい。大切なのは、日常でどれだけ自分のパフォーマンスを上げていけるかということです。代表の経験からそれが生まれてもらえばと思います。若い選手がチームで自分のポジションで試合に出続けるということは、代表にとっても非常に大きな財産になります」

――DFアピアタウィアは大学ではSBをやっていますが、どのような起用を考えていますか?
「センターバックや、左右のウィングバックでも守備的に起用できると思っています。去年の代表の時はサイドバックで出場していたと思いますが、視察の段階でセンターバックだったりのプレーは見ていますし、守備の部分で彼が持っている身体能力の高さや当たりの強さ、攻撃に転じていけるところを見せてもらいたい」

――東京五輪までの大枠のプランは? 何処までが第一段階と考えているか
「段階的かはわかりませんが、東京オリンピックに向けて代表でプレーできるこの年代の選手をできるだけ多く把握したいということで、私も含めてスタッフ全員で広く見ているところです。そこから、少しづつチームとしてコンセプトを固めていきたいと思っています。

「まだ、広く見てコアを固めてくという部分では、招集に制限もあります。今はこの状況の中で少しでも選手を発掘していき、レベルアップできる経験をしてもらいたい。東京五輪が近づいた時にどこの部分が武器になるかが、我々が広く見たことの大きな成果となると思います」

――ハンブルガーSVのMF伊藤達哉の印象は? A代表も同じ時期にありますが、招集に向けてどのようなやり取りがありましたか
「伊藤選手について、私は呼んで欲しいと技術委員会に話しただけなので、招集のやり取りはお伝えできません。彼のプレーは去年、生で見てきました。そして、映像でもチェックしながら、我々の代表に入れる選手として見てきています」

「前線でボールを受けて、そこから本当にどん欲に相手のゴールに向かっていく。目の前に相手がいても、そこを何とか突破してチャンスに繋げていく、ゴールに繋げていく。そういう姿勢を示せる選手だと思うので、攻撃の所でどん欲な部分を見せてもらいたいと思っています」
コメント
関連ニュース
thumb

A代表&五輪世代兼任の森保監督、来年の抱負はアジアタイトル! 《日本代表2019年スケジュール発表会見》

▽日本サッカー協会(JFA)は11日、各日本代表の2019年における年間スケジュールを発表した。 ▽会見に出席したSAMURAI BLUEとU-22日本代表を兼任する森保一監督は、まずアジアカップとコパ・アメリカを控えるA代表に関して、抱負を述べた。 ◆森保一監督(日本代表、U-22日本代表) 「まず、両チームの抱負を述べなければいけないところで、A代表のサムライブルーの活動に触れさせていただきます」 「来年の活動においては、アジアカップでタイトルを獲ることを目標にして、我々は取り組んでいます。その前に、私が監督になってから、キリンチャレンジで今年の9月、10月、11月と素晴らしい対戦相手に恵まれて、我々はアジアカップに向けて強化することができました。ロシアのワールドカップで経験をしていたり、そして新たに日本代表の歴史を築いていくことを期待されている若手の“融合”で、チームを編成してこれまで活動させていただき、これからアジアカップに臨むことになります」 「アジアカップに臨むに当たって、今年一番大きなサッカーイベントであったと言っても過言ではないロシアのワールドカップで西野ジャパンが戦ったやり方を、我々も継承して行きたいという風に我々も思っています。西野監督は日本人らしさ、そして日本人の良さを以ってチーム作りをされて、世界に臨んでいこうということで、素晴らしい戦いをされました」 「そこで私がスタッフの一人として経験させていただいたことを新たなチームに生かし、来年のアジアカップで成果を出し、皆さんに喜んでいただければという風に思っております。アジアカップでは初のタイトルをかけて戦うことになる中、先ほども言いました“融合”をさらに進めていけるように、そして結果も出せるようにチーム一丸となって頑張って参りたいと思います」 「また、来年はブラジルで行われますコパ・アメリカにも参加をすることになります。アウェイでの貴重な強化・経験の場となります。その経験で、これまで通りチームの成長をさらに発展させていけるようにしていきたいと思います。本気の南米相手に我々が経験値を高め、チーム力を高めて、次に向かっていければという風に思っています。南米のチームには我々が学ばなければならないと思われることが、まだまだたくさんあると思います。コパ・アメリカに経験を求めに、我々がさらに成長できることを見つけて来られればと思います」 「また、年末にはアジアの戦いに戻ってきます。アジアの戦いでも我々が力を示せるように、そして一年の成長をその大会でも示せるように頑張って参りたいと思います」 ▽さらに、森保監督はオリンピック世代であるU-22日本代表の展望も掲げた。最終目標が2020年東京オリンピックでの金メダルであることを改めて口にし、そのための強化の一年と位置付けている。 ◆森保一監督(日本代表、U-22日本代表) 「U-22の代表の活動においても、まずは今年の戦いを少し振り返らせていただきたいと思います。今年初めにアジア選手権U-23の大会が中国でありました。そこではグループリーグを突破できて、ベスト8でウズベキスタンに0-4で敗戦するという非常に悔しい思いをしました。その悔しさを胸に、アジア大会にはU-23の大会をもう一度U-21で臨み、準優勝と言う成果に結びつけることができました。まだまだアジアで準優勝ということで、満足は出来ないと思います」 「我々、東京オリンピック世代の代表の選手は、この本番である東京2020オリンピックで金メダルを獲るために活動して準備しています。東京オリンピックでは、我々が今経験していることを金メダルに結び付けられるように、来年度も活動していきたいと思います」 「来年もU-23の一次予選があります。そこでしっかりと戦って本大会への出場を決め、我々は前進していきたいと思っています。日ごろから我々を支援・後援して頂いている皆様、そしてファン・サポーターの皆様に喜んでいただけるように来年も結果に拘りつつチームの成長を促せるように活動して参りたいと思います。まずは、今年一年、皆さんご支援・応援ありがとうございました。そして、来年もよろしくお願いいたします」 2018.12.11 21:11 Tue
twitterfacebook
thumb

更なる飛躍へ! コパ・アメリカ参戦の2019年、関塚隆技術委員長は強化を重視《日本代表2019年スケジュール発表会見》

▽日本サッカー協会(JFA)は11日、各日本代表の2019年における年間スケジュールを発表した。 ▽会見に出席した関塚隆技術委員長は、ロシア・ワールドカップ(W杯)での日本の戦いぶりに満足感を示しつつも、“強化”という言葉を繰り返し発し、更なる飛躍を展望している。 ◆関塚隆技術委員長 「ロシア・ワールドカップは非常に記憶に残る大会でした。そして、日本らしい戦いを展開し、ベルギー戦では惜しくも負けてしまいましたがこれからの日本のサッカーの指針を示せるような、そういう戦いができたと思います」 「サムライブルーは1月にアジアカップがUAEで開かれます。アジアの王者奪還を目指してしっかりとした戦いをしていきたいという風に思っています」 「また、3月、6月のキリンチャレンジ。コパ・アメリカでアウェイとしてしっかりとした強化を図り、9月からのカタール・ワールドカップ予選に向けた強化を図っていきたいという風に思っています」 「次にU-22の活動ですが、3月、5月、6月、10月、11月、12月の強化遠征と強化試合を経て、翌年の2020年東京オリンピックに向けた強化をしっかりとしていきたいと思っております。森保監督が兼任ということで、サムライブルー、そしてU-22の強化。ここをしっかりと融合した形で強化を図っていきたいという風に思っています」 2018.12.11 21:10 Tue
twitterfacebook
thumb

日本代表のコパ・アメリカ参戦が決定! 1月にアジア杯、12月にはE-1選手権も《日本代表2019年スケジュール発表会見》

▽日本サッカー協会(JFA)は11日、2019年の年間スケジュールを発表した。 ▽今年行われたロシア・ワールドカップ(W杯)でベスト16という結果を残した日本代表は、2019年1月5日(土)から2月1日(金)にかけて開催されるAFCアジアカップUAE2019に参戦。グループステージでは、1月9日(水)にトルクメニスタン代表と、1月13日(日)にオマーン代表と、1月17日(木)にウズベキスタン代表と対戦する。 ▽また、3月22日(金)に日産スタジアムで、3月26日(火)にノエビアスタジアム神戸で、6月5日(水)に豊田スタジアムで、6月9日(日)にひとめぼれスタジアム宮城でキリンチャレンジカップ2019が開催。なお、4試合全てで対戦相手は未定であり、ナイトゲームが予定されている。 ▽そして、6月14日(金)~7月7日(日)にかけては、コパ・アメリカ・ブラジル2019への参戦が決定。南米の強豪としのぎを削る。 ▽さらに、年末の12月10日(火)~12月18日(水)には韓国で行われるEAFF E-1サッカー選手権2019にも参加。したがって、年間では3つの国際大会へ参加する予定となっている。 ▽また、東京オリンピック世代であるU-22日本代表は、3月22日(金)~3月26日(火)をAFC U-23選手権を戦う。 ▽その下の世代であるU-20日本代表は、5月25日(土)~6月16日(日)のFIFA U-20ワールドカップ2019 ポーランドへの出場を決めている。 ◆日本代表 【アジアカップ】1月5日(土)~2月1日(金) ▽1月9日(水) トルクメニスタン代表 ▽1月13日(日) オマーン代表 ▽1月17日(木) ウズベキスタン代表 【キリンチャレンジカップ2019】 ▽3月22日(金) 対戦相手未定(日産スタジアム) ▽3月26日(火) 対戦相手未定(ノエビアスタジアム神戸) ▽6月5日(水) 対戦相手未定(豊田スタジアム) ▽6月9日(日) 対戦相手未定(ひとめぼれスタジアム宮城) 【コパ・アメリカ・ブラジル2019】6月14日(金)~7月7日(日) 対戦相手未定 【E-1サッカー選手権2019】12月10日(火)〜12月18日(水) 対戦相手未定 ◆U-22日本代表 【AFC U-23選手権2020予選】3月22日(金)~3月26日(火) 対戦相手未定 【海外遠征】 5月29日(水)~6月16日(日):フランス 9月2日(月)~9月11日(水):未定 10月7日(月)~10月16日(水):未定 【国際親善試合】 ▽11月17日(日) 対戦相手未定(エディオンスタジアム広島) ▽12月28日(土) 対戦相手未定(トランスコスモスタジアム長崎) ◆U-20日本代表 【トレーニングキャンプ】1月下旬 場所未定 【海外遠征】3月17日(日)~3月26日(火) 場所未定 【トレーニングキャンプ】4月14日(日)~4月16日(火) 場所未定 【U-20ワールドカップ2019・ポーランド】5月25日(土)~6月16日(日) 対戦相手未定 2018.12.11 19:30 Tue
twitterfacebook
thumb

U-21日本、前節ハットの上田のゴールでUAEとドロー!大会を2位で終える《ドバイカップU-23》

▽U-21日本代表は20日、ドバイカップU-23第3節で開催国のU-23UAE代表と対戦し1-1で引き分けた。この結果、日本は2位で大会を終えた。 ▽初戦のU-23ウズベキスタン代表戦を2-2のドローで終えた日本は、第2節のU-23クウェート代表との試合では上田綺世のハットトリックなどで5発圧勝し、グループ首位に立った。 ▽大会最終戦となる第3節は、これまでと同じ[3-6-1]の布陣を採用。GK小島亨介に、バックに板倉滉、大南拓磨、立田悠悟の3人。中盤には中山雄太、杉岡大暉、長沼洋一、松本泰志、三好康児、岩崎悠人が起用され、ワントップに小川航基が入った。 ▽ボールロストが目立ち、序盤から攻め込まれた日本は23分に、右からのクロスに小川が飛び込みゴールに迫る。25分には、再び小川がゴール至近距離で絶好のチャンスを迎えたが、シュートは相手GKのビッグセーブに遭う。 ▽ゴールレスで迎えた後半立ち上がり早々に、大南が自陣のペナルティエリアで相手を倒してしまいPKを献上。これにより1点ビハインドを負った日本はそこから果敢に攻める。 ▽すると71分、左サイドの杉岡のグラウンダーのクロスを途中出場の上田綺世が押し込んで同点に追いついた。 ▽その後も互角の戦いを見せた日本はGK小島のファインセーブもありながら1-1でドロー。 ▽もう一方の、U-23クウェート代表vsU-23ウズベキスタン代表は1-0でウズベキスタンが勝利したため、3試合を終えてウズベキスタンが勝ち点7で首位。日本は勝ち点5で2位で大会を終えた。 2018.11.21 04:00 Wed
twitterfacebook
thumb

上田のハット&小川の2戦連発弾などでクウェートを粉砕した日本が大会初勝利!《ドバイカップU-23》

▽U-21日本代表は17日、ドバイカップU-23の第2節でU-23クウェート代表と対戦し、5-0で大勝した。 ▽14日に行われた初戦のU-23ウズベキスタン代表戦を2-2のドローに終わった日本は、その試合からキャプテンを務めるMF中山雄太(柏)以外の先発10人変更。[3-6-1]の布陣を採用した日本は、GKに山口瑠伊、3バックは右から橋岡大樹、中山雄太、小林友希。2ボランチに神谷優太と伊藤洋輝を並べ、ウィングバックは右に長沼洋一、左に菅大輝を起用。最前線に上田綺世、2シャドーに旗手怜央と久保建英を配置した。 ▽試合が動いたのは27分、久保とのパス交換でボックス右深くから侵入した長沼がマイナスの折り返しを供給。これを旗手がダイレクトでゴールに流し込み、日本が先制した。 ▽先制した日本は41分、右サイドをドリブルで突破した長沼が相手GKとDFの間にクロスを入れると、ゴール前に抜け出した上田がワンタッチで流し込み、待望の追加点を奪った。 ▽2点のリードで後半を迎えた日本は、前半終了間際のセットプレーで相手選手と接触したGK山口に代えてGK谷晃生をピッチに送り出す。すると56分、右サイドでの細かなパス交換から長沼がクロスを上げると、ボックス中央でフリーの上田がヘディングシュートをゴール左隅に叩き込んだ。 ▽攻撃の手を緩めない日本は、直後の58分にも神谷の左CKから上田がヘディングシュートを狙ったが、これは右ポストに弾かれた。それでも73分、最前線でパスを受けた上田がボックス中央から侵入すると、相手DFに寄せられながらもゴール右隅にシュートを流し込み、試合を決定づける4点目。 ▽さらに81分には、伊藤達哉の左CKから小川航基がヘディングシュートでゴールネットを揺らし5点目。結局、試合はそのままタイムアップ。上田のハットトリックなどで日本が大勝で今大会初勝利を飾った。 ▽なお、日本は20日に開催国のU-23UAE代表と対戦する。 U-23クウェート代表 0-5 U-21日本代表 【日本】 旗手怜央(前27) 上田綺世(前41) 上田綺世(後11) 上田綺世(後28) 小川航基(後36) 【メンバー】 GK:山口瑠伊(→46分 谷晃生) DF:橋岡大樹、中山雄太(→63分 立田悠悟)、小林友希 MF:長沼洋一、伊藤洋輝(→78分 板倉滉)、神谷優太(→70分 松本泰志)、菅大輝 MF:久保建英(→78分 伊藤達哉)、旗手怜央(→70分 岩崎悠人) FW:上田綺世(→78分 小川航基) 2018.11.18 01:50 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース